FC2ブログ

昨季ゴールデングラブ賞の名二塁手、楽天・藤田一也の今季をレンジファクターで確認する!!

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆4/28配信最新号の主な内容は「現在リーグトップの救援登板。西宮悠介、真の凄さとは?」です。


楽天・藤田一也の今季をレンジファクターで確認する!!



おはようございます。@eagleshibakawaです。

今回も時間がないので、さくっといきます。

当ブログはここまで遊撃手、三塁手のレンジファクターを調査し、今季の松井稼の守備の衰えを指摘、一方、懸念された銀次のサード守備がそれほど酷くない(どちらかというと良いかもしれない)ことをお知らせしてきました。

今回は二塁手レンジファクターになります。

データは5/1終了時のもの。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■パリーグ2014年主な二塁手レンジファクター
20140503DATA01.jpg

はい、このとおり、藤田のレンジファクターは只今リーグ3位を記録しています。

刺殺、併殺はリーグ最多となっています。

最後に本件と関係ないんですけど、昨夜の西武・岸ノーヒットノーラン117球の詳細表です。
直球がホップしていて走っていた点は、空振りの多さ、内野フライの多さでも確認できます。




◎◎◎関連記事◎◎◎
楽天・藤田一也の3月4月ヒット37本は球団歴代4位タイ!!
今季ホットコーナーに本格挑戦中の楽天・銀次。数字で確認する背番号33サード守備力の現在地
【記録】2013年パリーグセカンド、ニ塁手レンジファクター。全44人の守備イニングを調べ上げ、算出してみた


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI









このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

楽天・藤田一也の3月4月ヒット37本は球団歴代4位タイ!!

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆4/28配信最新号の主な内容は「現在リーグトップの救援登板。西宮悠介、真の凄さとは?」です。




こんにちは。@eagleshibakawaです。只今、めっちゃ時間がないので、超駆け足でこのエントリーをお送りします。

藤田の3月4月打撃成績を試合別にまとめてみましたので、どうぞ。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村



■楽天・藤田一也 2014年3月4月 試合別 打撃成績
楽天藤田一也2014年3月4月試合別打撃成績

マルチ安打7試合、猛打賞4試合(3安打2試合、4安打2試合)と素晴らしい戦績です。

ここへきて3試合連続ヒットなし、13打席ノーヒットになっちゃっていますが、カードが変わる今日からのホークス戦で再び打ち出すことを期待しています。

今季の藤田は4月終了時でチーム最多37本のヒットを放ちました。

これって、4月終了時点による楽天歴代記録ではどのくらいになるのだろう?と疑問に思いましたので、調べてみました。

■楽天歴代打者の3・4月ヒット本数
※35本以上対象


1位は2008年のフェルナンデス。唯一の40本です。安打の多さもさることながら打点36って!(驚) ホセ、そんなに打っていたんだなあと改めて往時を確認。2位は2007年の礒部39本、3位に首位打者翌年の鉄平、38本を打ちました。

で、今年の藤田は4位タイです。2008年の山崎武司、2010年の高須洋介と並ぶ37本。

ヒットの本数で言えば、昨年.404と打ちまくっていたマギーを1本上まわる結果になっています。

こうしてみると当たり前ですが、上位の打順で起用される好打者が多いですね。

◎◎◎関連記事◎◎◎
田中将大と藤田一也がみせる相乗効果。藤田好守の背景には対戦打者の明確な打球方向が存在した
今季ホットコーナーに本格挑戦中の楽天・銀次。数字で確認する背番号33サード守備力の現在地


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【記録】楽天・藤田一也の守備力をRFで確認する>>2013年パリーグ球団別・選手別二塁手レンジファクター (7/17終了時データ)

スポンサーリンク





Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
なぜ今メルマガなのか?どういう内容になるのか?クレジット決済以外の購入方法など詳しいご案内はコチラに書きました。まぐまぐでの御登録は下記からどうぞ。
http://www.mag2.com/m/0001609734.html
---------------------------------------------------------------


◎2013年パリーグ二塁手レンジファクター(シーズン終了データ)はコチラをクリック。

◎「田中将大と藤田一也がみせる相乗効果。藤田好守の背景には対戦打者の明確な打球方向が存在した」はコチラをクリック。


このオールスターブレイクの間に、どうしても調べてみたかった記録がある。

二塁手のレンジファクターだ。レンジファクターとは、9×(刺殺+補殺)÷守備イニングで算出される、主に守備範囲の広さとアウト獲得能力を診る守備指標になる。

各選手の守備イニングはNPBでは公開されていないため、当ブログが独自に集計してきた。なにしろ睡眠時間を削って記録集計しているため、一部、誤りがあるところもあるかもしれない。試合数のチェックはしたが、イニング数の再確認はできていない。そこは御勘弁、御愛嬌ということで。もし、間違っているよ!と分かる方は、教えて頂けると大変助かりますので、御一報下さい。

なぜ二塁手のレンジファクターを知りたかったか?というと、楽天・藤田一也の守備力である。

今季、イーグルスの躍進を守備面で支えている功労者の1人が、セカンドを守る藤田の好守だ。

セカンド左を抜けようか?というヒット性の当たりや、1,2塁間を破ろうか?という当たりなど、球際に強い。その球際の美技は、ポジショニングの上手さにより所が大きく、局面ごとに守備位置を頻繁に変えている光景は、球場観戦が多いファンには日常の光景になっているはずだ。

個人的な皮膚感覚で言えば、ファーストを守る銀次の積極守備と合わせて、特に1,2塁は簡単に破られることはないのでは?と思うこともしばしばで、安心して観ていることができている。

何よりも、第2回第3回WBC内野守備走塁コーチとして知られる高代延博氏が「見逃せないのが、藤田の守備力です。私は、藤田は今のプロ野球で5本の指に入る守備力のある選手だと思っています。セカンドでもショートでもサードでもできる。グラブ捌きに反応、スローイングと、目立たないけれど相手からすれば、こういうセンターラインの守備力は嫌なものです」と論評している点は、見逃せない。

◎参照URL : 星野楽天 3年目の快進撃の理由 (THE PAGE)

幾つか映像を貼っておこう。

■楽天・藤田がルーキー則本を守備でサポート 好捕で出塁許さず! 2013.05.10 M-E


■連日魅せる!藤田の堅実な守備 2013.06.03 E-D


■神業ノールック・バックトス!藤田が魅せるスーパープレー 2013.06.29 Bs-E


■藤田が狙い通りのゲッツー!頭脳守備で長谷部救う 2013.07.15 Bs-E


藤田がどれだけ守備が上手いのか?は楽天戦を見続けているファンなら、何度も驚いてきたため、改めて驚くこともない事実になっているのだが、それではパリーグの中で見た場合、藤田の守備力はどのあたりに位置しているのだろう?という点が知りたかった。

そのため、レンジファクターを確認してみたいという訳なのだ。

まずは、チーム別のレンジファクターから確認していこう。

■2013年 前半戦 パリーグ チーム別 二塁手 レンジファクター
※7/17終了時データ


このようになった。リーグ平均5.61に対して、楽天の二塁レンジファクターは5.80。リーグ3位の好数字を示している。

1位は昨年に続いてソフトバンク。唯一の6点越えだ。ソフトバンクは今季も投手陣の奪三振数が多いチームのため、他球団と比べると、フィールドに打球が飛んでくる数自体が少ないのだが、その中での6点越えは、もっと評価されてしかるべき数字と言える。

次に各球団から最もセカンドの守備イニングが多い選手を1人をピックアップして、主な二塁手の数字を確認してみたい。

ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■2013年 前半戦 パリーグ 主な二塁手 レンジファクター
20130720DATA2.jpg

主な二塁手6名の中で、藤田の値は5.87。昨年は5.21だったから数字を上げてきていることが確認できる。

1位は本多の6.35。藤田との差は水を空けられてしまっているようにみえるが、ほぼ同じ守備イニングで、刺殺の数もほぼ同じなのだ。どこで差がついたか?というと、補殺の数になる。

本多の数字が傑出している点は、楽天ファンの私も認めるところで、確かに本多の守備はリーグ随一だと思う。その本多を激しく追い上げるのが今シーズンの藤田と言えそうなのだ。もし、イーグルスが優勝を飾ったら、藤田のゴールデングラブ初受賞は確実だと思っている。

これより以下は、全二塁手のレンジファクターを球団別に掲載していきたい。

■東北楽天ゴールデンイーグルス
20130720DATA3.jpg

藤田のセカンド守備イニング率は84.5%。全729回2/3のうち616回2/3を担当している。星野監督が公言するように、藤田の守備での活躍は、岩崎の加入も大きいと言えそうだ。岩崎がショートを守ることができるため、藤田をセカンドに専念させることができるようになったことがメリットだと言うのだ。いくら守備名人の藤田とはいえ、頻繁に「景色」が変わってしまうのは、やはり、好ましくないと言えるので、指揮官の藤田セカンド固定プランは理解できるところである。

■千葉ロッテマリーンズ
20130720DATA6.jpg

前半戦、伊東監督の采配で印象に残ったのは、ソフトバンクの左腕・帆足に対して左打者を並べて攻略した6/30の試合と、根元セカンドコンバート策だろう。鈴木をショートに据えることで、ショートの守備に不安が残る根元をセカンドに回し、守備範囲の狭さがネックとなっていた井口をファーストへまわした。これが攻守ともに良い効果をもたらしていると言えそうだ。以前と比べれば二遊間の心もとなさが解消に向かい、守備負担が少なくなったことで井口の打棒も復活した。

■埼玉西武ライオンズ
20130720DATA5.jpg

一目瞭然の結果となった。何が?っていうと、起用人数の多さである。他球団が4~6人の起用に止まっているのに対し、ライオンズは9人と突出して多い。やはり、片岡の故障離脱が痛い。その片岡も相次ぐ怪我や加齢などで4.31に止まり、逆にチームの足をひっぱる存在へと化してしまっている。そういった状況下での渡辺直人の獲得は、ライオンズのアキレス腱、二遊間に安定感をもたらすはずだ。

■北海道日本ハムファイターズ
20130720DATA4.jpg

本当にこのチームは守備に定評のある選手をそつなく集め、育成してくることが分かる。中島卓、今浪は守備の人というイメージがあるため、この高い数字は分かる。しかし、俊足とはいえどちらかというと打の人という印象の西川が5.86を記録しているのは、ファイターズの未来を考えるときに朗報と言えそうなのだが、その西川が左雨十字靭帯の骨折で故障離脱してしまったのは、誤算と言えそうだ。

■福岡ソフトバンクホークス
20130720DATA8.jpg

本多の6.35はまとまった守備イニングのある選手の中ではリーグNo.1のレンジファクターになる。バットでも貢献している。開幕当初こそスランプに苦しんだものの、5月以降は打率3割を打つ本多の存在は、残りシーズン、他球団に脅威を与えそうだ。

■オリックスバファローズ
20130720DATA7.jpg

開幕前にはショートのレギュラーだった大引を日本ハムへ放出。そのことで、オリックスの二遊間は現在再建モードに入っている。セカンドでは後藤が全体の77.8%担当しているが、5.13という数字は決して満足のいくものではない。バッティングでも期待されている数字とはかけ離れており、残りシーズン、森脇監督は、このまま35歳の後藤を起用するより、若手にチャンスを与える選択肢を選ぶ可能性も高い。

◎◎◎関連記事◎◎◎
〔記録〕2012年パリーグ全てのニ塁手レンジファクター。セカンド守備で最も貢献したのは?
【前半戦総括その1】楽天イーグルスのポジション別OPS診断 (7/17終了時データ)
【前半戦総括その2】 楽天イーグルスの打順別OPS診断 (7/17終了時データ)

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!240人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

楽天イーグルス 藤田一也 2013年 春季教育リーグ 打撃成績、全打席結果

スポンサーリンク




【告知】読者参加型企画、3/29開幕戦、楽天選手の採点を実施します!!

読者の皆さんとともに、楽天のスタメン選手に10点満点の採点&寸評をつけていきたいと思います。詳細は下記URLで御確認下さい。1人でも多くの皆さんのご参加、お待ちしておりま~す^^

http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-1459.html

----------------------------------------------------------


楽天選手の春季教育リーグの打撃成績をまとめている。

ここまで岡島豪郎高須洋介島井寛仁中川大志を確認した。

本エントリーでは藤田一也の成績を確認しておきたい。

2/5久米島キャンプでのシートノック中に左腹部を痛め、翌日、全治6~8週間の左腹斜筋の筋挫傷(肉離れ)と診断された藤田だが、3/10古巣との春季教育リーグ戦で実戦復帰した。

3試合に出場。打順はいずれも2番。2試合でセカンド、1試合が指名打者となっている。セカンドで出場した3/10は試合中盤に勧野と途中交代となったが、3/12は終盤までセカンドでプレーしたようだ。

これから2軍公式戦で様子を見ながら状態を整えていくということになるはず。ここで指名打者の出場が多かったり、セカンドで先発出場しても途中交代が多いようだと、開幕には間に合わないのかもと考えることができる。


■藤田一也 2013年 春季教育リーグ 試合日程別 打撃成績



ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


■藤田一也 2013年 春季教育リーグ 全打席結果
20130316DATA2.jpg


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります






◎◎◎関連記事◎◎◎
【記録】楽天 藤田一也 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率

---------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------------
【2013年プロ野球選手名鑑 購入手引き】
◎ポケットサイズの5冊を徹底比較してみました。コチラをクリック
◎大判サイズの5冊を徹底比較してみました。コチラをクリック
---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました。180人達成!!
http://www.facebook.com/eagleshibakawa
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

ブログパーツ
レンタルCGI



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【記録】楽天 藤田一也 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率

スポンサーリンク




楽天市場


御訪問有難うございます m(_ _)m
年末ですが、現在、定期的に更新できております。
原動力は皆様の1票です。
どうか、ブログ村への投票、よろしくお願いします。
おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
-------------------------------------


随時、楽天イーグルス1軍選手のゾーン・コース打率をまとめている。

ここまで、聖澤諒松井稼頭央中島俊哉牧田明久銀次鉄平まで終了した。

今回はトレードで楽天入りし、特にCS争い正念場の9月以降に打率.327とコンスタントにヒットを記録、バットでも活躍をみせた藤田一也のゾーン・コース打率を取り上げてみたい。

※楽天でのデータです。DeNAは含まない。


■対右投手ゾーン・コース打率
打率.333、117打数39安打、0本塁打、4三振


年々改善の対右OPS、ストライクゾーン打率も.354と好数字

対戦投手の左右別で見ると、左投手が.255、右投手が.333、今季の藤田は右投手相手に好成績を残していた。

対右OPSH年々OPSが上昇している。2008年の.592を起点に、.634、.681、.733、.760と上昇曲線を描いている。これは心強い数字だと思う。

右投手打率が3割を超えたのは、ストライクゾーン枠内の打率が.354と良かったことが挙げられる。


■他選手の対右投手打率、ストライクゾーン打率
◎聖澤諒=〔対右〕.286、〔Sゾーン〕.325
◎松井稼頭央=〔対右〕.258、〔Sゾーン〕.294
◎島内宏明=〔対右〕.312、〔Sゾーン〕.303
◎枡田慎太郎=〔対右〕.329、〔Sゾーン〕.372
◎牧田明久=〔対右〕.252、〔Sゾーン〕.283
◎銀次=〔対右〕.279、〔Sゾーン〕.283
◎鉄平=〔対右〕.244、〔Sゾーン〕.242
◎嶋基宏=〔対右〕.268、〔Sゾーン〕.275


楽天の他選手と比較してみても.354という数字は飛び抜けていた。

ゾーン打率では、多くの打者が苦手とする「ストライクゾーン外角低め」でも数字を残し、
コースでは「真中から外角」、ゾーンでは「中段から低め」で強さを発揮していた。




穴のない強さをみせたアウトコース
内角高め・真中高めの変化球で打ち損じ多し


上記配球図、網掛けした所、アウトコースでの打率は.345。球種打率を調査してみると、速球でも.345、変化球でも.345と結果を残し、穴のないことがうかがえる。

一方、苦手ゾーンとなったのは水色網掛けとなった「ストライクゾーン内角低め・真中高め」の2か所。ここの詳細も確認してみた。

すると、速球では12打数4安打2二塁打の.333と結果を残し、打球の質もライナー性の。苦しんでしまったのは変化球。11打数ノーヒットと快音なし。結果に関わらず良い当たりの割合を見るWH率でも.000。11打球中7打球が平凡な内野ゴロに終わっており、芯をはずされてしまったことが確認できる。


■対右投手ゾーンOPS
20121217DATA3.jpg

最強ホットゾーンはストライクゾーン外角高め

ゾーンOPSでは、ストライクゾーン内の4か所で1割超えとなった。特に1.167と高い数字を残したのが「ストライクゾーン外角高め」。18打数9安打、1二塁打、1三塁打。特に速球に強さを発揮していた。


■対右投手ゾーン空振り率
20121217DATA5.jpg

ボール球に手を出す頻度は高いものの、滅多に空振りせず

次に対右のゾーン空振り率を確認してみよう。

ストライクゾーン枠内での空振りがとても少なかったことが一目瞭然となった。投げ込まれた235球のうち空振りは4球、空振り率は僅かに1.7%。対右全体でも2.2%という少なさ。

ボールゾーンでの空振りが少ないように見える。調べてみると、ボール球に手を出す「対右ボール球スイング率」は30.4%と高かった。しかしコンタクト率が90.4%。バットを振りにいった52回のうち空振りは僅かに5球だった。藤田はボール球に多く手を出していたものの、空振りすることなく大変高い頻度でバットに球を当てていたのだ。

一般的にボール球変化球を振らされ空振り率も高くなってしまいがちな「低めボールゾーン」(上記配球図の最下段)でも、投げ込まれた61球に対して空振りは4つ、6.6%と大変少なく、コンタクト率は77.8%と高かった。

1つ驚きのエピソードを紹介しよう。右投手が藤田から空振りを奪うのに実に49球を費やした話。

6/27東京ドームでの日本ハム戦で多田野と対峙したのが楽天での対右投手初打席、以来、相手の右投手は48球を投じるものの、この間29回バットを振りにいき、空を切ったのはゼロ! ようやく空振りしたのが7/25敵地でのオリックス戦で6回木佐貫との対決、2-1からの第4球、低めのフォークボールで、これが右投手が藤田に投じた49球目に当たった。

このことから、元々定評のあるバットコントロール能力とともに、対戦投手の球種や配球などデータをしっかり頭に叩き込んだ上でバッターボックスに立つことができていたと言えそうだ。実際、シーズン中、羽村亜美さんの取材に対してそのような趣旨の発言をしていたことを思い出す。

追い込まれても上々の打率

そのため、右投手対戦時の2ストライク以降打率は41打数15安打の.366とハイアベレージを残すこととなった。一般にどんなに優れた打者でも追い込まれてしまうと、全ての球種、コース・ゾーンに対応せざるをえないため、打率は急降下する。しかし、少なくともこの2年間の藤田は、これに当てはまらないのだ。

昨年は右左合わせて2ストライク以降でセリーグトップの.288を記録したという。今年は対左(26打数7安打)の数字を合わせて.328。2年連続で、追い込まれてもしっかり対応できていた背景には、バットコントロール能力の高さに加えて、事前準備に抜かりがないことを表しているのだろう。(なぜ追い込まれても打率が良いのか?機会があれば一度御本人に直接訊いてみたい)


■対右投手球種打率
20121217DATA7.jpg


右投手が藤田に投げた球種割合は、速球56.7%、スライダー14.0%、チェンジアップ8.1%・・・という内訳だった。

球種割合が多い速球(StとShの合計で.393)、スライダー(.450)で上々の率となっている。

速球で4割に迫る率を残したことも驚きではあるが、速球はバッティングの基本。プロ選手なら3割は打ってほしいと私は願っているので、それ以上に特筆すべきは、.450を記録したスライダー打率だろう。速球は打ててもスライダーに苦労する打者、多いからだ。




絶好球となった右投手が投げる真中からアウトコースのスライダー

右投手が投げるスライダー、もっと詳しくみていく。上記配球図、水色網掛けで示した「インコース」では9打数2安打だったものの、黄色網掛けの「真中からアウトコース」では11打数7安打2二塁打の.636。芯で捉えた良い当たりが多く、藤田にしてみれば待ってました!とばかりの絶好球となった。


■対左投手ゾーン・コース打率
打率.255、55打数14安打、0本塁打、6三振
20121217DATA11.jpg

成績を下げた対左、外角中段~外角低めに苦しんだ

対左OPSも年々改善傾向にあったが、今年は落としてしまった。2008年の.534を起点に.642、.735、.733の推移できて、今年は.572。打率も2010年、2011年は左投手から3割を残していたものの、今年は.255と沈むかたちに終わっている。

対左のホットゾーンは「内角・真中・外角」で分けた際の「真中」、「高め・中段・低め」で分けた際の「高め」と言えそうだ。

一方、苦手コースは薄い水色で網掛けしたアウトコースの「外角中段~外角低め」にかけて。ここのゾーン打率は24打数3安打、2内野安打、1二塁打の.125と低迷した。


■対左投手ゾーンOPS
20121217DATA4.jpg


このようにゾーンOPS診断でも「真中」で1割超えを示す一方、「外角中段~外角低め」にかけては.000~.333の低値に止まっている。下記ゾーン空振り率でも「外角低めボールゾーン」で数値が20%前後を記録するなど高くなってしまっている。


■対左投手ゾーン空振り率
20121217DATA6.jpg

対応に苦しんだ左投手のアウトコース低めスライダー

「外角低めボールゾーン」で顕著なのは、スライダーである。投げ込まれた27球のスライダーのうち6球でバットが空を切り、空振り率は22.2%を記録した。右投手が投げるスライダーは絶好球にしていた藤田も、身体から逃げていくアウトコース低めへの誘いのスライダーに対しては、誘いに乗ってしまうケースも多く、空振りしてしまうこともたびたびあったということなのだろう。


■対左投手球種打率
20121217DATA8.jpg


対左の球種割合を確認しよう。速球が50.2%、スライダーが41.8%、この2球種で92.0%を占めていたものの、球種打率では速球.261、スライダー.200。対右では3割を越えていた数字が、対左ではいずれも2割台どまりだったのが、大きな違いだ。スライダーは「外角中段~外角低め」が16打数2安打3三振1二塁打の.125と特に苦しんだ。

フォークの空振り率が33.3%になっている。一見高そうだが、3球投げ込まれた1球を空振りしているだけに過ぎず、実際は左投手のスライダーに苦しんでいたことがここでも明らかになっている。

左投手のスライダー対策は左バッターの宿命のようなもの。来季はぜひその改善を期待したい。

ここまでをまとめてみると・・・


■まとめ
〔全体〕
対戦投手の左右関係なく、追い込まれてからも高打率を記録・・・対右.366、対左.269、全体で.328。

〔対右投手〕
右肩上がりのOPS・・・08年の.592を起点に年々上昇、今年は.760。
◎ストライクゾーン打率、上々の.354⇒=ヒットにすべき球をしっかり結果に結びつける。
◎ホットゾーン=「ストライクゾーン真中~外角」。OPS診断では「ストライクゾーン外角高め」が最強
◎苦手ゾーン=「ストライクゾーン内角高め・真中高め」←変化球打ちがイージーゴロになるケース多い
空振り率2.2%と大変少ない・・・一般的に誘いの変化球を振らされることが多い「低めボールゾーン」でも僅かに6.6%
◎球種別では速球、スライダー打率が上々⇒特に真中から外角にかけてのスライダーは11打数7安打。最上級の絶好球に。

〔対左投手〕
◎改善傾向にあったOPS・打率ともに今年は下落。
◎ホットゾーン=「真中」&「高め」
◎苦手ゾーン=アウトコースの「外角中段~外角低め」
◎苦手な球種=外角中段~外角低めスライダーで.125。空振りも多い。
◎左打者にとって左投手のスライダー対策は宿命。来季は改善を!

【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
【記録】楽天 鉄平 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率
【記録】楽天 聖澤諒 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率
【記録】楽天 松井稼頭央 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率
【記録】楽天 中島俊哉 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率
【記録】楽天 牧田明久 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率
【記録】楽天 銀次 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率

---------------------------------------------------------



読書感想文を書きました>『セイバーメトリクス・マガジン1』『プロ野球ホントの実力』
『マガジン1』は“考える野球好き”にとって今オフ必読の1冊です。コチラで読書感想文を紹介しております
『ホントの実力』はセイバー初心者には嬉しい最適な入門本です。コチラで読書感想文を紹介しております
---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました
120人達成!
ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減だと私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}