FC2ブログ

〔試合評〕速球に勢いが宿っていた塩見、今季2勝目!──2012年4月24日(火)○楽天イーグルス4-0オリックス

スポンサーリンク


チケットぴあ
ビックカメラ.com

おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


今季3度目の零封勝利で4位浮上!

前回ロッテ戦で2回1/3イニング4失点でプロ最短KOを味わった塩見が、この日、オリックス相手に8回までゼロを並べる好投でチームに勝利を届けてくれた。

塩見好投の要因は下記で詳述するが、6回までイニング先頭打者をしっかり討ち取ることができた点も大きい。

終盤7回8回に四球、内野安打で先頭打者の出塁を許してしまうが、既にスコア4-0と4点リードしている「ほぼ試合が決まりかけていた」状況下でのこと。試合がどちらに転ぶが予断を許さない序盤~中盤の重要どころで、無死からの出塁を許さなかった点は、高評価できるところだと思う。

結局、得点圏に走者を背負ったのは4回2死2塁でT-岡田をバッターボックスに迎えたその1打席のみという安心感あるパフォーマンスで、2勝目を手中に。9回はラズナーが上がったが、無理することはないと思うので、個人的にはこれでよかったと思っている。

それにしても、腰痛で出遅れていた松井稼がバットでぼくらファンを酔わせる活躍ぶりをみせてくれた(4打数3安打1打点。4回には鉄平の左犠飛で1塁から2塁を狙うタッチアップの好走塁も)。2回先制弾となった今季1号は、完璧な当たり。相手先発フィガロが投げた球は逆球だったが、膝元に入る角度がついた148キロ速球だった。これをいとも簡単に軸回転で打ち砕くと、打った瞬間の大当たり。打球は右翼席へ一直線。(楽1-0オ)

すると、3回には1死から死球出塁した聖澤が足で2塁を陥れると、その後2死3塁からフィガロのボークでチーム2得点目のホームを踏んだ(楽2-0オ)。

4回は無死3,1塁で鉄平が、6回は無死満塁で内村が、打撃不振に苦しむ両者が現状できる範囲内のバッティングで、得点につなげる仕事をこなしてくれ、2点を追加、楽天はスコア4-0、今季3度目の零封勝利を収めている。

これでチーム成績は18試合7勝10敗1分でオリックスと入れ替わって4位浮上となっている。

この試合、下記でも、もう少し振り返ってみたい。


○楽天イーグルス4-0オリックスバファローズ


先攻・オリックスのスターティングラインアップは、

1番・坂口(中)、2番・大引(遊)、3番・後藤(ニ)、4番・李大浩(一)、5番・高橋信(指)、6番・T-岡田(左)、7番・バルディリス(三)、8番・伊藤(捕)、9番・川端(右)、先発・フィガロ(右投)。

後攻・楽天の先発オーダーは、

1番・聖澤(中)、2番・高須(三)、3番・フェルナンデス(一)、4番・ガルシア(指)、5番・牧田(右)、6番・松井稼(遊)、7番・鉄平(左)、8番・嶋(捕)、9番・内村(ニ)、先発・塩見(左投)


鉄平のスタメン起用に、やっぱり違和感

この日、日曜日に腰で抹消された田中と、前日2軍行きになったテレーロ、中村の3枠で、島内、横川、ハウザーが上に上がってきた。左翼のスタメン起用でこのうちのどちらかを起用するのか?と注目していたところ、そのどちらでもなく、鉄平が4/8オリックス戦以来の先発起用となった。

この試合、3打数1安打1打点。4回無死3,1塁では最低限の仕事、犠牲フライで走者を返す活躍をみせたが、あの左翼線際の飛球も、決して鉄平本来のスイングではない。解説の金石昭人氏は「アウトコースのストレートなんですが、ヘッドが落ちてしまうとファウルになるんですけども、しっかりしたかたちでヘッドが立ってバットが振れたんで、まあ風もあったんですけどもね、深い外野フライが打てたんですよね」と解説していたが、この試合3度のファウル同様、どうしてもタイミングが合わず振り遅れ気味のスイングのようにみえてしまい、結果オーライの側面が強かったのでは?と思うのだ。

とはいえ、最低限の活躍はしたのだから、明日も(相手先発が中山で左投手ではあるが)先発起用だろう。個人的には、鉄平のスタメン起用はいかがなものか?といまだ強く感じてしまう。


20120424DATA2.jpg
HANREI.jpg

■楽天・塩見貴洋 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Fo=フォーク、Cur=カーブ
vs右打者82球=St45、Sl9、Fo22、Cur6
vs左打者29球=St17、Sl9、Fo1、Cur2
20120424DATA4.jpg


今季最も速球に球威が宿っていた塩見、2勝目

8回、打者30人に111球、1人当たり3.70球、1イニング当たり13.88球、被安打5(被二塁打1含む)、9奪三振、1与四球、0失点。

元気の無さが目立つオリックス打線相手とはいえ、クオリティスタートを記録する8イニング零封ピッチングは、見事!の一言。前回スライド登板で上がった4/18ロッテ戦で2回1/3で4失点でプロ最短KOされたときには、心配したものだったが、全くの杞憂だったのでは?と思わせてくれる快投だった。

何が良かったかって、この試合最速145キロを計測したストレートだろう。

今季最も速球に球威があったのが、この試合だった。登板日別のストレートの平均球速を確認してみよう。

●塩見貴洋、登板日別のストレート平均球速
4/3ソフトバンク戦・・・139.8キロ
4/10西武戦・・・135.2キロ
4/18ロッテ戦・・・136.8キロ
4/24オリックス戦・・・140.7キロ


上記の通り、今季初の140キロ越えである。4/10、4/18の2戦は130キロ台半ば止まりで、異例の悪天候のなか134球プロ初完封勝利となった4/3ソフトバンク戦での疲労が抜け切れていないのでは?と心配になったが、しっかり腕を振ってストレートの球威を取り戻してきてくれた。

獲得した全24個のアウトのうち、速球で獲得したのは16個。ゴロ1、ライナー1、フライ8という内訳だ。9個を記録した奪三振のうち速球で決めたのが6個を占めている部分も、この日、塩見の速球が機能していたことを示す「証拠」だが、個人的にはフライアウト8個こそ、この日の速球が威力を発揮していた「決定的な証拠」だと思っている。

その8個のフライアウトを内外野別に分けてみると、内野で討ち取ったフライは実に5個にのぼっていた。2回高橋信の一飛、2回バルディリスの捕邪飛、3回大引の一飛、4回T-岡田のニ飛、8回大引の一飛だ。いずれも球威で押して詰まらせたかたちの高々と打ち上がったポップフライだった。中には甘いコースもあったものの、腕を振って球の勢いで押し切ったという印象になるのだ。

(一方、外野に飛ばされた3つのフライアウトは、いずれも外野守備の好守備に助けられるかたちとなった。6回大引の中飛は右中間を襲ったものだが、聖澤が余裕を残しながら追い着く。同後藤の右飛は右中間。しかし牧田がスライディングキャッチで追い着いた。8回後藤の右飛は右翼線沿いの鋭い飛球だったものの、ここも牧田が飛びつく好捕をみせている)

他にも「証拠」はある。50個を数えたストライクカウントのうち、ストレートで獲得したのは30個。ストライク寄与ファウルの数も11と多く、一方、2ストライク以降のファウルは3と少ない点も、オリックス打線が塩見の速球に苦しんでいたことを表す1つのデータかと思う。

そしてもう1つ。フォークが機能し始めた、ということだ。前回4/18ロッテ戦の試合評で今季はフォークが思ったほど機能していないと懸念を表面したばかりだったけど、この試合ではフォークで空振りを7個奪うなど、使える球種になってきた、という印象を抱く。フォークでまとまった数、空振りを奪うことができるようになったため、この試合、今季初の二桁空振り率を記録している。

●塩見貴洋、登板日別の空振り率
4/3ソフトバンク戦・・・8.2%
4/10西武戦・・・7.4%
4/18ロッテ戦・・・0.0%
4/24オリックス戦・・・11.7%



■楽天・塩見貴洋 配球図
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20120424DATA3.jpg


■オリックス・フィガロ 球種別投球詳細
20120424DATA6.jpg


■オリックス・フィガロ 配球図
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20120424DATA5.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
塩見貴洋登板試合
〔試合評〕塩見、再び鷹を相手にメモリアルな1勝! プロ初勝利の相手から初完封勝利!──2012年4月3日(火)○楽天イーグルス5-0ソフトバンク
〔試合評〕背番号11vs背番号11、軍配上がったのはカーブの使い手に...──2012年4月10日(火)●楽天イーグルス0-4西武ライオンズ・〔試合評〕ドラ1投手に異常あり!──2012年4月18日(水)●楽天イーグルス3-7千葉ロッテ

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}