FC2ブログ

〔速報〕シアトルマリナーズ・岩隈久志、ホワイトソックス戦でメジャー初登板!──その全45球の配球図など投球詳細

スポンサーリンク

じゃらんnet



ブログ運営のモチベーションになりますので、ぜひポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

~~~~~~~~

クマ、メジャー初登板!

シアトルマリナーズの岩隈久志投手が、本拠地セーフコフィールドで開催された4/20シカゴホワイトソックス戦で、念願のメジャー初登板のマウンドを踏んだ。

試合は序盤に先発ノエシが崩れる展開でスタート。制球難のノエシは2回途中で57球も投げ、3ランを浴びるなど合計6失点でマウンドを降り、二番手にラミレスが5回まで投げ抜くビハインドの展開となった。





岩隈投手はスコア0-6と6点を追いかける6回、イニングのアタマから三番手としてマウンドに登った。合計4イニング、9回まで投げ抜く。打者13人と対峙し球数45球(1人当たり3.46)、被安打は8回に3番ダンに浴びた被本塁打の1本のみ、奪三振は2個、与四球1、1失点、1自責点、勝ち負けつかずという内容だった。

マリナーズは序盤の6失点が大きく響いた。イチローが2本の適時打で3点差まで返していくもそこまで。マリナーズはスコア3-6で敗れている。

ストライクゾーンの真中に入る失投の4シームをいきなり被弾するかたちになったが、不安定な内容が続いていたオープン戦~東京ドームでの巨人との親善試合などを鑑みると、どうやら手応えあり好投をしたといえそうだ。

岩隈投手が実戦のマウンドに登ったのは4/3コロラドロッキーズとのオープン戦以来、メジャー公式戦では15試合目にしてようやく初舞台となった。昨日NHK BSでMLB中継を見ていた時に、解説者(武田一浩氏だったような・・・)メジャー全30球団で開幕してからまだ1度も投げていない投手が岩隈、というコメントをしていたどおり、ここまで出番がなかった。

報道によると、ウェッジ監督はどうやらクマを先発が序盤に崩れてしまった時のロングリリーフ役として位置づけているとのことで、ここまでそのような試合は1度もなく(そうなりそうな雲行きのゲームは少なくとも1試合あった。先発ミルウッドが初回にピンチを招き球数を多く投げた4/11テキサスレンジャーズ戦)、ファンとしては今日なのか?明日なのか?と大変やきもきさせられてきたのだけれど、今日、ようやくその念願が叶った。

それにしても・・・とボヤかずにはいられないのが、NHK BSのマリナーズ中継は昨日で一旦終わり、次の中継は来週金曜のタイガース戦だったこと。中継でクマの初舞台を観ることができなかったのは、残念だ。

さて、映像は夜のスポーツニュース等でじっくり確認することとして、ここでは観たい欲求をグッと我慢し、データのみで確認してみたい。


■岩隈久志 球種別投球詳細
vs右打者36球=4シーム12、スライダー8、シンカー7、スプリッター6、カーブ3
vs左打者9球=4シーム2、スライダー1、シンカー3、スプリッター2、カーブ1
20120421DATA2.jpg

MLB公式サイトによると、初登板の45球の球種内訳は上記のとおり。4シームは日本でいうストレート、スプリッターは恐らくフォークボールのことだ。シンカーは日本では投げたことがない球種だが、恐らくクマが投げるシュートのことを指しているのでは?と思う。(海を渡ってからシンカーを習得という報道はダルでみかけたことはあるけど、クマでは聞いたことがない)

ぼくが最も懸念していたのは、ストレートの球速、制球力、そしてNPBで数々の打者をキリキリマイさせてきたあのフォークボールだ。

この日最速147キロを計測した4シーム(速球)の平均球速も140キロ台半ばまで出るようになってきている。4/10ロッキーズとのオープン戦で、球に指がかかるようになってきたというクマのコメントを見た覚えがあるが、しっかりと何かを掴んだのだろう。

コントロールもまずまずなのではないか。3番打者ダンには失投を完璧に運ばれてしまったが、下記の配球図で見るかぎりだと、特に右打者では球を低め低めに集めようとする意識をしっかり確認することができる。

■岩隈久志 配球図
※各コースの上段が4シーム、下段がそれ以外の球種


昨年の後半戦、右肩痛から復帰して投げた投球でフォークの制球が甘くなることがあり、それを痛打されていたというデータがあったわけだけれど、下記でスプリッター(=フォーク)の配球図を確認してみると、低めにしっかり集まっている。

岩隈投手のフォークはバットに当てようとしても当たらない球で、そういう意味では、7回バットを振りにきて、そのうち5球でバットに球が当たっているのは、どうしてもNPB全盛期を知るファンとしてはまだまだなのかな?と思わずにはいられないところだが、一方、低めに集めることで怪我をすることなく持ち味のゴロアウトで討ち取り、さらに2個の空振り三振を獲得している点は、現段階では大いに評価できるところなのでは?と思う。

■岩隈久志 Splitter
20120421DATA6.jpg

カウントや打者の詳細なアクションを掲載した下記表をみると、カウント構築もうまくいっていたことが確認できる。打者13人と対峙し、3ボール以上のカウントにしてしまったのが四球の1回のみ、2ボールも2回のみと、大半が1ボール以内で打者を屠ることができていた。

現在、岩隈投手に与えられた役割は、前述した出番が限られそうなロングリリーフ役だが、それでも、MLBの舞台で安定したパフォーマンスを残し続けるためには、NPB以上に早いカウントから打たせて取るピッチングが要求されるだろう。その意味において、今日の投球は十分合格点なのでは?と思う。

開幕してここまで、イチローや川崎が活躍する中、なかなか出番がなかった。心身ともにコンディションを整えるのに相当苦労したはずだが、この初舞台では、心と体がアンバランスになることなく投げることができたのでは?と思っている。

あのダルにもようやく3度目の先発でダルらしさが戻ってきた。
そして、今日、クマにもクマらしさが戻りつつあるといえるのではないだろうか?

まだ、映像を見ていないので、これから観るのが、ああ、楽しみだ!!!


4/22早朝追記:こちらで全打者の打席結果映像が確認できます。楽天にいたときの、あのクマですね!
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00994/v00037/v0000000000000000721/

【終】



■岩隈久志 打者別カウント推移
※打者名はYAHOOスポーツを参照した。
※7回、デアザの打席時にベッカムニ盗死
※コースNo.は上記配球図参照
20120421DATA3.jpg
20120421DATA4.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
〔記録〕マリナーズ入りの楽天・岩隈久志、MLBでの活躍に不安を残す「あるデータ」とは?
〔試合評〕4回6失点、光が見えない岩隈久志。その53球全詳細 ──2012年3月26日(月)シアトルマリナーズvs巨人(2012.3.26)

---------------------------------------------------------
当ブログ推薦の選手名鑑、セイバーメトリクス本、対談本
書店にずらりと並ぶ選手名鑑の数々。幾つか比較と紹介をした上で当ブログ推薦の選手名鑑を決定してみました。詳細はコチラでどうぞ。 3月10日に発売されたばかりの話題の「和製・野球抄」の紹介はコチラでどうぞ。実現不可能では?と思われた野球統計学者と元プロ野球選手の対談本の紹介はコチラでどうぞ


---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました。ブログ更新情報をメインに、ブログやTwitterに掲載しないココならではの話題や情報もなるべくお届けします。もしよろしければ「いいね!」をお願いします

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI







関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

球種について

はじめまして、こんばんわ。

sinker(シンカー)は岩隈のシュートのことで間違いないと思います。メジャーでは日本でいう2シームとシュートが纏めてsinkerと呼ばれることが多いです。

日本で横投げ投手が多投するような日本語でのシンカーは向こうではチェンジアップなどに含まれることが多いですね。

No title

いやーやっと投げることができましたね
映像を見てもクマらしいピッチングができてたみたいでホッとしました
後は早いうちに先発で投げれるようになるといいですね!

Re: 球種について

kさん

書きこみ有難うございます。球種のこと、詳細に教えていただきまして、助かりました。

>メジャーでは日本でいう2シームとシュートが纏めてsinkerと呼ばれることが多いです。
> 日本で横投げ投手が多投するような日本語でのシンカーは向こうではチェンジアップなどに含まれることが多いですね。

なるほど、そういうことだったんですねえ。岩隈投手はその著書でストレート、スライダー、フォーク、カーブ、シュート、これ以上球種を増やすつもりはないと書いてましたので、MLBに渡ってからの球種表記に戸惑いを覚えていたところです。大変、参考になりました。

Re: No title

粗茶さん

> いやーやっと投げることができましたね
> 映像を見てもクマらしいピッチングができてたみたいでホッとしました
> 後は早いうちに先発で投げれるようになるといいですね!

私もMLB公式サイトで映像を確認してきました。球が低めの良い所に集まっていて、失投と呼べる失投はホームランを打たれた1球だけだったような、久しぶりにクマの良い投球を見た心地です。

メジャー30球団の中で最も遅い登板となったということは本人も知っていたようですが、こちらの心配とは裏腹に、けっこう冷静に調整を続けていたようで、さすがだな、と思いました。

この好投、ウェッジ監督も驚いているようですね。今は1試合1試合、実績を積み重ねて、信頼度を上げていくことがなによりの近道だと思います。シーズンは長いですから現在の先発ローテ陣が最後までいくことはまずありえないと思いますし(ミルウッドやノエシは波が激しそう)、岩隈投手の先発の出番も十分ありえると思います!

コメントありがとうございました。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
31位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}