FC2ブログ

〔試合評〕2012年3月11日(日)●楽天イーグルス1-3日本ハム。試合内容はご覧のとおりで、去年のシーズン中と同じだな

スポンサーリンク

人気ブログランキングに参加してます。更新の活力源を、ぜひポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ

~~~~~


2011年3月11日14時46分。あれから1年が経った

今日そのとき
楽天イーグルスのナインは、
岡山・倉敷マスカットスタジアムで迎えていた。

ファイターズとのオープン戦7回裏・楽天の攻撃時だった。

先頭打者フェルナンデスがヒットで出塁、無死1塁。
代走に銀次が起用される。
バッターボックスは6番のテレーロ。

相手3番手・宮西が投じた初球、低め変化球を空振りして、カウントは0-1。
2球目の前に1塁へ宮西が牽制球を挟む。

このとき、審判が時刻を確認する。時計は14時46分に差し掛かろうとしていた。

その後、プレーは一時中断となる。

場内アナウンスが流れ、
両軍、観客による約1分間の黙祷がおこなわれた。

スコアボードの旗は全て半旗で掲げられ、被災地に哀悼の意をささげている。
右翼から左翼へ勢い良くたなびく日の丸の下には、「がんばろう東北」の旗が。


「今年はこうして野球が無事におこなわれています」


黙祷終了後に実況担当・節丸裕一アナが発した、何気なかったかもしれない言葉。それが、ぼくの心には妙に響き、じわじわ沁みた。

No Baseball No Life.

野球が日常にある風景が、これほど大切だった1年はなかったな、改めてそう感じた。


●楽天イーグルス1-3北海道日本ハムファイターズ
〔オープン戦〕(倉敷マスカットスタジアム)




星野監督の地元、岡山の倉敷マスカットスタジアムでおこなわれた週末オープン戦2試合。昨日はロッテ相手に逆転勝利を収めたイーグルスだったが、この日は終盤に勝ち越されてしまい逆転負けとなった。


先攻・日本ハムの先発メンバーは、

1番・田中賢(ニ)、2番・金子誠(遊)、3番・稲葉(一)、4番・小谷野(三)、5番・スレッジ(指)、6番・陽(中)、7番・鵜久森(左)、8番・鶴岡(捕)、9番・杉谷(右)、先発・吉川

後攻・楽天のスターティングラインアップは、

1番・聖澤(中)、2番・高須(三)、3番・牧田(右)、4番・ガルシア(指)、5番・フェルナンデス(一)、6番・テレーロ(左)、7番・阿部(遊)、8番・伊志嶺(捕)、9番・内村(ニ)、先発・塩見。

楽天のラインアップから鉄平、岩村の名前が消えている。先日大久保コーチが「今日のゲームの結果次第では、ある程度考えないといけないな」と漏らしていたという話なので、むべなるかな、というオーダーになった。松井は身体のどこかに張りが出ているらしく欠場。代わってショートに阿部が入っている。先発マスクは伊志嶺。東日本大震災復興支援べースボールマッチに出場してチームを離れていた嶋は合流し、8回から途中出場となった。


終盤の逆転負け

先制点は楽天が獲得。4回のことだった。

先頭打者・牧田が初球打ち。左中間を割っていくツーベースでチャンスを演出する。その後、1死3塁からフェルナンデスのバットから適時打が飛び出す。吉川が投じた外のスライダーを痛烈に弾き返したその辺りは、右翼ライン際を襲うニ塁打となる。これで牧田が3塁から帰り、イーグルスが1点を先制した。

先手をとったイーグルスだったが、その直後の5回表、塩見がしっかり試合を締める所でそれができない。

先頭打者・小谷野に安打出塁を許すと、その後得点圏に進まれ、7番・鵜久森。アウトコース低めのフォークを振らせて1-2と追い込むまでは良かったものの、その後の4球目、真中に入った甘いストレートを完璧に運ばれてしまう。左中間奥深くまで伸び、ウォーニングゾーン内に着弾する飛球は悠々のニ塁打。小谷野が同点のホームを踏んで試合は振り出しに。

(解説の金石氏は、鵜久森にもう1球同じフォークで良いのでは?と指摘していたが、選択したのはストレートだった)


スコア1-1で迎えた終盤、次の一手を取ったのは日本ハムだった。8回、楽天3番手の小山が、先頭打者からの長打含む三連打を浴び、2失点。1-3と逆転を許してしまう。

先頭打者・陽は討ち取ったゴロも三遊間に転がり、サード・西村が捕れない。バックアップしたショート・阿部はぎりぎり追いつくも投げられず内野安打になってしまう。無死1塁で打席に迎えるのは5回に同点打を記録した鵜久森。この鵜久森に再び快打を許すかたちになった。

飛んだライナー性の飛球を捕りに、レフト中島が懸命に前進する。球際で果敢なスライディングキャッチをみせ、捕ったか?に見えた「つかの間のファインプレー」は、結局、グラブに球が当たって転がる結果になり、これが二塁打に。

最後は、無死3,2塁となったところで鶴岡に、小山が投げた球が抜けて真中近辺に入り、それをタイミング良く軽打されて、中前へ2点適時打を浴びてしまった。

結局、イーグルスは、先制するも追いつかれ、終盤に勝ち越しを許すという内容で、スコア1-3の逆転負けとなった。


20120311DATA4.jpg
HANREI.jpg


「試合内容はご覧のとおりで、去年のシーズン中と同じだな」

試合後、星野監督の第一声が、これだった。

この試合、イーグルスはファイターズより多いイニング先頭打者の出塁に成功するも、得点に結びつけることができたのは僅か1度だけだった。

(↑↑↑上記表「ピンチ状況」の紺色がイニング先頭打者が出塁した回を示している)

その数は6。イニングで言えば2、3、4、5、7、8になる。ファイターズの4を上回る多さも、その無死1塁のチャンスをモノにできたのは、前述のとおり3回1点の1度だけであった。走者が出てもその後ヒットが出ない。走者を進めることもできない。そんな光景を昨年(というより、ずっと?)見てきているけど、この試合もその典型になってしまった。

2回は、先頭打者・ガルシアが緩い球に上手くタイミングを合わせ安打出塁するも、後続のフェルナンデス、テレーロ、阿部が凡退。解説の金石昭人氏も指摘していたが、走者も打者も外国人では細かい野球は到底望むことができず、また、打力を期待されているわけだから打って結果を出すことが求められたものの、不発に終わる。

3回は、相手失策から無死1塁を獲得するも、続く内村が打った瞬間にしまった・・・という表情のレフトフライ。走者を進めることができずに凡退してしまう。その後、聖澤の死球で得点圏でバッターボックスに高須を迎えるが、そのピッチャー返しが1-4-3のピッチャー併殺ゴロとなり、好機消滅している。

4回はイニング先頭打者出塁で唯一得点が入った回になった。えてして得点が入る時は、長打が絡んでいるケースは多い。

5回は、伊志嶺がシェアなバッティングをみせ、中前に運ぶ無死1塁。続く内村の2球目にバスターエンドランのサインがベンチから出る。しかし、この2球目がまさかのとんでもないボール。見逃せば200%ボールとなる高めボール球を強引に振っていき、サード正面のライナーに。スタートをきっていた伊志嶺も戻れずに、運にも見放されたかのような併殺になってしまう。

7回無死1塁は、その後、代走出場していた銀次が牽制球でタッチアウトになるミス。

8回は、無死1塁で三度目の正直とばかり内村が進塁打を記録し得点圏に走者を進めていくも、チャンスで聖澤、西村が自分のバッティングができない。

日本ハムもイニング先頭打者を4度出して、そのうち2度は、栗山監督自ら認めた無謀な作戦で2番・金子誠の所で併殺になったケースが2度あったが、残り2度はしっかり得点に結び付けている。

楽天の場合、何度、天を仰げば良いのか・・・という悶々とした結果になってしまった。

特にミスが目立つ。7回の1塁代走で出ていた銀次が宮西の牽制でアウトになったり、4回2死2塁で阿部が3-2から四球を選んだ時に2塁走者・フェルナンデスがボーンヘッドで三塁盗塁死したり(2,1塁の状況と勘違いした?)と、この試合、やらなくてもよいアウトを2個も献上してしまっている。野球は27個のアウトの攻防戦であるから、アウトに直結した銀次、フェルナンデスのミスは重大だ。


これで練習試合入れて11試合で楽天の得点は、1試合平均2.00点。オープン戦だけでも2.17点。昨年ペナントレースでの1試合平均得点は3.00だから、それより約1点低い。

ここで、ちゃぶ台を勢いよくひっくり返すのは簡単だけど、少し前から、気づいている点が1つある。それは.......

楽天はオープン戦でまだ1度も犠打を記録していない

昨年はスコア0-0または同点時での無死1塁は112回あった。そのうち52%に当たる58回でバント作戦が採用された(バント安打やバント三振含む)。この試合の5度あった無死1塁のうち4度はスコア0-0または同点の状況だった。昨年ならバントがあっておかしくない状況だった。

しかし、今季、ここまでオープン戦6試合を終えて、まだ1度も犠打を記録していないのだ。

これは、首脳陣、特に大久保コーチが、あえてベンチからバント作戦を送らないでその他の作戦を試みてみたり、または、選手の自主性に任せ、そのプレーを考えさせていたフシもありそうだ。

が、開幕まで約2週間ちょっと、これからはバントも使ってくるのでは?と思う。

バント作戦だけではなく、他の場面でも、ここまでベンチは色々試していたのだと思いたい。ガルシア、フェルナンデス、テレーロ3人を先発起用し(これは有力なオプションの1つだと思う)、4、5、6と打順を並べてくるオーダーも、首脳陣にとってこの時期に試みておきたい「何か」があったはずからだと、思いたいところなのだ。

残り2週間で、どのような「かたち」を作っていけるのか?
とりあえず、辛抱することには慣れているので(?)見守っていきたい。


■両軍打者の打席結果とカウント推移表
【注意】球数に誤差が生じてしまっている所があります。塩見は77球ですがココでは76球、4回のどこかで1球誤差が生じています。根本は15球ですがココでは14球、森内は11球のところココでは10球と、見逃してしまった所があります。あらかじめ御了承下さい。
【打球内訳】1・・・完全な当たり損ねやボテボテ。2・・・芯を外した当たりや詰まった当たり。3・・・普通の当たり。4・・・良い当たり。5・・・・完璧/芯を食う一撃
20120311DATA5.jpg



◎◎◎関連記事◎◎◎
〔紅白戦〕
2/11選手採点&寸評2/12選手寸評&小斉逆転2ラン!2年2/13田中、塩見が先発も...課題が残る投手陣
〔練習試合〕
2/18○楽天3-1横浜DeNA2/21●楽天1-5巨人2/22○楽天2-1阪神2/24●楽天1-7サムスン
〔オープン戦〕
2/25●楽天5-7日本ハム3/3●楽天0-1横浜DeNA3/4●楽天3-4横浜DeNA3/7○楽天1-0西武3/10○楽天3-1ロッテ


---------------------------------------------------------
2012年、当ブログが推薦する選手名鑑はコレだ!
書店にずらりと並ぶ選手名鑑の数々。幾つかピックアップして比較と紹介をしてみました。さらに、当ブログが推薦する選手名鑑を決定! みなさんの購入の御参考になれば幸いです。記事の詳細は下記URLからどうぞ。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-919.html

---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました。ブログ更新情報をメインに、ブログやTwitterに掲載しないココならではの話題や情報もなるべくお届けします。もしよろしければ「いいね!」をお願いします

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI








関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}