FC2ブログ

〔記録〕楽天イーグルス・美馬学投手 2011年ゾーン・コース被打率、球種被打率

スポンサーリンク

アンケート募集中です!
「星野楽天2年目。2012年、
あなたが星野楽天2年目。2012年、最も期待したい“推しメン”打者は誰?」

3/27まで。現在35名の方に投票頂いております。受付は下記URLでどうぞ。
http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_54246_0.html

「星野楽天2年目。2012年、
あなたが期待するブレイクしてほしい先発投手は誰?」

3/27まで。現在99名の方に投票頂いております。受付は下記URLでどうぞ。
http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_54165_0.html

~~~~


2011年、イーグルスで最も打たれなかった投手は???


今回は昨年ルーキーでただ一人開幕1軍切符を掴み、即戦力に相応しい好活躍を前半戦みせてくれた美馬学投手のゾーン・コース被打率、球種被打率を確認してみたい。

それにしても、昨年の6/29ソフトバンク戦を最後に右肘痛で1軍のマウンドから姿を消して以降、美馬投手の動静が(ぼくが情報をキャッチできていない部分はあるものの)ほとんど入ってこない。今季のキャンプも2軍で調整を続けている模様で、いったいぜんたいどのような状態なのか?が判らず、もどかしく感じている。

頼もしきダックスの投球が1軍に戻ってくるのと戻ってこないとでは、楽天救援陣の戦力にも大きく影響してくることは、必至なのだ。

ルーキーイヤーとなった昨年の主な投手成績は下記のとおり。

23試合登板、2勝1敗5ホールド2セーブ、防御率3.08、26回1/3、被安打19、被本塁打1、奪三振13、与四球4、与死球1、失点9、自責点9、WHIP0.87

素晴らしいピッチングだったという印象からすれば、3点台の防御率はいささか悪い数字と言えそうだ。しかし、これは星野監督の拙い継投ミスによる部分も大きいと思う。個人的には「事実上の防御率1.78」の活躍だったと信じている。(詳しくは過去エントリ「美馬というより、首脳陣の判断が流れ手放すの間違いでしょ?!」を参照)

被打率は.204を記録。この数字は青山.229、小山.217、片山.257、山村.250らを凌ぐ数字。もちろん、投球回の多寡の違いはあるのだが、その違いを考慮しなければ、田中将大の.212を上回るチーム1の数字で、昨年イーグルス投手陣で最も打たれなかった投手は、美馬と言うこともできるのだ。

さて、ここでは、対戦が多かった右打者のゾーン・コース被打率、球種打率を中心に振り返ってみたい。


■vs右打者
被打率.182、被出塁率.214、被長打率.333、被OPS.548
66打数12安打、13三振、2四球、1本塁打


20120218DATA3.jpg


美馬の被打率は.204を記録したが、右打者との対戦では.182とさらに良い数字となった。

上記図、ピンクの網掛けは美馬にとって有利なゾーンやコースを、水色網掛けは美馬が打たれている個所を表している。

打者を圧倒したコースは、ストライクゾーン内の下記2つのコースになった。

「外角中段」・・・被打率.154、13打数2安打、3三振
「外角低め」・・・被打率.000、11打数0安打、2三振


一方、最もヒットを浴びたコースは、

「外角高め」・・・被打率.500、10打数5本(1ニ塁打、1本塁打含む)

となっている。


上記図で特に印象に残った点が2つある。

1つは、低めボールゾーンで打者の打席結果が出たのが僅か2打席(いずれも三振)だった点。これは明らかに少ないと思う。理由はストライクから低めボールゾーンに変化していく“落ちる系”の球種がない点が大きい。そのため、その是非はともかく、変化球で三振を取るタイプではなく、ストライクゾーンの中で勝負し、速球で押して討ち取ったり変化球で打ち損じを狙うピッチングになっている。

もう1つは、ストライクゾーン内の「外角低め」で1本もヒットを許していないという事実だ。この点についてさらに掘り下げてみたい。

下記に2つの図を作成した。美馬は右打者に全280球を投げたが、そのうち直球を134球、変化球を146球投げていた。その直球全134球がどこに投げられたか?変化球全146球がどこに投げられたか?を調べたのが、下記図になる。


■右打者への直球
20120218DATA5.jpg


図の見方を説明すると、各コース4段に分かれているが、最上段がスイング率。打者がバットを振りにきた割合になる。二段目が美馬がこのゾーンに投げた球数、三段目が打者がバットを振りにいった数、スイング率は(打者がバットを振りにいった数)÷(美馬がこのゾーンに投げた球数)になる。一番下の左はファウル数、右は空振り数を表している。

ストライクゾーンど真ん中を例にとると、美馬は右打者に対してストライクゾーンど真ん中にストレートを6球投げ、打者は全てバットを振りにきた。そのうち、2球がファウルになり、4球がフィールドに飛んで打席結果が出た(4打数1ニ塁打)、という意味である。

これで、先ほどの「ストライクゾーンの外角低め」を確認すると、美馬はココに11球ストレートを投げ、打者はそのうち8球でバットをスイングしてきているのである。そのうち4球でファウルになり、1球で空振り(空振り三振)となり、3球で凡打に倒れている。バットを振りにこなかった3球のうち1球は見逃し三振に、残り2球はストライクカウントになっていた。


■右打者への変化球
20120218DATA6.jpg


同様のことを右打者の変化球でも確認してみよう。

右打者の「ストライクゾーン外角低め」に美馬が変化球を投げたのは合計18球。そのうち、打者は15球でバットを振りにくるも、約半数の8球でファウルになり、1球で空振り、6球で凡打となっている。バットを振りにこなかった3球は全てストライクカウントになっている。

つまり、何が言いたいのか?というと、、、

右打者の「ストライクゾーン外角低め」に美馬は合計29球投げ、打者は実に23球でバットを振ってきているものの、その23球いずれもヒットになることがなかった、という事実なのだ。

右打者のアウトロー中心に直球、変化球に球を集める美馬のピッチングは、まさに鬼に金棒だったのだ。

ただし、制球が甘くなって高めに入ってしまうと、「外角高め」でヒットを5本浴びているように、打たれるリスクも出てくるのだ。「外角高め」で打者が打った10打球のうち、実に9打球がフライ/ライナーで、ゴロは僅か1個だった。高めに入ると、外野にフライを打たれるリスクがあるのだ。

最後に、右打者から記録した空振り率、ファウル率を確認してみよう。


ストレート134球、打者のスイング数69、ファウル数32、空振り数9。
球数が分母・・・空振り率6.7%、ファウル率23.9%。
スイング数が分母・・・空振り率13.0%、ファウル率46.4%。


変化球146球、打者のスイング数74、ファウル数27、空振り数19。
球数が分母・・・空振り率13.0%、ファウル率
スイング数が分母・・・空振り率18.5%、ファウル率36.5%



持ち味のスピンの効いたストレートで46.4%、ほぼ2球に1球、打者にファウルを打たせることに成功していた、と言えそうだ。美馬のストレートは決して空振りを奪うことができるものではないが、打者のバットを球威負けさせてしまう威力はあったことがデータからでも確認できるのでは?と思う。

欲を言えば、ゴロを狙って打たせるような投球術や、空振りを奪うことのできる落ちる系の変化球などが加われば理想なところだが、2年目のダックスの活躍が、今から非常に楽しみ、なのだ。

早く1軍に戻ってきてほしいところなのだが、それにしても、今、どのような状態なんだろう?【終】


■vs左打者
被打率.259、被出塁率.310、被長打率.259、被OPS.570
27打数7安打、0三振、2四球、0本塁打

20120218DATA2.jpg
20120218DATA4.jpg



◎◎◎関連記事◎◎◎
〔気になる記事〕美馬というより、首脳陣の判断が流れ手放すの間違いでしょ?!>「楽天の美馬、流れ手放す」(2011.5.24)
〔記録〕楽天イーグルス・美馬学投手 2011年 打者別 対戦成績



---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

美馬は右ヒジ痛で離脱でしたか

 そうなるとある意味永井よりも深刻かもしれませんね。よしんば復帰できたとしても昨年のような球を投げられなくなっている恐れも。例によって「ワシが潰した」と言われないようにがんばって復帰を目指してもらうしかないかな・・・。

Re: 美馬は右ヒジ痛で離脱でしたか

hati8025さん

>  そうなるとある意味永井よりも深刻かもしれませんね。よしんば復帰できたとしても昨年のような球を投げられなくなっている恐れも。例によって「ワシが潰した」と言われないようにがんばって復帰を目指してもらうしかないかな・・・。

昨年は途中から違和感を抱えながら投げていたという美馬のコメントを『週ベ』かどこかで読んだ記憶があります。仰るとおり、報道がほとんど出てこない状況ということはイコール「ある意味永井よりも深刻」ということを暗示していそうですね・・・
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}