FC2ブログ

〔試合評〕楽天イーグルス紅白戦:2012年2月13日(月)。田中、塩見が先発も...課題が残る投手陣

スポンサーリンク

アンケート募集中です!
「星野楽天2年目。2012年、
あなたが期待するブレイクしてほしい先発投手は誰?」

3/27まで。現在81名の方に投票頂いております。受付は下記URLでどうぞ。
http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_54165_0.html

~~~


楽天イーグルス紅白戦:2012年2月13日(月):紅組4-1白組
20120213DATA1.jpg


紅白戦に田中、塩見、新人の三好らが初登場

久米島町営仲里野球場でおこなわれている楽天イーグルスの紅白戦も3試合目。

この日は先発が白組・田中、紅組・塩見、先発ローテ左右の軸が登場した。

それぞれのスタメンは下記のとおりである。

紅組
1番・阿部(遊)、2番・銀次(三)、3番・中島(左)、4番・横川(右)、5番・伊志嶺(捕)、6番・中村(中)、7番・稲田(一)、8番・三好(指)、9番・西村(ニ)、10番・小山桂(指)、11番・川口(指)、12番・神保(指)、先発・塩見(1~3回)、二番手・青山(4~5回)、三番手・小山(6回)


白組
1番・聖澤(中)、2番・鉄平(左)、3番・枡田(遊)、4番・テレーロ(指)、5番・牧田(右)、6番・草野(三)、7番・小斉(一)、8番・嶋(捕)、9番・内村(ニ)、10番・島内(指)、11番・榎本(指)、先発・田中(1~2回)、二番手・ヒメネス(3~4回)、三番手・辛島(5~6回)


「らしくない」序盤、ミスが目立つ終盤

背番号18が投げるのだ。開幕まで約1カ月半残されている調整段階の時期とはいえ、やっぱり、それなりのものを期待してしまうのが、ファン心理というもの。若手主体の紅組は成す術なくアウトを重ねていくのだろうな・・・と思いきやだ。その予想とは裏腹の結果が待っていた。

田中将大のピッチングは「らしくない」内容になってしまった。

1回表、その初球。紅組の1番バッター・阿部にいきなり痛打を浴びる。セカンド頭上を鋭く超えるライナーは右中間に着弾。ライト・牧田がどうにか回り込んでシングルヒット止まりにするも、続く銀次にもあっさり連打を許し、阿部が3塁を陥れ、早々に無死3,1塁のピンチを招いてしまった。

シーズン中なら、ここからスイッチが入る田中である。中島をインコースの球で詰まらせてショートへの小飛球に、横川を当たり損ねのショートゴロ(このゴロで3塁走者・阿部がスタートを切るも本塁タッチアウトになっている)に討ち取ったところまでは「らしさ」を見せたものの、待った!をかけたのは、この人のバットだった。

5番に座った伊志嶺。昨年田中と沢村賞を争ったダルビッシュに相性の良かった背番号48は、田中の3球目をしっかり捉え、レフト前へ運ぶタイムリーに。1球目、2球目ともにアウトコースに明らかにはずれたボール球となったボール先行2-0からの3球目、高めに入ったかっこうの球を、確実にヒットゾーンへ運んでいった。

初回、まさかの連打を浴びてピンチを招き失点を許した田中は、2回になって、先頭の稲田を変化球で屠り、中日から移籍してきた小山桂を外の球で空振り三振に討ち取るなど修正をみせた。しかし、ルーキーの三好にものの見事なピッチャー返しセンター前ヒットを許すなど、しっかり締めることができない。結局、当初は3イニングを投げる予定が、2イニングで降板することとなった。

一方、塩見の立ち上がりも、決して満足とは言えないものに。白組の1番・聖澤は討ち取るものの、鉄平にヒットを許すと、続く枡田に対し追い込んでから制球が甘くなり四球を許し、1死2,1塁のピンチを招いてしまう。後続のテレーロ、牧田をレフトフライに討ち取って難を逃れるものの、手離しで合格点とはいえず、まずまずの及第点という印象が残った。

1点先制を許した白組は4回、ようやく同点に追いつく。この回から紅組二番手として青山が登板。先頭の鉄平を3球三振で抑えるも、続く枡田に制球が甘くなって3-2からの四球を与える。1死1塁でバッターボックスはテレーロ。追い込んでからの3球目をひっぱりにいったその打撃は、三塁線を強烈に破るツーベース。(恐らくスタートを切っていた)1塁走者の枡田が長躯ホームに生還して、1-1の同点となった。

試合が決まったのは6回表・紅組の攻撃だった。5回からマウンドに上がっていた辛島の2イニング目となった6回、痛いところで白組のミスが連発した。

1つめは小関。1死1塁、川口の本塁手前の送りバントを、マスクを被っていた小関が処理、すかさず2塁へ送球する。この判断は1塁走者はアウトのタイミングだったため、妥当だったかと思う。しかし、このスローイングが大きく逸れてしまう結果に。アウトを取れずに1死2,1塁と傷口を広げて、初回田中の初球を積極的に打っていった阿部が、今度は勝ち越し点を呼び込むショートオーバーのレフト前タイムリーを放った。

2つめは辛島の抜け球である。その後、1死満塁で中島を打席に迎えた場面。0-2と追い込んでから投げた3球目のインコースの変化球がすっぽ抜けてしまい、中島の左肩?左腕付近に直撃する、押し出しデッドボールとなってしまった。続く横川に犠牲フライを打たれ、この回3失点を喫した。

試合は、4-1で白組の勝利に終わっている。


塩見は3回無失点、ヒメネスは2回を三者凡退の好投も...課題が残る投手陣

両軍の投手成績は下記のとおり。

白組
田中・・・2回、打者10人、41球、被安打4、奪三振1、1失点
日刊スポーツの報道によると「この日41球の内訳は直球16球、ツーシーム11球、スプリット7球、スライダー5球、チェンジアップ1球、高速カーブ(120キロ台)1球」とのこと。

ヒメネス・・・2回、打者6人、23球、被安打0、奪三振2、0失点
辛島・・・2回、打者12人、37球、被安打4、1死球、3失点

紅組
塩見・・・3回、打者12人、36球、被安打2、奪三振1、1四球、0失点
青山・・・2回、打者8人、32球、被安打1、奪三振2、2四球、1失点
小山・・・1回、打者4人、17球、被安打0、奪三振1、1四球、0失点

コントロールに苦しむ投手が多かった。先発した田中は41球投げたが、そのうちボールになったのは37%に当たる15球。横川、中村にはフルカウントまでいく内容。2四球を出した青山、1四球の小山も同様で、特に小山はマウンド上で投げにくそうな印象を受けた。

この3試合、久米島特有の(?)強風が吹いていた。レフトからライト方向へ、スコアボードのフラッグが勢いよくたなびいている状況だった。しかし、この悪環境を考慮に入れても、制球がままならない投手が目立つ結果になった。

ただ、他の投手に関してはやや心配が残るものの、田中に関しては全く心配していない。


士別れて三日ならば・・・

一方、この日、一番良かったのは、2イニングを何事もなく三者凡退に片づけたヒメネスだった。昨年は制球力に苦しんだ。投げた球数の4割が常にボール球になるようなコントロールだったが、今季、星野監督は先発ローテ三番手にヒメネスの名前をあげている。この首脳陣の発言やヒメネスの力量に、個人的には大いに疑問符がついたままになっていた。「三番手候補にヒメネスの名をあげるとは、先が思いやられる・・・」という印象だった。しかし、この日のヒメネスは、ストライク先行の組み立てがしっかりできていた。

「呉下の阿蒙にあらず」という故事もある。昨年のシーズン終了からこの日にかけて、課題となる制球力が改善され、安定してきているのかもしれない。球史に名を残す名投手だった星野監督と佐藤投手コーチがその目で見て、高い期待をかけている投手である。ひょっとすると、こちらの目が届かない間に、大きく変貌したのかもしれない。首脳陣の言うとおり、この人が三番手にハマって好活躍をみせるようなことになれば、面白いことになってきそうなのだが、はたして、どうなるだろうか?【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
〔試合評〕楽天イーグルス紅白戦:2012年2月11日。選手採点&寸評
〔試合評〕楽天イーグルス紅白戦:2012年2月12日。選手寸評。小斉が逆転2ラン!


■両軍の打席結果とカウント推移表

20120213DATA3.jpg


■楽天イーグルス 2012年紅白戦 打者別 打撃成績
※2/11~2/13の3試合合計


---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。(o'ー'o)ノ各種ブログランキングに参加中。皆様の応援の1票が更新の活力源になります。宜しくお願いします。現在、ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

PCの場合SHIFTキーを押しながらマウスで次から次へクリックして頂けるとスピーディーです

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI










関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}