FC2ブログ

〔記録〕09年パ首位打者の打撃不振をデータから探る(1)──楽天イーグルス・鉄平、2011年ボールゾーン・スイング率

スポンサーリンク

【御願い】ブログ村に参加中です。

御訪問ありがとうございます。
現在「楽天イーグルス」カテゴリ1位...ですが、
オフ期間のためか...ポイント激減で、寂しい思いをしております(> <)

更新の活力源は、皆様の投票です。

何卒、引き続きの応援のクリック宜しくお願いします。m(_ _)m


にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


~~~


ぼくがこんな数字をせっせと調べているのも、れっきとした(?)理由がある。

事の始まりは、出塁率だ。昨年イーグルスはパリーグで最低を記録した。2007年~2009年は同2位、1位、2位という輝かしい成績を収めたこの数字も一昨年から一転、2010年は5位、2011年は.298を記録して最下位に落ち込んでしまった。

出塁できなければ得点が入らないのは、自明の理である。

ちょうどその頃、公開間近の映画「マネーボール」の原作を久しぶりに読み返していた。その226頁。うってつけの数字があった。ハッとした。


テハダ38% チャベス34% ロング31% ヘルナンデス31% ベーニャ27% メスチーノ19% ジャスティス18% アスレチックスのフロントは、相手ピッチャーがどんな球をどこに投げたかすべて記録している。それをもとに、各打者がボール球にどのぐらいの割合で手を出しているかを計算するのだ。(マネーボールより)


イーグルスの打者はどうか? 調べてみた。ルイーズ36.3%、牧田明久28.0%、聖澤諒26.4%、左打席の松井稼25.5%、銀次25.3%、ガルシア24.8%、山崎武司24.8%.... 幸い(?)ぼくも「相手ピッチャーがどんな球をどこに投げたかすべて記録」していた。

色んなことが判った。ルイーズ選手は予想どおりボール球ばかりを振っていた。100個超の三振を喫した聖澤選手もこの値は多かった。ボール球が大好きな中村真人選手は意外にもそれほど多くはない。期待を裏切った岩村選手は裏腹にボール球にはあまり手を出していなかった。高須選手は必殺仕事人の看板に相応しく最も低い16.0%だった。

そして.......今回取り上げるのは、昨年大スランプに陥った鉄平選手である。


ボールゾーン・スイング率にいく前に下記表を御参照いただきたい。

選球眼チェックの表だ。



ここ数年の鉄平選手は出塁率がリーグ屈指である。首位打者を獲得した2009年は.391でパリーグ3位、2010年も.391を残して同7位という好成績だ。しかし、この高い出塁率は「3割を超える高い打率があってこそ」である。

それを裏付けるのが安打以外の出塁率を診るIsoDなのだ。2009年こそリーグ平均と差異が認められるが、他はほぼ同じといってよい。横浜の渡辺直人選手やロッテの井口資仁選手、西武の栗山巧選手のように、平均を大きく上回る数字ではない。

つまり、どちらかというと、鉄平選手も「安打(単打)=四球」という価値観で四球を視野に入れて塁に出ていくタイプではなく、「安打(単打)>四球」という思想の下、打って出塁するタイプ、といえる。

そのため、昨年は打率が.228と低迷したことで出塁率も3割を下回る.282に終わってしまった。これが打率は.250でもIsoDが常時.080ある打者なら出塁率は.330になる。昨年の渡辺直人選手がまさにこれで、打率は.266でセリーグ14位もIsoDが.077だったため出塁率はセリーグ6位の.342を記録していた。

貪欲に四球を獲得するタイプではない鉄平選手だが、昨年は特に四球を選ぶことができなかった。四球を獲得する頻度を診る「打席÷四球」をみると、2009年の12.02、2010年の10.47と比べて、昨年の19.53はリーグ平均を大きく下回り、かなり悪い。そのため選球眼の良し悪しを診断する「BB/K(四球÷三振)」も悪化してしまった。


さて、本題にいこう。ボールゾーン・スイング率を確認してみる。


■全体:21.7%



昨年の鉄平選手は21.7%を記録した。

下記選手の中では少ない部類に入るといえそうだ。


●ボールゾーン・スイング率〔全体〕
・ルイーズ・・・36.3%
・牧田明久・・・28.0%
・聖澤諒・・・26.4%
・松井稼頭央〔左打席〕・・・25.5%
・銀次・・・25.3%
・ガルシア・・・24.8%
・山崎武司・・・24.8%
・松井稼頭央〔右打席〕・・・23.9%
・内村賢介〔左打席〕・・・23.1%
・中村真人・・・22.2%
鉄平・・・21.7%
・横川史学・・・19.4%
・岩村明憲・・・19.1%
・草野大輔・・・17.2%
・内村賢介〔右打席〕・・・16.6%
・高須洋介・・・16.0%


下記のとおり、ボールゾーンの高低別で確認すると、高めボール球に手を出す頻度はイーグルスの中でも多い部類に入るものの、低めボール球を振りにいってしまう割合は少なくなっている。


●高めボールゾーンのスイング率
・ガルシア・・・42.7%
・牧田明久・・・30.6%
・聖澤諒・・・30.5%
・鉄平・・・24.0%
・横川史学・・・23.8%
・岩村明憲・・・23.8%
・銀次・・・23.1%
・中村真人・・・22.7%
・高須洋介・・・19.6%
・内村賢介〔左打席〕・・・19.0%
・山崎武司・・・18.2%
・松井稼頭央〔左打席〕17.1%
・草野大輔・・・16.6%
・ルイーズ・・・14.8%
・松井稼頭央〔右打席〕13.5%
・内村賢介〔右打席〕・・・4.9%


●低めボールゾーンのスイング率
・ルイーズ・・・52.0%
・松井稼頭央〔右打席〕37.3%
・松井稼頭央〔左打席〕36.2%
・内村賢介〔左打席〕・・・29.7%
・山崎武司・・・29.2%
・牧田明久・・・28.0%
・中村真人・・・27.7%
・聖澤諒・・・27.1%
・岩村明憲・・・23.8%
・内村賢介〔右打席〕・・・23.5%
・銀次・・・23.4%
・ガルシア・・・21.4%
・鉄平・・・21.3%
・草野大輔・・・20.7%
・高須洋介・・・18.0%
・横川史学・・・18.8%


ボール球にバットがどのくらい当たっているか?を診るボールゾーン・コンタクト率は63.5%を記録。バットコントロールの良さを証明しているといえそうだ。


●ボールゾーン・コンタクト率
・中村真人・・・72.8%
・内村賢介〔右打席〕・・・66.7%
・内村賢介〔左打席〕・・・66.0%
・草野大輔・・・64.6%
・銀次・・・63.6%
・鉄平・・・63.5%
・高須洋介・・・60.5%
・聖澤諒・・・58.4%
・松井稼頭央〔右打席〕・・・55.2%
・牧田明久・・・54.4%
・松井稼頭央〔左打席〕・・・53.1%
・岩村明憲・・・47.2%
・ガルシア・・・40.5%
・横川史学・・・32.3%
・山崎武司・・・30.7%
・ルイーズ・・・20.4%


2ストライクと追い込まれてしまうと、数字はどのように変化したのか?を確認してみる。


■2ストライク以降:34.1%
20120116DATA7.jpg


鉄平選手は34.1%だった。これは下記のとおり、他選手と比較すると、少ない部類に入る。

追い込まれてもボール球に手を出す頻度は、どちらかといえば少ないほうだったと判断できそうだ。

ならば、なぜ四球獲得頻度の「打席÷四球」が前年の10.47から昨年は19.53と大幅に悪化してしまったのか?

前年のデータが手元にないためあくまでも推測でしかないが、打率好調だった2009年、2010年、鉄平選手のボールゾーン・スイング率はもっともっと低く、追いこまれてももっともっと低かったのではないだろうか?


次回エントリは鉄平選手のゾーン・コース打率、球種打率を振り返ってみたい。


●2ストライク以降のボールゾーン・スイング率とボールゾーン・コンタクト率
・銀次・・・スイング率55.6%、コンタクト率53.3%
・ルイーズ・・・スイング率47.0%、コンタクト率31.9%
・聖澤諒・・・スイング率46.7%、コンタクト率・・・現在調査中
・中村真人・・・スイング率44.6%、コンタクト率72.9%
・松井稼頭央〔左打席〕・・・スイング率41.9%、コンタクト率49.4%
・草野大輔・・・スイング率40.4%、コンタクト率63.9%
・牧田明久・・・スイング率39.6%、コンタクト率50.0%
・松井稼頭央〔右打席〕・・・スイング率39.4%、コンタクト率58.0%
・内村賢介〔左打席〕・・・スイング率39.1%、コンタクト率65.6%
・ガルシア・・・スイング率36.9%、コンタクト率46.1%
・鉄平・・・スイング率34.1%、コンタクト率63.8%
・岩村明憲・・・スイング率32.3%、コンタクト率47.5%
・高須洋介・・・スイング率31.4%、コンタクト率67.8%
・山崎武司・・・スイング率28.7%、コンタクト率38.7%
・内村賢介〔右打席〕・・・スイング率27.3%、コンタクト率66.7%
・横川史学・・・スイング率23.2%、コンタクト率34.0%

【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎

各記事のリンクはこちらです⇒ ルイーズガルシア岩村明憲松井稼頭央内村賢介草野大輔高須洋介横川史学聖澤諒中村真人牧田明久山崎武司銀次


---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。(o'ー'o)ノ各種ブログランキングに参加中。皆様の応援の1票が更新の活力源になります。宜しくお願いします。現在、ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

PCの場合SHIFTキーを押しながらマウスで次から次へクリックして頂けるとスピーディーです

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI









関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
31位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}