FC2ブログ

〔記録〕「マネーボール」にも出てくるボールゾーンスイング率調査!──楽天イーグルス・草野大輔選手の2011年

スポンサーリンク

【御願い】ブログ村に参加中です。

現在「楽天イーグルス」カテゴリ1位

最近、オフに入ったからなのか?
応援の投票が減ってきて寂しい限りです(´・ω・`)

何卒、引き続きの応援のクリック宜しくお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


~~~

「マネーボール」原作226ページに出てくる“ある数字”

が気になっている。一部引用してみる。


---引用開始---
ヤンキースがさんざん点を取ったあと、アスレチックスの攻撃に移った。デイビッド・フォーストが、きれいにタイプした1枚の紙を取り出す。そこにはこうあった。

テハダ 38%
チャベス 34%
ロング 31%
ヘルナンデス 29%
ベーニャ 27%
メスチーノ 19%
ジャスティス 18%
ジオンビー 17%
ハッテバーグ 14%

 アスレチックスのフロントは、相手ピッチャーがどんな球をどこに投げたかすべて記録している。それをもとに、各打者がボール球にどのぐらいの割合で手を出しているかを計算するのだ。(中略)ストライクゾーンからそれた球は、打者の勝ち目を大きくしてくれる。したがって、振らないにかぎる。
---引用終了---



ボールゾーンの球に手を出しにいく割合・頻度を診る「ボールゾーン・スイング率」だ。

これが気になっているので、目下、贔屓の楽天イーグルスの選手で調べてみているところである。聖澤諒、横川史学、高須洋介と終わって、

今回は“遅れてきた天才打者”草野大輔選手のボールゾーン・スイング率を確認してみたい。

その前に下記表をご覧いただきたい。

20111201DATA3.jpg

草野の選球眼を主に確認する表になる。

まず、三振が少ない打者、であることが再確認できる。三振1個するのに何打席かかるか?を診る「PA/K(打席÷三振)」の数値をそのリーグ平均と比べてみると、

2009年・・・草野8.52、リーグ平均5.51
2010年・・・草野8.79、リーグ平均5.51
2011年・・・草野8.56、リーグ平均5.53


となった。平均的な打者がだいたい5.51打席に1個の三振を喫するのに対し、草野は8打席以上で1つの計算になってくるのだ。

一方、草野は例年四球が少ない。しかし、今季は多かった。「PA/B(打席÷四球)」で確認してみると下記のようになる。

2009年・・・草野18.93、リーグ平均12.34
2010年・・・草野16.43、リーグ平均12.69
2011年・・・草野12.13、リーグ平均15.32


この12.13という数字はパリーグで250打席以上の打者52人のうち13位に位置する好成績である。また、死球も多かったため、安打以外の出塁率を診るIsoDでは同250打席以上52人の中で中村剛也.104、井口資仁.097、糸井嘉男.092に続くリーグ4位の好数字になった。

これを草野の成長とみるか?偶然に左右された要素が大きいとみるか?は判断の分かれるところかもしれないが、個人的にはベテランがいきなりこのような目に見えた激変をみせることは考えづらく、また、幾つかの要素を踏まえて、後者、好運をひきよせたための好成績だと思っており、これが来季に繋がるか?といえば懐疑的である。

さて、ボールゾーン・スイング率だ。


■全体 17.2%
20111201DATA1.jpg

各コースの上段がボールゾーン・スイング率、中段が球数、下段が(打席結果に関わらず)手を出した回数となっている。

全体を確認すると、

●全体
・草野大輔・・・17.2%
・高須洋介・・・16.0%
・横川史学・・・19.4%
・聖澤諒・・・26.4%


となった。高須に続く良い値で、ボール球に手を出さない草野の秀逸性が伺える。

●高めボールゾーンのスイング率
・草野大輔・・・16.6%
・高須洋介・・・19.6%
・横川史学・・・23.8%
・聖澤諒・・・30.5%

●低めボールゾーンのスイング率
・草野大輔・・・20.7%
・高須洋介・・・18.0%
・横川史学・・・18.8%
・聖澤諒・・・27.1%


ボールゾーンの高低別に確認すると、高めボール球に手を出す割合がこの4選手の中で最も少ない。一方、低めは20%を記録するものの、高須、横川とほぼ同じ傾向にある、と言えそうだ。

次に、ボール球に手を出しにいって、ボール球がバットに当たった、ボールゾーン・コンタクト率を確認。

●ボールゾーン・コンタクト率
・草野大輔・・・64.6%
・高須洋介・・・60.5%
・横川史学・・・32.3%
・聖澤諒・・・58.4%


上記4選手の中で最も高い値を残した。バットコントロールに優れている草野の特徴がココに表れている、と言うことができる。

次に、追いこまれてからの2ストライク以降のボールゾーン・スイング率をみてみる。


■2ストライク以降 40.4%
20111201DATA2.jpg

・草野大輔・・・40.4%
・高須洋介・・・31.4%
・横川史学・・・23.2%
・聖澤諒・・・46.7%


草野は全体でみると574球投じられたボール球のうち17.2%に当たる99球に手を出していたが、2ストライク以降になると151球のボール球のうち40.4%に当たる61球に手をを出していることになる。

やはり、追いこまれてしまうと、ボール球の誘いに乗らざるをえない打者事情が強く表れている、と言えそうだ。

ということはだ、逆に「0ストライク~1ストライク時」のボールゾーン・スイング率が極めて低いということに、なりはしまいか?

と思ったので、上記4選手のそれを調べてみた。

●0ストライク~1ストライク時のボールゾーン・スイング率
・草野大輔・・・8.9%
・高須洋介・・・10.5%
・横川史学・・・17.4%
・聖澤諒・・・14.6%


横川、聖澤の若手は、打者有利とされる早いカウントのときにもボール球に手を出しがちであることが確認できる。草野、高須のベテラン組はしっかり球をみきわめている、そんなイメージが湧いてきた。


「初球」時に最も顕著になる草野大輔の打撃特徴

■初球スイング率
20111201DATA5.jpg


この表は初球のスイング率を、全体、ストライクゾーンの球(S球)、ボールゾーンの球(B球)別にまとめたものになる。

例えば、草野の初球スイング率は9.3%、291打席で27打席、初球に手を出しにいっている。初球がストライク球だった場合は149打席のうち23打席でスイング、15.4%。ボール球だった場合は142打席中4打席で手を出しにいって、その割合は2.8%ということになる。

上記表のそれぞれのスイング率で最も値が小さいものを赤字にした訳だけれど、草野は、全体、S球、B球のいずれも値が小さかった。つまり、ストライクゾーンに入ろうが、ボールになろうが、初球でバットを振ってくることはほとんどない、ということになる。初球はじっくり見てくるのが草野の打撃特徴だ。

初球がストライクゾーンに入ってくる球の場合、他の打者は40%~60%近くの確率でバットを振りにいっているのに対し、草野は15.4%である。これは草野と他打者との大きな違いだろう。

特に今季は田淵コーチによるファーストストライク理論が奨励されていたシーズンでもあったが、このような低い値となっていた。この是非はともかくとして、この差異は興味深いところだ。【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
〔記録〕野村克也から「天才」と呼ばれた男──楽天イーグルス・草野大輔選手、2011年最も印象に残った打撃ベスト5。vs全投手別の対戦成績表を掲載
〔記録〕楽天イーグルス・高須洋介選手の2011年ボールゾーン・スイング率
〔記録〕楽天イーグルス・横川史学選手の2011年ボールゾーン・スイング率
〔記録〕楽天イーグルス・聖澤諒選手の2011年ボールゾーン・スイング率

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。(o'ー'o)ノ各種ブログランキングに参加中。皆様の応援の1票が更新の活力源になります。宜しくお願いします。現在、ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

PCの場合SHIFTキーを押しながらマウスで次から次へクリックして頂けるとスピーディーです

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI








関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}