FC2ブログ

〔試合評〕2011年10月5日(水) ○楽天イーグルス3-1日本ハム。今夜「底力」を見た。沢村賞争い、田中を力強く援護するダル攻略勝利!選手採点&寸評

スポンサーリンク

ブログ村に参加中です。更新の励みになりますので、何卒、応援のクリック宜しくお願いします。(_ _)人 皆様のおかげで現在「楽天イーグルス」部門1位です
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


今夜「底力」を見た!

ダルビッシュと沢村賞を激しく争う楽天のエース、田中将大。
最優秀防御率のタイトル争いでは田中がリードするも、沢村賞となるとダルビッシュ先行のイメージがある中で、今夜イヌワシ打線に立ちはだかったのはそのダルビッシュだった。

田中を援護するためにも、この1戦は願っても叶ったり。厳しい試合になるのは容易に予想できたが、楽天にとって是が非でも勝利しなければならない、試金石となるゲームだった。

そのダルビッシュ相手に楽天は序盤ノーアウト1塁の足がかりを連続して作る。1回は松井稼がヒットで、2回は中村が四球で出塁。しかし、いずれも後続が凡退に倒れ、喉から手が出るほどに欲しい先制点につながらない。ダルビッシュは尻上がりに調子を上げていくタイプ。そのため、2回1死1塁で牧田がセカンド正面のゴロで4-6-3の併殺に倒れた時は、嫌な雰囲気を感じずにはいられなかった。

楽天の先発は井坂。初回は2死から糸井に四球を与えるも続く小谷野をしっかりゴロに討ち取ると、2回は牧田、銀次の好守備に盛りたてられて三者凡退、3回は鶴岡にセンター前へ弾き返されて無死1塁の出塁を許すも1死1塁から加藤政を併殺網にかけて、序盤3回を無失点で切り抜ける。

すると、4回表だった、楽天に先制点がやってきたのは。

先頭の高須が外からシュート回転して中に入ってきた甘い球をしっかりセンターへ打ち返し無死1塁。次の4番・ガルシアがインハイの球を三塁線にひっぱり、これがサード・小谷野の手前でバウンドがイレギュラー。打球は外野へ抜けていく。1塁の高須が一気に3塁へ進み、打者走者のガルシアも2塁到達、無死3,2塁のビッグチャンスが到来した。

中村は縦のスライダーに空振り三振に倒れるも、1死3,2塁から若い力が「大仕事」をしてのけた。5試合連続先発起用されている銀次である。2回無死1塁での1打席目では送りバントで走者を送れず、追い込まれてからの空振り三振に倒れていた。「何としても打ちたい」というやり返そうという気持ちがプロ初タイムリーに結びついた。しっかり捉えたその打球はライナーとなってショート上空を襲う。捕球しにいった金子誠のグラブを弾いて打球は外野へ抜けていく。3塁走者がホームを踏んで楽天が1点を先制。(楽1-0日)

なおも1死3,1塁の好機。7番・牧田も続いた。ライトへ打ち返したその打球は、飛距離十分の犠牲フライ。ライト・陽もバックホームを諦めて、悠々イーグルスに2点目が入る。(楽2-0日)

先発・井坂は5回に中田に一発を浴びて1点を返され1点差と迫られてしまうも(楽2-1日)、楽天打線が8回に再びダルビッシュから1点をあげることに成功した。ガルシア、中村の連打で作った無死2,1塁の好機から送りバントを挟んで、牧田が三遊間を真っ二つに破る左前タイムリーをあげた。

先発・井坂は結局、6回を中田のソロでの1失点のみにまとめる好投。7回8回の2イニングを二番手・小山が力投をみせ、9回はラズナーが得点圏のピンチを背負うも、最後は中田を緩急で空振り三振にとってゲームセット。

これで今季ダルビッシュ登板試合でイーグルスの戦績は6試合3勝3敗で終了となった。
(3勝は8/25、9/12、10/5。3敗は5/10、7/20、8/6)

チーム成績は

・135試合61勝68敗6分の借金7
・対日本ハム戦22試合9勝13敗
・先制した試合の成績61試合44勝15敗2分

・ビジターゲーム成績69試合29勝37敗3分
・後半戦成績60試合28勝30敗2分
・10月月間成績4試合3勝1敗


ゲーム差は、

3位・オリックスと6.0、4位・西武と2.0、6位・ロッテと7.0

となっている。

(下記へ続く)

○楽天イーグルス3-1北海道日本ハムファイターズ〔22回戦〕
20111005DATA2.jpg

■両軍のスターティングオーダー
楽天・・・1番・松井稼(遊)、2番・内村(ニ)、3番・高須(三)、4番・ガルシア(指)、5番・中村(左)、6番・銀次(一)、7番・牧田(右)、8番・伊志嶺(捕)、9番・聖澤(中)、先発・井坂(右投)

日本ハム・・・1番・加藤政(ニ)、2番・陽(右)、3番・糸井(中)、4番・小谷野(三)、5番・稲葉(指)、6番・中田(左)、7番・ホフパワー(一)、8番・鶴岡(捕)、9番・金子誠(遊)、先発・ダルビッシュ(右投)。




田中の沢村賞へ向けて、力強い勝利!

ダルビッシュは、8回、打者36人に124球を投げ、被安打10(二桁被安打は昨年8/13ホークス戦以来)、奪三振9、与四球3、3失点、3自責点、という内容だった。

これをうけて沢村賞の行方はどのように変化したのか? 基準別に両者の成績を確認してみる。

■田中将大vsダルビッシュ有、沢村賞先行基準別の投手成績
10/5終了時データ


試合数ではダルが上回る。恐らく田中は残2登板、ダルも2登板だからダルに軍配が上がる。完投ではダルが残り2登板してのけても田中には及ばない。勝利数はこれで完全に立場は五分になった。今までは田中が追いついてもダルがすぐに先行するかたちになったが、これで残り登板数が同じだとすると、両者が勝ち続ければタイとなる。

勝率は両者五分で並んでいたが、今夜の敗戦を受けて田中が先行するかたちに。投球回、奪三振の項目では田中がダルに追いつくことは不可能だが、自責点3ということで、防御率ではかなり有利になった。田中は恐らく10/8ロッテ戦のマウンドに登るはずだが、8回投げて3自責点までなら、ダルビッシュを先行することができる。

もしこのままの状況で両者譲らずのかたちでシーズンを終えるとすると、7個ある先行基準で、勝利数がタイとなり、両者4つずつ分け合うかたちになる。だが、最多勝利と最優秀防御率を抑えている田中のほうが、俄然有利になってくるのでは?と思われる。その意味で、今夜、ダルビッシュに黒星をつけさせ(勝利数を稼がせず、勝率を下げさせ)、自責点3をつけた(防御率を悪化させた)楽天の攻撃はお見事で、まさに「底力」をみた思いがする。

これで今シーズン(もしかすると永遠に?)ダルとの直接対決は終わった。あとは田中将大が自らその手で奪いにいくだけである!!!

今から10/8ロッテ戦が楽しみになってきた!!!


BASEBALLIMAGE08.jpg

選手採点&寸評

楽天イーグルスの選手のプレーを10点満点で採点、寸評をつけます。5.5が普通のプレー時の基準値、05.幅の増減で点数をつけていきます。


~スタメン~

◎松井稼頭央・・・4.5:1番・遊撃。5打数1安打2三振。初回、切り込み隊長として高めに浮いてきた球をしっかり快打し先頭出塁、3回1死1塁では追い込まれてから進塁打を放つなど、それなりの仕事はこなした。しかし、やっぱり、決めて欲しかったのは、ダルから2点先制してなおも2死満塁だった4回での第3打席になる。初球と結果球、インサイドに決まる縦の落差あるスライダーに手を出しあえなく空振り三振に。

◎内村賢介・・・6.5:2番・ニ塁。4打数1安打、1三振1犠打。1回無死1塁ではその初球でしっかりバントを決めて、初の得点圏好機を演出。その後は7回2死から左翼線を抜くヒットを放つも、3回の得点圏、5回の先頭ではダルに圧倒される。9回裏は好守でチームを救った。先頭の糸井が叩きつけたバウンドはラズナーを超えてニ遊間を抜けようか?という当たり。これをぎりぎり追いつき、すかさず1塁送球し間一髪アウトにしてみせた。

◎高須洋介・・・6.0:3番・三塁。4打数1安打。1回の得点圏、5回、7回の計3打席ではダルのいいようにやられてしまった印象。しかし、この日出た1本のヒットが価値あるものに。4回先頭としてまわった第2打席、外から中に入ってきた甘い変化球をしっかり仕留めてセンター前へ運んで無死1塁出塁。この回の2得点の口火を切る一撃に。その後、銀次の適時打で先制のホームを踏んでいる。

◎ガルシア・・・8.0:4番・指名。3打数2安打、1四球。2点先制劇の4回は無死1塁からバウンドがイレギュラーするという「幸運」も味方にした好機拡大の左翼線二塁打を放つ。追加点をあげた8回は先頭打者で鋭いピッチャー返しがセンターへ抜けて無死1塁出塁。その後3点目の本塁を踏む。四球の内容も誘い球に手を出さずよく見極め3-2からもぎとったものとして高く評価。9/30以降4番に座って打率は18打数6安打の.333になった。

◎中村真人・・・6.5:5番・左翼。3打数1安打、1三振1四球。2回先頭での四球はダルの制球が明らかにばらついた上での楽して貰った四球。4回無死3,2塁では縦の落差あるスライダーの前にバットが空を切り空振り三振。5回2死1塁では追い込まれてから当てただけのショートゴロ。しかし8回無死1塁では送りバントとみせかけて鮮やかなバスター! ドンピチャの当たりが一二塁間を抜け無死2,1塁とチャンスを広げ、追加点のお膳立て。

◎銀次・・・7.5:6番・一塁。2回無死1塁ではバントに行くも打球が手に直撃したように見えたがファウルの判定に。結局追いこまれてから切れ味鋭い変化球の餌食になった。しかし、その雪辱を4回1死3,2塁の好機に果たす。しっかり捉えた打球は金子誠のグラブに当たりながらも外野へ抜けるプロ初の適時打&先制打。追加点の8回は無死2,1塁でしっかりバントを決める。守備では2回2死、ホフパワーの一二塁間、銀次の左の強い当たりを横っ飛びで防いでみせるファインプレー。初となったヒーローインタビューもその応答は好印象だった。

◎牧田明久・・・9.0:7番・右翼。3打数1安打2打点、1犠飛。先制してなお1死3,1塁の4回。ここであともう一押しが欲しい場面にしっかりと仕事をこなした。追い込まれながらも右翼後方へ飛距離十分の犠飛でチームに2点目をもたらす。8回には1死3,2塁で三遊間を完璧に破る左前適時打で3得点目を入れる。守備でも見せた。2回1死、中田の右中間へ伸びていく大飛球を、ウォーニングゾーン付近でぎりぎり追いつき背走好捕!文句無し!

◎伊志嶺忠・・・6.5:8番・捕手。4打数1安打2三振。この試合、スタメンマスクが嶋ではなく伊志嶺だったのは今季ダルから5打数3安打と結果を残していることを考慮しての起用。その起用に応える一撃が4回に出た。銀次適時打、牧田の犠飛で2点をあげた直後の2死1塁、ここで終わらないとばかりに追い込まれてから巧くライト前に運ぶヒットで、2死2,1塁と再び得点圏を演出。絶対に勝たなければならない展開でリードも的確。

◎聖澤諒・・・6.0:9番・中堅。3打数1安打、2三振1四球。終盤7回8回の2打席はダルに圧倒されて空振り三振に倒れるも、3回1死の1打席目では甘い球をしっかり振り抜き、ダルの足元を射抜くセンター前ヒットで出塁。2点を先制しなおも2死3,1塁の好機でまわった4回の2打席目は、ダルの制球難もあり3-2から四球、松井稼に2死満塁でつなぐ。


~途中出場~

◎阿部俊人・・・7.0:1点リードの7回裏アタマ、高須に代わってサード守備で途中出場。見せ場はすぐにやってきた。先頭・中田の打球は代わったばかりの阿部を襲う。鋭い弾丸ライナーが上空めがけて飛んでくるも、まるで牛若丸のような身のこなしでジャンピングキャッチ!抜けていれば同点の危機を迎えていただけに、非常に価値ある好プレーに。この日躍動した若い力の1つ。打席は最後にまわるも詰まったファーストゴロだった。

◎中島俊哉・・・5.5:8回無死1塁、打者走者のガルシアに代わって1塁の代走として途中出場。その後、中村の安打でニ進し無死2,1塁、さらに銀次のバントで三進し1死3,2塁、続く牧田にタイムリーが飛び出して、難なく本塁帰還をはたしている。

◎鉄平・・・5.5:8回表無死2,1塁、打者走者の1塁・中村の代走として途中出場。その後、左翼の守備に就く。守備機会は1度。8回裏1死、加藤政が打ち上げた左中間の平凡な飛球を無難に処理。打席はまわってこなかった。


~投手陣~

◎井坂亮平・・・8.0:6回、85球を投げて、被安打4、失点は中田のソロ弾による1失点のみとクオリティスタートの好投。味方守備陣の好プレーにも助けられての今季4勝目。ここまでの井坂は総じて球が高めに集まる傾向があったが、今夜は直球も変化球も打者の左右なく低め低めに集めることが功を奏していた(下記配球図参照)。試合後の星野監督も「合格点。今日の投球を継続すれば2ケタ勝てる 」と高く評価。

◎小山伸一郎・・・8.0:7回アタマから二番手登板。7回8回の2イニングを打者6人2三振含む、いずれも三者凡退という内容。先頭の中田の痛烈な当たりを阿部の好守にたすけられた点も大きいが、試合の流れをがっしり掴んで手離さない、相手に反撃の糸口すら見つけることを許さない力投を披露。井坂が6回でお役御免となり、どのように繋いでいくのか?と思われたが、このベテラン右腕がいました!

◎ラズナー・・・6.5:9回アタマから三番手・抑え登板。先頭の糸井の巧打はラズナーを超えていくバウンドのヒット性の当たりになるも、これは内村の好守に助けられた。しかし続く小谷野に左翼線、レフト左を完璧に破られる二塁打を打たれてしまい危機を招く。最後の打者・中田には粘られるものの、ラストはカーブでタイミングをはずして空振り三振に。難儀したが9回裏のスコアボードにしっかりゼロを入れ、今季16セーブ目。


◎◎◎関連記事──ここまでのvsダルビッシュ対戦試合◎◎◎
通算6度目の岩隈Xダルの投げ合いは中田援護弾でダルに軍配:5/10(火)●楽0-2日
田中将第vsダルビッシュ有。4度目の激突は稲葉の一発で田中がマウンドに沈む結果に:7/20(水)●楽1-3日
ダルビッシュから2点先制も、勝利の執念・貪欲さが見れない楽天ナインと首脳陣:8/6(土)●楽2-6日
15奪三振のダルから勝利、星野楽天、上位を喰らって今季初の5連勝!:8/25(木)○楽2-1日
大観衆のKスタを歓喜の渦に巻き込む千両役者の一振り:9/11(日)○楽2-1日



■日本ハム・ダルビッシュ有の配球図、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20111005DATA6.jpg
【球種別の投球成績】
20111005DATA8.jpg

■楽天・井坂亮平の配球図、球種割合
【配球図】
20111005DATA7.jpg
【球種別の投球成績】
20111005DATA9.jpg

■両軍の打席結果とカウント推移表
20111005DATA3.jpg
20111005DATA4.jpg
20111005DATA5.jpg



「ボール球」・・・ボールゾーンの球を(打席結果に関わらず)スイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
St・・・ストレート、Cur・・・カーブ、Sl・・・スライダー、Cut・・・カットボール、Sh・・・シュート、Fo・・・フォーク、Sin・・・シンカー、Ch・・・チェンジアップ、Pa・・・パーム、Kn・・・ナックル。
カウントの太字はストレートです。
「初球」「結果球」のゾーンの数字は下記のとおりです。

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。(o'ー'o)ノ各種ブログランキングに参加中。更新の励みになりますのでクリックお願いします。ブログ村は長らく「楽天イーグルス部門」1位。PCの場合SHIFTキーを押しながらマウスで次から次へクリックして頂けるとスピーディーです

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI







関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
35位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}