FC2ブログ

〔試合評〕2011年9月16日(金)●楽天イーグルス5-6X西武。星野楽天1年目、終わりの始まり......

スポンサーリンク

終わりの始まり....

序盤に先発・戸村が崩れて5点を失う展開で始まった西武16回戦。打線は相手先発・帆足の前に2回から7回まで無安打で沈黙。希望のないゴロやフライの増産体制。このまま零封されてしまうのか?という展開も、9回、西武ベンチが継投作戦に出た。

これが楽天にとっては僥倖、西武側からすれば手痛い誤算となる。この日、久々に1軍復帰したミンチェに5点差のリードがある楽なシチュエーションで試行運転させたいという意図での継投作戦だったが、ミンチェは制球に苦しむこととなり、自滅に近いかたちでリズムを崩す。

(下記へ続く)

ブログ村に参加中です。更新の励みになりますので、何卒、応援のクリック宜しくお願いします。(_ _)人 皆様のおかげで現在「楽天イーグルス」部門1位です
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

●楽天イーグルス5-6X埼玉西武ライオンズ〔18回戦〕


■両軍のスターティングオーダー
楽天・・・1番・松井稼(遊)、2番・内村(ニ)、3番・高須(三)、4番・山崎(指)、5番・ガルシア(一)、6番・牧田(右)、7番・中島(左)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)、先発・戸村(右投)。

西武・・・1番・栗山(左)、2番・原(三)、3番・中島(遊)、4番・中村(一)、5番・フェルナンデス(指)、6番・大崎(右)、7番・秋山(中)、8番・銀仁朗(捕)、9番・片岡(ニ)、先発・帆足(左投)。


裏目に出た「動かざること山のごとし」

先頭の西村がヒット出塁で足がかりを作ると、1死後から草野に死球、山崎に四球となり1死満塁。なおもガルシアにも四球となり押し出して楽天がようやく1点。牧田がライト前へタイムリーを放つ(楽2)。ここで急遽おっつけ刀で抑えの牧田がマウンドに上がるも、岩村の併殺崩れのセカンドゴロの間に1点(楽3)、さらに2死3,1塁で嶋の会心の当たりが右中間を切り裂き、走者2人がホームを踏んで遂に同点に追いつく。

ところが、鮮やかな5得点の同点劇もその直後だ。三番手・小山が1死満塁から秋山にサヨナラ打を打たれてしまい、なんだか色あせる結果に。楽天は2夜連続の手痛いサヨナラ負けを喫してしまった。

打たれてしまった小山がいけないのか?

先頭の中島のセカンドゴロをファンブルしてサヨナラの走者を出してしまったセカンド・内村がまずかったか?

同点に追いついてなおチャンスだった9回表、横川がバットで仕事できなかったのが痛かったか?

先発の戸村が序盤に大量5失点したのがそもそもの敗戦の原因か?

そのどれもがそのとおりではあるのだけれど、動かなかった首脳陣にもそれ相当の敗戦責任がある気がしてならない。

9回裏のピンチ、なぜ継投作戦に出なかったのか?ということだ。

一方的な負け試合を瀬戸際で選手会長の嶋が底力をみせ奇跡的にも追いつくことができたのだから、もっと大切にしてほしかった。

浅村に四球を与え2死満塁となって、バッターボックスに左の秋山を迎える場面。

ここで嶋がベンチに駆け寄り星野監督の指示を仰ぐという異例の光景があった。

ところが、ここでも監督は二言三言なにやらつぶやいただけで動かずに小山続投を選択した。

解説の大塚光ニさんが指摘していたように、左の秋山に対し左の片山という継投作戦もありえたのでは?と思う。

中継越しなので楽天のブルペンがどのような状況で肩を作っていたか?は知るよしもないのだが、明らかに投げづらそうにしていた小山をなぜ続投させたのか?、もしその理由が判る方いましたら、ぜひ教えてください。

「信頼する」「信用する」ということと「丸投げする」の意味は全く違うのだ。

確かに片山は9/13、9/14、9/15と3連投の状態だった。そのため、判断が難しかったのかもしれないのだが、動かざること山のごとし、が裏目に出てしまった。(小山は2夜連続の敗戦投手でショックは相当なものだろう...)

これでチーム成績は

・122試合56勝60敗6分の借金4
・対ライオンズ戦18試合8勝9敗1分、
・ビジターゲーム成績62試合26勝33敗3分

・サヨナラゲーム成績12試合5勝7敗
・1点差ゲーム成績39試合21勝18敗

・後半戦成績47試合23勝22敗2分
・9月月間成績14試合6勝7敗1分


となった。

ゲーム差は2位・日本ハムと11.0、3位・オリックスとは2.0、5位・西武とは2.0、6位・ロッテとは6.0である。

さらに、9月月間成績を確認しておく。

3位・オリックス・・・9勝4敗1分
4位・楽天・・・6勝7敗1分
5位・西武・・・10勝3敗1分
6位・ロッテ・・・3勝11敗


このとおり、西武の勢いが顕著、一方、楽天は一進一退を繰り返している。この中で最も試合を消化しているのは楽天で122試合、残り試合が最も多いのは118試合戦ってきた西武なのだ。この「差」も、気がかりになってきた。

これでもしこのカード負け越して、西武の勢いに呑みこまれ、楽天がCSを逃したとしたら、、、この試合は星野楽天1年目の終焉の序章、と位置づけることができるかもしれない。

あまりにもショックが大きいので、このエントリはここまでです。


◎◎◎アンケート募集中◎◎◎
〔400号記念〕山崎武司選手のホームランで最も印象に残った一振りは?

◎◎◎関連記事◎◎◎
楽天の選手のプレーに採点&寸評をつけてみた!:9/16(木)●楽4-5Xオ
今シーズン、西武の帆足をカモにしているベテランといえば?──楽天イーグルスvs帆足和幸2011年打者別対戦成績



■西武・帆足和幸の配球図、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20110916DATA7.jpg
【球種別の投球成績】
20110916DATA9.jpg

■楽天・戸村健次の配球図、球種割合
【配球図】
20110916DATA8.jpg
【球種別の投球成績】
20110916DATA10.jpg

■両軍の打席結果とカウント推移表
20110916DATA4.jpg
20110916DATA5.jpg
20110916DATA6.jpg
「ボール球」・・・ボールゾーンの球を(打席結果に関わらず)スイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
St・・・ストレート、Cur・・・カーブ、Sl・・・スライダー、Cut・・・カットボール、Sh・・・シュート、Fo・・・フォーク、Sin・・・シンカー、Ch・・・チェンジアップ、Pa・・・パーム、Kn・・・ナックル。
カウントの太字はストレートです。
「初球」「結果球」のゾーンの数字は下記のとおりです。

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。(o'ー'o)ノ各種ブログランキングに参加中。更新の励みになりますのでクリックお願いします。ブログ村は長らく「楽天イーグルス部門」1位。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}