FC2ブログ

〔試合評〕2011年9月11日の日本ハム20回戦(山崎の劇的2ランでダル登板試合に勝利)の楽天イーグルス選手への採点&寸評

スポンサーリンク

かねてよりやってみたいと思っていたのが選手への採点です。

横浜ファンのアキさんのブログ「独り言の日記~ネガティブとポジティブな野球観戦記」では、採点システムを上手く試合評に絡めている良い例だと思うけど、やってみたいとは思いつつ、いろいろ考えると腰が重くなってしまい、このブログではここまで手をつけずにきた。

でも、試しにやってみないと始まらないでしょ?!ということで、田中vs斎藤の試合に続いて2回目をお送りします。

採点方法はサッカー雑誌によくあるそれに準じ、10点満点で、普通のパフォーマンスの時を5.5とし、0.5幅の増減で採点します。あわせて寸評も書いてみました。これがね、やってみるとね、なかなか難しいものなんです...

採点にいく前に、岩隈投手の海外FA権取得の報道がされていましたよね。先日、その件に絡めた岩隈投手の記事を書きましたので、そちらも是非(下記関連記事)


◎◎◎関連記事◎◎◎
〔分析〕このままでMLB挑戦はできるのか?──楽天・岩隈久志投手。右肩痛の前と後、その投球内容比較
〔試合評〕2011年9月11日(日)○楽天イーグルス2-1日本ハム。大観衆のKスタを歓喜の渦に巻き込む千両役者の一振り
〔試合評〕2011年9月10日の日本ハム戦(田中vs斎藤佑)。楽天イーグルス選手への採点&寸評


~先発出場~

◎松井稼・・・5.5:1番・遊撃。4打数1安打2三振。1番打者として初回第1打席低めの球に上手く反応し、センター前へ持っていく当たりは、ローボールヒッターのこの人らしい打撃だった。5回無死1塁での第3打席では、1塁に聖澤を置いた状況で、追い込まれるまでは手を出さず、最後はエンドラン、セカンドへの進塁打という最低限の仕事だったが、状況に応じたチームバッティングを披歴。守備では1点リードの8回2死3,1塁で小谷野のボテボテのショート前ゴロを、無駄のない動きで落ち着いて処理。

◎内村・・・5.0:2番・ニ塁。3打数1三振1犠打。試合前までのダルビッシュとの今季対戦成績は10打数0安打7三振と。この試合も圧倒された。1回無死1塁での1打席は犠打だったものの、3回2死では外の厳しい球を見逃して三振、5回1死2塁の得点圏では甘いコースの球を2-0から打っていくもセカンドゴロ。だが、これは最低限の進塁打に。二番手・増井に対しても外のクサイ球をバットの先でサードゴロに倒れる。9月打率.375を記録する好調の内村だが、この試合は小休止といったところ。

◎高須・・・7.5:3番・三塁。得点圏での打席は1回と5回の2度。前者は差し込まれた浅い飛球、後者は難しい球を打ちボテボテゴロ。先頭打者の4回も球威負けした中飛で「らしくない」打撃だがダルが相手、仕方がない。しかし、4打席目でみせた。8回2死、増井の初球、低め150キロ速球をクリーンヒット。これはおみごと。山崎の一発につなげるこの一打も良かったが、先発・長谷部の立ち上がりを助ける好守備も。1回1番・陽の三遊間を襲うヒット性のゴロを横っ飛びで抑えたプレーは、長谷部を大いに勇気づける守備だったはずだ。

◎山崎・・・9.0:4打数2安打2打点1本塁打。やはり、1点を追う8回2死1塁からの右翼ポール際スタンド最前列への逆転決勝2ランに尽きる。ここで山崎が打たなければそのまま敗戦していたはずで、ダルビッシュ登板試合での勝利をもぎとった非常に価値ある一発になった。あの場面、自らのバットで決めていなかったら、4回裏に中村の右安時に3塁ストップした(種田コーチが止めたのだけれど)あの走塁はどうだったのか?と言われかねない状況だっただけに、それをも払拭するホームランになった。

◎横川・・・5.0:5番・右翼。3打数0安打1四球。良いところなし。ダル相手という事情はあるものの、対峙した3打席はいずれも追いこまれてからの凡打だ。ダルビッシュの変化球にタイミングが合っていなかった。せっかく5番というクリーンアップの一角でスタメンの機会を貰っているのだから、どんなかたちであれHのランプが欲しかったところ。

◎ガルシア・・・5.5:6番・一塁。3打数2三振1四球。ダルと3打席対峙して、ボテボテの投ゴ、ボール先行の四球、フルカウントからの外の縦スライダーを見きわめできず空振り三振。これだけみると良いところなしなのだが、球数を稼いだ。3打席合計で18球。プロ初の中4日登板となったダルは恐らく球数制限がかかっていたと思われ、そのため1人で18球稼いだところは評価できるところ。

◎中村・・・6.5:7番・左翼。2打数1安打1四球。ダル相手に1安打1四球。1点を追いかける4回2死2,1塁、この緊迫した得点圏の場面で初球を積極的に打ちにいって「らしい」当たりでライト前へフライヒットを記録。2塁走者が山崎だったため、ライト・陽が捕球したと同時に三塁をまわりかけた山崎を、種田コーチが止めたため、打点はつかなかったが、良く打ったと思う。これでダルとの今季対戦成績は打率.308、13打数4安打、3三振2四球。

◎嶋・・・7.0:8番・捕手。バットでは良いところをみせることはできなかった。1点ビハインドの4回2死満塁、3球目で1-2と追い込まれるもそこからファウルで粘る等して2-2からの7球目、内角ぎりぎりのクサイ球をボールと判断するも、球審の無情な見逃し三振で思わず苦笑い。しかし、長谷部の好投をそのリードでよく支えた。一番の見せ場は最後にやってきた。9回1死1塁で杉谷のニ盗を抜群の2塁送球で完全に刺した盗塁阻止は、ラズナーを、チームを救うプレーになった。

◎聖澤・・・5.5:9番・中堅。3打数1安打2三振(全てダルとの対戦)。3回の第1打席と7回の第3打席ではダルの落差ある変化球の餌食になり、あっさり空振り三振に倒れる。先頭打者で打席がまわった5回は追い込まれる前のインハイの球を打ちにいき、詰まったかたちになるもバットを振り抜きレフト前へ。無死1塁で出塁するも、ダルのオーラに押されたかたちとなったのか、盗塁企図できず。あのような厳しい状況で塁を盗めるか?否か?が今後の課題になってくる。

~投手陣~

◎長谷部・・・8.0:先発。今季3度目の先発マウンドだが、ここまでで最も良い内容に。制球安定、無四球の投球だった。チェンジアップは精度を欠いたが、ストレートとスライダーの状態は良かった。上手く打者のタイミング、バットの芯をはずすピッチングで、失った点は2回無死3,1塁から中田の併殺ゴロの間の僅か1点のみ。6回を投げて先頭打者を切ったのが5回、基本もできていた。そしてなにより、白星はつかなかったがダル相手にチームの勝利に貢献できた、この点は大いに誇りをもって。難しい試合でほんと、良く投げた。

◎小山・・・7.5:二番手。縁の下の力持ち、である。長谷部の後の終盤7、8回の2イニングをしっかりゼロに抑えた功績は、大きい。こういう場面でモチベーションを切らすことなくしっかり投げ切ることができる投手は、やっぱり、このベテランだけかもしれない。ストライク先行で球威あるストレートが走っていた印象。自身の目標である二桁白星も現実味をおびてきた?!

◎ラズナー・・・6.5:抑え。結果的にゼロに抑えてチームを勝利に導いた点はしっかり評価できるところ。ただ、先頭の二岡、四球を出した中田相手に明らかなボール球が目立つ内容。中田に粘られて四球を与えると、その代走・杉谷にニ盗を仕掛けられてしまうが、嶋の2塁ストライク送球で杉谷を刺す。このアウト1個が非常に大きかったと思う。

~途中出場~

◎西村・・・5.5:8回2死1塁、打者走者の高須に代えての代走で出塁。9回はファーストの守備に。

◎岩村・・・5.5:9回からサードの守備に。最後の打者ホフパワーの平凡なサードゴロを無難処理。

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。(o'ー'o)ノ各種ブログランキングに参加中。更新の励みになりますのでクリックお願いします。ブログ村は長らく「楽天イーグルス部門」1位。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

こんばんわ。

ブログで似たような事をしている者です(笑)

今回の記事を見させていただきましたが驚きましたよ。
わかりやすくて、ちゃんと理由も書いてあるのでなるほどと思いました。
良く書かれていると感心です。


似たようなことをしているので一言。
きっちりやっていると、すごく時間かかりませんか?
採点を考えるだけでも、ちょっと時間かかると思うのですが、1人1人コメントつけてやっていると時間かかりますよ。

ちなみに、自分もこういうサッカーの採点システムを考えたことがあります。
いいプレー、悪いプレーがはっきりした選手は得点がつけやすいけど、書いてあるように、普通のプレー5,5点のように、普通のプレーほど、境界線がややこしく、採点が難しくなるのですぐに頓挫した経験があります。

ただし、sibakawaさんは、数字をうまく使って書かれているな~と感心です。
自分的には、内村や横川選手と比べれば、もうちょっと松井選手の数字が高くてもいいと感じますね。
進塁打でも、ヒット1本分くらいの価値と考えているところあるので、自分がもし、やるとしたら、その辺は考慮しています。

負担にならない程度に

最近ほんとにいろいろな試みをされていることで、さらにブログが見やすく楽しいものになってきていて、まだこのブログは進化するのかと驚かされます。

選手採点は、うなずきながら拝見しました。
私の場合、試合を観なかった時に、いつもの詳細な表以外に、このような寸評があると、特に大活躍した以外の選手のことが感情的にわかりとても助かると思います。
しかし同時に、これはかなり大変な作業だと思いますので
慣れるまでは、付録としてつけるくらいの軽い気持ちで、取り組んでいただけたらと思います。
文章力が・・・

それにしても、ここ2試合の日ハム戦の勝利はチームに勢いをまた与えてくれそうですね!
クライマックスシリーズ行くぞー!!

あと、ニコニコで明日2軍の試合を中継するみたいです。
よく考えたら、2軍戦は観たことないのでできれば観たい。

Re: No title

アキさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

> きっちりやっていると、すごく時間かかりませんか?
> 採点を考えるだけでも、ちょっと時間かかると思うのですが、1人1人コメントつけてやっていると時間かかりますよ。

そうなんですよね。けっこう時間かかっちゃいました。いつものゲームレポートは「かたち」があって、書き慣れているためか、実はそんなに時間はかからないのです。ところが、これは、難航しました。改めて思いますが、アキさんの試合評、本当に凄いなと舌を巻いております(読んでる側からすれば、大変面白いんですけどね)。

> いいプレー、悪いプレーがはっきりした選手は得点がつけやすいけど、書いてあるように、普通のプレー5,5点のように、普通のプレーほど、境界線がややこしく、採点が難しくなるのですぐに頓挫した経験があります。

点数をつけるとなると、それだけ試合をしっかり見ていなければならないですし、その点数の他の選手との整合性も当然考えなければならないわけなので、アキさんの仰るとおり、採点が難しくなりますよね。それに確かに最も悩むのは普通のプレーって何ぞや?という所ですよね。ここら辺を考えると堂々巡りで、そのため今まで手をつけなかったのですが。

> ただし、sibakawaさんは、数字をうまく使って書かれているな~と感心です。
> 自分的には、内村や横川選手と比べれば、もうちょっと松井選手の数字が高くてもいいと感じますね。
> 進塁打でも、ヒット1本分くらいの価値と考えているところあるので、自分がもし、やるとしたら、その辺は考慮しています。

アドバイス、有難うございます。やはり、採点のさじ加減が難しいですね。やっていくうちに徐々に修正して、自分なりの色が出せればと思っています。とはいえ、これ、やはり、現状では負担なので、気の向いた時の企画、にするかもしれません(笑)


Re: 負担にならない程度に

hamaさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

> 選手採点は、うなずきながら拝見しました。
> 私の場合、試合を観なかった時に、いつもの詳細な表以外に、このような寸評があると、特に大活躍した以外の選手のことが感情的にわかりとても助かると思います。

> しかし同時に、これはかなり大変な作業だと思いますので
> 慣れるまでは、付録としてつけるくらいの軽い気持ちで、取り組んでいただけたらと思います。

お察し頂き、ありがとうございます。通常のエントリ以上に時間がかかりました。
「軽い気持ち」は大切ですよね。あまり身構えてしまうと、できなくなりますし、続かない原因にもなりますし。

> 文章力が・・・

自分でも思いましたが、寸評になってないですね(汗)
もう少し短めにコンパクトにまとめてみたいと思います。
このブログはまずオフに振り返るための自分用の備忘録としての位置づけが大きいので、未来の自分に向けて説明が長たらしくなる傾向にあります(笑

> それにしても、ここ2試合の日ハム戦の勝利はチームに勢いをまた与えてくれそうですね!
> クライマックスシリーズ行くぞー!!

ダル登板ゲームでの勝利は、本当に大きかったですよね。中身のある2連勝でした。

> あと、ニコニコで明日2軍の試合を中継するみたいです。
> よく考えたら、2軍戦は観たことないのでできれば観たい。

お!そうなんですか、面白い試みですね。見れるか?わかりませんが、タイムシフト予約しておこうと思います。
情報ありがとうございました。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
35位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}