FC2ブログ

〔雑感〕星野楽天。自力V消滅も、悲観する必要は全くなし?!

スポンサーリンク

昨日のソフトバンク戦。今季8度目の零封負けとなったことで「自力Vの可能性消滅」と報道されている星野楽天。

まだシーズン折り返しも過ぎていない68試合終了時で自力Vが消えたことは、裏を返せば、いかにソフトバンクが強すぎるか?の証でもあるのだが、それを差し引いても、不甲斐ない、と言わざるを得ない。

ちなみに昨年の自力V消滅は92試合終了時、7/28だった。それを考えると、やはり、今季は早すぎる。

しかしだ。開幕前から多くの評論家、ファンはパリーグの優勝にソフトバンクをあげていたのだから、この圧倒的強さは十分予想できたことだ。それにひきかえ、楽天に重くのしかかっている3.11はまさに想定外だった。

今オフ、岩隈の渡米が濃厚とされる中、楽天が優勝を狙うにはここしかないというシーズンだったのだが、事情が大きく変わったそれらを考慮すると、今季の楽天はあくまでもCS進出を懸けた3位狙いを「現実路線」として考えていかなければならない。「オレは最後の最後まであきらめないぞ」と語ったとされる闘将も、本音ではいかに3位の椅子に座るか?のみを考え頭の中でパチパチ算盤を弾いているはずなのだ。

その意味では、楽天の戦いは、まだまだこれから!

昨日、戸田で行われたヤクルトとの2軍戦、朗報が届いた。

いずれも故障で戦線離脱していた、開幕投手の岩隈と4番・山崎がこの日試合出場した。

岩隈はファームで2試合目のマウンドで、山崎はブログで告知していたとおり、この日が復帰後初の実戦となった。

岩隈は4回、打者19人に対し69球を投げ(1人当たり3.63球)、被安打8、被二塁打1、奪三振1、与四死球0、2失点、2自責点、という内容。ヒットを打たれすぎの感も抱くが、この調整登板は打者との対峙というより自己の投球のチェックポイントを再確認することが目的だったはずだ。そのため、過剰な心配をしなくてもよいのでは?と思っている。メジャー複数球団のスカウト達が見守る中、ストレートは最速147キロを計測したというし、本人も「真っすぐの感じは良かった。変化球が高かったぐらい。それなりの準備はできた」とそれなりの手応えを口にしている。

山崎は4番・DHで出場。3打席バッターボックスに立ち、右飛、ニ飛、右飛、と快音は聞かれなかった。本人の7/12ブログを覗いてみると、ライトライナーが2本となっているため、単なるフライではなく手応えあった打球だったことが推測できる。実際、本人も「バッティングの感じ、とてもよかった。背筋がまだ寝てるので、最後の押し込むのがまだまだだけど、痛みもないのでみんな安心してください」と綴っている。怪我の回復が予想以上に順調なことを示している。

報道によると、岩隈、山崎の1軍合流は、オールスター最後のカードとなる19日の日本ハム戦(東京ドーム)が濃厚とのこと。

星野楽天がギアを入れて本格的な反転攻勢に出るのは、彼ら、そして永井が帰ってきてから、となる。

■交流戦明けリーグ戦の各チーム成績
福岡ソフトバンクホークス・・・8勝7敗(+1)
北海道日本ハムファイターズ・・・9勝6敗(+3)
オリックスバファローズ・・・8勝8敗
千葉ロッテマリーンズ・・・8勝8敗
東北楽天ゴールデンイーグルス・・・8勝9敗(-1)
埼玉西武ライオンズ・・・7勝10敗(-3)

幸いにも3位オリックスから最下位・西武まで3ゲーム差以内にひしめく混戦模様だ。この状態がオールスター明けもしばらく続いていくのでは?と容易に推測することができる。その意味で言えば、交流戦明けの星野楽天は整わない戦力の中でも、よく踏みとどまっていると言えそうで、ここはしっかり評価したい。

岩隈、山崎、永井らが戦線復帰してなお一進一退の状況だとさすがにナインもファンも士気が萎えていくところだが、現在は彼らが不在でこの成績なのだ。

コップに水が半分入っている。これをもう半分しかないと捉えるのか?まだ半分もあると捉えるのか?

現在の楽天も同様のことが言える。過剰に落ち込んだり、悲観することはないのでは?と思う。

今、「星野やめろー!」などと過激な暴言(?)をしている人達をネット上でみると、本当に楽天のファンなのか?と首をかしげたくなる。確かにその采配や言動に疑問符をつける箇所は多いけど、まだそれを論じる段階ではないと思うし、「クビをすげかえろ!」と主張する人達は、日本のトップのクビが変われば未来はバラ色と「いまだに」信じている脳内お花畑のおめでたい方々と同じ思考をしているのだろう。

確かに、得失点差で言えば、楽天は-55でパリーグ最下位、そのため、チーム成績も断トツで最下位を記録していてもおかしくはない。ぼくは得失点差論者なので、非常に得失点差を重要視しているけど、それでも、現在の最下位は+8を記録する西武であり、3位の椅子に座るのは-30のオリックスなのだ。

投打が噛み合えば、2009年の再現も十分可能。2009年の今頃も大型連敗や草野が4番起用されるなどチーム状況は決して良かったわけではないのだ。

そして、なによりオールスター前のこの時期早々に、ぼくらが諦めてしまっては、嶋の底力宣言に感動したあの時の気持ちに反するものだと思うのだ。正念場でこそ、ファンの真の底力が試されるのだ。【終】

---------------------------------------------------------
◎ブログ村に参加中です。皆様の一押しが更新の活力源です。
現在「楽天イーグルス」部門長期1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

◎人気ブログランキングでは「楽天イーグルス」部門で2位
人気ブログランキングへ

◎ブログラムでは「楽天Gイーグルス」「田中将大」等のカテゴリで1位
blogram投票ボタン

◎FC2ランキングでは20位前後で推移


SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI








関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
37位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}