FC2ブログ

【試合評】 2011年4月24日(日) ●楽天イーグルス3-5日本ハム。鉄平スーパーキャッチ、山崎&ルイーズ豪砲も、勝利の女神は振り向かず(泣) 斎藤佑樹プロ2勝目。

スポンサーリンク

勝利のシナリオは完成していたが...

キャプテン・鉄平のスーパーキャッチが相手に傾いていた試合の流れを引き戻し、直後に立て続けに飛びだした山崎、ルイーズのホームランが勝利の女神を振り向かせるはずだった。

イーグルスにとって最も理想とすべき美しき脚本は、出来上がっていた。しかし、それを役者がぶち壊してしまった。そんな感想を持った日本ハム3回戦だった。

これで12試合終了、6勝6敗、2カード連続勝ち越しの後は2カード連続の負け越しで五分となった。火曜日から滋賀県大津市の皇子山球場でライオンズと2連戦が待っている。ここでできれば2連勝といきたいが、最低でも1勝1敗で五分の状態で、帰仙、クリネックススタジアム宮城での本拠地開幕戦を迎えたいところだ。

さて、下記で詳しく試合を振り返ってみたい。

ブログ村に参加しています。皆様の一票が更新の活力源です。おかげさまで現在「楽天イーグルス」部門1位です。何卒、投票の御協力お願いします。m( __ __ )m
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

●楽天イーグルス3-5北海道日本ハムファイターズ

■ハイライト映像


楽天のスタメンは、1番・松井稼(遊)、2番・聖澤(中)、3番・鉄平(右)、4番・山崎(一)、5番・高須(ニ)、6番・岩村(三)、7番・ルイーズ(指)、8番・草野(左)、9番・井野(捕)、先発・戸村。

星野監督は打線を組み替えてきた。ここのところ下位に下げられていた不振の鉄平が4/19ホークス戦以来の3番に戻る。左翼は草野を起用、戸村とコンビを組むのは4/3チャリティーマッチ、前回登板と同様、井野を使っていた。鉄平は決して本調子ではないが、4/3の慈善試合で斎藤から放った安打8本が全て左打者が記録していた背景もあり、3番に戻してきたのだろう。

一方、日本ハムのオーダーは、1番・田中賢(ニ)、2番・陽(右)、3番・糸井(中)、4番・小谷野(三)、5番・稲葉(指)、6番・ホフパワー(一)、7番・中田(左)、8番・大野(捕)、9番・飯山(遊)、先発・斎藤という顔ぶれ。野手陣は昨日同様で、金子誠は2試合続けて休養日となった。

戸村がピリっとしない...

戸村と斎藤の投げ合いは、公式戦では初なものの、前述のチャリティーマッチを入れると2度目となる。前回は両投手ともかんばしくない内容だった。

今日も戸村は正直、良くなかった。星野監督が完全に諦め、2回から小刻みな継投策に出たことが何よりもそれを物語っている。2回、打者13人に42球を投げて、被安打7(長打なし)、奪三振2、失点2、自責点2。立ち上がりの初回からヒヤヒヤの連続であった。幾つかで目覚ましい球が目撃されたものの、全体的にはストレートは高め、ストライクゾーンの変化球は甘く入る傾向があり、ボール球とストライク球の差がはっきりしすぎていた。そこをチーム打率・チームOPSリーグ1位を誇るファイターズ打線は逃さない。

1回、1番の田中に安打出塁を許すと、陽が送りバント、僅か3球で早くも得点圏に走者を背負う不利な展開を迎えてしまったのだ。続く3番・糸井にも甘く入ってきた外角のスライダーにタイミングを合わされ、ライナーでライト前に運ばれてピンチは広がり1死3,1塁に。続く小谷野をどうにか高めの釣り球で三振に取り2アウトまで漕ぎつけるも、稲葉に左中間の深いところまであわやの飛球を飛ばされてしまう。これをセンター・聖澤が最短距離で懸命においかけ、ぎりぎり追いつき背走キャッチする。

1回は聖澤の好守で助けられた戸村だが、アバウトな制球は修正の気配をいっこうにみせない。この回も先頭打者に対し打って下さいと言わんばかりの甘い球で出塁を簡単に許してしまう。続く中田はミスショットで1アウトを取るも、後続の大野に一二塁間をゴロで抜かれるライト前ヒットを打たれてまたもや1死3,1塁。ここから飯山の初球タイムリーで1失点、先制を許し、続く田中賢にも初球の落ち切らないスライダーを叩かれて1死満塁、さらに陽にたたみかけられ2点目を失う。

そして...

今季ベストプレー候補となる鉄平スーパーキャッチ!

3番・糸井をどうにか空振り三振に取って2アウト満塁の場面で、4番・小谷野という場面だった。

ここで小谷野に一打出ればビッグイニングに繋がってしまい序盤早々に試合が壊れてしまう。

そんな絶対絶命の状況だった。

フルカウントから投じられた戸村のストレートはまたしても甘く入ってしまう。

バット一閃、打ち返した打球はライト・鉄平の右を襲う鋭いライナーとなって飛んでいく。

万事休すと思われたその瞬間だった。

鉄平が懸命に走って、最後は身を放り投げてのダイビングキャッチ!

打球はグラブにきっちり収まり3アウト!

さらなる失点を許さない気迫あるファインプレーが誕生したのだ。

加藤じろうアナは興奮気味に実況する。

「キャプテン・鉄平スーパーキャッチ! 惜しみもない拍手が鉄平に浴びせられます。これ、西崎さん、戸村だけじゃなくイーグルスを救ったといってもいいんじゃないですか?」

このスーパーキャッチを足がかりに、直後の2回裏にイーグルスが反撃を開始する。

先頭の4番・山崎がシュート回転して真中近辺に入った甘いストレートを完璧にバットに乗せ、ライナー性の飛球で今季2号となるソロホームラン、昨夜サヨナラ本塁打を打ったルイーズも続き、滞空時間の長い放物線を左翼スタンド最前列まで描く。これで同点に追いつき、試合の主導権を握ったかにみえたイーグルスだったが、終わってみればスコア楽3-5日で惜敗した。

脚本を台無しにしたのは、誰だ?!

とにかく救援陣がしっかりしないのだ。3回1死1塁から三番手であがった川岸が3回4回はゼロに抑えるものの、3イニング目の5回に入ると、小谷野に一発(日本ハム3点目)、さらにその後にもピンチを作って飯山に適時打を浴びてしまう(日本ハム4点目)。6回アタマから四番手でマウンドに上がった小山が6回7回は三者凡退に抑える快投をみせるものの、川岸同様に3イニング目の8回2死からつかまってしまう。田中賢に猛打賞となるセンター前ヒットを浴び、さらにニ盗を許し、続く陽にこのカード初戦の決勝タイムリー時のような粘りをみせられ、10球目をセンター前にゴロで抜けるヒットを打たれてしまう(日本ハム5点目)

一方、イーグルス打線は、4回山崎、高須の連続安打で作った1死2,1塁のチャンスに岩村、ルイーズがあえなく凡退、続く5回の1死2,1塁の好機にも鉄平が凡退するなどして点が入らない。3点目をあげた6回も無死1塁で1塁走者に山崎を置いた状況でエンドランを仕掛けるも高須が空振り三振、山崎は2塁タッチアウトになってしまう。その後、二塁打で出塁した岩村がルイーズのセンターを越える当たりでホームインするも、打者走者のルイーズが判断を誤り2塁で完全アウトのタイミングで走塁死してしまう。昨日の試合でもそうだけど、積極性の意味を履き違えているかのような無謀なプレーが目立つ。

日本ハムの先発、斎藤は多彩な球種を織り交ぜ、球を低める丁寧なピッチングを心がけていた。初回はきっちり低めに集めて上々の立ち上がりだった。2回に2本の一発を浴びるも、それ以降は自分の持ち味を出してゲームメイクした。

楽天打線はチャリティーマッチで左打者で安打量産に成功するが、この試合では僅かに岩村の1本のみ。右と左で比較すると、左打者時のほうが球が低めに集まっているのが下記配球図でも確認できる。ストライクゾーンの真中に集まっていた右打者では7本のヒットを浴びていた。

ストレートそのものには球威がそれほど無いため、90球のうち22球しか投げず、多種多様な変化球でバットの芯を外す作戦できた。打ち崩すチャンスはあったはずなのに、終わってみれば打たせて取る斎藤の「持ってる」ピッチングの餌食になってしまった。【終】

■楽天・戸村健次の配球図、ストライク率、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20110424DATA7.jpg
【ストライク率】
※打席結果に関わらずストライク枠内に入った球の割合。カッコ内は前回登板数値
全体>61.9% (50.0%)、直球>69.6% (56.6%)、変化球>52.6% (42.9%)
【球種割合】
球数42球>St23、Sl15、Fo4
vs左打者18球>St12、Sl4、Fo2
vs右打者24球>St11、Sl11、Fo2

■日本ハム・斎藤佑樹の配球図、ストライク率、球種割合
【配球図】
20110424DATA8.jpg
【ストライク率】
全体>60.0%、直球>72.7%、変化球>55.9%
【球種割合】
球数90>St22、Sl34、Fo18、Ch3、Cur1、Sh1、Cut11
vs左打者53球>St10、Sl20、Fo11、Ch3、Cur1、Sh1、Cut7
vs右打者37球>St12、Sl14、Fo7、Cut4
打者1順>直球9:変化球20 (St9、Sl14、Fo1、Ch2、Cur1、Sh1、Cut1)
打者2順>直球4:変化球35 (St4、Sl15、Fo12、Ch1、Cut7)
打者3順>直球9:変化球13 (St9、Sl5、Fo5、Cut3)

■両軍の打席結果とカウント推移表
20110424DATA4.jpg
20110424DATA5.jpg
20110424DATA6.jpg
「ボール球」・・・ボールゾーンの球を(打席結果に関わらず)スイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
St・・・ストレート、Cur・・・カーブ、Sl・・・スライダー、Cut・・・カットボール、Sh・・・シュート、Fo・・・フォーク、Sin・・・シンカー、Ch・・・チェンジアップ、Pa・・・パーム、Kn・・・ナックル。
カウントの太字はストレートです。
配球図のマス目に番号を割り当てていきます。向かって一番左上(左打者の内角高めボールゾーン)から、
1、2、3、4、5
6、7、8、9、10
11、12、13、14、15
16、17、18、19、20
21、22、23、24、25
となります。そのうちストライクゾーンが、7、8、9、12、13、14、17、18、19になります。
---------------------------------------------------------
▼お薦めの新刊、楽天ファン代表として企画参加したスポーツ雑誌最新号
『9回裏無死~』はコチラで感想文を、『論スポ』はコチラで詳細を、『パリーグが~』はコチラで詳細、『日本ハムに学ぶ~』はコチラで詳細を御紹介してます。


------------------------------------------------------
ブログ村に参加しています。皆様の一票が更新の活力源です。現在「楽天イーグルス」部門1位です。何卒、投票の御協力お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらは現在「野球」カテゴリ59位/663人中、「楽天イーグルス」1位/139人中。宜しくお願い致します( _ _)人

人気ブログランキングへ


おかげ様でブログラムでも良い位置につけています。「楽天Gイーグルス」「田中将大」「岩隈久志」「岩村明憲」カテゴリで1位
blogram投票ボタン
FC2ランキングでは20位前後で推移しています


SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI



関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
19位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}