FC2ブログ

【試合評】 2011年4月23日(金) ●楽天イーグルス3-4日本ハム ゴロアウト13個。ケッペルの思惑にハマってしまったイーグルス打線。

スポンサーリンク

9回2死2,1塁、スコア楽3-2日と1点リードの場面、マウンドに上がっていたのは既に今季3セーブを記録する守護神スパイアーだった。打席は田中賢介を迎えていた。この5球目、ほぼ手中に収めていた田中将大今季ニ勝目が、するりと、抜け落ちた。

追い込んでからの5球目だった。曲がりはキレていたもののストライクゾーン内で変化したスライダーを田中賢介は見逃してはくれなかった。センター前に運ばれてしまう適時打となり、土壇場でスコア3-3の同点に追い付かれ、なおも2死2,1塁──。

この試合、スパイアーは8回1死1塁から先発・田中の後を継ぐ二番手として登場した。8回1死から糸井にライト前にヒットを打たれたところで、星野監督は間にセットアッパーを挟まず、抑えを前倒しで直接投入することを決断したのだ。

そのスパイアーは見事に期待に応えた。8回は素晴らしい球で後続の小谷野、稲葉を連続三振に討ち取りゼロに抑える。

しかし、落とし穴はイニングをまたいだ9回だった。先頭のホフパワーを三振にきってとるも、中田、代打の二岡に安打を打たれて2死2,1塁のピンチを背負ってしまう。田中を打席に迎えたところでスパイアーの球数は既に26球となっていた。

田中賢介のタイムリーで同点にされてなお2死2,1塁、ここまで4打席連続三振と全く良いところがなかった陽を打席に迎える。この瞬間、陽の粘り腰で、楽天の勝利が消えた。

陽は4球目で2-2と追い込まれるものの、ここから驚異の粘りをみせる。スパイアーの直球、スライダーをことごとくファウルで粘った挙句の12球目だった。高めに入った直球を快音とともにレフトへ打ち返すタイムリーを浴びてしまい、これで1点勝ち越され、9回裏には守護神・武田久がスコアボードにゼロを入れて、イーグルスの逆転負けで3連敗、ファイターズ劇的勝利で5連勝という幕切れになった。

この試合で開幕10試合が終了した。イーグルスは5勝5敗の五分。貯金を作って帰仙し4/29Kスタでの開幕戦に臨むには、残り4試合(日本ハム2試合、西武2試合)を3勝1敗で乗り切らなけれならなくなり、だいぶ厳しくなってきたと言わざるをえない。

さて、下記でもう少し試合を振り返ってみたい。

ブログ村に参加しています。皆様の一票が更新の活力源です。おかげさまで現在「楽天イーグルス」部門1位です。何卒、投票の御協力お願いします。m( __ __ )m
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

●楽天イーグルス3-4北海道日本ハムファイターズ


■ハイライト映像


楽天のスタメンは、1番・松井稼(遊)、2番・聖澤(中)、3番・中村(左)、4番・山崎(一)、5番・高須(ニ)、6番・岩村(三)、7番・鉄平(右)、8番・嶋(捕)、9番・草野(一)、先発・田中。

ここ数試合日替わりの3番は、相手先発が右腕ということで左の中村を起用。ルイーズを再びスタメンから外し、ファーストに草野を入れて、山崎がDHに回るシフトを敷いてきた。

一方の日本ハムのオーダーは、1番・田中(ニ)、2番・陽(右)、3番・糸井(中)、4番・小谷野(三)、5番・稲葉(指)、6番・ホフパワー(一)、7番・中田(左)、8番・大野(捕)、9番・金子誠(遊)、先発・ケッペル。

試合前データで、田中.286、小谷野.294、糸井.429、金子誠.346、ホフパワー.281、陽.313、大野.333、稲葉.333といわゆるスランプの人が見当たらない。唯一.172をマークする中田も前カードのオリックス3連戦では11打数4安打1本塁打4打点と調子をグッと上げてきた。

チーム打撃成績を確認してみると、日本ハムは打率.306でパ1位、OPSでも.806を記録して1位。一方の楽天は打率.215はパ5位、OPS.560もパ5位という結果になっており、打線ではかなり日本ハムに分があることが確認できる。

そんな脅威のファイターズ打線を相手にしなければならない先発の田中は、初登板時の圧倒的な安定感はなかったものの、7回1/3を投げて被安打7、奪三振9、2失点とどうにか試合を作る。

ただ、4回が鬼門となってしまった。小谷野本人も「難しいボールだと思いますけど、うまく体が反応しちゃいました」と語ったように、内角のシュートをレフトスタンドに運ばれてしまう。さらにホフパワーには真中に入ってしまった失投のストレートを完璧にスイングされて、今度はライトスタンドにアーチをかけられてしまう。この回は中田の右飛もウォーニングゾーンまで飛ばされる大飛球で、大野の中飛も快音が響き、一瞬ひやっとした。

ホームラン2発で2点の先制を許すも、味方打線がすぐさま2点を返し同点となった5回以降のピッチングから、尻上がりに調子が上がっていった。5回先頭からマウンドを降りる8回1死まで打者13人を対峙し、奪った三振は5個。この間唯一の6回の得点圏ピンチも、きっちり抑えてみせた。

今日は特にスライダーが良かった。制球がアバウトになる場面も見受けられたが、右打者の外角に決まるスライダーを武器に、打者3順に突入した5回1死からスライダーの球種割合を増やして好投につなげていた(下記球種割合参照)。

これは結果論かもしれないが、8回糸井にヒット打たれて降板させるのは、どうだったのだろう?

8回も田中に託すけど1本安打が出たら代えよう、そんな青写真を星野監督、佐藤コーチはあらかじめ決めていたのかもしれない。そして二番手はスパイアーしかいなかったのかもしれない。確かに、美馬、小山、川岸、片山、佐竹、スパイアーといる救援陣の中でケチがついていない投手はスパイアーのみだった。

さて、最後にケッペルの投球を下記で振り返っておきたい。

■楽天・田中将大の配球図、ストライク率、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20110422DATA6.jpg
【ストライク率】
※打席結果に関わらずストライク枠内に入った球の割合
全体>52.0% (前回56.4%)、直球>51.3%(前回62.1%)、変化球>52.4% (前回50.0%)
【球種割合】
球数123:St39、Sl53、Fo11、Cur3、Sh10、Ch6、Sin1
vs左打者63球:St22、Sl25、Fo7、Cur1、Sh3、Ch6、Sin1
vs右達者60球:St17、Sl28、Fo4、Cur2、Sh7、Ch2
打者1順>直球18:変化球23 (St18、Sl15、Fo3、Cur2、Sh2、Ch1)
打者2順>直球12:変化球22 (St12、Sl15、Fo2、Sh3、Ch2)
打者3順以降>直球9:変化球39 (St9、Sl23、Fo6、Cur1、Sh5、Ch3、Sin1)

思惑にハマってしまったイーグルス打線

ケッペルは8回を投げ、被安打9(長打ゼロ)、奪三振3、与四球2、3失点、1自責点とクオリティスタートの好内容でしっかりゲームメイクをするピッチングだった。

試合前に懸念していたとおり、終わってみればイーグルス打線はいつの間にかゴロアウトの山を築かされていた。8回24アウトのうちケッペルが内野ゴロで獲得したのは実に13個にもなっていた。

繰り返すけど、ケッペルは岩隈以上のゴロアウト投手である。ゴロ/フライの指標で昨年の岩隈が1.86に対し、ケッペルは2.16を記録していた。

■ケッペルのアウト獲得内訳
内野ゴロ13、外野フライ4、内野フライ1、三振3、犠打2

ゴロを打たせてアウトを取っていくというケッペルの術中にまんまとハマってしまった、そう言える。

下記の配球図が大変興味深い。全137球のうち低めゾーンに記録されたのは70%にあたる96球、1~4回は74%を、5~8回は67%の球を、根気良く低めに集めていた。

低めの傾向は、打者別の左右でみても、左68%、右74%と変わらない。特に左打者のアウトローにストレートが17球も決まっているのは特筆すべき点である。

日本ハムにしては珍しく手痛いところで失策が相次いだが、それでも、日本ハムの野球をされてしまったと言えそうだ。

楽天打線は4回5回で攻めきることができなかった点が痛かった。疲労も極度のピークに達していることは、容易に想像できる。パフォーマンスの質が落ちてしまっているのは、ある意味、仕方がないといえば仕方がないのかもしれないが、ここはどうにか、もうひとふんばりしてもらいたい。【終】

■日本ハム・ケッペルの配球図、ストライク率、球種割合
【配球図】
20110422DATA7.jpg
20110422DATA8.jpg
【ストライク率】
全体>47.4%、直球>55.7%、変化球>32.7%
【球種割合】
球数137:St88、Sl28、Cur8、Ch10、Fo3
vs左打者98球:St67、Sl12、Cur7、Ch10、Fo2
vs右打者39球:St21、Sl16、Cur1、Fo1

■両軍の打席結果とカウント推移表
20110422DATA4.jpg

「ボール球」・・・ボールゾーンの球を(打席結果に関わらず)スイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
St・・・ストレート、Cur・・・カーブ、Sl・・・スライダー、Cut・・・カットボール、Sh・・・シュート、Fo・・・フォーク、Sin・・・シンカー、Ch・・・チェンジアップ、Pa・・・パーム、Kn・・・ナックル。
カウントの太字はストレートです。
配球図のマス目に番号を割り当てていきます。向かって一番左上(左打者の内角高めボールゾーン)から、
1、2、3、4、5
6、7、8、9、10
11、12、13、14、15
16、17、18、19、20
21、22、23、24、25
となります。そのうちストライクゾーンが、7、8、9、12、13、14、17、18、19になります。
---------------------------------------------------------
▼お薦めの新刊、楽天ファン代表として企画参加したスポーツ雑誌最新号
『9回裏無死~』はコチラで感想文を、『論スポ』はコチラで詳細を、『パリーグが~』はコチラで詳細、『日本ハムに学ぶ~』はコチラで詳細を御紹介してます。


------------------------------------------------------
ブログ村に参加しています。皆様の一票が更新の活力源です。現在「楽天イーグルス」部門1位です。何卒、投票の御協力お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらは現在「野球」カテゴリ71位/653人中、「楽天イーグルス」1位/139人中。宜しくお願い致します( _ _)人
人気ブログランキングへ


おかげ様でブログラムでも良い位置につけています。「楽天Gイーグルス」「田中将大」「岩隈久志」「岩村明憲」カテゴリで1位
blogram投票ボタン
FC2ランキングでは20位前後で推移しています


SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

すばらしいブログですね

トラックバックさせていただきました。
ファイターズ2008~のやっちといいます。
いや~とにかくすごい!
内容もそうですが、データもくわしくて、
興味深くじっくりと読んでしまいました。

また、訪問応援させていただきます。

P.S
論スポにも投稿されていましたね。
私もファイターズの方で投稿していました。

Re: すばらしいブログですね


やっちさん
こんにちは。やっちさんのブログは「論スポ」で知って以来、よく拝見しております。
コメント有難うございました。こちらこそトラックバックさせていただき、有難うございます。

> トラックバックさせていただきました。

現在管理画面で確認しましたが、FC2の仕様が悪いのか、まだ届いていない模様です。
よろしければ再度していただけると幸いです。

今後とも宜しくお願いします。

> ファイターズ2008~のやっちといいます。
> いや~とにかくすごい!
> 内容もそうですが、データもくわしくて、
> 興味深くじっくりと読んでしまいました。
>
> また、訪問応援させていただきます。
>
> P.S
> 論スポにも投稿されていましたね。
> 私もファイターズの方で投稿していました。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
116位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
26位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}