FC2ブログ

東北再建RESTARTへ。後進にぜひ継承したい!藤田一也が誇る「匠の技術」

スポンサーリンク



浅村入団で危機に立たされる藤田一也




◎コテコテの巨人ファンがナベツネ教を脱会し、東北楽天ゴールデンイーグルスに一目惚れしたその理由

浅村栄斗のFA入団で危機感を抱いている選手がいる。

その筆頭格が藤田一也だ。

DeNAから楽天に移籍した2012年以降、正二塁手として活躍。
巧みな打撃技術と、星野仙一監督が「10勝以上の価値がある」と評した好守備で初Vに貢献した。
その実力は、ベストナイン2度(2013年、2014年)、ゴールデングラブ賞3度(2013年、2014年、2016年)といった受賞歴も表れている。

そんな藤田も今年36歳になった。

加齢に伴う身体機能の低下は、どんな選手でも通る道。
御多分にもれず、藤田もゲームに連続出場することが困難になった。

実際、昨年はスタメン4日連続出場1回、同5日連続出場2回あったが、今年は4日連続以上のスタメン起用はゼロだった。
そのため、今季の90試合出場はシーズン途中に移籍してきた2012年を除くと、楽天では自己最少の出場数に終わっている。

そのなかで浅村の加入が決まった。

来年は二塁以外の内野ポジションで生きる道を探さざるを得なくなる。

遊撃は、内野の中で最も体力と俊敏性が必要とされるポジションで、来年37歳の身には厳しい。

三塁は、楽天ではウィーラー、内田靖人など長打力を持つ選手が起用されることが多いため、これまた困難だ。

正直、今年90試合からの出場機会の激減は、浅村の怪我などでもない限り、不可避なのだ。

キャリアの集大成期に差し掛かった選手の多くが通る厳しいシーズンになる。

しかし、その中でも「RESTART」にコミットする藤田の役割は、必ずあると思う。


その1つが『卓越したバント技術の継承』なのだ。



藤田一也の真のバント成功率




今年、藤田は犠打17個を記録した。

「投バゴ」「捕バ邪飛」といった失敗打席がなかったため、従来のバント成功率では100.0%を記録しているのだ。

ただし、従来のバント成功率は、打席結果だけを見ているため、現実に即していない部分がある。

たとえば、バント空振り、バントファウルなどで2ストライクに追い込まれてしまい、仕方なくサインが変わり、打って出た強攻作戦は、「バント失敗だろ!」とツッコミたくなるが、従来指標では対象外なのだ。

また、走者1塁で三塁線絶妙ゾーンにバントを決め、1塁送球との勝負に勝ったバントヒットは犠打成功といえるが、従来のバント成功率には反映されない。

スポーツ紙の紙面で紹介される従来のバント成功率は、それが100%といっても、前述のようなケースが4打席も5打席もあれば、100%という印象にならない。

バント試みるも追い込まれやむなく強攻した打席を「失敗」に、走者有のバント安打を「成功」に認定し、分母に組み入れた当方提唱の指標が『真のバント成功率』になのだ。

ということを踏まえたうえで、藤田の『真のバント成功率』を確認してみよう。

(下記へつづく)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票がブログ継続運営と
楽天プレーデータ集計の原動力になります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■楽天 藤田一也 2014~2018年 真のバント成功率
20181212data05.jpg
※走者有のケース。走者なしからセーフティバントで出塁を狙った打席は除く。

2年連続で90%超えの異次元




◎「観る野球から考える野球へ。選手がノートを持ってノムさんの講義を受けるみたいな感覚が常にあるメルマガです。こちらを読むようになってから、本棚に野球の関連本が増えました」(東海在住40代男性さん)

昨年92.6%、今年は94.4%、2年連続で90%超!
「ほぼ失敗なし」の高い精度でバントを決めてきた。

2014年以降の直近5年間の数値でも83.7%と合格点以上の数字を叩き出している。

今年、唯一の失敗打席は、5/29DeNA戦(●E2-9DB)、0-0の3回無死1塁、初球、2球とバントファウルで0-2と追い込まれ、その後にやむなく打って出るも遊飛に倒れたその1打席だけだった。

ちなみに、チームの数値は65.0%だから、藤田が刻んだ94.4%がいかに傑出値か、わかると思う。

とりわけ、目を見張るのは、走者2,1塁でのバント成績だ。
2016年8/30日本ハム戦を起点に『7回連続成功』を収めている点だ。(下記表参照)

■藤田一也 走者2,1塁でのバント成績
20181212data06.jpg

最難関の走者2,1塁で7回連続成功中




走者2,1塁の塁状況は、バントが最も難しいシチュエーションだ。

守備側は、3塁、2塁どちらでも封殺を狙うことができる。
打者は3塁封殺を阻止するためサードに打球を取らせようと三塁線を厳しく狙うことも多く、ファウルになるケースも多発する。

実際、直近4年間、楽天打線の走者2,1塁での『真のバント成功率』は57.5%。
今年に限っていえば、45.8%の低さだった。

そのため、現在、藤田が走者2,1塁でバントを『7回連続成功』させている凄さも、ご理解いただけると思う。
このなかで2017年10/7オリックス戦ではピンチバンターとして起用され、みごとに決めてみせた。


後進に伝えたい匠の技術




今季、得点力不足で想定外の最下位に沈んだ楽天。
その原因はいろいろ指摘できるが、その1つが『真のバント成功率』の低さだった。

昨年の78.4%から今年は前述のとおり65.0%まで低下した。
指揮官からつなぐ役割を託された打者が、自己犠牲の仕事ができなかったことも、最下位低迷の原因の一端を担った。

66.1%からのV字回復を達成させるためには、藤田の優れたバント技術は必須。

楽天の他の選手には「生きた手本」が間近にいるのだから、藤田から技術を盗んでほしいし、藤田には周囲や後進ににその技術を惜しみなく伝えていってもらえたらと思う。

【終】

まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングTop10入り!

こんな読者さんにオススメ!

  • 「仕事も家庭も忙しい毎日だけど、おらが東北の楽天を応援するのが、至福のひととき」という鷲ファン

  • 野球の“奥深さ”を覗き、野球の“楽しみかた”を広げたいキミ

  • スポーツ新聞にはないデータに基づいたゲーム評を楽しみたいあなたへ


読者さんの感想、反響数々!

観る野球から考える野球へ。選手がノートを持ってノムさんの講義を受けるみたいな感覚が常にあるメルマガです。データを駆使して結論をみちびくスタイルは他にもありますが、より具体的で分かりやすい。こちらを読むようになってから、本棚に野球本が増えました」(東海在住40代男性さん)

勝ってもおごらず、負けてもくじけず!と思えることが、購読の利点です。試合評を拝読すると、ひとつひとつのプレーに込められた“意図”を感じることができます。また、2軍戦や育成試合のデータは、若鷲好きの私をワクワクさせてくださいます」(東北在住40代女性さん)

膨大なデータから一筋の解を見つけ出す『ストーリー作成能力』や、真のバント成功率などの実態をより反映した『指標作成能力』は、本業の学会発表や論文執筆の際に大変参考にさせて頂いております」(関東在住20代男性さん)


ご入会のご案内など詳細は下記URLでどうぞ!

◎まぐまぐメルマガ読者登録はコチラから。

◎noteマガジン読者登録はコチラから(更新期間8/1~12/31)




ブログパーツ
レンタルCGI



関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}