【戦評】 東北開幕へ視界良好。さらなる進化を予感させた岸孝之の6回パーフェクト投球!~2018年3月25日●楽天イーグルス3-4巨人

スポンサーリンク



オープン戦3位に終わる




オープン戦の最終戦は、3-4の逆転負け。

イーグルスは初回、2番・ペゲーロの対外戦4号となる先制2ランで幸先よく先制した。
しかし、先発・岸から二番手・宋にバトンタッチした終盤7回、不運な内野安打2本をきっかけに崩れ、4点を失った。

9回、敵失で1点を返したが及ばず。
球団史上初のオープン戦優勝を巨人にさらわれ、楽天はオープン戦16試合9勝5敗2位の3位に終わっている。

オープン戦のチーム打率.269はロッテの.279に次ぐ12球団2位。
同チーム防御率3.90は9位で終着した。

対外戦成績は11勝10敗3分、NPBとの対戦成績は9勝10敗2分になった。

◎今年も“東北”に恋したい! 2018年、あなたの野球観、変わります

(下記につづく)

両軍のスタメン

楽天=1番・茂木(遊)、2番・ペゲーロ(右)、3番・島内(中)、4番・ウィーラー(三)、5番・銀次(二)、6番・アマダー(指)、7番・内田(一)、8番・嶋(捕)、9番・岡島(左)、先発・岸(右投)

巨人=1番・陽(中)、2番・吉川尚(二)、3番・坂本(遊)、4番・ゲレーロ(左)、5番・マギー(三)、6番・岡本(一)、7番・長野(右)、8番・大城(捕)、9番・野上(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票がブログ継続運営と
楽天プレーデータ集計の原動力になります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


2018凡例

今年も破壊力抜群なモギー&ペギーの1、2番




悔しい逆転負けになったが、我々は初回から物凄いシーンを目撃することになった。

茂木、ペゲーロの1、2番コンビが、場内で見守ったパリーグ・ライバル球団のスコアラーを震撼させるのに十分すぎる「規格外の破壊力」をみせつけたのだ。

西武から巨人にFA移籍した野上との対決は、茂木もペギーもその3球目に1-2と早々に追い込まれていた。
カウント不利の苦境を前日の内田を彷彿とさせるような高い集中力で克服した。
そして、2人で2点を奪う電光石火の活躍劇をみせたのだった。

茂木は5球目の外角低めチェンジアップに芯を食った一撃でくらいつき、左中間を真っ二つに破っていく。
打球を追うレフトのゲレーロの守備力が心もとないのを把握していた茂木は、2塁ベースをトップスピードでまわると、一気に3塁へ滑り込んでいく好走塁のスリーベース。

ペギーは追い込まれてから5球連続でファウルで粘った後に本領発揮の打棒をみせた。
9球目を器用な反応撃ちでものの見事に一閃。
その超弾道はライトの足ばかりではなく、場内の視線を一心に釘付けにさせた「衝撃の先制2ラン」になった。(E2-0H)

結果球はカーブ。
膝元のストライクからボールゾーンに変化する縦割れの難球を、まるで昨年の3号2ランの再来で仕留めてみせた。

昨年4/6ソフトバンク戦(○E3-1H)。
あのバンデンハークが繰り出した膝元ナックルカーブを最後は右手1本で豪快にすくい上げkoboパークの右翼席へ突き刺したあの一発を再現したかのような当たりは、このドミニカンが絶好調で開幕を迎えることを示唆する1本になった。

茂木のスピード感溢れる三塁打に、ペギーの戦慄ショット。
今年の楽天も1、2番が手強いという事実を、内外に知らしめる先制劇になったのだ。

(下記へつづく)

20180325data02.jpg

6回、打者18人、79球、被安打0、被本塁打0、奪三振6、与四死球0、失点0、自責点0。

教科書のような投球で見逃しストライク21球も!




初回の先制から6回終了時まで、楽天がゲームを圧倒的に支配していく。
その主役は、6回パーフェクトピッチをみせた岸の快投にこそあった。

速球、変化球とも上々の精度をみせた。

「ピッチャーの教科書のようなピッチングだったね」。
試合後、梨田監督が絶賛した好投は、データ上からみると『見逃しストライクが21球もあった』ことでも確認できる。

打者にバットを振らせず最も安全なかたちでカウントを稼いだ投球は、全79球の26.6%、21球を占めた。

制球が抜群の安定感を誇っていた証拠だ。
それに加えて、全体の29.1%でカーブを多投し緩急を駆使したことで打者に狙いを絞らせなかったことも、見逃しストライク率が26.6%を記録した要因だろう。


初回先頭打者の初球から緩急自在!




本戦はのっけから度肝を抜かれた。

初回、1番・陽との対決。
その1球目に投じたのは、108キロのカーブ。
外角低めにコマンド良く決まる見逃しストライクのブレーキングボールだった。

通常、どんな先発投手であっても、その日の立ち上がりの初球はストレートを投げたがるもの。
調子のバロメーターで投球の軸球になる速球を投げ込んで、感触をつかみたいものだ。

御多分に漏れず、昨年の岸も全26球ストレートだった。
ところが、今対外戦の岸は3/1ロッテ戦こそストレートだったものの、3/11中日戦ではカーブ、3/18広島戦でもカーブ、そして本戦でもカーブと、3登板連続で初回先頭打者の初球にカーブを投じた。

今季は立ち上がりのっけから緩急の弾幕を張り巡らす選択肢もあることを意味しているのだと思う。

4回の三者凡退投球も、みどころになった。
1番・陽、2番・吉川尚、3番・坂本、巨人打線が2巡目に入ったその上位をわずか7球で片づけた。

初回の上位3人との対決は、速球7球、カーブ1球だった。
1番・陽の初球にカーブで入ったものの、そこからは7球連続の真っすぐというシンプルな組み立て。
3者いずれも結果球はストレートで、三ゴ、見三振、中飛に打ち取った。

4回2打席目の対決は一転、カーブ5球、スライダー2球の徹底した変化球攻め。
前の打席で打ち取られた球に対しマークしてくる打者心理を逆手に取る遅球攻めで、二ゴ、空三振、一ゴと相手の狙いをものの見事にはずしたのだった。


若き大砲候補を翻弄した本領の6球勝負




そしてハイライトは、5回、岡本との6球勝負だ。

その後の7回に宋から2点タイムリーを打ち、オープン戦の打点王になった巨人の若き右の大砲候補を右飛に仕留めたその対決は、岸のコントロールと緩急が自由自在であることを証明したシーンになった。

初球、2球、3球。
ストライクゾーン外角低めの隅いっぱいを3球連続で塗り潰しにいく投球をひょうひょうと繰り広げてカウントは2-1。
岡本の意識がアウトローに引き付けられた中、4球、5球目は一転してカーブの連投。
ストライクゾーンに大胆に32キロの緩急差を繰り出すとフルカウント勝負へ。

結果球の6球目は一転、嶋がインコースにミットを構える内角攻めだった。
109キロカーブから緩急差31キロ、140キロ速球をインハイ厳しいゾーンに高精度で投げ込み、岡本のバットを詰まらせ、ライト前方のイージーフライに打ち取った。
ストライクゾーンの両サイドと高低をめいっぱい使用し、緩急も織り交ぜ、巨人の若き右打者に次元の違い、格の違いをみせつけた対決だった。

東北開幕戦と同時に全員が77番をつける闘将追悼試合の4/3日本ハム戦へ視界良好すぎる準備ができた79球。
今年も岸は盤石と言えそうだ。

プロ野球開幕まで4日、東北開幕まで8日!
野球の夢、プロの誇り、そして日本一の東北へ。

闘将の弔い合戦を勝ち抜き、楽天が真に2度目の日本一を取りに行くメモリアルなシーズンがいよいよ始まります!

想い1つに日本一をめざす今シーズンも、選手の特徴、チームの個性を浮き彫りするため、日々集計してきた記録やデータを要所で紹介する試合評を主にメルマガ/noteで発表します

昨年は約60人という多くの犬鷲ファンのみなさんに日々の情報源に加えていただきました。
そしてシーズン通してお楽しみいただきまして、大変ありがとうございました!!!

(証拠はコチラの昨年4/17記事。最終的に60人になりました)

秋には感動ドラマが待ち受ける今シーズン。
あなたもぜひ僕たちとともに応援してみませんか?
あなたの御参加、お待ちしております!


まぐまぐなら登録初月は全コンテンツ無料でお楽しみ可能です。
月末に登録解除すれば、翌月の課金は発生しません。
ぜひこの裏技でお試しください!

詳細は下記をご参照ください!




機は熟した! 今年こそ2度め日本一


監督、コーチ、選手、フロント、裏方...
そして、背番号10のぼくたちファン。
天国の闘将へ捧げるその想いひとつに戦い
勝利のイーグルスをめざす2018年。

特別な年だからこそ、貴重な思い出を残したい。

今年はあなたが日々チェックする情報源に
ぜひ『shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン』を入れてみませんか?

2005年イーグルスと恋に落ち、ナベツネ教を脱会。
「ID野球」を掲げたノムさんとの出会いで
データを参考に野球観戦するスタイルに無我夢中。

2012年以来「1球単位」でデータ収集し
『週刊野球太郎』など専門媒体にも寄稿する
鷲ファンきってのデータ好き、@eagleshibakawaのタイピングが、熱くスパークする!

昨年、約60人のファンが楽しんだ
「鷲好き度」をグッと後押しする応援マガジン!

おもに試合評やコラムなど、月10本前後のコラムをお届け中です。

まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングTop10入り!

こんな読者さんにオススメ!

  • 「仕事も家庭も忙しい毎日だけど、おらが東北の楽天を応援するのが、至福のひととき」という鷲ファン

  • 野球の“奥深さ”を覗き、野球の“楽しみかた”を広げたいキミ

  • スポーツ新聞にはないデータに基づいたゲーム評を楽しみたいあなたへ


読者さんの感想、反響数々!

観る野球から考える野球へ。選手がノートを持ってノムさんの講義を受けるみたいな感覚が常にあるメルマガです。データを駆使して結論をみちびくスタイルは他にもありますが、より具体的で分かりやすい。こちらを読むようになってから、本棚に野球本が増えました」(東海在住40代男性さん)

勝ってもおごらず、負けてもくじけず!と思えることが、購読の利点です。試合評を拝読すると、ひとつひとつのプレーに込められた“意図”を感じることができます。また、2軍戦や育成試合のデータは、若鷲好きの私をワクワクさせてくださいます」(東北在住40代女性さん)

膨大なデータから一筋の解を見つけ出す『ストーリー作成能力』や、真のバント成功率などの実態をより反映した『指標作成能力』は、本業の学会発表や論文執筆の際に大変参考にさせて頂いております」(関東在住20代男性さん)


ご入会のご案内など詳細は下記URLでどうぞ!

こちらに詳しくご案内をしたためました。
1人でも多くのみなさんの御参加、お待ちしております。
ぼくたちとともに、2度めVの優勝戦線を見届けましょう!

https://tan5277.blog.fc2.com/blog-entry-3674.html




ブログパーツ
レンタルCGI



関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}