【戦評】 鷲打線好調!二ケタ安打はOP戦11度め。OP打率.288で12球団1位に!~2018年3月18日○楽天イーグルス5-4広島

スポンサーリンク



異例の強風下で1点差を制した鯉料理!





銀次の左越え長打コースが風に阻まれて失速。
アマダーの怪力をもってしても、ホームラン性が平凡フライになってしまう。

5ゲームを戦った「静岡シリーズ」最終戦。
上空は青一色の快晴に恵まれながらも、異例の強い逆風のなかで行われ、マウンド上の投手陣も風の影響でコントロールを乱す場面がしきり。
両軍ピッチャーにとってはツラい調整登板になった。

ゲームを制したのは楽天だ。

逆風の影響もあり全て単打ながらも二ケタ10安打を記録し、5-4で勝利をおさめた。

初回、2四球の貰った2死3,2塁、相手バッテリーエラーで1点先制。(E1-0C)
シーズン数度あるか?ないか?という「無安打得点」(※)で先手を取った楽天は、1-1と同点にされた直後の2回に2得点とすぐさま勝ち越し、以降はゲームの主導権を手放さなかった。

※・・・ちなみに2017年の585得点中、無安打得点はゼロだった。


三走オコエの左手鮮やか!




2回は今季初のダブルスチールでの三走生還劇があった。

風の影響でコントロール定まらず苦しんだ広島先発・大瀬良を攻め、1四球2安打で1死満塁。
島内がセンター後方に犠飛を打ち返して3塁走者が生還すると、鮮やかな重盗が決まったのは、続く2死3,1塁のシーンだった。

オコエと岡島の鮮やかな共同作業だった。

まず先に1塁走者・岡島が二盗を仕掛けていく。
捕手の石原はすかさず2塁へ送球。
岡島は1,2塁間に巧みにとどまり、時間稼ぎをする間、するするっとスタートを切った3塁走者・オコエがホームを狙った。


◎今年も“東北”に恋したい! 2018年、あなたの野球観、変わります


結果はセーフ!

2塁からのバックホームとの競争を間一髪で制した。
納得いかない広島側はリクエストを行使。

しかし、リプレーには石原のタッチを受ける直前、滑り込んだオコエの左手が神業のようにホームプレートを触手した映像が写っており、判定そのまま。
今季掲げる「機動力」を存分に活かす形で、イーグルスに3点目が入った。(E3-1C)


主軸連打で作った「失点直後の得点劇」




5回表、広島に1点を取られ、3-2と1点差に肉薄された直後の攻撃もグッドだった。
強いチームは得点直後はゼロに抑え、失点直後にすかさず得点するものだが、本戦ではそれができていた。

1死後、3番・銀次、4番・ウィーラー、5番・今江が右中左を打ち分けたクリーンアップ3連打。
フルベースになってアマダーに犠飛が飛び出すと、後続の三好がバットを折りながらも左前へタイムリーを運んだ。(E5-1)

最終回、池田がバタついて「授業料」というべき2点は失ったが、1点差に肉薄された中盤5回にすぐさま2点を挙げて突き放したイーグルスが、1度もひっくり返されることなく、終始ゲームを有利に進めた“3時間1分の攻防”になった。

これで対外戦成績は10勝9敗1分に。
NPBとの対外戦では8勝9敗、オープン戦成績は8勝4敗、ロッテと並んで3位タイになっている。

(下記につづく)

両軍のスタメン

広島=1番・田中(遊)、2番・菊池(二)、3番・丸(中)、4番・鈴木(右)、5番・松山(指)、6番・エルドレッド(左)、7番・メヒア(一)、8番・西川(三)、9番・石原(捕)、先発・大瀬良(右投)

楽天=1番・岡島(右)、2番・島内(左)、3番・銀次(二)、4番・ウィーラー(三)、5番・今江(一)、6番・アマダー(指)、7番・三好(遊)、8番・嶋(捕)、9番・オコエ(中)、先発・岸(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの投票が継続運営の活力源になります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


2018凡例

楽天打線、この2連戦で三者凡退は1度だけ




2年連続セリーグ覇者の王者・広島を迎えたこの2連戦。

とくに素晴らしかったと思うのは、合計18回あった楽天の攻撃イニングで三者凡退に終わったのが、本戦の3回1イニングだけだったという点だ。

ヒットが出ないときでも、打者が粘り強く球を見きわめた。
たとえば、本戦では4度あったペイオフピッチのフルカウント勝負、いずれも楽天有利の結果が出た。(下記参照)

1回無死走者なし、岡島の四球
1回無死1塁、島内の一ゴ ※9球投げさせての進塁打
2回1死走者なし、嶋の四球
8回2死2塁、銀次の四球 ※10球勝負

そのうち1回と2回はその後に得点につながっただけに大きかった。

場内に偵察に来ていたであろうパリーグ・ライバル球団のスコアラーたちに、今年のイヌワシ打線は一筋縄ではいかないという印象を植え付けることができたと思うのだ。


岡島今季初の3安打、三好「ビリヤード」の2安打




10安打中、複数安打を放ったのは岡島と三好だ。

選手会長の岡島は今対外戦初の3安打になった。

遊安、左安、中安と、らしさが出たセンターから逆方向。
結果球も148キロのスピードボールに始まり、144キロ速球、130キロ変化球と区別なく対応できた。
これで対外戦成績は打率.327、出塁率.400、OPS.829になった。

昨年、茂木、ペゲーロの「超攻撃的な1、2番」が機能した背景には、岡島や嶋らが打線の下位で元気活発にし、数多くのチャンスを構築し、お膳立てして彼ら上位にまわしたことが大きかった。
今年も岡島には昨年の再現を演出してもらいたいと思うのだ。

一方、三好の放った右安、左安(適時打)は、いずれも当たりとしては良くないもの。
2本ともバットの先だった。
それを見た解説席の阿部俊人さん、チームの中ではバットの先で放ったヒットを「ビリヤード」と言うんです、と新たな知見をぼくらに教えてくださった。

これで三好の対外戦成績は打率.241、出塁率.268、OPS.620になった。

今キャンプ、楽天の二遊間戦力は怪我人が続発した。
茂木は手術明け、藤田、山崎、吉持、村林が故障。
非常事態でルーキーの西巻が1軍に呼ばれた。

このこともあり、今対外戦の全176イニングの守備回のうち、三好が守備に就いたのはじつに84.7%、ほぼ出ずっぱりの状態になっている。
これ、いくら若いと言えども、キャンプからの疲労は相当ピークにきていると思う。
オープン戦終了から開幕まで数日あるため、そこでできるだけ疲労を取り、開幕カードに臨んでもらいたい。

アマダーは左膝の軽度の鵞足炎で4試合ぶりの出場。
怪我がどの程度なのか気になるところだったが、無安打ながらも依然、絶好調というパフォーマンスをみせた。

2打席目には3-1から大瀬戸が外角狙いで投じながらも中に入った失投を振り抜き、左越えのホームランコース。
上空に吹いた強い逆風に押し戻され左飛になったが、風がなければスタンド一直線の大当たりだった。

5回1死満塁で右方向に運んだ犠飛では、広島バッテリーの高め釣り球配球を打ち返した。
逆風下にありながらも、外野が本塁返球を諦め、3塁走者が悠々タッチアップ生還できるほどの十分な飛距離を稼いでみせたた。


塁上のランナーを必ず進塁させるMr.エイトマンの勝負魂




昨日ヒーローインタビューを受けた今江も、今日も引き続き元気の良さをみせた。

5回1死2,1塁の3打席目、大瀬良との1-2勝負だ。

膝元狙いで投げ込まれた速球を、巧みにおっつけてコンパクトに中前へ。
「クリーンアップ三連打」を完成させたシングルヒットを放ち、代走・内田とバトンタッチしてお役御免になった。
対外戦打率は引き続き3割を維持している。

それにしても、過去2年は怪我のデパードだった背番号8、今年はマジで期待できるかも!
これで対外戦、走者有の打撃成績は20打数8安打10打点、1二塁打、1本塁打、2三振、1四球、1犠飛の打率.400。

走者有で凡打に倒れた10本の打球をみても、塁上の走者を次塁に送り込んだ進塁打が4本あるなど「勝負強さ」とベテランならではの「チームバッティング」を両立できている。


内田靖人に死角なし!




今江の後を受けて代走出場した内田も「1日1善」とばかりに、その後まわったわずか1打席でヒットを放ち、オープン戦打率を.455にし、オープン戦首位打者を依然として守った。

今日は昨季53登板で防御率2.70だった右腕・中田の変化球を仕留めた。

オープン戦での内田は、速球・変化球の球種の区別なく、快音を連ねている。
これで速球打率は.429、変化球打率は.474になった。

一昨日はラストバッターで魂の16球勝負を演じ、昨日は2本の二塁打で逆転勝利に貢献した山下も、良い打撃をみせた。

途中出場した山下にまわったアット・バットは、7回無死1塁の1打席だけだったが、中田の142キロ速球を捉えたセンター右へのフライヒットコース。
惜しくも丸の球際守備に遭って中飛になったものの、当たりは鋭く、速球に強いところをみせてくれた。

引き続き、攻撃面では朗報が多く、オープン戦のチーム打率.288へ。
競っていたロッテ(.285)を抑えて12球団1位に躍り出た。

(下記につづく)

◎今年も“東北”に恋したい! 2018年、あなたの野球観、変わります

20180318data02.jpg

6回、打者21人、81球、被安打4、被本塁打0、奪三振5、与四球1、与死球0、失点2、自責点2.

強風、地方球場も苦にせず。抜群の修正能力!





初回、珍しい光景があった。
1番打者にフルカウント勝負にもつれ、決めにいった真っすぐが外角高めに大きく浮き、四球を与えたのだった。

これ、コントロールに定評のある岸にとって、本当に珍しいのだ。
楽天移籍初年の昨年、シーズン中の26登板+プレーオフ2登板、合計28登板で先発を務めた岸だが、初回先頭打者に3ボールにしたのは1度もなく、もちろんフルカウント勝負にもつれこんだことも1度もなく、初回先頭打者四球を許したことも1度もなかった。

普段は投げない地方球場マウンド。
さらに異例の強風という難条件で、さすがの岸も苦労した印象だ。

ただし、4四球を出した大瀬良と比べると、修正するのは断然早かった。

球種で言えば、軸球の真っすぐと、その真っすぐと対を成すカーブの出来が上々だった。

カーブを混ぜなかったときの被打率が.270だったのに対し、カーブを1球でも混ぜたときは.111と圧倒だった。

一方、スライダーの出来がイマイチ。
12球を投げてじつに8球がボールカウントになった。

ただ、岸にとってのスライダーは、主に4球種ある持ち球の中で第4の球種。
多くの投手がスライダーをポピュラーに多投するのに対し、岸はほぼ使わない。
昨年でいえば8.9%しか投げなかった。

あまり重要ではない球種のため、出来が悪くても、問題ない。
ましてや、開幕までまだ10日強あるため、全然大丈夫だろう。【終】


・・・というように、選手の特徴、チームの個性を浮き彫りするため、日々集計してきた記録やデータを要所で紹介する試合評を、想い1つに日本一をめざす今シーズンも、主にメルマガ/noteで綴ります。

昨年は約60人の犬鷲ファンの皆さんに日々の情報源に加えていただきました。
そしてシーズン通してお楽しみいただきました。
大変ありがとうございました!!!
(証拠はコチラの昨年4/17記事。最終的に60人になりました)

楽天が真に2度めの日本一を取りにいく2018年。
秋には感動ドラマが待ち受ける今シーズン。

あなたもぜひ僕たちとともに応援してみませんか?
あなたの御参加、お待ちしております!


まぐまぐなら登録初月は全コンテンツ無料でお楽しみ可能です。
月末に登録解除すれば、翌月の課金は発生しません。
ぜひこの裏技でお試しください!

詳細は下記をご参照ください!




機は熟した! 今年こそ2度め日本一


監督、コーチ、選手、フロント、裏方...
そして、背番号10のぼくたちファン。
天国の闘将へ捧げるその想いひとつに戦い
勝利のイーグルスをめざす2018年。

特別な年だからこそ、貴重な思い出を残したい。

今年はあなたが日々チェックする情報源に
ぜひ『shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン』を入れてみませんか?

2005年イーグルスと恋に落ち、ナベツネ教を脱会。
「ID野球」を掲げたノムさんとの出会いで
データを参考に野球観戦するスタイルに無我夢中。

2012年以来「1球単位」でデータ収集し
『週刊野球太郎』など専門媒体にも寄稿する
鷲ファンきってのデータ好き、@eagleshibakawaのタイピングが、熱くスパークする!

昨年、約60人のファンが楽しんだ
「鷲好き度」をグッと後押しする応援マガジン!

おもに試合評やコラムなど、月10本前後のコラムをお届け中です。

まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングTop10入り!

こんな読者さんにオススメ!

  • 「仕事も家庭も忙しい毎日だけど、おらが東北の楽天を応援するのが、至福のひととき」という鷲ファン

  • 野球の“奥深さ”を覗き、野球の“楽しみかた”を広げたいキミ

  • スポーツ新聞にはないデータに基づいたゲーム評を楽しみたいあなたへ


読者さんの感想、反響数々!

観る野球から考える野球へ。選手がノートを持ってノムさんの講義を受けるみたいな感覚が常にあるメルマガです。データを駆使して結論をみちびくスタイルは他にもありますが、より具体的で分かりやすい。こちらを読むようになってから、本棚に野球本が増えました」(東海在住40代男性さん)

勝ってもおごらず、負けてもくじけず!と思えることが、購読の利点です。試合評を拝読すると、ひとつひとつのプレーに込められた“意図”を感じることができます。また、2軍戦や育成試合のデータは、若鷲好きの私をワクワクさせてくださいます」(東北在住40代女性さん)

膨大なデータから一筋の解を見つけ出す『ストーリー作成能力』や、真のバント成功率などの実態をより反映した『指標作成能力』は、本業の学会発表や論文執筆の際に大変参考にさせて頂いております」(関東在住20代男性さん)


ご入会のご案内など詳細は下記URLでどうぞ!

こちらに詳しくご案内をしたためました。
1人でも多くのみなさんの御参加、お待ちしております。
ぼくたちとともに、2度めVの優勝戦線を見届けましょう!

https://tan5277.blog.fc2.com/blog-entry-3674.html




ブログパーツ
レンタルCGI



関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
34位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}