【戦評】 昨年比25%大幅ダウン。異常事態の菅原秀~2018年3月14日●楽天イーグルス4-6DeNA

スポンサーリンク



前日と同じゲーム展開。見飽きた大量失点




先発が序盤に先行を許し、リリーフ投手も複数回でズルズル失点。
打線は終盤に反撃の狼煙を挙げたが及ばず、今対外戦で顕著な「1試合5失点以上」がまたしても。

そんなワケで昨日と今日のDeNA2連戦は、ほぼ全く同じ試合展開になった。

もっと言えば、この2試合、敵軍先発が初回にコントロール難に陥っているところを攻略できず、2回以降はのらりくらりとゲームメイクされたのも、全く同じだった。

昨日はバリオスが立ち上がり初球から6球目まで「6球連続のボール」。
楽天打線は隊列を組んで粘り強く球数を投げさせて応戦したかったが、5回2安打無失点を許した。

今日も荒れ球の熊原から初回に先頭打者四球を含む2個のフォアボールをもらったが、それを活かせず無得点なのだ。

0-2と2点を追いかけた2回、イーグルスにチャンス到来。
内田、三好の短長打で1死3,2塁を作った。

ワイルドピッチで1点を返し、その後も1死3,1塁の「追いつけ!追い越せ!」の場面である。
しかし、田中の奇襲作戦は頓挫に。
セーフティスクイズが決まらず投バゴとなり、三走・三好が本塁憤死し、後続も倒れるなど拙攻を重ねた。

1-3と2点ビハインドの3回、2死走者なしからウィーラー二塁打で得点圏へ進んだ。
ここでバッターボックスは1打席目にヒットを放ち「7試合連続ヒット」とした成長の内田。
期待募ったが、この打席ではあえなく空三振。


◎今年も“東北”に恋したい! 2018年、あなたの野球観、変わります


翌4回、先頭打者ヒットで無死1塁と「攻撃の拠点」を作ったまではよかったが、後続がゲッツー。
結局、熊原から5安打3四球を記録しながらも、5回1失点と試合を作ることを認めてしまったのだ。

この日、楽天は2回にタイムリー暴投、7回に島内の対外戦1号2ラン、9回は銀次タイムリーで4点を挙げた。
しかし、「3度の併殺」で好機を潰した拙攻のほうが目立つかたちになっている。


1軍合流の釜田と青山、ほろ苦スタートに




投手陣は今シーズン先発転向をめざす菅原が5回5安打1四球4失点。
2発の被弾をくらい、そのうち1本は風の影響もあったが、右打者に右方向へ運ばれてしまった。

高梨とハーマンは各1イニングずつゼロで締め「さすが!」といったところをみせてくれたが、昨日1軍に合流してきた釜田と青山が両者ほろ苦のオープン戦初登板になった。

釜田は2回3安打1失点、青山は1回を投げてソロ弾を浴びて1失点。
アマダーが来日史上最高の絶頂期にあるため、外国人枠の関係で好投の宋家豪を泣く泣く開幕1軍から外す可能性がでてきた。
もしそうなったとき、釜田や青山には宋の代役が期待されているわけだが、残念なスタートだ。

これで対外戦成績は8勝8敗1分、NPBとの対外戦では6勝8敗、オープン戦成績は6勝3敗になった。

(下記につづく)

両軍のスタメン

DeNA=1番・神里(中)、2番・大和(二)、3番・乙坂(左)、4番・ロペス(一)、5番・宮崎(三)、6番・佐野(指)、7番・ソト(右)、8番・嶺井(捕)、9番・倉本(遊)、先発・熊原(右投)

楽天=1番・島内(左)、2番・ペゲーロ(右)、3番・銀次(二)、4番・ウィーラー(三)、5番・内田(一)、6番・今江(指)、7番・三好(遊)、8番・足立(捕)、9番・田中(中)、先発・菅原(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が、ぼくの背中を後押ししてくれます

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


2018凡例

昨年比25%大幅ダウン。異常事態の菅原秀




ここへきて菅原の球種割合が「抜き差しならぬ異常事態」になっている。

プロ1年目の昨年、その球種割合は速球60.5%、変化球39.5%という比率だった。

ところが、筆者調べでは今対外戦、その速球割合は約50%まで激減。
本戦に至っては、全78球のうち速球割合はさらに下がっての35.9%、28球どまりだった。

投球の軸球になるべきストレートを、わずか3割強しか使うことができていない。
この判断、ぼくが推測するに、変化球多投をテーマに掲げているとかではなく、「やむにやまれぬ選択」だと思う。

というのは、昨年、菅原のストレート戦績は、被打率.318、被OPS.871、空振り率6.2%。
どの数字をとっても「赤点」だったのだ。

今対外戦もここまで真っすぐを約3割ヒットにされている。
本戦でも28球投げた真っすぐでは空振りは奪えず、被打率も.375と炎上。

こうなってしまうと、もはや変化球頼みにならざるをえない。
その変化球も切れ味は一級品だが、コントロールは暴れ馬と諸刃の剣だ。
異次元の切れ味で多くの空振りを奪う一方、甘く入る失投も目立ち、痛打を浴びる場面もある。
変化球一辺倒になると、緩急も生まれにくくなる。

今年は佐藤コーチの号令のもと、久米島キャンプ第1クールは投手陣は変化球を封印。
ストレートを徹底的に磨く投げ込みをしてきたはずだが、こと菅原に関して言えば、進歩の跡を見つけることは難しいのだ。

◎日々の情報源に加えたいあなたの「鷲好き度」をグッと後押しする楽天応援マガジン!


ペゲーロ打席時、フルカウントで1塁走者にスタートを動かす?!




話を攻撃面に移したい。

「3度の併殺」の始まりは初回無死1塁だった。

1番・島内が昨年開花した選球眼を発揮。
フルカウント7球勝負を制して1塁に歩いて、2番・ペゲーロとの対決だ。

この対決もフルカウントにもつれこむと、楽天ベンチはエンドランを指示。
島内は自動エンドランを仕掛けたが、ペゲーロが変化球に空三振。
スタートを切っていた島内は嶺井の好送球の餌食になり、2塁憤死の三振ゲッツーに終わった。

昨年は、走者1塁でペゲーロのフルカウント勝負時に1塁走者にスタートを切らせた事例は、当方記録によると数える程度しかなかった。

これはペゲーロの空振り率がパ規定打席ではワースト2位の14.5%と高く、三振ゲッツーのハイリスクが存在するからだろう。

しかし、今対外戦では2度あった走者1塁ペゲーロのフルカウント勝負時、2度とも1塁走者にスタートを切らせている。
そのうちの1個は本戦の三振ゲッツー/島内二塁死。
もう1個は2/27オリックス戦1回無死1塁の三振ゲッツー/田中二盗死なのだ。

昨年はリーグ5位の42盗塁に終わった楽天。
盗塁成功率も60.9%と低迷した。

それを受けて「今季は70以上に増やしたい」と梨田監督。
機動力改善を掲げ、久米島でも走塁練習を重点的に実施、対外戦に入って好走塁のシーンも増えてきた。
まだ2度しかない走者1塁ペゲーロフルカウント勝負だが、その2度とも走者にスタートを切らせた梨田采配。
指揮官の采配にも変化の兆しあり?!ということなのだろうか。

今年は、三振ゲッツーのハイリスクを承知で、当該状況で1塁走者を積極的に動かしていこうということなのだろうか。
それとも2度試して2度とも失敗に終わったことで懲りて昨年と同じ傾向になるのだろうか。

この点は今後、注視したい案件である。

他にも気づいた点を色々書き記しておきたいのだけど、今後おいおいご紹介していければと思う。

・・・というように、選手の特徴、チームの個性を浮き彫りするため、日々集計してきた記録やデータを要所で紹介する試合評を、想い1つに日本一をめざす今シーズンも、主にメルマガ/noteで綴ります。

昨年は約60人の犬鷲ファンの皆さんに、日々の情報源に加えていただき、お楽しみいただきました。
大変ありがとうございました!
(証拠はコチラの昨年4/17記事。最終的に60人になりました)

楽天が真に2度めの日本一を取りにいく2018年。
秋には感動ドラマが待ち受ける今シーズン。

あなたもぜひ僕たちとともに応援してみませんか?
あなたの御参加、お待ちしております!

まぐまぐなら登録初月は全コンテンツ無料でお楽しみ可能です。
月末に登録解除すれば、翌月の課金は発生しません。
ぜひこの裏技でお試しください!

詳細は下記をご参照ください!




機は熟した! 今年こそ2度め日本一


監督、コーチ、選手、フロント、裏方...
そして、背番号10のぼくたちファン。
天国の闘将へ捧げるその想いひとつに戦い
勝利のイーグルスをめざす2018年。

特別な年だからこそ、貴重な思い出を残したい。

今年はあなたが日々チェックする情報源に
ぜひ『shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン』を入れてみませんか?

2005年イーグルスと恋に落ち、ナベツネ教を脱会。
「ID野球」を掲げたノムさんとの出会いで
データを参考に野球観戦するスタイルに無我夢中。

2012年以来「1球単位」でデータ収集し
『週刊野球太郎』など専門媒体にも寄稿する
鷲ファンきってのデータ好き、@eagleshibakawaのタイピングが、熱くスパークする!

昨年、約60人のファンが楽しんだ
「鷲好き度」をグッと後押しする応援マガジン!

おもに試合評やコラムなど、月10本前後のコラムをお届け中です。

まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングTop10入り!

こんな読者さんにオススメ!

  • 「仕事も家庭も忙しい毎日だけど、おらが東北の楽天を応援するのが、至福のひととき」という鷲ファン

  • 野球の“奥深さ”を覗き、野球の“楽しみかた”を広げたいキミ

  • スポーツ新聞にはないデータに基づいたゲーム評を楽しみたいあなたへ


読者さんの感想、反響数々!

観る野球から考える野球へ。選手がノートを持ってノムさんの講義を受けるみたいな感覚が常にあるメルマガです。データを駆使して結論をみちびくスタイルは他にもありますが、より具体的で分かりやすい。こちらを読むようになってから、本棚に野球本が増えました」(東海在住40代男性さん)

勝ってもおごらず、負けてもくじけず!と思えることが、購読の利点です。試合評を拝読すると、ひとつひとつのプレーに込められた“意図”を感じることができます。また、2軍戦や育成試合のデータは、若鷲好きの私をワクワクさせてくださいます」(東北在住40代女性さん)

膨大なデータから一筋の解を見つけ出す『ストーリー作成能力』や、真のバント成功率などの実態をより反映した『指標作成能力』は、本業の学会発表や論文執筆の際に大変参考にさせて頂いております」(関東在住20代男性さん)


ご入会のご案内など詳細は下記URLでどうぞ!

こちらに詳しくご案内をしたためました。
1人でも多くのみなさんの御参加、お待ちしております。
ぼくたちとともに、2度めVの優勝戦線を見届けましょう!

https://tan5277.blog.fc2.com/blog-entry-3674.html




ブログパーツ
レンタルCGI


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}