FC2ブログ

【戦評】 アマダーvs宋家豪、外国人枠を賭けたがっぷり四つの名勝負~2018年3月11日○楽天イーグルス3-0中日

スポンサーリンク



闘将の思い出の地、忘れられない日に添えた会心の勝ちゲーム




3-0で今シーズン初の零封勝利を飾った倉敷3連戦の最終戦は、日曜昼下がり各地で開催されたオープン戦6カードの中でも唯一の零封ゲームになった。

亡き闘将思い出の地で2勝1敗。
半旗が掲げられたフィールドで「7年目の忘れられない日」に、被災地・東北に添えた勝利は、開幕後の快進撃を予感させるような好ゲームになっている。

打のハイライトは、アマダー、ペゲーロのアベック弾だ。
いずれも膝元投球を仕留めた。

前日は4本のタイムリーでコツコツ点を積み重ねた打線は、本戦では一転、一昨年夏から十八番になった助っ人勢の花火大会で3点を豪快にもぎ取った。

1本目は2回裏に飛び出した。
先頭の・銀次が追い込まれた窮地のなか、体勢を崩されながらも必死にくらいき、11打席ぶりのヒットで活路を切り開いた直後のことだった。
怪人アマダーの打棒が唸りをあげた。

内角低めの難しい141キロシンカーを起用にすくい上げての奥義一閃は、左翼席へ一直線。
推定飛距離110mの先制2ランになった。

1週間前の日曜日、ナゴヤドームで松坂大輔のスライダーを右翼席へ放り込んでから、わずかに6打席めでの2号誕生だ。

このオフ、アマダーは昨年11月中旬から母国のウインターリーグに参戦。
今年2月にはカリビアンシリーズにも出場するなど、ゲーム感覚、戦闘態勢をキープしたまま楽天に合流した。
このことが、今、絶好調の要因なのだ。

これでウォーニングゾーン以遠に飛ばした外野大飛球は対外戦17打席で4本になった。
打球ベースでは、対外戦10本中4本が外野大飛球と、びっくりするくらいの飛ばし屋だ。

アマダーに負けじと宋家豪も全く譲らずの2回パーフェクト投球をみせたことから、指揮官に嬉しい悲鳴をもたらしている「外国人枠問題」、そのゆくえはますます分からなくなってきた。
一応、「野手3人・投手1人」を基本線で臨むと報道されているものの、どのような決着をみるのか。
勝負は最終巨人3連戦までもつれそうな気配なのだ。

(下記につづく)

両軍のスタメン

中日=1番・京田(遊)、2番・亀澤(二)、3番・大島(中)、4番・福田(一)、5番・アルモンテ(左)、6番・高橋(三)、7番・モヤ(右)、8番・野本(指)、9番・松井雅(捕)、先発・ジー(右投)

楽天=1番・岡島(左)、2番・ペゲーロ(右)、3番・島内(中)、4番・ウィーラー(三)、5番・銀次(二)、6番・アマダー(指)、7番・内田(一)、8番・嶋(捕)、9番・西巻(遊)、先発・岸(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が、ブログを続けていくエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


2018凡例

場内を支配したペゲーロの対外戦2号!




2本目は5回、ペゲーロの3打席目だった。

この日のペギーは、中日先発ジーの高めに動かす投球に合わず、2打席連続の3球三振。
しかし、二番手・三ツ間との対決になったフルカウント勝負では、ローボールヒッターの本領を発揮した。
外角狙いが抜けて膝元に入ってきた失投を料理した。

その超弾道は、昨年koboスタで僕らを魅了したムーンショットのような、相手の戦意を瞬時にぺしゃんこにする右翼スタンド上段行きの特大弾になった。(※)

※・・・ペゲーロが一発を打つと、チームは26勝9敗1分。

それにしても、この人のブレーキングボール好きは今年ますます冴えをみせているかのようだ。
みなさんもご存じのとおり、来日2年36本塁打中、スライダー、カットボール、カーブといったブレーキングボール系を仕留めたのは、その半数に迫る多さになっている。

3/3中日戦で放った今対外戦1号も山井の112キロカーブを捉えたもの。
そして、本戦でも失投スライダーを放り込んだというワケで、今年も楽しみになってきた!


OP戦打率、島内2位、内田3位




挙げた得点は一発攻勢による3点にとどまり、3-0というロースコアになった本戦。
しかし、試合の主導権は終始、楽天が握っていた。

楽天投手陣が9イニング中6イニングで三者凡退を記録する一方、味方打線は2回8回を除く合計6イニングで得点圏に走者を進め、中日投手陣に楽に投げさせなかった

得点圏8打席では7打数ノーヒット1四球。
チームとしてはチャンスであと1本が出ず、ゴロを打たされる場面が多かったものの、選手各々では見せ場もあった。

たとえば、絶好調の島内は外の球に逆らわず、チーム唯一の2安打を逆方向へ。
対外戦打率は依然.415と4割をキープし、オープン戦打率も.458と1位のロッテ・中村(.500)を猛追する2位につけている。

不振のオコエにも左前へ運ぶヒットが飛び出し、これでヒットが外野に飛んだのは23打席ぶり。

渡辺直は7回1死2,1塁で2-2と追い込まれながらも、微妙なバット操作でショート前方ゴロ。
あえてボテボテを打つことで、塁上の走者2人をともに次塁へ送り込む時間稼ぎのいぶし銀をみせた。
今対外戦、走者2,1塁の場面で凡打でランナー2人とも進塁させることができたのは、渡辺直のこのときが初になった。

覚醒中の内田は本戦でもヒットを放った。
高めに浮いてきたジーの動く球に若干差し込まれながらも右前へ運び、オープン戦打率は島内の後ろにつける.440の3位。
対外戦15試合中、ヒットがなかったのはわずか2試合と少なく、ほぼ毎試合必ず1本は打っているのだ。

嶋はらしさをみせての2四球。
選球眼と粘りは健在で3打席はいずれもフルカウント勝負へ。
そのうち2打席を制して1塁に歩いてみせた。
これで対外戦7打席中、3-2から打席結果が出たのは5打席も!
P/PAは5.5になっている。


ブルペン陣がみせた6回以降のパーフェクトリレー




投のハイライトは6回以降にやってきた。
先発・岸も4回2安打無失点と上々の仕上がりぐあいをみせたが、本戦はなんといっても6回以降!

宋家豪が2回をピシャリと抑えると、高梨、ハーマンも1イニングずつをシャットアウト7。
ブルペン陣が4イニング連続のパーフェクト・リレーをみせた。

宋が圧巻だった!

1イニング目を二ゴ、中飛、投ゴ、わずか5球で片づけた。
回またぎ2イニング目もその圧倒ぐあいは衰えず、空三振、空三振、遊ゴで締めた。

ストレートは力強く、最速153キロを計測。
変化球のストライク率も60.0%と高く、速球、変化球どちらでもストライクを取れていた。

これで対外戦5登板で6回、打者21人、81球、被安打2、奪三振8、与四球1、無失点になった。

高梨も今季のベストピッチで応えた。
ここまでは1イニング三者凡退に抑えたときでも、侍ジャパン強化試合の3/4オーストラリア戦ではセンター秋山の背走好守支援を受けるなど、好守に支えられた部分も多かった。

ところが、この日の中飛、一邪飛、空三振は、イージーな凡打に左の京田を外に大きく逃げていくスライダーで屠るなど文句なしの内容。

ハーマンも最終回を右飛、一邪飛、空三振のワンツースリーで締めた。


宋家豪か?アマダーか?




それにしても、宋のあの好投をみると、開幕1軍から外すのは本当もったいない気がする。
昨年の躍進は夏場以降に調子を上げ、状態が絶好調だったことから本人の実力以上の力で好投した感が強かった。

しかし、今年は自信をつけて本人の実力そのもの、地力で打者を抑えているイメージなのだ。
今年は調子を落としたときにも、悪いなりにスコアボードにゼロを並べるのでは?という期待が高まってくる。

話を元に戻して、外国人枠問題だ。

ウィーラーの対外戦打率が1割台であったとしても、指揮官の信頼は絶対に揺らがない。
ということを考えれば、宋家豪vsアマダーの一騎打ちだろう。

がっぷり四つの争いに今後も注目していきたい。


・・・というような、ところどころにデータをまじえた試合評を、想い1つに日本一をめざす今シーズンも主にメルマガ/noteで綴ります。

昨年は約60人の犬鷲ファンの皆さんに、日々の情報源に加えていただき、お楽しみいただきました。
(証拠はコチラの昨年4/17記事。最終的に60人になりました)

楽天が真に2度めの日本一を取りにいく感動ドラマが待ち受ける今年、ぜひあなたも僕たちとともに応援してみませんか?

あなたの御参加、お待ちしております!
詳細は下記をご参照ください!




機は熟した! 今年こそ2度め日本一


監督、コーチ、選手、フロント、裏方...
そして、背番号10のぼくたちファン。
天国の闘将へ捧げるその想いひとつに戦い
勝利のイーグルスをめざす2018年。

特別な年だからこそ、貴重な思い出を残したい。

今年はあなたが日々チェックする情報源に
ぜひ『shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン』を入れてみませんか?

2005年イーグルスと恋に落ち、ナベツネ教を脱会。
「ID野球」を掲げたノムさんとの出会いで
データを参考に野球観戦するスタイルに無我夢中。

2012年以来「1球単位」でデータ収集し
『週刊野球太郎』など専門媒体にも寄稿する
鷲ファンきってのデータ好き、@eagleshibakawaのタイピングが、熱くスパークする!

昨年、約60人のファンが楽しんだ
「鷲好き度」をグッと後押しする応援マガジン!

おもに試合評やコラムなど、月10本前後のコラムをお届け中です。

まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングTop10入り!

こんな読者さんにオススメ!

  • 「仕事も家庭も忙しい毎日だけど、おらが東北の楽天を応援するのが、至福のひととき」という鷲ファン

  • 野球の“奥深さ”を覗き、野球の“楽しみかた”を広げたいキミ

  • スポーツ新聞にはないデータに基づいたゲーム評を楽しみたいあなたへ


読者さんの感想、反響数々!

観る野球から考える野球へ。選手がノートを持ってノムさんの講義を受けるみたいな感覚が常にあるメルマガです。データを駆使して結論をみちびくスタイルは他にもありますが、より具体的で分かりやすい。こちらを読むようになってから、本棚に野球本が増えました」(東海在住40代男性さん)

勝ってもおごらず、負けてもくじけず!と思えることが、購読の利点です。試合評を拝読すると、ひとつひとつのプレーに込められた“意図”を感じることができます。また、2軍戦や育成試合のデータは、若鷲好きの私をワクワクさせてくださいます」(東北在住40代女性さん)

膨大なデータから一筋の解を見つけ出す『ストーリー作成能力』や、真のバント成功率などの実態をより反映した『指標作成能力』は、本業の学会発表や論文執筆の際に大変参考にさせて頂いております」(関東在住20代男性さん)


ご入会のご案内など詳細は下記URLでどうぞ!

こちらに詳しくご案内をしたためました。
1人でも多くのみなさんの御参加、お待ちしております。
ぼくたちとともに、2度めVの優勝戦線を見届けましょう!

https://tan5277.blog.fc2.com/blog-entry-3674.html




ブログパーツ
レンタルCGI


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}