1万4千打席を振り分けた、楽天イーグルスの若手育成戦略

スポンサーリンク




20171211DATA02.jpg

年末年始も楽天を熱く語りたい! 『Shibakawaの鷲応援マガジン17'-18'冬季版』のご案内




ただいま12/1~翌3/14までの3ヵ月半の連載を綴るnote冬季マガジンの読者さんを募集中です。

現在、記事11本を更新。最終的には30~40本を収める予定です。

お申込み・詳細はこちらをご参照ください。


2017年、田中和基の総打席数はいくつだったか?




【締切1/31まで】当ブログ恒例 新春読者プレゼント企画。3名様に野球本/iTunesカード総額5,000円分を進呈。1人でも多くの皆さんのご応募をお待ちしております。

こんにちは。@eagleshibakawaです。
信州上田在住の野球好き、郷里の英雄・真田幸村の「赤備え」がクリムゾンレッドに見える楽天推しのデータ好きです。


2016年から「事実上の3軍制」を採用している楽天イーグルス。
大学生や社会人、独立リーグとの育成練習試合を大幅に増やし、若鷲の実戦経験の場が増えています。

このこと自体は完全に手放しで喜ぶべきことなのですが、一方で僕らファン、特に僕のような記録好きや、ファームの選手を熱烈ウォッチャーするファンを悩ませている問題が1つだけ存在するのです。

というのは、そうなんです!

その当該選手が1年間、いったい何打席を経験したのか?問題です。
パッと確認しにくくなってしまった点なのです。

1軍の打席数は、Yahooスポーツなど、あなたが愛用する各種記録サイトでパッとチェック可能ですよね。
オープン戦、プレーオフ、2軍打席数も、NPBのオフィシャルサイトにアクセスすれば、サクサク確認できるわけです。

しかし、オープン戦ではない開幕前の1軍練習試合、春秋の教育リーグ、大幅に増えた育成試合の打席数は、確認する術がありません。
なぜなら、どこの記録サイトも、集計してくれていませんから。

たとえば、昨年は1軍で「雰囲気を変える快足」をみせてくれた田中和基選手。
2017年、田中選手は、全ての階層で合計何打席バッターボックスに立ったか、分かる方いるでしょうか?

開幕前の1軍オープン戦と練習試合、2軍イースタン、春季教育リーグ、秋のフェニックスリーグ、育成練習試合、クライマックスシリーズ、ウインターリーグの武者修行、全て込み込みで何打席になったのか?

結果は、こうなっていました。


■2017年 田中和基の総打席数


※1軍オープン戦は練習試合も含む。


総合計432打席でした。

1軍ではわずか59打席にとどまった田中選手。
しかし、1軍以外では、それなりの場数を踏んできたことが分かります。

でも、この432打席は、チームの中でいったいぜんたい多いのか?少ないのか?

全て込み込みで14,000打席に及んだチーム打席数を、球団は誰にどのくらい配分し、その成長を促したのか?

これらのことを確認するため、(投手を除く)楽天選手全員の総打席数を調査しました。

1軍、2軍、オープン戦、プレーオフはNPBオフィシャルサイトの数字を参照にしました。
WLは主催者側の公式サイトの数字を使用しています。
1軍練習試合、教育リーグ、育成練習試合は球団オフィシャルサイトのボックススコアから当方が独自集計を実施しました。


※これでも、全てではありません。1軍のオールスター、2軍のフューチャーズやフレッシュオールスターが含まれていませんし、たとえば、5月29、30日信濃グランセローズ戦など育成練習試合でも球団公式サイトに未掲載のゲームは集計の対象から外れています。あらかじめ、ご了承ください。


集計結果を可視化するため、グラフ化にし、ビジュアライズしてみました。

今回は便宜上、プレーオフ>1軍>1軍OP戦>2軍>春季教育>秋季教育>育成練習の力量順に青の濃淡で表現。
ウインターリーグは別途、赤色表示にしてみました。

下記をご参照ください。

なお、同様の試みは2016年にも下記記事で実施しています。


◎ビジュアルで確認する各打者の階層別打席数2016 (2016/10/25)


(下記へ続く)

【締切1/31まで】当ブログ恒例 新春読者プレゼント企画。3名様に野球本/iTunesカード総額5,000円分を進呈。1人でも多くの皆さんのご応募をお待ちしております。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■2017年 楽天イーグルス 選手別の総打席数
20180112DATA03.jpg


最多717打席は銀次、最少はわずか8打席の小関




最多は選手会長を務めた銀次選手。
2番手は正中堅手として汗を流した島内宏明選手になりました。

この2人はレギュラーシーズン143試合+ポストシーズン8試合、全152試合出場する皆勤ぶりが印象的でした。

3番目につけたのは、今年から副主将に就任するウィーラー選手。
2017年は開幕直後スランプに見舞われましたが、終わってみればトータルでしっかり数字を作ってきたところは、さすが。
怪我人も続出したなか、常に激戦の最前線に立ち続けた姿は、まるで戦争映画に出てくる叩き上げ軍曹そのものでした。

2017年、1軍レギュラーシーズンだけで600打席以上を積み重ねたパリーグ打者は、ウィーラー選手を入れてわずか7人。
その7人中、唯一の外国人選手がウィーラー選手でした。


最少は小関翔太選手でした。
前年のワーストの片山博視選手の18打席すら下回る8打席にとどまりました。

やはり、致命的すぎたのは、前年の秋に発生した左足の疲労骨折です。
当初はメスを入れずリハビリに励んでいましたが、病状がいっこうに改善に向かわず、2017年1月下旬にメスを入れることに。
報道によれば、全治6ヵ月の手術になりました。

6ヵ月というと、7月下旬になります。
にもかかわらず、6月27、28日、信濃グランセローズとの育成練習試合で実戦復帰しました。

全治6ヵ月という当初見込みから、約1ヵ月も早かった。
見切り発車しすぎたのが原因になったのでしょう。
結局、DHスタメンでプレーした2試合8打席が、患部の悪化を招いたと思われます。

事実、10月10日に小関選手がInstagramに投稿した写真には、本来なら取れているはずのギブスが左足にがっしり装着され、映っていました。

小関選手のように、プロ野球人生が怪我で強制シャットダウンされてしまう。
本当に残念なことです。
でも、捨てる神あれば拾う神あり。
今年から新日鐵住金かずさマジックで背番号29をつけ、新たな野球人生をリスタートする予定です。

(下記へ続く)

▼朋友・聖澤選手の「クライマックス待ってるネ!」が泣かせる...


楽天が誇る4人のトップ・プロスペクト




ぼくのイメージでは、総打席数が500超えしてくると、『最重要育成選手』と言えると思います。

該当者は11人いますが、ウィーラー選手や島内宏明選手、岡島豪郎選手のようなレギュラー級を除くと、八百板卓丸選手、フェルナンド選手、村林一輝選手、内田靖人選手の4人になります。

2017年、球団から最も期待を寄せられた、楽天きってのトップ・プロスペクトは、彼ら4人衆でした。


2017年の夏、八百板選手は待望の支配下登録を勝ち取ります。
高卒3年目イースタンで記録した13二塁打、5三塁打、5本塁打は全てキャリアハイでした。

ゴロかフライか打球性質を診るGO/AOが示すように(数字が1.00を超えてくるとゴロ打ち)、1年目2.62、2年目1.40だった数字は、3年目の2017年は1.13へ。
ゴロばかり打っていく打者からライナーを含めた飛球を打ち返す打者への変貌を遂げ、バッティングに力強さを増した印象を持ちました。

2018年は満を持して1軍デビューを狙うシーズン。
楽天生命パークの場内アナウンスが、彼の名をコールする瞬間が、今から楽しみです。


一方、フェルナンド選手は、不振も不振でした。

球団から525打席を付与され、せっかく目をかけられているのに、伸び悩んだ1年になってしまいました。
背景には1軍2軍首脳陣の指導力不足もあると思います。
フェルナンド選手のポテンシャルを、間違った方向に誘導しているのでは?とハラハラです。

勝負の今シーズンは本来の力量を取り戻し、岩見雅紀選手、田中耀飛選手ら同タイプのルーキーを返り討ちにするような、そんな目の覚めた打棒をスパークさせてほしい。
そう願っているのですが、どうなるでしょうか。


2017年大きく成長した若鷲といえば、村林一輝選手を挙げるファンも多いはず。

22打数ノーヒットという高卒1年目の2軍成績をみるかぎりでは、「1軍に出てくるには当分時間がかかるかなあ・・・」と覚悟しました。

しかし、2年目の春季教育リーグでのこと。
僕が現地観戦に訪れたロッテ浦和球場。
いきなりの左越えのホームランです!

そこから課題の打撃でも結果を出し、イースタンで431打席に立ち、打率.246をマーク。

順位決定後の1軍シーズン終盤、10月10日ロッテ戦では9番・遊撃でプロ初出場・初スタメン。
初安打&初得点も記録するなど、「希望」を垣間みせてくれました。

今年は、新人の山崎剛選手や、怪我明け三好匠選手を刺激するような、良いスパイス役、絶妙な隠し味になりたいところです。


2軍で打撃二冠王に輝いた内田靖人選手の詳細については、昨年暮れに下記記事にまとめましたので、ご参照ください。


◎イースタン打撃二冠。データで診る楽天・内田靖人の現在地 (2017/12/03)


【締切1/31まで】当ブログ恒例 新春読者プレゼント企画。3名様に野球本/iTunesカード総額5,000円分を進呈。1人でも多くの皆さんのご応募をお待ちしております。


331打席の堀内と194打席の下妻を考える




次に視点を変えまして、ポジション別に見るのも、おもしろいかもしれません。

たとえば、若手捕手。 ※カッコ内は2017年データ。

下妻貴寛(5年目/23歳)、堀内謙伍(2年目/20歳)、石原彪(1年目/18歳)の3選手です。
この中で最も打席数が多かったのは、堀内選手の331打席でした。

ということは、「球団から最も打力を期待されている若手捕手は堀内選手なのかな?」と想像することができます。

堀内選手と下妻選手、2軍イースタンでは149打席、129打席と、大きな差はつきませんでした。
それなのに、総合計で100打席超の大差がついたのは、それ以外の部分。
とくに堀内選手は育成練習試合、ウインターリーグで数多くの打席に立ち、実戦経験を積んできました。

球団が台湾まで行かせて堀内選手に打席数を稼がせた背景には、「打者・下妻がもうあまり期待できそうもない・・・」ことも、挙げられると思います。

下妻選手は典型的なフリースウィンガー。
2軍イースタン通算成績をみると、648打席で117三振、かたや四球は10個だけ。
三振率18.1%は多めですし、四球率1.5%は致命的に低すぎです。
ちなみに2017年の四球率も2.3%でした。

こうなると、打率ほぼイコール出塁率という悲惨な状況が待っています。

5年経過してコレだと、マスクを被ってワンバウンドをブロッキングしたり、走者を強肩で刺したり、投手を好リードでみちびいたりといった捕手のスキルはさておき、「打者・下妻」としては今後の伸びしろに大きな期待はできなくなります。

という事情があって、高校時代は打撃に定評のあった堀内選手を育てようと、堀内選手の打席数が増えたのだと思います。


...そんなワケで、この棒グラフは、若鷲の育成状況や現在地を考える上で、いろいろと想像したり、深堀りできるグラフだと思います。

山田大樹選手、出口匠選手、向谷拓巳選手、南要輔選手は育成練習試合が主戦場だったんだなとか、改めて確認できることも多いかと思います。

みなさんも、ぜひご活用ください(笑)

【締切1/31まで】当ブログ恒例 新春読者プレゼント企画。3名様に野球本/iTunesカード総額5,000円分を進呈。1人でも多くの皆さんのご応募をお待ちしております。




年末年始だからこそ、イーグルスを熱く語ろう!


イーグルスが真に優勝を狙うシーズンは2018年だ!

鷲ファンきってのデータマニア、@eagleshibakawaのタイピングが、オフシーズンもスパークする!
オフだからこそ熱く語り尽くしたい楽天の最前線!

現在、noteマガジン/まぐまぐメルマガ/直接販売の合計読者数60名迫る!

月10本前後のコラムをお届け中です。

中村紀洋超え、まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングTop10入り!

こんな読者さんにオススメ!

  • 「仕事も家庭も忙しい毎日だけど、おらが東北の楽天を応援するのが、至福のひととき」という鷲ファン

  • 「データ」や「数字」を肴に野球観戦を楽しみたいキミ

  • スポーツ新聞やネットニュースに食傷気味のあなたへ


読者さんの感想、反響数々!

「鋭いデータ分析に基づく記事、興味深く拝見させて頂いております。shibakawaさんのデータ収集力には目を見張るものがあり、いつも感銘を受けています」

「仕事も家庭も忙しい毎日の中で、Shibakawa様の記事を拝読する時間が私の至福の時間となっております。各方面からの分析を駆使した記事を拝読できますことを大変楽しみにしております」


「いつも深みのあるデータ、コメントに圧倒され、『なるほど!なるほど!!』と感心させられております。柴川さんがご披露していただいたデータを元に、自分なりの冷静な視点で観戦できるので今季のイーグルスの戦いぶりも楽しみです」

ご入会のご案内など、詳しいことを下記note、下記URLにまとめましたので、ぜひ。


http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-361.html




ブログパーツ
レンタルCGI



関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}