FC2ブログ

【速報】 楽天イーグルス 2017年度 新入団選手発表会見 質疑応答全文文字おこし #RakutenEagles

スポンサーリンク



2017年度新入団選手発表会見




こんにちは。@eagleshibakawaです。

1球単位のプレーデータから結婚記念日まで、楽天に関する記録収集に熱を上げるデータ好き。
それが高じて『ベースボールチャンネル』『野球太郎』『ベースボールキング』など野球専門媒体にも寄稿歴を持つ野球好きです。


さて、今日は11時から今秋ドラフトで指名された新入団選手の発表会見がありました。

その質疑応答をスポナビライブで視聴し、全文を文字おこししました。

ご参考になれば幸いです。

下記でどうぞ。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村



立花社長:東北を元気に勇気づけるチームでありたい




立花陽三球団社長:まずは選手、ご家族の皆様、ご入団おめでとうございます。今日改めて素晴らしい10名の選手がご入団して頂いたことを非常にうれしく思います。我々、東北楽天ゴールデンイーグルスは、東北の代表としてですね、東北を元気に勇気づけるチームでありたい
と思っております。この10人とともに東北を熱く、なんとしても2018年シーズンは優勝できるように全員で頑張っていきたいと思います。今日はまた記者の皆さまをはじめ、たくさんお集まりいただき、ありがとうございます。短い時間ですけれども、よろしくお願いいたします。

梨田昌孝監督:梨田です。このたび10人の選手が入団しまして本当にうれしい限りであります。ご両親、ご家族の皆さん、誠におめでとうございます。1年目のドラフトではほとんどが野手ということで、2年目の去年がピッチャー中心にということで、今シーズンは非常にバランスよくピッチャーと野手、それに大砲が入ってくれまして心強く思っています。今シーズンは前半は非常に良い成績でしたけども、夏以降に勝てなかった。そういうなかで若い選手が1人でも2人でも多く出てくれて、チームを助けてくれて、この東北を元気に、そして優勝できるようにみんなで戦っていきたいと思っています。本日、長い時間になりますけども、有意義な時間にして親睦を深めていただければと思っております。本日はどうもありがとうございます。


寺岡:一言だけ。ワクワクしています!




代表質問、東北運動記者会を代表しまして幹事社の宮城テレビ放送の外賀幸一さんの質問。


──今日の晴れの舞台を迎えて、今の心境を訊かせてください。

近藤:本当にこれで楽天野球団の一員になったんだなという気持ちになってます。

岩見:今までテレビで見てたような席に自分がいることを非常にうれしく思いますし、これからプロ野球選手としてやっていくという責任と自覚を非常に感じています。

山崎:もちろん小さいころから夢であったプロ野球選手になれたことはうれしく思うし、やっとこれからスタートラインに立てたわけだから、しっかり結果を残して這い上がってやっていきたいと思います。

渡辺:楽しみな気持ちと不安な気持ち両方ありますけど、自分が1軍で活躍できるように、しっかりこれから頑張っていきたいと思います。

田中:プロ野球選手になったという実感と、これからファンの方々に愛されるような選手になりたいなと思います。

西巻:今ここに座ってみて、本当にプロ野球選手になるんだなという実感と、それとともに、しっかり自覚を持ってやっていきたいなという気持ちになっています。

寺岡:一言だけ。ワクワクしています!

井手:やっぱり、自分の場合、育成からのスタートなので、1日でも早く支配下登録されるように頑張りたいです。

松本:支配下に登録されるように、今すぐ練習したいです。(朴訥と)

中村:育成選手というかたちですが、チャンスをもらえたので、それを活かせるように頑張りたいと思います。


──ありがとうございます。今、選手の第一声をお聞きになって、立花社長、梨田監督に一言ずつ印象を伺いたいんですけれども。

立花:緊張しているんだと思いますけども。もっとリラックスして答えてください。
梨田:そうですね。こういう席ではね、多少の緊張は良いと思うんですけれども、グラウンドに出ればね、先輩後輩関係なくね、暴れまくると言いますかね、大いに自分の持っている良いところをどんどん出してほしいと思います。



近藤:マウンドに立つと闘志むき出しで相手バッターを潰すくらいの気持ち




──ぜひこの会見でも自分らしさを出して頂きたいと思いますので次の質問にまいります。ご自身の特徴、ファンの皆さんにこういう部分を見てほしいというアピールポイントありましたら、訊かせてください。


近藤:ぼくのアピールポイントは真っすぐだと思っています。ふだんは本当にぼーっとしていたり、ほのぼのした性格だと自分で思っているんですけど、マウンドに立つと闘志むき出しで相手バッターを潰すくらいの気持ちでいつも投げているので、そういうマウンド上での闘志を見ていただきたいなと思います。

岩見:ぼくのアピールポイントはバッティング、パワーなんですけど。ファンの皆さんにはもちろんそこも見てほしいんですけど、全てのプレーにおいて全力で取り組みたいと思っているので、そこをしっかり見てほしいです。

山崎:アピールポイントは三拍子揃った走攻守を、しっかりできるところをファンの皆様には見ていただきたいです。そこで...スミマセン...ちょっと緊張しています。「根性」と「全力」でプレーするところを見てもらいたいです。

渡辺:自分のアピールポイントは、堂々とマウンドでやっている姿を見てもらいたいです。これから一生懸命やるしかないと思っているので、頑張りたいです。

田中:ぼくのアピールポイントは長打力です。そして全力疾走がぼくの持ち味です。これからも応援よろしくお願いします。

西巻:自分のアピールポイントは守備力で、その守備の中でも判断力であったり、咄嗟の動きに注目していただきたいなというところと、この選ばれた中で最年少なので明るく元気よくプレーしたいなと思っています。

寺岡:ぼくのアピールポイントは「毛の生えた心臓」なので、自分よりも身体の大きい選手のインコースをズバズバ突いていければと思っています。

井手:自分はサイドスローから150を超えるストレートが一番の武器だと思っています。それを活かして相手に嫌がられるバッターになりたいと思います。(緊張していたのでしょう、投手なのにバッターと言ってしまいました)

松本:自分の持ち味は打撃なのですが、走塁・守備・打撃全てにおいてまだまだ伸びしろがあると自分で思っているので、プロに入ってからの成長ぶりをしっかり見てほしいです。

中村:ぼくは主に打撃で、勝負所での打席であったり、そういうところは少し自分では自身があって、泥臭くひたむきにやっていくので、よろしくお願いします。


田中:シーズン50発という大きな目標




──今、背番号の発表もありました。プロに入って初めてつける番号、その背番号について訊かせて頂けますでしょうか。


近藤:ぼくは12番をつけさせていただきます。12を超える勝ち星を挙げられるように、チームに少しでも貢献できるように頑張っていきたいなと思います。

岩見:13番という数字はぼくも大学時代からつけている数字で、それをつけさせていただくことに非常に感謝しています。ずっとAロッド選手が好きだということは公言しているんですけれども、負けないくらい活躍できるように頑張っていきたいと思います。

山崎:自分は34番つけさせていただくんですけど、メジャーリーガーのブライス・ハーパー選手がいますが、そういうタイプではないんですけど、アルテューベ選手みたいな選手になれるようにやっていきたいです。

渡辺:47番という数字をつけさせていただいて、どこの球団も左のピッチャーがつけているというイメージがありますし、その自覚と責任をもって頑張っていきたいと思います。

田中:自分は50番をつけさせていただきます。50番の意味はシーズン50発という大きな目標をもって、これからのシーズンを戦っていきます。

西巻:えー、今日ここで背番号発表されたんですけど、背番号知ったのはこの場に座って先ほど発表があったのが初めてだったんですけど、その番号を聞いてこれまでいろんな方々がつけてきた背番号なので、その背番号をつけるということで恥のないように、しっかり責任と自覚を持って頑張っていきたいと思っています。

寺岡:ぼくは56番をつけさせていただくことになりました。56番はぼくのイメージでは漫画の『MAJOR』の主人公・茂野吾郎がつけているイメージが強くて、その選手はぼくと同じ毛の生えた選手だなと思っているので、そのようなプレーができたらなと思っております。

井手:自分は132番なんですけど、育成なのでその三ケタから二ケタに数字を変えるという目標を持ちたいと思います。

松本:ぼくは育成からスタートなので、最初は三ケタですが、しっかり結果を残し、いずれ一ケタの番号を背負える選手になりたいなと思っています。

中村:背番号を貰えてとても素直にうれしいですが、やはり目指すところは支配下登録、二ケタ番号なので、そこを目指して頑張りたいなと思っています。


山崎:福岡県出身なのでサファテ選手の真っすぐを打ち返したい




──プロになって対戦したい選手をお願いします。

近藤:ぼくはやっぱり同じパリーグで、今年のドラフトの目玉であった清宮選手と対戦したいなと思います。

岩見:同世代の大谷投手と対戦したいとずっと思っていたんですけどメジャーに行っちゃったので。この質問必ず来るだろうなあと思って、同郷の則本さんですって言おうと思ったらまさか同じチームにならしてもらえると思っていなくて。えー、そうですね、広島の加藤(拓也)さんは去年、一昨年まで同じ部屋で過ごしていたので、ぼく自身も優勝に貢献して日本シリーズで対戦できたらいいなと思います。

山崎:福岡県出身なので、福岡ソフトバンクホークスのサファテ選手と対戦したいと思います。真っすぐ速いのであれに打ち負けないように、打ち返したいと思います。

渡辺:自分は日本ハムの渡邉諒選手と対戦したいです。山梨で高校のとき、渡邉選手(は山梨学院高)に打たれているので、今度は自分が抑えて勝ちたいです。

田中:ぼくは小さい頃から(広島のの)大瀬良大地投手が好きだったので、大瀬良大地投手と対戦したいです。

西巻:今年のクライマックスシリーズを見ていて、ソフトバンクの東浜投手と対戦したいなと思いました。

寺岡:ぼくも福岡出身なので、ソフトバンクホークスの柳田選手と対戦したいなと思います。

井手:自分も福岡出身なんですけど、小さい頃からずっとテレビとかドームで見てきたホークスの選手と勝負したいなと思っています。

松本:自分は同じチームである楽天の松井裕樹投手のスライダーを打席で体感してみたいなと思っています。

中村:ぼくはそうっすね、高校の先輩がプロ野球にいっぱいいるので、ピッチャーなら藤浪さんとかオリックスの澤田選手だったり、歳も1つ上なので、やっぱり、あの2人とは対戦したいと思っています。


井手:自分は大学の監督からずっと「ぴょん吉」と呼ばれていた




──ありがとうございました。続いての質問ですが、ファンの皆さんに呼んでほしい愛称ですとかニックネームですとか、こう呼んでほしいというのがありましたら教えてください。

近藤:世の中の近藤さんは多分全員「こんちゃん」と呼ばれているので、ぼくもずっと呼ばれてきているので、「こんちゃん」と呼んでいただけたら本当にありがたいなと思います。

岩見:人生で岩見という名前でほとんど呼ばれたことがないので。ファンの皆さまには好きに呼んでいただいて、これから先、ぼくの呼び方が定着するような素敵な呼び方をつけていただけたらなと思います。

山崎:西岡剛選手や「つよし」という名前がいるので、(語尾を)伸ばして「つよしー」がいいです。(場内笑)

渡辺:大学のときからずっと「ナベナベ」と呼ばれていたので、これからも「ナベ」と呼んでいただけたらと思います。

田中:自分は大学生のとき「耀飛(あきと)」と呼ばれていたんですけど、漢字が凄く難しいので、漢字をよく間違えられるので、自分の漢字はとても好きなので、漢字を覚えていただきたいです。

西巻:さっき近藤さんのほうで「こんちゃん」ってあったんですけど、小さい頃はよく「けんちゃん」と言われていたので、ぜひ「けんちゃん」と呼んでいただけたらなと思います。

寺岡:ぼくの下の名前は寛治というんですけど、かなり珍しい名前なのでそのまま「かんじ」と呼んでいただきたいなと思っています。

井手:自分は大学の監督からずっと「ぴょん吉」と呼ばれていて、その「ぴょん吉」がけっこう自分も気に入っているので、その呼び方でお願いしたいと思っています。

松本:自分は自分の名前である「京志郎」という名前に誇りを持っているので、「きょうしろう」や「きょうちゃん」などと呼んでもらいたいです。

中村:ぼくはもう普通に「中村」か「和希」でしか呼んでもらったことがないので、それで大丈夫です。


──すみません。井手選手、なぜ「ぴょん吉」なのでしょうか?

井手:いやあ、自分でもよくわからないんですけれど、監督から見たら自分がピョンピョンしていたらしくて、そこからずっと「ピョン吉」で、みんなが集合しているときでも自分はいつもその名前で呼ばれていますね。


松本:えっと、背中からあったかいオーラが出ていました




──梨田監督の印象を訊かせてください。

近藤:テレビで梨田監督を拝見させていただいてたんですけど、テレビで見ているそのまんまっていう。正直な感想、率直にはそうでしたね。ニコニコしている方で本当に気さくな方だなと思いました。

岩見:ぼくも似たようなことなんですけど、優しくて気さくで、本当に選手との関係をよく築いてくださるっていうイメージのままの方なんだろうなという印象を受けました。

山崎:ぼくは温厚な方で優しそうだなというイメージですけど、野球になるとどうなるのかなあという感じがします。

渡辺:とても穏やかな方だなあという印象ですし、高校・大学とそういった方ではなかったので、これからそういった監督の下でやれるのはとてもうれしく思います。

田中:ぼくも先ほどお会いさせていただいたんですけど、すごくオーラがあってビックリしました。

西巻:今まではテレビでしか見たことがなかったんですけど、先ほどお会いして、思っていたよりも大きいなと思ったのと、やはり凄いオーラを感じました。

寺岡:やっぱりテレビで見るよりも全然身体は大きいなというイメージがありまして、プロの1軍で監督さんをやる人達はそういう身体もしっかり現役時代から作り上げてきているから、こんなに身体が大きくなるんだなあと、ぼくの中で感動していました。

井手:自分も西巻君と同じになるんですけど、今日初めてお会いして、自分が想像していたよりも身体が大きい方だなと思いました。

松本:えっと、背中からあったかいオーラが出ていました(場内爆笑)

中村:えー、すごい貫禄がある人だなと思って。穏やかそうなんですけど、その微笑みの裏には何かがあるのかな?と思います。


──という10人それぞれの印象がありましたが、梨田監督お聞きになっていかがでしょうか?

梨田:大きいというのはたぶんね、お酒の飲みすぎかなと思うんですけど(笑) 胴上げをしてもらうにはちょっと身体を絞らなくちゃいけないとういことで、今その準備をしているところですので、来年の秋にはですね、かなり絞れるんじゃないかなと思っております(笑) ニコニコしていますけど、怒るときにはしっかり怒りますので、その辺りは少し注意してもらいたいですね。


田中:自分の特徴は広背筋が広いことです。広背筋を使ってTシャツを破ることが特技です




──野球以外で自慢できること、特技ありましたら、教えてください。なければ特になしでもかまいませんので。

近藤:一番最初から「なし」は申し訳ないんですけど、本当に野球以外なにもできないんで、特技もないんで、申し訳ないですけど、最初からなしということで。

岩見:すみません、2連チャンで申し訳ないですけど。特にこれといった特技はないんですけど... しいて挙げるなら小学校6年間柔道をしていたので、少しだけ、本当に少しだけ。特技とは言えるか分かりませんけど、2連チャンはダメなので言っておきます(笑)

山崎:生まれたときから野球しかしていないんで、でも、サッカーは好きなので、サッカーボールがあればリフティングぐらいはできるんですけど、ここ多分ないと思うので。サッカーは好きです。特技はありません。

渡辺:みんな無しって言ってたんで、自分はゲーム得意です。今どきですみません。

田中:自分の特徴は広背筋が広いことです。広背筋を使ってTシャツを破ることが特技です。

西巻:特技になるか分からないんですけど、ルービックキューブは小さい頃からずっといじっていたので、2分弱あれば全面そろえられます。

寺岡:特技は先ほど山崎君のほうから話あったと思うんですけど、サッカーボールのリフティングと、あとはボウリングが得意です。

井手:自分特技と言えるほどではないんですけど、ある程度の球技はできます。

松本:えっと、バク転はできないのですが、片手でロンダートができます。

中村:えー...そうっすね、ダーツがちょっと得意なぐらいです、はい。(赤面して)


山崎:ぼくは車が欲しいです。でもちょっと、免許持っていないので免許が欲しいです。(場内爆笑)




──プロになってこれからお給料をもらうと思いますが、初任給で買いたいもの、または欲しいものありましたら教えてください。

近藤:ここまで育ててくれた両親が欲しい物を1番に買うべきかなと思っています。自分自身が物欲が本当にないので、自分自身が欲しいものはこれからまた考えていこうかなと思います。

岩見:ぼくも物欲があまりなくて。両親に何かプレゼントをあげればいいかなと考えています。

山崎:ぼくは車が欲しいです。でもちょっと、免許持っていないので免許が欲しいです。(場内爆笑)

渡辺:自分も物欲がないんですけど、これからそれは活躍した上で見つけていきたいですし、給料は親戚や両親に何か買ってあげればと思っています。

田中:ぼくは小さいときから母親が育ててくれたので、お母さんが欲しいものをまず買いたいです。あと自分がとくに欲しいのはサプリメントとかプロテインが欲しいです。

西巻:自分、今も寮生活しているんですけど、シャワーとかお風呂に入るときに、シャンプーやボディソープがすぐになくなってしまうので、タメ買いしておきたいと思っています。

寺岡:ぼくもずっと小さい頃から一人親に育ててもらっているので、その一人親とは母親なんですけど、母親がお酒大好きなので、高いお酒を飲ましてあげたいなと思っています。

井手:まずは両親にプレゼント。自分ちょっと乃木坂46が好きなのでそのライブDVDを買いたいなと思っています。

松本:まず最初にお世話になった家族に恩返しという意味で欲しいものを買ってあげたいです。そして自分には、ある程度プロの生活になれたら来年発売する『モンハン』を買ってやりたいです。

中村、今は特にないので、また考えさせてもらいます。


西巻:日々切磋琢磨しあって1日でも早く上の1軍に上がれるように




──ありがとうございます。次が最後の質問になります。プロ1年目の目標を声高らかにお願いします。

近藤:まずは開幕1軍を目指して頑張っていきたいです。ローテーションに入って背番号12を超える勝利を挙げられるように頑張っていきたいと思います。

岩見:はい、まず1軍キャンプに参加すること。開幕1軍に入ること。段階的に目標を立てて最終的には新人王という部分で。そこをしっかり目標にやっていければ、それまでの目標も達成できていると思うので、1つ1つ頑張っていきたいと思います。

山崎:まずは1軍キャンプに入って1年間戦える身体を作って、怪我なく最終的にはレギュラーで出れるように、1年目から活躍できるようにやっていきたいと思います。

渡辺:開幕1軍。左のローテーションを目指すこと、頑張ってやっていきたいです。

田中:まずキャンプで身体づくりをして、そこから開幕1軍を狙い、二ケタホームランを打つことが目標です。

西巻:日々切磋琢磨しあって1日でも早く上の1軍に上がれるように、まずは毎日の練習をしっかり頑張りたいなと思います。

寺岡:有名な選手になれば、その空港とかに選手の写真が飾られていると思うんですけど、そこに飾られるくらいの選手になりたいと思っています。

井手:これからの目標は支配下登録されることと、地元のヤフオクドームでホークス相手に投げたいという目標があります。あと、今までお世話になった方々に恩返しできるようにやっていきたいです。

松本:自分のやるべきことをしっかりとやり、いずれは楽天の中心選手になれるような活躍を残せるように、1年目からしっかり身体を作り、頑張りたいです。

中村:1年目からでも支配下登録されるように、ひたむきに練習して将来は楽天の中心選手になれるように頑張りたいと思います。


──ありがとうございました。色々とお聞かせいただきました。代表質問は以上です。





...というような楽天に関するコラムを、現在は主に『まぐまぐメルマガ』『note』で発表しています。

只今、読者さん60名近く!
これをお読みの鷲ファンのあなたにも楽しんでもらえるはず!
オフだからこそ熱く語り尽くしたい楽天愛がある!!

詳しいご案内は下記になります。
あなたのご入会、お待ちしております!



20170130久米島キャンプ
鷲好きあなたの「良き伴走者」めざして
あなたが知らない、「数字」で診るイーグルスの新たな世界



イーグルスが真に優勝を狙うシーズンは2018年だ!
鷲ファンきってのデータマニア、@eagleshibakawaのタイピングが、オフシーズンもスパークする!
オフだからこそ熱く語り尽くしたい楽天の最前線!
現在、noteマガジン/まぐまぐメルマガ/直接販売の合計読者数60名迫る!
試合評を中心に、月10数本のコラムをお届け中です。
中村紀洋超え、まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングTop10入り!

こんな読者さんにオススメ!

  • 「仕事も家庭も忙しい毎日だけど、おらが東北の楽天を応援するのが、至福のひととき」という鷲ファン

  • 「データ」や「数字」を肴に野球観戦を楽しみたいキミ

  • スポーツ新聞やネットニュースに食傷気味のあなたへ


読者さんの感想、反響数々!

「鋭いデータ分析に基づく記事、興味深く拝見させて頂いております。shibakawaさんのデータ収集力には目を見張るものがあり、いつも感銘を受けています」

「仕事も家庭も忙しい毎日の中で、Shibakawa様の記事を拝読する時間が私の至福の時間となっております。各方面からの分析を駆使した記事を拝読できますことを大変楽しみにしております」

「いつも深みのあるデータ、コメントに圧倒され、『なるほど!なるほど!!』と感心させられております。柴川さんがご披露していただいたデータを元に、自分なりの冷静な視点で観戦できるので今季のイーグルスの戦いぶりも楽しみです」

ご入会のご案内など、詳しいことを下記note、下記URLにまとめましたので、ぜひ。


http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-361.html



過去の新入団選手発表会見の記事


【速報】楽天イーグルス 2014年度 新入団選手発表会見 質疑応答全文文字おこし 松井裕樹 内田靖人 濱矢廣大ら9選手喜びの声
【速報】楽天イーグルス 2015年度 新入団選手発表会見 質疑応答文字おこし 安楽智大 小野郁 福田将儀ら9選手喜びの声
【速報】楽天イーグルス 2016年度 新入団選手発表会見 質疑応答全文文字おこし



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI



関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
27位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}