FC2ブログ

雨中の敵地戦。2度の死地を潜り抜け、クマ粘投で今季6勝目~2015年8月29日ホワイトソックス戦

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1650人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!400人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

岩隈、お得意ホワイトソックス戦に中4日で登板



1勝1敗で迎えた敵地ホワイトソックス4連戦。ホワイトソックスはアリーグ中地区4位で60勝67敗、マリナーズも同東地区4位で60勝69敗。似たような成績の両軍のの第3戦目に岩隈が先発した。

ホワイトソックス戦と言えば、岩隈にとって記念すべき相手である。メジャー1年目の2012年4/20本拠地戦で敗色濃厚の6回から三番手として登板。4イニングを投げて1安打1失点でメジャーデビューを飾った。このとき対戦した敵軍打者で本戦でスタメンに名を連ねているのは7番・遊撃のアレクセイ・ラミレスだけ。人材の流動が激しいMLBにおいては当たり前だけども、月日の流れる速さを感じずにはいられない。

2012年4/20本拠地4回1失点(自責1)、6/2敵地1回無失点、
2013年4/7敵地8回3失点(自責3、勝敗つかず)、6/5本拠地8回無失点(勝敗つかず)
2014年8/8本拠地7回1失点(自責1、白星)

過去、メジャーデビュー戦を皮切りにホワイトセックス戦には5試合登板し、1勝負けなし。対戦防御率1.61。悪くはない相手だった。

前回8/24アスレチックス戦は5回途中7失点。4回までゼロを並べながら5回1イニングで7点を奪われた。その影響が心配されたが、幾度の死地を潜り抜け、6回途中2失点の準クオリティスタートをマーク。今季6勝目を飾っている。

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


HANREI3.jpg

両軍のスタメン

マリナーズ=1番・マルテ(遊)、2番・シーガー(三)、3番・クルーズ(右)、4番・カノ(二)、5番・スミス(左)、6番・トランボ(指)、7番・モリソン(一)、8番・ミラー(中)、9番・スクレ(捕)、先発・岩隈(右投)

ホワイトソックス=1番・イートン(中)、2番・サラディーノ(三)、3番・アブレイユ(指)、4番・カブレラ(左)、5番・ガルシア(右)、6番・ラローシュ(一)、7番・ラミレス(遊)、8番・サンチェス(二)、9番・フラワーズ(捕)、先発・サマージャ(右投)

序盤2イニングは上々の立ち上がり



1回表、味方打線がいきなり先取点を岩隈にプレゼントした。シーガーの20号2ラン、スミスの犠飛で3点を奪った。(SEA3-0CWS)

直後の1回裏、11球で上位3人を斬る。上々の立ち上がりになった。

1番・左打ちのイートンにいきなりのボール先行2-0。しかし、いずれもインコースを思うどおり攻めた結果で心配無用だった。5球勝負中4球で内を突いた。結果球もインハイにミットを構えたスクレの要求どおりに88マイル速球を投げ込む。詰まらせてイージーな中飛で最初のアウトを取った。続く右打ちの2番・サラディーノは3球三振。こちらも結果球は内角高め速球。こちらは89マイルの4シームで空を切らせている。3番・右のアブレイユも内角で打ち上げさせての右飛。初回3つのアウトは全て相手の懐を攻めての三者凡退投球になった。

2回裏、初安打を許したが、お得意技でゼロに抑えた。

初回に続き、先頭打者の4番・メルキー・カブレラに対しても、高め釣り球で三振を奪っている。全球数の約60%を低めに集めた昨年の投球が背景にあり、相手打者の目付は必然と低めに釘付けにされている。その中、岩隈と組んで花開いたスクレの高めリードが功を奏すかたちになった。1死後、5番・右打ちのカブレラに初安打を許した。外角狙いのスライダーが内角に入る初球失投を左前へひっぱられたが、後続にスプリッターで思惑どおりのゴロを打たせ、今季6本目の併殺打で一気にイニングを終わらせている。

2度の満塁ピンチを切り抜けた



3回表、味方が1点を追加。リードが4点に広がる。この回から厄介な雨が降り始めた。(SEA4-0CWS)

序盤2イニングは安全運転。しかし、3回以降、一変する。3、4回とピンチを招いた。いずれも2死満塁まで攻めこまれ、前回登板のこともあっただけに肝を冷やしたが、ここはコントロールアーティストの岩隈ならでは、試合の流れすらコントロールし、最少失点に留めるタフな投球で危機を切り抜けた。

特に3回裏は苦労した。1イニングで投げた球数としては本戦最多の25球を要した。表の攻撃回から降り始めた降雨の影響か、制球を乱す場面が多く、最後もヒヤッとさせられたが、野球の神様の救われている。

1死後、8番左打者に左中間へツーベースを運ばれた。続く9番・フラワーズの当たりもセンター深部。2塁走者がタッチアップで3塁に進む。打順が2周り目に突入し、1、2番に連続フォアボール。明らかなボール投球が増え、ボール先行となり、ストレートの四球とフルカウント四球を与えた。

塁上全て埋まって2死満塁、打席に3番・アブレイユを迎える。ホワイトソックスでチーム最多24本塁打。直近1週間でも29打数9安打2本の打率.310、OPS.931とバッティング好調の右打者に対し、スプリッター連投でボール先行2-1とした。そこからの第4球が甘かった。内角狙いのシンカーが真ん中に飛び込んでいく失投。アブレイユ一閃。嗚呼、逝ったか・・・と観念したが、相手の打ち損じか、岩隈の球が良く動いている証拠か、中堅後方で失速。ミラーのグラブに収まった。

翌4回裏は先頭打者から4、5、6番に3連打を浴びて1点を失った。7、8番を三振、一ゴに凡退させた後、9番打者にボール先行3-0後、3-1から四球を与えた。2死満塁で1番・左打ちイートン。初球インコース厳しい所で球審からストライクのジャッジをもらうと、2球目は落として空振り、その後、2-2からアウトローをひっかけさせて平凡な二ゴ。要所でのストライク先行が効果を発揮し、難局をまたしてもしのぐことに成功している。(SEA5-1CWS)

6回途中、107球で降板も二番手抑えて2失点



5回は2番から始まる相手の攻撃を三者凡退で退けた。15球中、実に12球が速球だった。

5-1の4点リードで迎えた6回、1死からピンチを招く。6番・左打ちのローシュにこの日4個目の四球を与えると、岩隈メジャー戦で対戦したアレクセイ・ラミレスに三遊間をしぶとく破られ2,1塁。後続を三振に取った後の2死、9番・フラワーズに外角変化球を巧打で左前に運ばれ、これがタイムリー。敵軍に2点目が入り、3点差となり、岩隈の球数が107球に達したところで、お役御免になっている。

二番手・ラスムセンが後続をゴロに取り、岩隈は6回途中2失点。マリナーズはその後、追加点を積み重ねて(追い上げられたけど)、7-6で勝利。岩隈、今季6勝目である。

20150830DATA02.jpg

岩隈、珍しい雨中ゲームで今季6勝目



5回2/3、打者27人、107球、被安打7、被本塁打0、奪三振6、与四球4、失点2、自責点2。

これで岩隈の今季成績は6勝3敗、防御率4.22になった。雨の日登板は今季初では?と思う。ちなみに昨年は1度も降雨登板はなかった。

それにしても、終盤はハラハラさせられたが、この1勝は大きい。蓄積疲労もあるのだろう。決して万全とはいえない中、粘りの投球で6勝に到達したことで、今季二桁勝利もギリギリ狙えるのでは?そんな淡い期待が高まる白星になった。

投球回を上回る被安打を許し、ゴロ率はらしくない35.3%。それでも勝利を手中にできたのは味方大量援護に加えて、一発長打を許さなかった点にありそうだ。

今季の岩隈の被本塁打率は1.41と大変高い値になってしまっている。しかし、これも相性なのか、過去5戦に投げたホワイトソックス戦で岩隈はいまだに被本塁打を許していなかった。本戦でも外野後方に運ばれた一番大きな当たりと言えるのが、3回フラワーズに中堅後方に打ち返されてミラーが背走した中飛だったように思う。柵越えはおろか、ウォーニングゾーンへの到達も阻止した。一発長打を回避できたのは、相手打者の力量もあるだろうけど、スクレの配球が良かったように感じる。【終】



20150830DATA03.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
女房役と掴んだ岩隈久志116球の快記録。日本人3度目のノーヒッターで日曜サンデーモーニング張さんアッパレ出るか?!
5点リードの5回表、岩隈を襲った記録的短時間大雨豪雨~2015年8月24日アスレチックス戦



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

ひやひやの連続で手に入れた勝利

2度の満塁のピンチをしのぐのも、その勝ち投手の権利を9回までつなぐのもひやひや。ほんとに薄氷の勝利でしたね。

まず試合の前にズレンシックGMの解任という大きな動きが。これがクマにどう影響するかはわかりませんが、チームとしては来期にいい変化を期待できるかも(オーナー意向もあり残留を前提として)。それからズニーノがマイナー降格。これは現状ではむしろいいニュースかも。ということで捕手はスクレに。これで安心して見れたし、ピンチで粘れたのもそのおかげかもしれません。

試合中もいろいろなことがありました。雨が一時強く降ったり、内野手がいなくなってキャッチャーがサードを守ったり。それがMLBデビューで、1点差のきわどい状況のなか守るとか。幸いファールフライ以外飛んできませんでしたが。

とにかく雨もあったとはいえボールがなかなか思ったところへ行かないクマを見るなんていつ以来なんでしょう。まるでダルビッシュを見ているような。

>そこからの第4球が甘かった。内角狙いのシンカーが真ん中に飛び込んでいく失投。アブレイユ一閃。嗚呼、逝ったか・・・と観念したが、相手の打ち損じか、岩隈の球が良く動いている証拠か、中堅後方で失速。ミラーのグラブに収まった。

ここですねポイントは。このシンカーが92.5マイルで本日最速。気合で勝った感じです。でもアブレイユは内角に弱点があったはずだし、結果を見れば狙い通りの外野フライで、ここはそんなに打った瞬間「観念」はしませんでした。

相手先発のサマージャは8月5連敗ということで期待はしてましたが、期待通りに5点とってもらっていました。まあ3-4点とられそうな出来で、6回投げれなかったとはいえ2失点で収まったのでまあ勝ち星は余裕かなと思いました。その後5点差になり、解説も、ケンシングを3イニング投げさせればセーブつくんじゃないかなどと完全に油断していた8回、ピンチをつくり急遽肩を作ったウィルヘルムセンに交代。ところが連打であれよあれよという間に1点差に。最後は事なきを得ましたが。

>今季二桁勝利もギリギリ狙えるのでは?そんな淡い期待が高まる白星になった。

次はOAKの予定なので、ぜひ今回つかんだ「開き直り」(本人談)で、前回のリベンジを果たしてもらいたいところ。その後も同地区の対戦が中心で、相性のいいTEX,LAAにも当たる予定なので、順調に勝ち星稼いでぜひ10勝してほしいですね。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}