FC2ブログ

【記録】 楽天イーグルス投手陣 2010年 イニング先頭打者被打率 被出塁率

スポンサーリンク

僕が先発投手を評価する際に最も重要視しているのが、クオリティスタート(6イニング以上投げて自責点3点以内)とイニング先頭打者との対戦成績である。

投手にとって最も抑えなければならないシチュエーションはピンチの場面だ。得点圏で一打出るとかなりの確率で失点につながってしまう。その意味で言えば、通常よりも得点圏で被打率が低かった楽天・田中投手や、走者は出すけどのらりくらりで結果的に抑えていたロッテのマーフィー投手のようなタイプが最も評価に値するのかもしれない。

しかし、大概の投手はそのような芸当はなかなかできるもんではない。そのため、ピンチの萌芽となるイニングの先頭打者を打ち取ることが最も大切になってくるのだ。

ここで、2004年から2010年までの得点期待値を確認してみると(SMRベースボールLabより引用)、

無死1塁.851、1死1塁.523、2死1塁.226
無死2塁1.075、1死2塁.711、2死2塁.333
無死3塁1.392、1死3塁.953、2死3塁.383


となっており、イニング先頭打者の出塁が、1死または2死からの出塁と比較して、相手の得点(味方の失点)に繋がるケースがきわめて高いことを示している。

さて、楽天のイニング別先頭打者対戦成績を確認してみたい。

下記に2007年、2009年、2010年のチーム成績をまとめてみた。
(2008年が抜けているのは手許にデータが無いためです。調べる気力もなく...)

■楽天 年度別 イニング先頭打者被打率 被出塁率 与四死球割合
20110113DATA4.jpg

これをみるとこの3シーズンの中で防御率は最も良い値を記録した2010年だったが、被打率は一番悪かったのが確認できる。ということは、イニング先頭打者被打率の改善が実現できれば、2011年は防御率もさらに良くなる可能性がありそうだ。

次に投手ごとに見ていこう。

■楽天 2010年 投手別 イニング先頭打者被打率 被出塁率 与四死球割合
20110113DATA1.jpg
20110113DATA2.jpg

岩隈、田中、永井の先発三本柱。3人ともシーズン被打率よりイニング先頭打者被打率のほうが悪い数値が出ている。

しかし、岩隈は昨年.300だったのを.254まで改善することに成功、これが3.25から2.82の防御率改善に大きく貢献したのは想像に難くない。

田中は繰り返しになるが先頭打者に出塁を許す頻度は高いもののピンチでその強さを発揮していた。永井は防御率が3.42から3.74へ、勝敗数も13勝7敗から10勝10敗へとそれぞれ悪化したが、イニング先頭打者被打率も.194から.269へと悪化していた。逆に言えば2009年は先頭打者の抑え込みに成功していたのが永井躍進の要因になったと言えそうだ。

シーズン被打率よりもイニング先頭打者被打率のほうが良く、成績全般と比較すれば値も.252とそれなりに良かったのでは?と言えそうなのがラズナーだ。被打率、被出塁率ともに岩隈とほぼ同値である。せっかくの先頭バッターを討ち取ったのに、その良い流れを自分のものにできていなかったのでは?と推測できる。

スリーマウンテンズはどうだったか?

先頭打者を圧倒していたのが小山だ。被打率.235。被OPSでも.598と低い値だった。2009年も被打率は.240をマーク。小山を起用する際にはできれば回のアタマから登板させたほうがベターだと言える。そして複数年にわたって高い奪三振率。ここ2,3年同様の働きができるならば、また、モリーヨのメドが立たないのであれば、小山こそ抑えに最も適役と言えるかもしれない。

シーズン被打率ではそれぞれ.205、.241と優れた数字を残しながらも回の先頭打者相手には.315、.306と意外にも打ちこまれていたのが片山と青山。片山に至っては被OPSでは9割に届こうかという悪いもので、無死走者無しの先頭打者相手には分が相当悪かったのが確認できる。青山も被打率3割を越えてしまったが、四死球での出塁は1回も許していないのが救いだった。そのため、被出塁率ベースでみると、岩隈や小山とほぼ同値だった。

ところで、四球は投手の失策とよく言われるが、果たしてそうだろうか? 先頭打者への四球だとすると良くも悪くも走者1塁である。ところが、四球以外(安打や凡打、三振)だと、三振か凡打で走者無しかもしれないし、本塁打で走者無しかもしれない。走者3塁の可能性もある。考えようによっては、四球よりリスクがあると言えやしないか?  もっともこのような冷静な状況判断ができる投手は、そもそも先頭打者相手に四球を出しかねないような悪状況にはならないと言える。動揺している、調子が悪い、そんなピッチャーが四球を出すと思うので、一概には言えないかもしれない。そんなことをふと思った。

話を戻して。片山と青山は今季先発転向の報道もされている。彼らが先発として勝負をかけるなら、やはり、回のアタマの打者はきっちり討ち取っていかなければならない。イニング先頭打者被打率の改善を求めたい。

さて、ここからは良い数値の投手のみ見ていきたい。

まずは木谷。回の先頭打者11人と対戦してヒットを打たれたのは僅かに1本。被打率.091だった。ところが与四死球が4あったため、被出塁率だと.333の悪結果になってしまった。木谷と言えば、昨年2軍では防御率3.75ながらも9勝4敗とファームでの勝ち頭だった。ファームでの与四球率2.04(9イニングあたり2.04個)と制球も良さそうに見える。1軍の被打率も.182と健闘をみせていた。もう少し使ってあげていたらどうなっていたか?と思う投手の1人だ。

次に辛島だ。3月4月は目覚ましい好投をみせた若武者も疲労がピークに達した5月に立て続けに打たれ、終わってみると防御率4.97、シーズン被打率は.288だった。ところが、回のアタマの打者相手には被打率.077と好投した。13人と対戦して出塁を許したのは僅かに1度。この点はきっちり評価してあげたいと思う。

最後に、モリーヨ。シーズン被打率も.136ときわめて優秀だったが、イニング先頭打者被打率は.000だった。5打数0安打2三振と抑えていた。やはり、球威はあると言えそうだ。課題の制球難が克服されれば、大きく化けるかもしれない。

■対戦チーム別 イニング先頭打者被打率 被出塁率 被OPS


対戦チーム別にみると、イニング先頭打者との対戦成績が悪いチームには負け越しで終えているところが多いと言えそうだ。特に大きく負け越したソフトバンク(7勝16敗)と西武(8勝15敗)の上記数値、誠にかんばしくない。一方、それなりに渡り合った日本ハム(12勝12敗)とロッテ(13勝11敗)の数値はそれなりに良い数値になっている。

対ソフトバンク戦、川崎、本多を抑えられるか?どうか?

上記表で特に気になってしまうのがソフトバンク戦である。内野安打12本、打たれたニ塁打13本の多さが目につく。内野安打はそのうち8本を川崎、本多に決められてしまった。その8本のうち4本がバント安打だった。ニ塁打も約半分の6本が川崎、本多によるものだった。川崎と本多は楽天戦での盗塁も多い。今季ソフトバンク相手にやり返すのであれば、楽天投手陣はこの両人をなんとかして抑えてないといけない。

ごくごく当たり前なことで、基本的なことかもしれないが、やはり、回の先頭打者の出塁は失点に繋がるリスクが高く、ひいては負け試合にも繋がってしまう、そんな密接な関係を改めて確認した次第。

最後に、楽天だけのデータでは片手落ちな感も否めない。パリーグ防御率ランキングに入る主要投手のイニング先頭打者被打率も機会があれば調べてみたいと思う。

((参照))【記録】 楽天イーグルス投手陣 2009年 vsイニング先頭打者投球成績!
http://plaza.rakuten.co.jp/52waka/diary/201003080000/


---------------------------------------------
ブログ村に参加しています。読んだよ!の合図がわりにポチッと御協力宜しくお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらは1位になったり2位になったりです。宜しくお願い致します( _ _)人
人気ブログランキングへ


おかげ様でブログラムでも良い位置につけています。
blogram投票ボタン



SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ





関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}