FC2ブログ

【試合評】 連敗脱出・最下位回避を決めた夏の陣~2015年8月1日○楽天イーグルス5-3オリックス

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1650人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!400人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

菊池が必死の粘投。数少ない好機をモノにして連敗脱出



負ければ連敗が7に伸び、最下位転落。前日のオーナー現場介入報道で激震走る瀬戸際の楽天イーグルス。窮地を救ったのは、先発・菊池保則のタフなゲームメイクだった。

立ちはだかる相手は西勇輝。6/23郡山で則本との投げ合いを制した西は、今季楽天戦3試合で防御率2.21。本拠地京セラドームのマウンドでは1.06を記録する強敵だった。

その難敵相手に先発・菊池保則が粘投の投手戦で応戦する。7回2失点のハイクオリティスタートでチームに勝利の可能性をもたらした。

序盤2回を三者凡退投球で立ち上がった菊池だったが、3回以降は苦戦した。7回まで毎回先頭打者に出塁を許し、スコアリングポジションに進出されるピンチの連続。何度も攻め寄せてきた猛牛打線をその都度、必死の投法で撃退。楽天先発陣で7試合ぶりのQS、9試合ぶりのHQSをマークした。

菊池を援護したい楽天打線は、数少ないチャンスをモノにした。7回まで投げた西の前に序盤3回、5回、7回と合計5イニング三者凡退に倒れたが、突破口を切り開いた4回と5回に1得点。合計2点を奪った。

試合は7回を終えて2-2の同点、本戦も決着は終盤に持ち越された。

次なる1点を取ったのはイーグルス。8回表、楽天は二番手・塚原を攻略した。2死からペーニャが勝ち越し打、伊志嶺も続いてトドメの2点適時打。一挙3点を取る。その裏、青山がT-岡田の適時打で1点を失ったが、9回はクルーズが走者を2人背負いながらも、昨日のサヨナラ打者・安達を5-4-3の併殺打に取り、ゲームセット。楽天が連敗を6で止める試合になった。

これでチーム成績は5位、92試合40勝49敗3分、借金9。ゲーム差は1位・ソフトバンクと19.0、2位・日本ハムと11.53位・ロッテと4.0、4位・西武と3.0、6位・オリックスと2.0とした。

各種戦績は、後半戦4勝6敗、オリックス戦5勝8敗2分(敵地3勝4敗)、ビジター22勝25敗、先制した試合27勝19敗、7回終了時に同点の試合5勝7敗2分、楽天先発QS試合30勝20敗2分の推移になった。

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150801DATA02.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

楽天=1番・聖澤(中)、2番・阿部(遊)、3番・松井稼(指)、4番・ペーニャ(一)、5番・伊志嶺(左)、6番・後藤(二)、7番・藤田(三)、8番・嶋(捕)、9番・森山(右)、先発・菊池(右投)

オリックス=1番・ヘルマン(三)、2番・安達(遊)、3番・糸井(指)、4番・中島(一)、5番・T-岡田(左)、6番・宮崎(右)、7番・岩崎(二)、8番・伊藤(捕)、9番・駿太(中)、先発・西(右投)

阿部俊人、西から盗んだ!! 価値大の二盗劇



6連敗中の楽天は5試合で先制点を奪われ、試合の主導権を先に握ることに失敗し、負けていた。

そのことを考えると、本戦4回表の先制劇は評価したい。直後に2点取られてひっくり返されたが、もしここで1点先制がなければ0-2。中盤以降2点を追う展開を余儀なくされたことを考えると、1点先制したことで1点差で5回以降を迎えることができた意味は大きかった。

阿部が、先制点の立役者を演じた。

ここ最近の阿部と言えば、7/29盛岡でのソフトバンク戦では手痛い2つの走塁ミスが印象に残る。前夜オリックス戦でも10回無死2,1塁、首脳陣にバントが下手と見なされ、代打を送られていた。しかし、西から今季4打数3安打。その相性を買われて2番・遊撃でスタメン出場していた本戦で「打」と「走」でアピールした。

先頭・聖澤凡退の1死後、西の外角速球を逆方向へ打ち返した。三塁線を破る左翼安で1塁に出塁する。1打席目と3打席目は凡退したが、西相手に3打数1安打。今季の通算対戦成績を7打数4安打にした。

直後、松井稼の打席で二盗にも成功した。この二盗が大きくモノを言った。

西は例年走者に盗塁企図をなかなか許さないことで有名な投手である。聖澤が西からまだ1度も盗塁企図したことがないことは当ブログやTwitterで何度か紹介してきた。その西の走者ケア技術は今季も発揮されており、ここまで92.1回を投げて許した企図は僅かに5個。相手の盗塁成功数は6/7中日戦での平田良介のたったの1度だけ。リーグ戦ではまだ1度も盗塁を許していないのだった。

その西から変化球投球時に見事、二塁を陥れた。伊藤の送球も正確性を欠いたことで悠々のセーフ。阿部は今季、西から初盗塁を決めたリーグで最初の走者になり、阿部の盗塁成績は成功6、失敗4、盗塁成功率54.5%になった。

■オリックス 西勇輝の2015年 許盗塁企図記録
※本戦終了時データ


先制打の松井稼、通算175回・歴代5位タイの猛打賞



盗塁で得点圏を奪った阿部をホームに呼び込んだのは、前日2本のタイムリーを放った松井稼のバットだった。

フルカウント勝負を制した。打ち返した球は低めチェンジアップ。1,2塁間の真中をゴロで射抜いた。阿部が3塁を蹴ってホームを狙う。外野からのバックホームが逸れたことも相まって、阿部が一足先に生還。イーグルスが6試合ぶりの先制点を挙げた。(楽1-0オ)

前日ナイター翌日デーゲームの「ナイトデー」での本戦。背番号7は首脳陣から蓄積疲労を考慮されて今季3試合目のDHで出場していた。1打席目こそ捕飛に倒れたが、4回の第2打席では先制打。すると6回、8回にはその後の得点劇に絡むチャンス拡大のヒットを放ち、今季5度目の猛打賞。通算では175回目、立浪和義と並ぶ歴代5位タイを記録した。

1点を追いかけた6回表は2死1塁、1塁走者・聖澤との間でエンドランを成功させた。1-2と追い込まれていたが、外角低め140キロに好反応でくらいつき、打球はセンターの左前へ。スタートを切っていた聖澤は楽々3塁を陥れて3,1塁。松井稼の一打で三進した聖澤は直後ペーニャの同点打でホームインしている。

この回1死で聖澤が内野安打で出塁。聖澤を1塁に置いた阿部、松井稼の打席時でオリックスバッテリーは10球を投げたが、1塁の聖澤の足を警戒し、全てアウトコース狙いの配球だった。恐らく背番号7の頭にはこのことがインプットされていたのだろう。だからこそ外角低めの難しい球にもくらいついてヒットにすることができた。

2-2の同点8回は2死2塁で三遊間突破、左前コースの打球を放つ。惜しくもショート安達の横っ飛びで外野到達を阻止されたが、猛打賞達成の内野安打は直後に発生したペーニャ、伊志嶺の連続適時打の呼び水になった。

京セラドームに強いペーニャ、2本のタイムリー



6回の同点劇、8回の勝ち越し劇、いずれも松井稼がつないで広げたチャンスを、適時打というかたちで仕事をしたのが、7/4日本ハム戦以来18試合ぶりに4番の椅子に座ったペーニャだった。

実はペーニャ。京セラドームとの相性が良い。ペーニャのNPB通算OPSは.807だが、京セラドームに限って言えば、それを約5分も上まわる.853。1年目は驚異の1.663を叩き出すと、オリックス移籍の2014年は球場別最多9本のホームランを記録。今季も打撃不振に悩みながらも達成した第1号は4/28この球場でマエストリから打って5階席に叩き入れた左本だった。

■ペーニャの京セラドーム打撃成績
※本戦終了時データ


大前一樹アナの談話によると、ペーニャいわく、球が良く見えるのだという。

この日も球が見えていたのだろう。1打席目こそ三飛に凡退したが、4回の第2打席では三直。飛んだコースがヘルマンの正面でヘルマンにガッチリ好処理されてしまったが、痛烈な一撃だった。

6回は2死3,1塁で西の140キロを捉えた。初球の高め釣り球ストレート。伊藤が構えたミットより低いゾーン、ストライクの枠内に入ってきた失投をセカンドオーバー、右前へ運ぶ同点打になった。

8回は2死3,1塁で塚原の145キロを打ち砕いた。これも初球。外角ボールゾーンにはずす狙いの投球が高めに上ずったところを一閃。背走するライトの頭上を越えてウォーニングゾーン内に着弾する勝ち越しのタイムリー二塁打になった。この後、2塁のペーニャは伊志嶺の適時打で生還。5点目のホームを踏んでいる。

今季はオーナーの現場介入で複数安打の翌日にスタメンを外されたり、煮え切らない起用の影響もあって、なかなか本来のパフォーマンスを発揮できずにいるペーニャ。それでも現在、昨年と同程度のOPS.824を記録している。起用法への不安感を取り除いてあげて、しっかり使い続ければ実績十分の助っ人打者である。それ相応の結果は残してくれる。

三木谷オーナーにお願いしたいのは、出してみたり、ひっこめたりではなく、しっかり出し続けて欲しいということだ。恐らくオーナーは三振がお嫌いなのかもしれない。しかし、今季の打席に占める三振の割合、三振率22.7%は昨年の21.7%とほぼ同じである。この程度の三振は織り込み済みにして頂き、目先の利益ばかりを追わず、忍耐強く使い続けて貰いたい。

20150801DATA04.jpg

好投西に球数を投げさせたイヌワシ打線



7回、打者26人、球数120、被安打5、被本塁打0、奪三振3、与四死球0、失点2、自責点2。

序盤3回をシャットアウトされた時にはどうなることかと幸先が思いやられた。球史に残る快記録か、それとも完封・完投か。打順が1まわりしても良い当たりの凡打は伊志嶺の右飛ぐらいしか見当たらなかった。その右飛も失投ではなく低め誘い球を上手く反応しての凡退。コントロールが素晴らしかった。伊藤が構えたミットにそのまま吸い込まれていく数多くの球数群。絶妙のコースの出し入れと変化球の約60%を低めに集めるピッチングで、開始早々、胃が痛くなった。

しかし、その西に7回でマウンドを降りて頂くことになったのは、球数の多さ。楽天打線がしっかり球の見きわめ作業を実施していたからである。打者26人中、西に6球以上を投げさせたのは実に10人に及んだ。その10人中ヒットは僅かに1本、残り9人はアウトに討ち取られていたが、彼らが際どい投球を見きわめ、追い込まれてからは粘るなど(2ストライク以降ファウル数は実に16球)、くらいついたからこその結果である。

キレキレだったチェンジアップ。楽天打者がバットを振りにいった17球中、実に10球で空振りを喫していた。攻略するのが難しかった西の看板球を、松井稼、聖澤がヒットにした。この2本が大きかった。

松井稼は4回の先制打の結果球がチェンジアップだった。ローボールヒッターよろしく、しっかり捉えて1,2塁間を破った。聖澤は1点を追う6回1死、同点劇の口火を切る投安がチェンジアップ撃ちだった。バットの先ながらもくらいついた打撃がライナーとなって西のグラブを弾き、内野安打に。その後、ペーニャの適時打で同点のホームを踏んだ。

20150801DATA03.jpg

菊池保則、今季2度目のHQSで4勝目



7回、打者29人、球数100、被安打7、被本塁打0、奪三振3、与四球2、失点2、自責点2。

マウンド上でラッシャー板前のような表情をした菊池が、良く粘った。粘りに粘った。

今季の菊池は走者を得点圏に背負ってからが真骨頂である。得点圏被打率はここまで58打数8安打の.138。本戦もその流れを汲んで15打数3安打の.200と相手の猛攻をよくしのいだ。

3回以降はハラハラのし通しだったが、中でも肝を冷やしたのは6回と7回だった。

同点の6回は糸井安打、中島四球で無死2,1塁。しかし、T-岡田を左飛、宮崎を遊ゴ併に取って危機を切り抜けた。

同じく同点で迎えた7回は先頭・岩崎が三塁後方の左翼ポテンヒットで出塁。1塁を大きく回った所で、外野から2塁に返球。岩崎が1,2塁間に挟まれるかたちになった。必死に1塁に帰塁する岩崎をセカンド後藤が誰もいない1塁に悪送球。これで一気に無死2塁、続く伊藤にも中前へ弾き返され、無死3,1塁。絶対絶命のピンチを迎えていた。しかし、ここから駿太をかなり浅い右飛、ヘルマンを二ゴ、安達を空三振に仕留めて踏ん張った。

菊池が今季積極的に投げるようになったフォーク。本戦ではこのフォークで空振りを奪う一方、失投も多くてヒットを5本浴びていた。しかし、ここ一番という要所でのフォークが冴えた。6回無死2,1塁T-岡田の左飛、7回1死3,1塁ヘルマンの二ゴ、同2死2,1塁安達の空三振。いずれも同点の場面、3者をアウトに取った結果球は低めに投げ切ったフォークだった。

調子が悪いので使わないという選択肢ではなく、試合中に修正して使える球にした点に、菊池の成長を感じた。【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 意気消沈。今シーズン最大の過酷でタフな1日~2015年7月31日●楽天イーグルス3-4xオリックス
2015年後半戦。楽天ファン27名が期待する野手ベスト3
2015年後半戦。楽天ファン27名が期待する楽天投手ベスト3



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
35位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}