FC2ブログ

【試合評】 意気消沈。今シーズン最大の過酷でタフな1日~2015年7月31日●楽天イーグルス3-4xオリックス

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1650人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!400人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

激震走る三木谷オーナーの現場介入報道



7月最後の1日は、多くの楽天ファンにとって、今年最大の過酷でタフな1日になった。

始まりは、複数紙が報じた三木谷浩史オーナーの過度な現場介入報道だ。

前日あった田代コーチの退団事件。チームの打撃不振の責任を取り1軍打撃コーチの職を辞任、2軍への配置転換の慰留を固辞し、チームを去ることになったとされているが、その背景にはオーナーへの不満が爆発したことにあったと指摘している。


◎楽天・田代打撃C辞任…オーナーの現場介入に「やっていられない」(サンケイスポーツ)

◎楽天三木谷オーナー過度な介入に現場混乱/記者の目(日刊スポーツ)


まさか現実だったとは・・・

この2報道の約1カ月前、6月下旬に発売された週刊文春報道では、「オーナーが先発を決めているというのは選手の間でも公然の事実。もちろん嶋も自分の起用も含めそのことは知っているので、チームに対する気持ちは完全に離れてしまっているようです。オフの移籍は濃厚でしょう」(前出・遊軍記者)と書かれていたと言う。

この件は読者のゴールドクラブさんに教えてもらったのだが、当時は話半分に受け止めていた。というのは、三木谷オーナーの現場介入は今季に限らずここまで何度もあったとはいえ、時価総額約1兆7000億円のグループ企業を束ねる総帥が、多忙な身の中、組織の末端でしかない楽天イーグルスの先発ローテーションやスタメンまでに事細かく口を挟むヒマはあるわけないだろうと思っていたからだ。

しかし、週刊文春に続き、サンケイスポーツ、日刊スポーツと複数紙が報じている。“飛ばし”ではなくガチということなのだろう。世界をまたにかける大企業のワンマンオーナーでありながら、三木谷氏も日本男児だった。連合艦隊司令長官、オーケストラの指揮者、プロ野球監督。男が1度は体験してみたい職業ベスト3だと良く言われるが、そのプロ野球監督ごっこを、今季まさに品川シーサイドの高層にある代表取締役会長兼社長室でしていたということなのだろう。(そのために、イエスマンの大久保当時2軍監督を1軍監督に据えた??)

田代コーチの辞任劇は、表面上は自ら責任を取ったとされているが、真相はオーナー・フロントサイドに詰め腹を切らされ、2軍配置転換の人事異動を告げられた所、田代コーチの中でここまでの鬱屈が爆発、ホトホト愛想が尽きて、ならば退団という流れになったと思われる。

それにしても、今季の低迷は負傷者続出、外国人勢の不振。主な原因はこの2つだと思っていたが、第3の原因もかなり大きかったとは・・・。これでチームスローガーンに「一致団結」だなんて悲劇を通り越して喜劇である。チームがまとまるはずがない中、本戦終了時で借金10で済んでいるのは僥倖。得失点差から算出されるピタゴラス勝率では、借金17でとっくの前に最下位に沈んでいても、なんら不思議はないからだ。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150731DATA04.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

楽天=1番・西田(遊)、2番・森山(中)、3番・松井稼(右)、4番・サンチェス(一)、5番・後藤(二)、6番・ペーニャ(指)、7番・藤田(三)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(左)、先発・レイ(右投)

オリックス=1番・ヘルマン(三)、2番・安達(遊)、3番・糸井(指)、4番・中島(一)、5番・T-岡田(左)、6番・宮崎(右)、7番・岩崎(二)、8番・駿太(中)、9番・山崎勝(捕)、先発・松葉(左投)

決めなければならなかった10回表の好機。福山3登板連続失点



試合前、スタメンを確認してびっくり。1番・西田、2番・森山。聖澤は9番で左翼出場。これも三木谷オーナーにお伺いを立てて決めた打順なのか... 試合開始前からゲンナリさせられた。

敵地オリックス3連戦の初戦になったゲームのほうも、タフな試合展開になった。

今季3番目に長い4時間49分を戦った。今日も相手に先制を許した。先発レイが序盤2回までに3点を先制される苦しい展開の中、楽天はチャンスを作り、しぶとく1点ずつ返していく。3回には松井稼の適時打、6回にはペーニャの10号ソロ、7回には継投作戦に入っていたオリックス救援陣から松井稼が2本目のタイムリーで同点に追い付き、今季15度目の延長戦に突入した。

10回表、イーグルスは絶好の勝ち越し機を迎えていた。先頭・後藤の中安、ペーニャ四球で作った無死2,1塁、代打・山崎のバントで1死3,2塁。嶋が敬遠されて1死満塁。打席に聖澤、西田を迎えたシーン。マウンド上の前田はアップアップの状態。決めるならココだった。聖澤のカウントは3-1。格好のバッティングカウント。お膳立ては整った。しかし、5球目・逆球インハイ速球でファウルを打たされ、2-2からの6球目。高めに入った速球に合わず、空三振。2死満塁で西田は変化球攻めに遭い、外角低め誘い球に合てるのが精一杯の打撃でイージーな右飛に倒れてしまった。

均衡が破られたのは11回裏のこと。福山が先頭・伊藤のストレートのフォアボール。際どい投球を看破された。バントで送られ1死2塁、2番・安達。内内内と3球インコースを速球で攻めて1-2と追い込んだ後、4球も不用意に選択した速球。今度は一転アウトコース狙いだったが、これを右中間に打ち返された。恐らく通常守備ならぎりぎり守備範囲か?!と思われた飛球が、前進守備を敷く外野の頭上を越えるサヨナラ二塁打になり、3-4xで敗戦。藤田の1軍復帰を白星で飾ることができず、イーグルスの連敗は止まらず6に伸びている。

福山はこれで3登板連続の失点。福山に限らず、松井裕やクルーズ、青山。救援陣にも出塁を許すケースが増えており、疲労の色は隠せない。9、10回の2イニングを投げ、いずれもピンチをしのいだ松井裕はこの日51球を投じた。これで2戦、3戦、背番号1を登板させることはできない。

チーム成績は5位、91試合39勝49敗3分、借金は今季最多の10に。ゲーム差は1位・ソフトバンクと19.0、2位・日本ハムと11.5、3位・ロッテと5.0、4位・西武と4.0、6位・オリックスと遂に1.0になってしまった。

各種戦績は、7月6勝13敗1分、後半戦3勝6敗、オリックス戦4勝8敗2分、ビジター21勝25敗、相手先発左投手7勝14敗1分、カード初戦16勝18敗1分、延長戦5勝7敗3分、1点差14勝12敗の推移としている。

20150731DATA05.jpg

本調子とは程遠かったレイ



5回、打者25人、球数90、被安打9、被本塁打1、奪三振4、与四球2、失点3、自責点3。

塩見、辛島が登録抹消され、苦しさ募る後半戦の先発台所事情。その救世主を担って欲しいと期待していたレイは1軍では6/13中日戦以来、1カ月半ぶりの先発登板になったが、本調子ではなかった。

序盤2回までに浴びた中島の左越二、岩崎の右本、山崎勝の左越二、アウトにはなったが良い感じで打ち返されたヘルマンの左飛など、いずれも球がストライクゾーンの真中近辺に入る、レイらしからぬコントロール不足の失投だった。

開幕から連勝記録を続けていたレイは嶋が要求するコースに精密機械のようにきっちり投げ分けていたのが印象的だった。しかし、本戦では立ち上がりから逆球も多く目立っていた。

速球系は被打率.333。もっと酷かったのはスライダーで全く機能せず、5打数4安打と多くのヒットを浴びた。

ゴロ率も低かった。ここまでは56.5%だったが、本戦では44.4%。
3球目以内に追い込むこともままならず、レイに関しても予断を許すことができない。【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
2015年後半戦。楽天ファン27名が期待する野手ベスト3
2015年後半戦。楽天ファン27名が期待する楽天投手ベスト3
【試合評】 投打噛み合わずに地方球場で9連敗~2015年7月29日●楽天イーグルス2-9ソフトバンク



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

昨日のコメント欄で、shibakawaさんが「インタビューで個人批判をしていたら内部崩壊していただろう」とおっしゃいましたが、なんと早速今朝の河北にこんな記事が…
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201508/20150801_14030.html
11回のサンチェスのゲッツーは、サードの好守備にあったもので決して悪くはなかったはずです。それよりも責めるべきは10回1アウト満塁で凡退した聖澤、西田のはずです。そこを責めずにサンチェスを個人攻撃するとは人格を疑います… やはり、朝の報道で自分が操り人形だとバレてしまい、相当虫の居所が悪かったのでしょう。人間、ピンチの時に本性が出ると言われますが、まさにデーブの本当の人格が出ている発言ではないでしょうか。
サンチェスも良くないとは思いますが、開幕から彼の集中力を削ぐようなことをしたのは誰でしょうか。これを口実に、サンチェスの代わりにムリーロを起用して、ますますサンチェスだけを今年の戦犯にするつもりじゃないかと本当に心配です。
ま、どれもこれも三木谷の指示かもしれませんけど(笑)

Re: タイトルなし

福島犬鷲さん

ありゃま。デーブも遂に最後の一線を越えてしまったのかなあ。そこしか取り柄がなかったのになあ。

仰るとおり、あれは縞田と2塁ベースカバーに入った岩崎ののファインプレーによる併殺劇でしょう。私も10回の聖澤、西田のところだと思います。

今季はサンチェス、ペーニャの起用法が本当に???ですよね。開幕早々サンチェスを下げたのは唖然としましたし、ペーニャも打席に立たせておけば、三振もするけど怪力を見せることもあったでしょう。実は三振率は昨年とあまり変わらないんですよ。

これで歯止めが完全にかからなくなり、一気に空中分解、最下位街道まっしぐら...という可能性も出てきました。


> 昨日のコメント欄で、shibakawaさんが「インタビューで個人批判をしていたら内部崩壊していただろう」とおっしゃいましたが、なんと早速今朝の河北にこんな記事が…
> http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201508/20150801_14030.html
> 11回のサンチェスのゲッツーは、サードの好守備にあったもので決して悪くはなかったはずです。それよりも責めるべきは10回1アウト満塁で凡退した聖澤、西田のはずです。そこを責めずにサンチェスを個人攻撃するとは人格を疑います… やはり、朝の報道で自分が操り人形だとバレてしまい、相当虫の居所が悪かったのでしょう。人間、ピンチの時に本性が出ると言われますが、まさにデーブの本当の人格が出ている発言ではないでしょうか。
> サンチェスも良くないとは思いますが、開幕から彼の集中力を削ぐようなことをしたのは誰でしょうか。これを口実に、サンチェスの代わりにムリーロを起用して、ますますサンチェスだけを今年の戦犯にするつもりじゃないかと本当に心配です。
> ま、どれもこれも三木谷の指示かもしれませんけど(笑)

スージー鈴木さんのブログは必見。

え~、まずは週刊文春の6月の鷲田さんの記事を紹介したことがまさかこんなことになるなんて…、と思っています。

IT企業、ベンチャー企業のオーナーがやることではない。
ソフトバンク孫オーナー、DeNA南場オーナーだってやらないぞ!

先月もヴィッセル神戸の本拠地の芝が悪いから移転する、という記事を呼んだ。良くも悪くもワンマンだなぁと思った。(どこに移転するつもりだろう?15000人以上の収容人員、証明設備、クラブハウス、天然芝、アクセス等Jリーグの本拠地移転は簡単ではない。単なる脅しか?Jチームがない奈良か滋賀に移転するのなら話は分かるが…。)

広尾さんのブログをshibakawaさんツイッターから読むと、本日15時に新たな記事が。
スージー鈴木さんのブログの新記事を紹介していたのだ。

私はスージー鈴木さんのブログも見るので読んだのだが、「20150801/楽天・三木谷オーナーと2013年日本シリーズの田中将大。」
読んで驚いた。
なるほど、そういう見方もあるのか、と。

思い出したのが、6月にBS朝日で「ザ・インタビュー」という番組だ。6/7に見たのだが、星野仙一氏に嶌信彦氏がインタビューするもので(録画していないので、おぼろげな記憶で書かせてください)、日本シリーズで田中を第7戦9回に投げさせた真相を嶌氏が尋ねると、星野氏は従来の「田中が行きますと言ったから行かせた、田中で優勝したんだから最後は田中に任せた」等の言葉を繰り返していたのである。(某画像サイトにあればいいのですが…)

なお、地元ですが築55年の老朽化で室内練習場もクラブハウスもない旧宮城球場を楽天に全面改修してもらった借りがあるため、あまり三木谷オーナーを猛烈批判する声は今のところ少ない。
というか、オーナーは仙台にめったにいない。仙台には立花球団社長がいるので、三木谷オーナーの悪口を立花社長に言ってもお門違いだと言うことを。

来週あたり、田代コーチに直撃取材する雑誌があるだろうか。
文春は勿論、フライデー、フラッシュなど。
河北新報での山崎武司さん、朝日新聞東北版の楽天担当記者の記事を注視したい。

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}