FC2ブログ

【試合評】 デーブ楽天、完全梅雨入り宣言の4連敗。5位転落へ~2015年6月28日●楽天イーグルス3-7ソフトバンク

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1600人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!360人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

楽天イーグルス、完全梅雨入り宣言



26日に48年ぶりの遅さで梅雨入りした東北南部。時を同じくしてパリーグのペナントレースでもイーグルスが梅雨入りしている。

ホークスが九州から活発な梅雨前線を仙台に運んできたようで、梅雨入りの26日から始まった3ゲームシリーズは、第2戦の試合前雨天中止を挟んでイーグルスの2連敗。この2戦、楽天投手陣はいずれも二桁安打を打たれ、4点差の点差で1-5、3-7の敗戦を喫した。

これで楽天は前のオリックス戦から4連敗となった。同日、ロッテが金子千尋が立ちはだかったオリックス戦で僅差の勝利をモノにしたため、ロッテが4位浮上、楽天は5位転落を余儀なくされている。

チーム成績は70試合33勝35敗2分の借金2、順位は5位。ゲーム差は1位・ソフトバンクと10.0、2位・西武、3位・日本ハムと5.5、4位・ロッテと0.5、6位・オリックスと7.0となった。

各種戦績は、6月11勝8敗、リーグ戦再開3勝4敗、ソフトバンク戦2勝6敗1分、コボスタ17勝13敗2分、先制された試合10勝19敗1分、5回終了時にビハインドの試合7勝20敗の推移になっている。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150628DATA02.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

ソフトバンク=1番・福田(右)、2番・明石(二)、3番・柳田(中)、4番・内川(左)、5番・李大浩(指)、6番・松田(三)、7番・吉村(一)、8番・今宮(遊)、9番・細川(捕)、先発・帆足(左投)

楽天=1番・聖澤(中)、2番・牧田(左)、3番・松井稼(右)、4番・ペーニャ(指)、5番・後藤(遊)、6番・中川(一)、7番・三好(二)、8番・阿部(三)、9番・小関(捕)、先発・美馬(右投)

序盤の拙守で大量4失点。試合の主導権をあっさり手放した



先発・美馬が序盤3回までに合計4点を先制された。1回と3回にそれぞれ2点ずつ失った。いずれも今季、我々が何度も目撃して溜息をついてきた拙守が絡んでの失点劇が、今日もまた、2万2000人超を集めたコボスタで繰り返された。

1回表、安打出塁の2番・明石を塁上に置く1死1塁、3番・柳田の一ゴをファースト中川がグラブで弾いて内野安打にしてしまった。この一ゴはファーストの左、1,2塁を突破する右前ヒットコースの痛烈打球で、グラブ弾かれたとはいえ中川が良く止めたとも言えるプレーだった。拙守はこの直後に発生した。

1死2,1塁で4番・内川。初球、低め変化球を打たせたゴロは6-4-3の併殺コース。しかし、何でもないようなゴロをショート後藤がファンブル。満塁にしてしまう。これがその後の先制2失点劇を生んだ。

ボール先行2-0から始まった5番・李大浩との対決は、李大浩が全く合っていないスライダーで何とか見三振に取った美馬。しかし、2死満塁で6番・松田にヤラれた。

ファウルを打たせて3球で1-2と追い込んだ後、低めの誘い球をファウルで粘られ、見きわめられて2-2からの第7球・低めカーブ。129キロのブレーキングボールでリーグ戦再開後.417の打率で記録する右の好打者の体勢を崩したように見えたが、絶妙なバットコントロールで楽天内野守備網、三遊間を突破される左前2点適時打を許してしまった。(楽0-2ソ)

3回表はエラーは記録されなかったものの、背番号23の拙守が2失点を招いた。

先頭・明石の当たりは左中間寄りのセンター後方。聖澤が余裕を持って背走、追い付いたかのように見えた。しかし、落下点に入った所で慌ててジャンプしたグラブを弾いて、二塁打になってしまう。続く柳田には3-1からフォアボール。内川にも中前へ打ち返され、美馬は無死満塁の絶対絶命ピンチに立たされてしまった。

この後、李大浩を2打席連続の三振に仕留めたが、松田に2打席連続の2点タイムリーを浴びた。

松田に打たれた右安の2点適時打は、初球144キロのシュートだった。小関の要求どおりインコースいっぱいを攻めた投球を簡単に右前へ運ばれてしまった。ホームプレートからかなり離れて打席に立つ松田。このようなタイプは一般的に外角に強く、内角に弱点を抱えているケースが多い。しかし、今季の松田は外角打率.258なのに対し、内角打率は.295。一概にそうとは断定できない成績を収めていた。

そこには松田の読みもあったかもしれない。1打席目はアウトコース中心の配球だった。こ場面は満塁とはいえ1死。ゴロを打たせゲッツーを取れば危機脱出できる状況だった。初球からインコースをシュートで突いてくるに違いない。恐らくそんな読みもあったのだろう、簡単におっつけられ、打球はあっさりセカンド三好の頭上を越え、右前へ着弾した。(楽0-4ソ)

3回まで相手先発・帆足の前にゼロ行進だったイヌワシ打線は、4回、5回と1点ずつ返し、2点を取った。

4回は2死からペーニャデーでいつも以上に燃えていたペーニャがその打棒を振るい、低め速球を中堅スタンド一直線の超烈ライナーで持っていく7号ソロ。5回は先頭の6番・中川&7番・三好の左翼短長連打で1点を返した。しかし、なおも続いた無死2塁の好機で小関、聖澤、牧田が揃って討ち死に。いずれも内野止まりのイージーアウトだった。

中盤の2得点を反撃の起点にしたかったイーグルスだが、味方得点直後の守備回で投手陣が相次いで失点した。

ペーニャ7号ソロ弾直後の5回表は、先頭・柳田を3-1から歩かせた直後、4番・内川の左翼線を切り裂く二塁打で一走・柳田に長駆の生還を許してしまう。三好の左翼フェンス直撃二塁打で1点を取った直後の6回表は、2安打1盗塁で1死3,2塁のピンチを背負っていた二番手・武藤が2番・明石に中犠飛を打ち返されてしまった。(楽2-6ソ)

取ったら取り返されるの繰り返しは終盤にも。8回裏、楽天は松井稼のタイムリーで3点目を挙げたが、9回表には五番手・レイが不安定で1点を奪われている。(楽3-7ソ)

結局、序盤に拙守で大量失点したことで試合の主導権を握ることができなかった。拙守の後藤、聖澤は打でも4タコ、3タコ。良い所が出ずに終わっている。

ペーニャは一人気を吐き、ホームランを含む3安打猛打賞。走者を塁上に置いてペーニャに打席をまわすことができなかったのも痛かった。(3打席まで走者無し、走者有は4打席目で8回2死1塁だった)

レイを外し、サンチェスを上げよ



レイは6/19ロッテ戦からの救援転向、これで3試合に投げて7打数3安打、3四球、2犠打、1犠飛、1二塁打の成績。先発から救援という配置転換に上手くコンディションをアジャストできずに苦しんでいる。1度抹消し、得点力を補うべくサンチェスを上げて欲しい。

Aクラス争いを諦めるには、まだまだ全然早い時期だ。一塁で主にサンチェスを起用し、調子が落ち込んできた中川は一塁&外野での起用に切り替えるべきだと思う。中川に場数を踏ませるため、このままスタメンで起用し続けるのも選択肢だが、今はそれが重荷になっていて負のスパイラルに入っている。1度スタメンから外し、リフレッシュさせる機会を作るべきだ。

20150628DATA04.jpg

楽天打線、帆足の前にゴロアウト量産



6回、打者23人、球数86、被安打6、被本塁打1、奪三振1、与四死球0、失点2、自責点2。

相手先発・帆足は昨年8/18西武戦以来の先発登板。楽天戦での通算成績34試合14勝5敗、宮城では17試合7勝3敗。過去、イーグルスを大いに苦しめてきた楽天キラーのベテラン左腕に、ほぼ完璧な投球を許してしまった。

獲得アウト18個の内訳は、奪三振1、併殺含む内野ゴロ14、内野フライ3。遊撃・今宮の好守の支援も受け、18個のアウトを全て内野で奪っている。逆球は甘い失投もそれなりに見受けられたが、序盤4失点で追う展開になった楽天打者には1球で仕留めるスイングを持ち合わせていなかった。

20150628DATA03.jpg

とことんツキがない美馬。本拠地11連敗



5回、打者25人、球数88、被安打7、被本塁打0、奪三振7、与四球2、失点5、自責点3。

今季、楽天投手陣の中で最多エラーに見舞われている美馬、本戦も御多分に漏れずバックに足を引っ張られ、思うような投球ができなかった。これで2013年から続く本拠地球場での連敗記録は11に伸びてしまっている。(下記表参照。中には好投している試合も多いが、白星がつかない。とことんツキに見放されている)

■美馬学 Kスタ/コボスタ投手成績 2013年以降
※レギュラーシーズンのみ


6月に入り、速球成績が悪化



拙守がなければゲームメイク出来たであろう美馬だが、1つ気になる点がある。速球成績の悪化だ。(ここではシュートを含む)

報道や解説者のコメントを聞くと、今季の美馬は速球に力強さが戻り、それが機能していることが防御率2.79の原動力だと言う。

確かにそのとおりだ。昨年は速球で.385という高い被打率を許していたが、今季は本戦終了時で.302。しかし、月別にみると、5月は.240と安定していた速球が、6月に入り、再び.333とリバウンドを起こしているのだ。被OPSでは5月.509から6月は.864へと大幅悪化を見せている。

美馬は大半の投手とは違い、速球の割合が少ないのだが、それでも45.5%は投げているわけで、ここの成績が安定してこないと、今後も苦しい投球を余儀なくされそうだ。

■美馬学 2015年 速球の投手成績


◎◎◎関連記事◎◎◎
棒グラフ、折れ線グラフで確認する、楽天・中川大志の現在地
【試合評】 辛島序盤4失点。苦手のホークス戦登板で6連敗~2015年6月26日●楽天イーグルス1-5ソフトバンク



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
31位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}