FC2ブログ

【試合評】 福井との投手戦に屈する則本。エース失格の5敗目~2015年6月7日●楽天イーグルス1-3広島

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1600人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!360人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ロースコアの投手戦を敵軍主砲一閃で落とす



敵地広島3連戦の最終戦である。昨日の勝利でイーグルスは交流戦成績を5勝6敗とし、第3戦に勝てば3カード連続の勝ち越し、五分に戻すという所まで来ていた。 「交流戦の借金をチャラにして仙台に戻りたい」。指揮官も意気込み、5月以降復調してきたエース則本に試合を託したが、相手先発・福井とのロースコアの投手戦に敗れるかたちになっている。

試合は1-3。先制直後に同点とされ、その後、敵軍主砲エルドレッドの一閃(4号2ラン)で勝ち越された。

打線は4安打。5番に抜擢された伊志嶺と2番・牧田が2安打ずつ。福井に7回3安打1失点と好投を許した。奪った得点は、福井によるNPBタイ記録1イニング3暴投が発生した4回、そのタイムリー暴投での1点だけだった。

則本は(3勝)5敗目。

チームは57試合25勝30敗2分、勝率.455、順位は5位まま。ゲーム差は1位・ソフトバンクと8.5、2位・日本ハムと7.5、3位・西武と5.5、4位・ロッテと1.0、6位・オリックスと6.0とした。

各種戦績は、6月3勝3敗、交流戦5勝7敗、ビジター13勝20敗、先制した試合18勝15敗、6回終了時に負けている試合3勝21敗の推移になった。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150607DATA02.jpg
HANREI3.jpg

前日3ランのウィーラー、3タコ



相手先発・福井を相手に、得点圏で打者の打席結果が出たのは僅か2打席だけだった。

1点リードの4回2死3,2塁、ウィーラーの空三振は惜しかった。

2死3塁でタイムリー暴投、1点を先制したイーグルスはなおもチャンスを作る。塁上は2死走者なしだが、中川が四球で歩いて1塁へ。続く伊志嶺が詰まりながらも打球を中前へ運び、一走・中川が一気に3塁へ到達。2死3,1塁でウィーラ-の打席時、3個目の暴投が発生した。三走・中川がホームを突くのは困難だったが、一走・伊志嶺が二進し3,2塁。一打出れば2点入るか?!という好機を迎えていた。

「追い風」はイーグルスに吹いているように思えた。ウィーラーは2球で0-2と追い込まれたが、そこから粘ってフルカウントへ。8球勝負と球数を投げさせたが、昨日は殊勲の先制3ランを一閃した助っ人のバットは、最後は低めフォークに空を切っている。

もう1打席は1-1同点の5回、1死から8番・福田が四球を選び、9番・則本が送りバント。2死2塁で打席は今季初めて1番起用された西田にまわる。1打席目は中飛に終わったがフェンスギリギリまで運ぶ大飛球を放っていた。期待されたが、この打席はインコースにシュート攻めを受けて2-2と追い込まれた後、相手の思惑通りの三ゴに倒れてしまった。

2点を追った7回表は、本戦で唯一の先頭打者出塁に成功。先頭・伊志嶺が好投する福井からセンター前安打を放った。貴重な反撃の橋頭堡としたかったが、後続が凡退した。無死1塁でウィーラー、チャンスを広げたかったが空三振。代打・藤田、福田はいずれも外野フライアウトで凡退。伊志嶺を2塁に送り込むことすらできず、無得点に終わっている。

今季の福井は軸球になるストレートの被打率が.211と良いのだが、本戦でもイヌワシ打線は中盤までこの速球を打ちあぐね、多くの外野フライアウトを献上。さらに変化球もストライク率61.0%とストライクを取ることができており、(バント打球を除く)変化球スイング26球中、空振りは実に11球に及んだ。

落ち着かないデーブボール



両軍のスタメン

楽天=1番・西田(遊)、2番・牧田(右)、3番・後藤(二)、4番・中川(左)、5番・伊志嶺(一)、6番・ウィーラー(三)、7番・嶋(捕)、8番・福田(中)、9番・則本(右投)

広島=1番・田中(遊)、2番・菊池(二)、3番・シアーホルツ(右)、4番・新井貴(一)、5番・エルドレッド(左)、6番・鈴木誠(中)、7番・木村(三)、8番・會澤(捕)、9番・福井(右投)

「交流戦の借金をチャラにして仙台に戻りたい」。そのコメントとは裏腹なスタメンになった。

前日のスタメンからは、松井稼、藤田、ペーニャ、フェルナンド、小関の実に5人がはずれ、前日スタメンではなかった西田、牧田、伊志嶺、嶋、福田の5人が名を連ねた。

出たり、出なかったりではコンディションを維持するのが難しくなってしまう。このことを危惧する。

特にペーニャの使い方だ。.257の打率はいまだに物足りなさを感じるかもしれない。しかし、調子を上げて5月以降は.275、5/20以降は.321と快音が戻ってきていた。前日も先制3ランをお膳立てするチャンスメイクの二塁打を放っていた。恐らく本人も勝利に貢献して御機嫌だったはずだ。しかし、翌日フタを空けて見ればコレだ。やる気、元気もしぼむ起用法では、数字を残すことも難しくなってくる。

西田、ウィーラーについても同様のことが言える。現在、両者は併用のかたちになっており、結果を残してアピールしても打てなくなるとすぐにはずされてしまう。これでは上向きかけていた状態や実戦感覚をキープするのも一苦労のように感じる。私なぞに言わせれば、1軍再昇格後も23打数5安打、6三振、3四球、1死球、1二塁打、1本塁打の打率.217、OPS.725の数字しか残せていないウィーラーは早期に見切りをつけ、銀次が帰ってくるまでホットコーナーを西田に任せるべきだと考える。

現在、銀枡聖岡を欠くイーグルスが銀次離脱後6勝8敗と大きく崩れることなく踏ん張ることができているのは、投手陣が踏ん張る中、限られた持ち駒を上手く使いこなし、出場機会に飢えていた打者が戦果を挙げているからなのだが、一方で日替わりオーダーのため、落ち着きのない戦いを余儀なくされているのも確かなのだ。

週明け火曜日から本拠地6連戦が始まる。できればこの6連戦はどっしり腰を落ち着かせた戦いを見てみたい。せめてクリーンアップは固めるべきなのでは?と思うのだ。

20150607DATA03.jpg

投手・福井の打席をも視野に入れた投球をすべきだった



6回、打者27人、球数103、被安打6、被本塁打1、奪三振7、与四球4、失点3、自責点3。

終わってみれば、ストレートは最速152キロを計測したものの空振りは僅か2球のみ。5/2西武戦からの球数過多が響いていたと言えそうだ。

初回こそ三者凡退で立ち上がったものの、2回、3回と先頭打者を出塁させ、得点圏に走者を背負う苦しい内容を余儀なくされた。いずれも併殺打、三振で要所をしのいだが、味方がタイムリー暴投で1点を先制した直後の4回裏、1点を失って同点に追い付かれた。

4回裏は4番・新井貴から始まるカーブの攻撃。低めへの投球が相次いでワンバンになり3-1から四球で1塁へ。エルドレッド三振後、6番・鈴木誠の遊ゴが進塁打になり2死2塁、7番・木村にも四球を与え、2死2,1塁で會澤との勝負だ。この8番打者にボール先行2-1から投じたフォークを左前に弾き返され、同点タイムリーとされた。(楽1-1広)

今季の則本は左打者は.215と良く抑える一方、右打者には.306と3割を打たれていた。打率.265の會澤は右投手に強く.300を打っていた。直前の守備回、福井のワンバン投球を3度後ろに逸らし、バットでミスを取り返したいと集中力は高まっていたはずだ。

捕手ならではの読みもあったのかもしれない。本戦の則本は會澤の直前までの(フルカウント除く)ボール先行17球で、変化球が12球と多くなっていた。象徴すべきシーンがあった。3回2死3,1塁でシアーホルツとの勝負、ボール先行2-1から空三振に仕留めたが、3球連続全て変化球だった。ここも変化球で来るのでは?という読みが、低めストライクゾーンに滞留したフォークを仕留める原動力になったのかもしれない。

いずれにせよ、則本─嶋のバッテリーは次の投手の福井の打席までを脳裏に入れた配球・攻めをすべきだった。大変もったいない失点になってしまった。

そもそも新井貴に3打席全出塁させたのが悪い



大変もったいなかったが、そもそもだ。4番・新井貴に右安、四球、四球と3度出塁させてしまったのは、どういう了見なのだろう。例えば2死走者なしや同2塁なら勝負を避けて1塁に歩かせるという作戦も頷ける。しかし、新井貴の3打席は全てイニング先頭打者でのものだった。おかげで2回、4回、6回と3イニングいずれもピンチを招き、4回、6回では失点した。

6回は四球で歩かせた直後、後続の5番・エルドレッドに真中に甘く張った146キロ速球を一閃され、左翼席スタンド上段に放り込まれてしまっている。

そう言えば、5/24西武戦では3番・浅村に四球、四球、中安、四球と4打席出塁を許したことを思い出した。これでは、エース失格と言われても仕方のない内容である。

6回3失点はQS範囲内だから良いじゃないか。そんなファンの声も聞こえてきそうだが、2回無死2,1塁で鈴木誠に送らせずに強攻作戦を取った広島ベンチの拙さに救われている。もしバントで送られていたら3失点じゃ済まなかったかもしれない。

本戦の則本、良かった点は今季最速タイ152キロが出たこと、7奪三振で大谷翔平を1個上回り奪三振王争いのトップに立ったこと。この2つぐらいでは?と感じる。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 決めたのは7年目の大器晩成。マシソンの152キロを捉えた中川大志サヨナラの3号ソロ~2015年5月31日○楽天イーグルス4x-3巨人
【試合評】 辛島航5回まで1安打投球も、黒田博樹との投手戦に屈す~2015年6月5日●楽天イーグルス1-2広島
【試合評】 7回無死満塁、絶対絶命で零封の福山博之。見事な火消しの背景にあったものとは?!~2015年6月6日○楽天イーグルス5-3広島



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI


関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

更新ありがとうございます。
今シーズンの則本は、味方が点を取ってくれた直後の回の失点が多い気がします。絶対抑えて欲しい回や、絶対勝って欲しい試合でことごとく悪い結果になっている気が…
エースらしからぬ精神的な弱さです。もしかするとshibakawaさんが指摘されている身体の不調のせいで、不安になったり自信が持てないでいるということも考えられますね。

Re: タイトルなし

福島犬鷲さん

味方得点直後の失点は私も気になっている点です。機会があれば既定投球回投手と楽天先発投手のそれを調べてみたいなあと思っています。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}