FC2ブログ

【試合評】 何をか言わんや。延長11回裏2死走者なしからのサヨナラ負け。戸村健次11球連続ボールの独り相撲~2015年5月28日●楽天イーグルス3-4x阪神

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1600人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!360人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

何をか言わんやの結末



甲子園で行われた阪神3連戦の第3戦は、何をか言わんやの結末になった。

楽天が1回にヒット4本を集め、中川、後藤の連続タイムリー2点をを奪取、5回に今季初めて4番に座った枡田の2号ソロで1点を追加。3点先制する試合展開は、中盤から終盤に追いつかれ、延長戦に突入していた。

6回裏、5回まで無安打投球を続けてきた先発・菊池が捕まった。先頭の鳥谷&荒木の1、2番コンビの連打攻勢で無死3,1塁のピンチを招くと、マートン右犠飛、福留右翼線二塁打で2点を失う。8回は三番手・福山が長短2本で1点を奪われて試合は振り出しに。(楽3-3阪)

連夜の延長戦は11回裏、まさかの幕切れになった。

イーグルスは7回から武藤、福山、松井裕と1イニングずつの継投リレーをみせ、この回は前夜、福留にサヨナラ弾を被弾した戸村。

先頭の上本を遊ゴ、続く鳥谷を空三振。簡単に2死まで漕ぎ着けてからのサヨナラ負け。

死球、四球、中安、四球、中安。ここまで全打席で出塁を許してきた2番・荒木を僅か2球で0-2と追い込んだ。そこからのサヨナラ負けである。お口あんぐりで何も言えない。

1-2から内角狙いで投じた4球目148キロの速球がシュート回転して真中に入った所を右前へクリーンヒットされた。

ここから歯車が一気に狂い始めた。2死1塁で3番・マートン。ここも2球で追い込んでおきながら、決め球の制球を乱した。マートンの3球目から福留の3球目まで実に11球連続のボール投球。マートンはフルカウントから四球、ゴメスはストレートのフォアボール。この間、戸村の顔からみるみる生気が失われ、死人のような表情になっていった。

塁上埋まって2死満塁、打席には前夜因縁の打者・福留。

今から思えば、何かに取り憑かれたかのように福留へ打席がまわったのかもしれない。ボール先行3-0。そこから開き直ったかのように2球続けてストライクを取りにいったが、フルカウントからのインコース低めが微妙に外れた。球審・嶋田の手は上がらず、サヨナラの押し出し四球。

阪神に通算5000勝を戸村の一人相撲というかたちで献上する、いたたまれない4時間44分になた。

48試合20勝26敗2分の勝率.435、順位は5位。借金は今季最多の6に。ゲーム差は1位・日本ハムと7.0、2位・ソフトバンクと6.5、3位・西武と4.5、4位・ロッテと2.5、6位・オリックスと3.0とした。

各種戦績は、交流戦0勝3敗、5月9勝13敗、ビジター10勝17敗、先制した試合14勝14敗、7回終了時にリードした試合14勝1敗、延長戦2勝3敗2分の推移になっている。

絶句も絶句、下記、簡単なデータのみ。

ベースボールチャンネルに寄稿しました↓↓↓

◎山崎武司も認めた長打力 イーグルス・中川大志、レギュラー定着となるか?

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150528DATA02.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

楽天=1番・福田(中)、2番・藤田(二)、3番・松井稼(右)、4番・枡田(左)、5番・中川(一)、6番・後藤(遊)、7番・ウィーラー(三)、8番・嶋(捕)、9番・菊池(右投)、

楽天=1番・鳥谷(遊)、2番・荒木(三)、3番・マートン(左)、4番・ゴメス(一)、5番・福留(右)、6番・上本(二)、7番・伊藤隼(中)、8番・鶴岡(捕)、9番・サンティアゴ(右投)、

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 球団史上最長。5時間37分の徒労感~2015年5月21日●楽天イーグルス5-9日本ハム
【試合評】 初物キラーの銀次不在が影を落とす、今季4度目の零敗~2015年5月26日●楽天イーグルス0-3阪神
【試合評】 甲子園7連勝の後は2連敗。楽天、藤浪晋太郎の撫で斬り投球に遭う...~2015年5月27日●楽天イーグルス0-2x阪神



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI


関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

昨日の球審は嶋田哲也だったんですね
タイガースOBなので贔屓とか言われそうですが、正直現在球界にいるタイガースOB審判(橘高渡真利真鍋etc)はむしろ「タイガースに恨みでもあんのか」と言いたくなるくらいタイガースに厳しいと思っていたので驚きです
まぁ単に腕が微妙(雰囲気に流される?)なだけなんでしょうが・・・(笑

昨夜の甲子園

はじめてコメントします。 タイガースファンです。
勝ち試合だけでなく、負けた試合も考察を加えながらコメントをされている姿勢は、野球ファンとしてスゴイな~と思って読ませてもらってます。

昨夜の延長戦で阪神が思わぬカタチで勝利しましたが、大久保監督の采配について疑問があります。
昨夜の悪夢を払拭させるために戸村をマウンドに送ったと思いますが、2アウトから崩れだしたときに何故ピッチャー交代をしなかったのでしょうか?試練を乗り越えろということですか?敵ながら少し戸村に同情してしまいました。 TV解説の矢野もこの場面で『(ピッチャーを)変えませんねぇ?』とコメントしてました。私も同感でした。
もう一つの疑問は、最後のボール判定の時に監督が抗議しなかったのは?? 嶋も戸村も懸命にストライクのアピールをしてましたし、正直微妙な判定だったと思います。 たとえパフォーマンスでも監督が飛び出して一言あっても良いのではないでしょうか?
大久保監督を批判する意図はないのですが、星野さんとはまた違うキャラクターと理解するにはちょっと違和感があったので。
楽天ファンはどのように考えているのか、気になります。

Re: No title


哲さん

> タイガースOBなので贔屓とか言われそうですが、正直現在球界にいるタイガースOB審判(橘高渡真利真鍋etc)はむしろ「タイガースに恨みでもあんのか」と言いたくなるくらいタイガースに厳しいと思っていたので驚きです
> まぁ単に腕が微妙(雰囲気に流される?)なだけなんでしょうが・・・(笑

阪神OB、そんなにいるんですねえ(驚)。改めて、楽天との歴史の差を感じます(笑)

Re: 昨夜の甲子園

アルプルのトラさん
こんにちは。コメント有難うございます。

> 昨夜の悪夢を払拭させるために戸村をマウンドに送ったと思いますが、2アウトから崩れだしたときに何故ピッチャー交代をしなかったのでしょうか?

他に投手がいなかったんですよね。あの時点、ブルペンにいたのは右の青山、左では金刃、大塚でした。大塚は高卒3年目で1軍実績に乏しく、2軍でも成績を残したわけではない。僅差の展開を任せる信頼感はありません。金刃は専ら左打者対策に起用されているのですが、その左打者をロクに抑えることができず(左打者被出塁率.425)、先日は押し出し四球も。ベンチの金刃に対する信頼感は失墜していました。(抹消されていないのはチーム事情によるもの)

ということで、事実上、青山1人だけだったのです。恐らく12回は青山でということだったのでしょう。2死満塁に行く前に青山を継ぎ込んでも良かったのですが、あとアウト1つだったこと、投手が最もやってはいけないことの中の1つ、2死走者なしからピンチを招いたことで、自らの尻は自らで吹け!という叱咤激励の意味もあって続投させたと推測しています。(青山も今季は与四球率5点台と悪く、変えても似たような結末だった可能性も)

> もう一つの疑問は、最後のボール判定の時に監督が抗議しなかったのは?? 嶋も戸村も懸命にストライクのアピールをしてましたし、正直微妙な判定だったと思います。 たとえパフォーマンスでも監督が飛び出して一言あっても良いのではないでしょうか?

心情的には監督が何かアピールすべきだったと思いますし、あそこまで至るまでに監督・コーチ・選手の誰かがマウンド上に声をかけにいくべきだったと思いますよね。(回数の問題でできなかったのかもしれませんが)

一方で、冷めた言い方をすれば、あの場面で抗議しても、後の祭りでしょう。判定は覆ることはありませんから。個人的には福留の2球目が低め際どい投球に見えたので、抗議しにいくならあの場面だったかと思います。あの場面でクギを指しておけば、審判も人の子、その後の判定は戸村有利に働いたかもしれません。

ただ、打者の1打席中のストライク・ボールのジャッジで打席の途中で監督が球審に一言物申すためベンチを出ていくシーンは、寡聞ながら見たことがありません。恐らく野球規則で認められていないのでは? その打席が終了した後は見たことがあるような気もしますし、イニング間などで一言あれストライク?等とやりとりしている光景は見たことありますが。

No title

ツイッターでもご報告しましたが、ストライク・ボールの判定については、プレーを止めて抗議することは許されないようです
http://asaka-aba.net/9_02.html
ストライク・ボールの判定が覆ることはあまり無いと思いますので、致し方ないところですかね

仰る通り、釘刺しはよく見かけるシーンですが、昨日の場面はそのタイミングも無かったですかね
間を取りにマウンドへ行き、帰り際に声掛けする?ただ、二死満塁で更に2ボールになった状態でプレーを止められるのは、投手としては逆に嫌である可能性もありそうですね

Re: No title

哲さん
情報ありがとうございました。

> 仰る通り、釘刺しはよく見かけるシーンですが、昨日の場面はそのタイミングも無かったですかね

今季のデーブ監督は投手交代時に自らマウンドへ行くタイプでして、あの時どうだったかは確認していないのですが、もし戸村にスイッチしたときに監督自らマウンドへ行った場合、その次にマウンドへ行くとその時点で戸村は自動交代ですよね。恐らくそういった背景もあり、ベンチで悶々とするしかなかったのかもしれません。

> ツイッターでもご報告しましたが、ストライク・ボールの判定については、プレーを止めて抗議することは許されないようです
> http://asaka-aba.net/9_02.html
> ストライク・ボールの判定が覆ることはあまり無いと思いますので、致し方ないところですかね
>
> 仰る通り、釘刺しはよく見かけるシーンですが、昨日の場面はそのタイミングも無かったですかね
> 間を取りにマウンドへ行き、帰り際に声掛けする?ただ、二死満塁で更に2ボールになった状態でプレーを止められるのは、投手としては逆に嫌である可能性もありそうですね

野球の見方が拡がりました。

『昨夜の甲子園』のタイトルで投稿したアルプルのトラ改めアルプスのトラです(単に打ち間違えてました すみません)。
投稿の後も判定に対しての抗議がアリ?ナシ?とのご意見や情報をありがとうございました。
今まではプロ野球を心理戦として観ていました。 心の動きは勝負の結果に影響するからです。 あの場面での戸村投手のことを取り上げて投稿したのも、そのような見方をしていたからでした。
敵ながら戸村投手に感情移入していたので、今後のモチベーションが気になります。

このサイトを読ませて頂いて、単なる記録だけでなく『数値に裏付けられた分析』という切り口で野球を観るのも面白いなぁと思うようになりました。 贔屓のチームだからこそ許せること、許せないことも冷静にコメントをされているのが共感できるポイントですね。

勝てばオールオッケー、負ければボロクソ…そんな単純ではないのがプロ野球。 自分も含め勝っても負けても応援し続ける阪神ファン…これもどうなんでしょうね?

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
28位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}