FC2ブログ

【試合評】 チームNo.1飛ばし屋の値千金同点2ラン。6回終了時ビハインドからの今季2度目逆転劇~2015年5月16日○楽天イーグルス5-4

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1600人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!360人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

今季2度目となる鮮やかな逆転勝利



2万人超を集めて行われた2週間ぶりのホームゲームは、今季2度目の鮮やかな逆転勝利になった。

6回終了時点でイーグルスは1-3と負けていた。

現代野球は6回終了時にリードしているチームが圧倒的に強い。その後、勝ちパターンの投手が出てくるからだ。序盤に先手を取り、中盤に突き離して、6回終了時に勝ちゲームを作ることが、中盤までの試合運びになる。事実、今季の楽天も6回終了時にリードした試合では9勝2敗、逆に負けている試合は1勝17敗だった。

先手はロッテが取っている。

1回表にクルーズ先制二塁打、2回には2死満塁から鈴木にストレートの押し出し四球。先発レイが序盤2回まで2点を奪われていた。楽天は先頭・銀次がツーベースで出塁した4回裏、2死後に後藤の1,2塁間突破の右前ゴロ安打で1点を返したが、直後の5回表、ロッテに1点を奪われた。打撃好調の1番・清田のバットが唸りを上げた。レイが投じた1-0からのスライダーを一閃され、4試合連続猛打賞を決める当たりは、左中間スタンドに吸い込まれていく4号ソロ。再び点差を2点に広げられてしまう。(楽1-3ロ)

相手先発は石川。3勝1敗、防御率2.51、QS率83.3%を残しているマリーンズの二番手ローテーションピッチャーだ。マスクを被るのは田村。石川x田村のバッテリーは今季初だった。

イヌワシ打線は石川のストレートに悩まされるかたちになった。

石川の速球は今季は被打率3割越えのイマイチな状態。しかし、本戦の試合前ブルペンで手応えを感じたのだろう。ここまでと比べ、その球種割合は約10%増加した。全体の60.0%でストレートを据えた配球に、攻略の糸口がつかめない。1回は福田、藤田の1、2番が共に真っすぐで見三振に倒れるなど、6回まで石川の真っすぐに対して12打数1安打4三振。1点を返すチャンスメイクの起点を担った4回先頭・銀次の技あり左翼二塁打1本が唯一のヒットだった。

7回初球打ち三連打で一気に同点。そして逆転の起点構築へ



女房役が今季初の田村ということもあったのだろう。イヌワシ打線はファーストストライクを見ていくシーンが多かった。

6回終了時点での初球スイング率は僅かに12.5%と少なかった(今季チーム平均27.8%)。ボール先行1-0、2-0からのスイング率も33.3%(同38.2%)、今季のチーム平均値に及ばない。6回まで打者24人中、実に16人が見逃してファーストストライクを奪われていた。

7回裏の攻撃が始まる前、ベンチ前で円陣が組まれていたかは分からない。しかし、打線の消極的な姿勢に監督・コーチから檄が飛んだのだろう。7回裏は一転のファーストストライク狙いの初球攻撃。これが奏功した。

6回終了時に負けている展開から今季2度目の逆転勝利の開演は、動物的なプレーが特徴的な後藤のバットから生まれた。

今季ここまでカーブ打ちでチーム最多の6安打。縦割れのブレーキングボールヒッターが口火を切る。初球107キロを右翼線に打ち返して出塁すると、打席は7番・サンチェス。5/8ソフトバンク戦以来、6試合ぶりにスタメン起用された助っ人のバットが火を噴いた。初球123キロ。高めに上ずったシンカーを一閃した。打球は左中間スタンドめがけて一直線。ギャビーの一振りで楽天が同点に追いつく。(楽3-3ロ)

直後、8番・中川も続いた。

5試合連続安打を決めたセンター返しは初球甘く入った142キロ速球。この一打が逆転への起点になる。嶋送りバントで1死2塁、本戦3タコで結果が出ていなかった1番・福田に代えて、大久保監督、枡田を向かわせる。伊東監督は左の松永(本戦前時点での左打者被打率.321だった)にスイッチ。

左vs左の対決になったが、デーブ監督、慎太郎に託す。その思いを乗せ、枡田が放った打球が1,2塁間を破った。2塁から中川がホームを突く。ライト清田からダイレクトのバックホームを受け、本塁クロスプレーになったがセーフ! イーグルスが逆転に成功した。

その後、藤田もつなぎ、1死3,1塁で銀次おなじみのわざと詰まらせたフライヒットが炸裂。チャージするレフト角中のグラブを弾くタイムリーになり、この回4点を取った。(楽5-3ロ)



松井裕今季初失点も、小刻みな継投が成功



イーグルスは6回から継投作戦。戸村、金刃、青山、松井裕と繋いだブルペンリレーは毎回走者の出塁を許したが、しのいだ。

戸村が持ち味のゴロを打たせる投球でゲッツーに取り、金刃が久しぶりに左打者2人を連続してアウトに取ると、青山がサード銀次の好守にも助けられて8回をゼロに抑えると、9回は松井裕が締めて8セーブ目。2死後に荻野貴に被弾し、今季初失点を許したが、チームのリードを守って5-4で勝利を飾っている。

勝利投手は4/12オリックス戦以来、久しぶりに左打者2人を抑えた金刃が今季初勝利。

ヒーローインタビューは同点弾を放ったサンチェスと、勝ち越しのヒットを決めた枡田。悩みが吹っ切れたかのような笑顔を見せたサンチェスの応答が実に印象的だった。

チーム成績は38試合16勝20敗2分の勝率.444。順位は5位。ゲーム差は1位・西武と5.5、2位・ソフトバンクと4.5、3位・日本ハムと4.5、4位・ロッテと0.5、6位・オリックスと3.0としている。

各種戦績は、5月5勝7敗、ロッテ戦4勝2敗、コボスタ8勝7敗2分、1点差試合6勝3敗、先制された試合3勝10敗1分、6回終了時負けている試合2勝17敗の推移になった。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
現在「楽天イーグルス」部門2位
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20150516DATA02.jpg

HANREI3.jpg

両軍のスタメン

ロッテ=1番・清田(右)、2番・鈴木(遊)、3番・角中(左)、4番・クルーズ(二)、5番・今江(三)、6番・デスパイネ(指)、7番・井口(一)、8番・田村(捕)、9番・荻野貴(中)、先発・石川(右投)

楽天=1番・福田(中)、2番・藤田(二)、3番・銀次(三)、4番・松井稼(右)、5番・ペーニャ(指)、6番・後藤(遊)、7番・サンチェス(一)、8番・中川(左)、9番・嶋(捕)、先発・レイ(右投)

サンチェス>>>ペーニャ



メルマガ読者の皆さんは既に御承知。5/18月曜日のメルマガVol.088、「打者別で診る外野大飛球率」で紹介したとおり、現状、イーグルスの中で1番の飛ばし屋はサンチェスだ。

確かにNPBでの実績という意味では「ペーニャ>>>サンチェス」なのだが、今季に限って言えば、パンチ力という点では「サンチェス>>>ペーニャ」ほどの決定的な開きがあった。詳しくはメルマガに譲るが、外野大飛球率でいえば、サンチェスはペーニャにダブルスコアの差をつけていた。

現在、長打力不足でリーグ最低の得点力に苦しんでいる楽天。中川の活躍でサンチェスはベンチを温めるかたちになっていたが、中川orサンチェスの二択はもったいないのでは?と指摘した。中川もサンチェスも出場できるオーダーを組むべきでは?とも書いた。

事実、本戦はそのとおりの結果になっている。

20150516DATA03.jpg

お疲れモードは変わらず



5回、打者22人、球数82、被安打5、被本塁打1、奪三振1、与四球2、与死球1、失点3、自責点3。

中7日の登板になったが、5月に入り疲労が見え隠れしているレイは本戦でも変わらず。右打者に強く、左打者に弱点があるというレイの良いときの傾向が、5月以降は右打者に対して25打数7安打、4三振、1犠打、3本塁打の被打率.280と3割近く打たれていた。その傾向は本戦も同様で、ロッテ右打者との対戦成績は15打数5安打、1三振、1死球、1本塁打の被打率.333だった。

打たれてしまっているのは速球が4月ほどは動かなくなり、スライダー等の変化球もキレが減少しているのだろう。さらに、右打者への配球が読まれている可能性もありそうだ。右打者への攻めは実にシンプル。インコースに速球(主にツーシーム)を投げ、アウトコースにスライダーを配する。主にこの組み合わせのため、開幕1ヵ月以上立ち、データが溜まった所で、この配球パターンが読まれていることもあると思う。

本戦も積極的に右打者のインコースを制球良く攻めたが、なかなか効果を発揮しないのは、そういった所にあるのだと思う。今後は工夫が必要だ。

5月に入り、速球を5本も被弾している点も、球威・キレの減少を裏付けていると思う。これで今季のレイはフライ/ライナー飛球を53本打ち返され、そのうち5本が被本塁打になっている。外野フライ/ライナー37本中、13.5%に当たる5本が被本塁打という割合になってしまっている。

ボール先行時、実に8割に迫る速球割合



2回の2死1死、掠った程度の死球、詰まらせたゴロが飛んだコース悪く内野安打になり満塁のピンチ。ここから鈴木にストレートの四球で押し出しを与えてしまった点はもったいなかった。チェンジアップ、速球、チェンジアップ、速球の配球で押し出しになった。ボール先行2-0からチェンジアップを選択したことが、レイの首を締める結果になったと言えそうだ。

ただし、この塁が埋まった場面、鈴木は速球狙いに絞っていただろうから、追いそれと速球を投げ込むわけにはいかなかったのだろう。そのため、初球の入りも変化球、2-0からの変化球になったのだろう。

ここまでのレイは1-0、2-0、3-0、3-1のボール先行時の投球、実に79.6%が速球だった。苦しい時にもストライクを取ることができる変化球が欲しい。レイと言えば、右打者のスライダーが素晴らしいが、ボール先行時に右打者にスライダーを投げた割合は僅かに15.2%。レイまたは嶋の中に、ボール先行からストライクを取りにいくことができる球種ではないという判断があるのだろう。【終】

20150516DATA04.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 4番の1試合2本塁打も、むなしく空砲~2015年5月8日●楽天イーグルス3-5ソフトバンク
安楽智大、このままでは不可避のトミージョン手術。 右ヒジ故障再発リスクが拭えないその投球フォーム
【試合評】 侵掠すること火の如し。一矢報いた4回表、打者一巡の5得点劇~2015年5月13日●楽天イーグルス6-8オリックス


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI



関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

更新ありがとうございます。いつも楽しく拝見しております!!
デーブ監督は、「ペーニャは必ず使わなければならない」とでも思ってるのでしょうか?サンチェスのプライドを傷付けるペーニャ代打劇などもありましたし、何よりペーニャに縛られることでサンチェス、枡田、中川のうち2人しか使えないという今の状況に非常に憤りを覚えます。松井稼を4番にしたいんだったら、
(中)福田
(二)藤田
(左)中川
(右)松井稼
(三)銀次
(遊)後藤
(指)枡田
(一)サンチェス
(捕)嶋
くらいのペーニャ無しオーダーでも良い気がします(5番銀次と8番サンチェスは単に僕の好みです…)。枡田が調子落としたり中川が対策されてきたら指名打者ペーニャに交代すればいいだけのことで、現時点では長打の打てないペーニャなど使わない方がベターな気がします。

Re: タイトルなし

福島犬鷲さん

コメントありがとうございます。

>デーブ監督は、「ペーニャは必ず使わなければならない」とでも思ってるのでしょうか?

NPBでの複数年に渡る実績があるので、暖かくなったら打ちだすはず。そろそろ上向くはずと、我慢しながらズルズルきている感がしますね。既に打席数は148を数えながらも、ホームラン僅か1本。とてもじゃないですが昨年のAJの代役は務まっていませんよね。

>何よりペーニャに縛られることでサンチェス、枡田、中川のうち2人しか使えないという今の状況に非常に憤りを覚えます。

同感です。中川3番のアイデアは良いですね。遅咲きの大砲候補に真の覚醒を促したいのであれば、これくらいの起用はしないと。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}