FC2ブログ

【記録】 楽天イーグルス 辛島航 2010年 投手成績まとめ 球種割合 球種別被打率 カウント別 塁状況別ほか

スポンサーリンク

「放送席!そしてKスタのイーグルスファンの皆さん!ヒーローインタビューです」

場内が歓声でひときわ湧いた。

その前に... 昨年はブログ村への投票御協力、誠に有難うございました。
ブログ更新の励みになっています。お手数ですが、今年も何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

スコアは4-3だった。中盤に逆転し1点差で逃げ切った4/25日本ハム6回戦(Kスタ宮城)。
2010年初の3連勝となった試合である。

1イニング3四球を与えるなどいまいちピリッとしなかった先発・田中を救ったのは、
決勝点となった6回嶋の2点逆転タイムリー以上に、7回からの終盤3イニングを川岸と共に
見事逃げ切ってみせた──しかも1点差で──この若人の好活躍によるところが大きかった。

背番号58、プロ2年目の19歳、辛島航──

田中の後を託された二番手として7回頭から登板し2イニングを零封。
稲葉、高橋、糸井、二岡、小谷野・・・といった日本ハム歴戦の打者を、
低めに良く制球された球威ある直球と変化球でなんなく退けてみせた。

本拠地初のお立ち台で、“楽天が誇る勝利の方程式、KKコンビ“として紹介された若鷲は、
試合中には見せない無邪気な笑顔をみせて応対してくれた。
甘いマスクで観衆を魅了し、時には温かい笑いを誘う。
そして、最後にこう力強く結んだのだった。

「2年目の辛島です!これから1年間しっかりこの仙台を熱くするために一生懸命頑張ります!
よろしくお願いします!」


1年通して働くことは叶わなかったが、
それでも辛島の登場は、今のイーグルスに足らないもの、今の楽天に必要なものを備えていたように思う。

先輩の川岸が言う。
「辛島の存在は大きくて、今日もブルペンで見ていて、
19歳なのにこんなに落ち着いていて、ちょっとジェラシーを感じながら、気合いが入りましたね」


一言で言い表すのは難しいが、
それは、ピッチングの基本、投球の原点、というものではなかったかと僕は思っている。
あるファンはそれをマウンド度胸と評し、あるファンは物怖じしないピッチングと絶賛した。

~~~

さて、ここからは冷静に。各々の記録を箇条書きにしていきます。

辛島の3月4月の好活躍は見事の一言だ。
2010年初登場となったのは3/30ロッテ戦。
この試合こそ5点ビハインドという状況だったが、翌登板の4/1ロッテ戦以降5/19に抹消されるまで、
リードした展開、僅差の状況という重要な場面での起用が続いた。
3月4月の防御率は2.53、首脳陣の期待も相当なものだったのが伺える。

■辛島航 2010年 主な成績と月度別 投手成績
防御率4.97、WHIP1.58、P/PA4.26
被打率.288、vs右被打率.216、vs左被打率.467



ただ、4/30オリックス戦で塩崎に一発を打たれ自責点が付くと、ここから5/2オリックス戦、5/4西武戦、5/14広島戦と4試合連続で自責点を記録してしまう結果になった。3月4月と5月ではその内容が明暗分かれる形となってしまった。

打たれてしまった一番の原因は、
本人も契約更改の会見で延べているように、スタミナ不足だろう。
1年間戦っていく体力が備わっていなかったということだ。
体力が落ちて、球威も落ちた。ストレートは棒球になり、変化球のキレもなくなった。
そういうことだと思う。
そして、あえて別な見方、厳しい言い方をすれば、
持ち味がマウンド度胸のみではやはり1軍では通用しないということだ。

■辛島航 2010年 対戦チーム別 投手成績
20110102DATA2.jpg

これをみると、ロッテ戦、日本ハム戦では完璧な内容で、
西武、オリックス相手に散々に打ちすえられてしまった結果となっている。
しかし、前にも書いたように、ロッテと日本ハムは3月4月の好調時に対戦、
西武とオリックスは4/30以降の対戦日程だったのが、影響している。

■辛島航 2010年 2軍投手成績
※この表のみ2軍のもので、他は全て1軍でのデータです。


5/19に1軍登録抹消された後は、ファームで11試合登板、そのうち10試合が先発での起用となった。
防御率3.04、4勝4敗1セーブ。夏場に4連勝を記録するなど、一定の収穫を得る一方、
WHIP1.48と走者の出塁を多く許している状況があり、課題も見つかったと言えそうだ。

■辛島航 2010年 球種割合
20110102DATA8.jpg
20110102DATA9.jpg

ベースボールタイムズ3月増刊号『2010プロ野球プレイヤーズファイル』によると、
2009年の球種割合は、
ストレート・・・59%
スライダー・・・29%
チェンジアップ・・・3%
カーブ・・・13%
フォーク・・・1%

となっている。

09年と10年を比較して一番変化したのは、チェンジアップの割合になる。
僅か3%だったその割合は17.8%まで増加、
それに伴いスライダーとカーブの割合がそれぞれ減少した。
また、落ちる系の球として09年はフォークも投げていたが、
10年はチェンジアップ1本にまとめている。

左右打者別にみてみよう。

辛島のピッチングは、左右どちらでも約60%近くの割合を占めるストレートが基本だ。

そこに右打者だとチェンジアップ、左打者だとスライダーを多く使用しているのが確認できる。
右打者は直球、チェンジアップの順で多いものの、
他の2球種もそれぞれ17球、15球と投げており、
持っている球種を満遍なく使うことができていると言えそうだ。

一方、左打者に対しては直球とスライダーのみで91.2%を占めている。
カーブは僅か2球しか投じていない。投球術に長けたベテランならいざ知らず、
プロの道を歩み始めたばかりの若手が、僅か2球種のコンビネーションだけで左を抑えるのは、
素人目でもなかなか難しいのではないか?と思う。

左投手は左打者を抑えて当たり前と見られている球界において、
辛島の今季vs左打者被打率.467は今後の最重要課題と言えそうだ。

■辛島航 2010年 球種別 投手成績 〔全体〕
20110102DATA5.jpg

終わってみれば、どの球種も打たれてしまったと言える。
被打率が3割以下であっても2割後半だと少々きつい印象を受けてしまう。
ストレートは.269だが被OPSベースだと9割と最悪値を記録している。

まだ高卒プロ2年目の選手なのだ。
今ここで完成されたものを僕らが見る必要はどこにもないともいえる。
課題や改善点、修正すべき個所が多いほど、のびしろも多いと言うこともできる。

さらに詳しく。打者の左右別で確認してみよう。

■球種別 投手成績 〔vs右打者〕
20110102DATA6.jpg
■球種別 投手成績 〔vs左打者〕
20110102DATA7.jpg

右打者相手にはストレートが(2本の一発を浴びているが)一定の威力を発揮した。被打率は.211だ。
右打者に対してクロスファイヤーで入っていく辛島の直球、プロの1軍でも通用すると言えそうだ。
スライダーも三振も取れているし意外と健闘をしている。

一方、左打者への対戦では、主な球種となるストレート、スライダーともに
被打率、被OPS両方とも打たれているのが確認できる。
繰り返しになってしまうが、辛島にとって対左打者対策は喫緊の課題である。

■辛島航 2010年 初球の球種調査
20110102DATA10.jpg

初球どの球種で入るのか?を調べてみた。
やはり、ストレートが左右ともに一番多い。両方とも初球の約67%を占めている。
次に多いのが、右だとカーブ、左だとスライダーの順だ。

カーブは17球投げているが、そのうち約半数の8球は初球で使用している。
もちろん、ウイニングショットには成りえない(結果球は3球のみ)。

つまり、カーブは初球に打者へのめくらましの1球として使用しているのみで、
それ以外のカウントではほとんど使用できていない側面が浮かび上がってくる。
もっと初球以外の場面で投げていく必要があるのではないか?

■辛島航 2010年 カウント別 投手成績
20110102DATA3.jpg

カウント別で調べてみた。

0S被打率.625、1S被打率.412とかなり悪い結果になっている。
しかし、一転、追い込んだ時の2S被打率は.111(被OPSでも.337)ときわめて優秀な数値を残した。

2Sの中でも、2-1、2-2が辛島にとって圧倒的有利なカウントになりそうだ。
それぞれ11の1で.091、8の0で.000という成績。この2つのカウントで奪った三振の大半を稼いでいる。

5月に入ってスタミナが切れて球威が落ちて打たれてしまったわけだが、
打たれた原因の1つがココにもある。
2-0は11打席あったが、うち10打席が4月まで。5月は僅か1打席しかなかった。
同じく、2-1は8打席あったが7打席が4月で、5月は1打席のみ。

つまり、5月は、自分の有利なカウントに打者を追い込むことができなかった、
追い込む前のカウント球を痛打されてしまった、と言えるのだ。

■辛島航 2010年 塁状況別 投手成績


最も良い成績だったのが、走者1塁での状況の被打率.091。
他は走者無しが.300、得点圏被打率が.455とかんばしくない。
しかし、ノーアウト走者無しの場面での対戦は13打席あったが、
13打数1安打、被打率.077。

一番出してはならないイニングの先頭打者は、きっちり抑えこむことに成功していた。
この点はしっかり評価すべき点だと思う。

---------------------------------------------

---------------------------------------------
ブログ村に参加しています。オフシーズンでなかなかブログ更新のモチベーションが上がりませんが、皆様の1押しで私に活力を!なにとぞ。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらは1位になったり2位になったりです。宜しくお願い致します( _ _)人
人気ブログランキングへ


おかげ様でブログラムでも良い位置につけています。
blogram投票ボタン

SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}