FC2ブログ

岩隈久志、暗雲の6回途中4失点。異常を指し示す球種データ~2015年4月20日●SEA5-7HOU

スポンサーリンク






毎週月曜発行、当ブログ運営メルマガ
「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。

2015プロ野球開幕記念!! 新規読者獲得キャンペーン
【4/30まで期間限定】月額購読料514円→350円に!!

ぜひこの機会を御利用下さい。詳しい御案内はコチラでどうぞ。


《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1500人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!350人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

スッキリしないクマ



同じアリーグ東地区どうしの対戦である。マリナーズは5勝7敗の同地区3位タイ。アストロズは6勝6敗の同1位。そのアストロズをゲーム差2.5で追いかけるマリナーズ、共に前のカード2連勝で迎えた両軍3連戦の初戦(セーフコフィールド)に、岩隈が先発登板した。

ここまでの2試合、岩熊はスッキリしない投球内容が続いている。本拠地に戻って中6日のアストロズ戦でその不安を払拭することが期待されたが、本戦も変わらずだった。空模様に例えれば、どんよりとした曇天。今にも崩れそうな雰囲気が漂っていた。

1回表、いきなり一閃で1点を奪われている。

1番・アルテューベ。通算対戦成績25打数10安打5打点、2三振、3二塁打の打率.400。岩隈キラーで知られる昨季アリーグ首位打者をあっさり二飛に仕留めた。彼の苦手な外角低めの誘い球を1-1からの第3球で打たせた。滑り出しは上々に見えたが、2番・左打者のバルブエナに一閃を浴びてしまう。真中寄りに甘く入ったシンカーを運ばれた。ライトのクルーズの足がほぼ釘付け。打った瞬間の大飛球で先制点はアストロズに入る。(SEA0-1HOU)

1回裏、味方打線はチャンスを作るが、無得点。1死後、アクリー&カノの短長打で1死3,2塁としたが、クルーズ空三振、シーガーは打ち上げてのイージーな中飛で追い着くことができない。

味方打線が同点に追いついたのは、岩隈がゼロで帰ってきた直後の翌2回裏のことだった。先頭打者・スミスがツーベースでチャンスを演出。その後、ミラーの中前クリーンヒットで生還。同点とする。(SEA1-1HOU)

3回表、同点にして貰った直後だ。つつがなくゼロに抑えたかった。しかし、先頭の右打ち9番打者にライトオーバーの二塁打を打たれ、アルテューベがセーフティバント気味の送りバントを許すと、1死3塁で前の打席で先制ソロ弾をくらったバルブエナに今度はスライダーをセンター後方への犠飛にされてしまう。(SEA1-2HOU)

直後の裏、先頭カノがセンターフェンス最上段直撃の二塁打で出塁。バッテリーミスで三進して1死3塁、クルーズの遊撃内野安打でカノが生還。なおも、チャンスが続き1死満塁としたが、ズニーノ、モリソンが凡退で、勝ち越しはならなかったが、試合は再び振り出しに戻る。(SEA2-2HOU)

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150421DATA03.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

アストロズ=1番・アルテューベ(二)、2番・バルブエナ(三)、3番・スプリンガー(右)、4番・ガティス(指)、
5番・ローリー(遊)、6番・カストロ(捕)、7番・ゴンザレス()、8番・ラスマス()、9番・マリスニック(中)、先発・ウォジチョースキー(右投)

マリナーズ=1番・ジャクソン(中)、2番・アクリー(左)、3番・カノ(二)、4番・クルーズ(右)、5番・シーガー(三)、6番・スミス(指)、7番・ズニーノ(捕)、8番・モリソン(一)、9番・ミラー(遊)、先発・岩隈(右投)


今季早くも2度目の勝利投手の権利消滅



4回は両軍三者凡退。これで試合は少し落ち着いていくのかな?と思ったが、5回からまた点取り合戦になった。

5回表、岩隈はこの日2本目の被安打を浴びてしまう。通算対戦成績14打数1安打、4三振と抑えてきた8番・ラスマスにソロ弾を右中間へ運ばれた。ボール先行2-0からストライクを取りにいったアウトコース狙いのシンカーが抜け、真中に入ったのを逃さずに打ち返されてしまった。(SEA2-3HOU)

三度1点リードを許したマリナーズだったが、先頭打者カノがストレートのフォアボールで歩いた5回裏、すぐさま反撃を開始した。クルーズの同点二塁打、シーガーの左中間勝ち越しタイムリー、ズニーノの左犠飛。一挙3得点を上げた。(SEA5-3HOU)

6回表、2点の援護点を貰ったのだが、どうも岩隈がピリッとしない。1死後、甘く入ったスライダーを左中間を切り裂く二塁打を浴びた。打った打者は昨年5/25対戦時に思わず岩隈も苦笑するほどの左越え2ランを放っていた3番・スプリンガーだった。

ここで堪らずマクレンドン監督、投手交代を告げる。勝利投手の権利を持っての交代も、予想外のかたちでの71球降板劇。その後、出てきたメディーナがエラーにも見舞われ、2点を奪われ、その権利もあっさり雲散の、モヤモヤの残る。今季3登板目になっている。(試合はその後、終盤にアストロズが2点を勝ち越して5-7でマリナーズが敗れた)




4シームを投げなかった岩隈久志



5回1/3、打者21人、球数71、被安打5、被本塁打2、奪三振3、与四死球0、失点4、自責点4、防御率6.61

岩隈の投球データを毎試合MLB Gamedayを基に記録をつけている私である。この日、立ち上がりの1回すぐに過去2登板とは明らかに違う岩隈の差異に気付いた。

それは、球速のスピードダウンである。特にスライダーとスプリッターに顕著だった。(カッコ)内は今季の過去2登板平均球速

スライダー平均79.5マイル (81.3)
スプリッター平均82.6マイル (84.3)

今季過去2登板と比べた時に、約2マイルほど球速減だったのだ。この球速減、意図して投げていたのなら問題ないのだろうが、どう見てもそのようには思えない。腕を振って投げても、この程度の球速しか出なかったということになるのだろうし、NHK BS中継の解説者・武田一浩氏が指摘していたように、腕の振りが緩んでいたことが球速減、ひいてはキレや変化量の減少を生みだしていたのだと思う。

また、この日は、どういう訳か、4シームを投げなかった。MLB Gamedayで4シーム認定されているのは、2回7番・ゴンザレスの打席時、1-1からの第3球86マイルの投球である。ズニーノがインハイにミットを構えていたが、岩隈は嫌ったかのようにインローのボールゾーンに外す投球。この球は4シームではなくカッターだと思われる。とすると、本当に1球も4シームは投げなかったことになる。

90マイル(約144.8キロ)を継続した球も僅かに2球だけだった。ブルペンで調子が悪かったのか、どういう理由があったのかは分からないが、平均約144キロの4シームが消滅し、速球は平均141キロのシンカーに。打ち頃の球速になってしまい、さらに制球が甘くなったシンカーを集中的に打たれるかたちになっている。

相手打者からしてみれば、さしづめ打撃投手相手にバッティング練習をしているような感覚だったのかもしれない。これで被本塁打率は3.30である。

う~む・・・応援しているファンも困ってしまい、筆も進まない... 【終】

20150421DATA04.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
岩隈久志、2回まで5失点。エンゼルスの逆襲~2015年4月8日●SEA3-5LAA
精彩を欠いたコントロールアーティスト。6回途中4失点の岩隈久志、勝ちを消されて今季初勝利ならず~2015年4月14日●SEA5-6xLAD


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI







関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

そんなに心配することはない?

異常を指し示す球種データとのタイトルにちょっとドキッとしたのでいろいろ調べてみました。

>また、この日は、どういう訳か、4シームを投げなかった。MLB Gamedayで4シーム認定されているのは、2回7番・ゴンザレスの打席時、1-1からの第3球86マイルの投球である。ズニーノがインハイにミットを構えていたが、岩隈は嫌ったかのようにインローのボールゾーンに外す投球。この球は4シームではなくカッターだと思われる。とすると、本当に1球も4シームは投げなかったことになる。

結論からいうとこれはgamedayの球種判定の問題ではないでしょうか。
brooks(http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=4&day=20&year=2015&game=gid_2015_04_20_houmlb_seamlb_1%2F&pitchSel=547874&prevGame=gid_2015_04_20_houmlb_seamlb_1%2F&prevDate=420&league=mlb
)によると、FAが10球、SIが18球、FC(cutter)が3球となってます。
fangraphのチャート(http://www.fangraphs.com/pitchfxg.aspx?playerid=13048&position=P&season=2015&date=2015-04-20&dh=0)を見ても、分布の形はいつもと同じようで、FA判定されるところにプロットされているのがSI判定されています。そもそもFAとSIの区別は明確でなく、横変化量の違いしかなくて、変化も連続的なので、いままでもおかしな判定はありましたし。

同チャートの配球図を見ると、スライダーについてはよく制球されています。速球については、ゾーン内に収まってはいますが、真ん中から低めにかけて一様に散らばっている感じです。いいときは、低めに集まっているので、ちょっと浮き気味というところでしょうか。でもこのくらいの制球のときはたまにあります。今回はたまたまうまくHRにされたのかもしれません。

前回、四球が心配だといいましたが、これを見ると四球を避けたい意識からストライク集めすぎた結果なのかなとも思います。確かに四球を出しそうな感じはありませんでした。ストライク先行して長いイニング投げることを優先する意図があったとすると、そう悪くなかったのかもしれません。むしろ球数節約してきたのに71球で降ろしてしまった監督がその意図をわかっていなかったのでは。まあ勝ち星をつけたいという親心はわかりますが、リリーフも登板過多だったみたいで裏目にでてしまいました。クマには6-7回投げさせてほしかったですね。

それからもうひとつのほうはどうでしょう。

>球速のスピードダウンである。特にスライダーとスプリッターに顕著だった。
>今季過去2登板と比べた時に、約2マイルほど球速減だったのだ。
>NHK BS中継の解説者・武田一浩氏が指摘していたように、腕の振りが緩んでいたことが球速減、ひいてはキレや変化量の減少を生みだしていたのだと思う。

gamelog(http://www.fangraphs.com/statsd.aspx?playerid=13048&position=P&type=6&gds=&gde=&season=all)を見てみると、スライダーはこのくらいの平均速度のときは何回かあります。スプリッターは過去最低だった83.0より約1マイル遅くなってます。速球系(87.3)も一番遅く、過去87マイル台は4回あります。
腕の振りについては、見比べてみましたが違いがわかりませんでした。

たしかに懸念材料ではありますが、監督のインタビュー記事(http://m.mariners.mlb.com/news/article/119670854/seattle-mariners-manager-lloyd-mcclendon-not-worried-about-hisashi-iwakumas-rough-start-to-season)によると、監督はそんなに心配しておらず、むしろコマンドのほうを気にしているそうです。また、ビデオを見て修正を今行っているそうで(内容は公にできない)、それでまたもとのいい状態に戻ることに自信を持っているそう。
首脳陣がそういってるんだから、ここはそれを信じて大船に乗ったつもりで次回登板を待てばいいのかなと思います。

それから気になったのは、今年のテーマである高目が少なかったこと。ズニーノの高め要求は私調べで6回でした。次回以降高めを多めに攻めてほしいですね。

次の相手は5戦5勝で防御率0と完璧に抑えているMINです。今季初勝利をあげるのには願ってもない相手が回ってきました。これは期待できるのではないでしょうか。

Re: そんなに心配することはない?

k0418さん

なるほど。私も確認してみました。4シームの件ですが、fangraphsのPITCHf/xを見ると、過去3年はVertical Movementが5~10、Horizon Movementが-5~-10のゾーンに多くプロットされているのですが、本戦は4シーム含めて当該個所に1球も記録がないんですよね。ということは、いつもの速球が本戦では投げることができなかった、実際投げていても、いつもどおりの変化をしていなかったということですよね。k0418さんが仰るとおり、4シームがシンカーのような軌道を描いて、GamedayやfangraphsでSinker判定されていたと言えそうですね。

シンカーで浴びた被安打4本中、少なくとも3本は捕手の構えとは違って真中コースに入るコマンド不足の失投でした。これ、シンカーを投げるつもりでシンカーを投げていたら、昨年のように打ち損じやファウルになる確率も高かったのですが、4シームを投げようとして結果、シンカーの変化(日本で言うシュート回転)になっていたということであれば、打たれても、むべなるかなという印象です。

今となってみれば、球速減も制球不足も、本人が自覚できないレベルで身体に違和感があったのかな?ということになりそうです。その結果が右広背筋痛なのかなと。ともかく、原因がハッキリしたと言えそうで、ここまでの不調の理由が見当ついたことは、不幸中の幸いだったかなと。それにしても、今年のマリナーズ投手陣は、がんばっているのがキングとメディーナぐらいで、厳しいですね...

DLと最近の不調との関係をいろいろ考えつつ

どんな理由でもDL入りは残念。今年はマリナーズにとってもFAになるクマにとっても勝負の年だったのに。まずは2週間で帰ってくることを願うだけです。

>4シームの件ですが、fangraphsのPITCHf/xを見ると、過去3年はVertical Movementが5~10、Horizon Movementが-5~-10のゾーンに多くプロットされているのですが、本戦は4シーム含めて当該個所に1球も記録がないんですよね。

速球系だけの動きならわかるのですが、全球種にわたってVert.Mov.が下がっていて、チャート全体が下にずれていた感じだったので、これはこの試合通して測定がずれていたのではないかと思いあえて触れませんでした。
この試合に投げたメディーナ、ファーブッシュについても見てみたらやはり同様だったので、これは測定の問題だと思います。なんでこの項目に限り誤差が出るのかはよくわかりません。球場の違いなのかもしれません。

>今となってみれば、球速減も制球不足も、本人が自覚できないレベルで身体に違和感があったのかな?ということになりそうです。その結果が右広背筋痛なのかなと。ともかく、原因がハッキリしたと言えそうで、ここまでの不調の理由が見当ついたことは、不幸中の幸いだったかなと。

これは、そう考えたほうが安心できるんですよね。ただクマの発言を信じるなら、フォームの修正中にオーバーワークになってしまったとのことなので、不調とDLは関係ないことになるんですよね。本人の三味線でしょうか。
一時安心材料となった、監督が太鼓判を押したあの記事の中で、修正ポイントは公にできないとしたことがここにきて気にかかります。故障と関係あるなにかをつかんでいたため言えなかったとかかも。

そこへきて田中もDL入りのニュース。ついに日本人先発投手全滅になってしまいました。去年6人が先発しましたが、今元気なのは最年長の黒田だけという。
田中がTJSを受けたほうがいいのか私は結論が出てません。まあ、本人の言うとおりにさせればいいと思ってます。DL入り直前登板ではいい投球もできているので、このときは違和感はなかったんでしょうし、こんな感じで行けると思ったんでしょう。ただ、今後、何回もDL入りするなど、DLに入ってる期間が合計で長くなってくると、最初から手術しとけばよかったといわれるでしょうから、それを田中が嫌がれば、無理に復帰を早めるかもしれません。ちょっと打ち込まれるだけで手術といわれる中での復帰もまたプレッシャーになりそうです。厳しい状況ですね。

Re: DLと最近の不調との関係をいろいろ考えつつ

k0418さん

これは気付かなかった! さすがk0418さん!! ともあれ、復帰してくるのを待つより他にありませんね。
クルーズがバカスカ打っている割にはチームは波に乗れず、クマも歯がゆいでしょうが、しっかり治してもらいたいです。

>速球系だけの動きならわかるのですが、全球種にわたってVert.Mov.が下がっていて、チャート全体が下にずれていた感じだったので、これはこの試合通して測定がずれていたのではないかと思いあえて触れませんでした。
この試合に投げたメディーナ、ファーブッシュについても見てみたらやはり同様だったので、これは測定の問題だと思います。なんでこの項目に限り誤差が出るのかはよくわかりません。球場の違いなのかもしれません。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
31位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}