FC2ブログ

【気になる記事】 巨人に「第ニの2軍」「育成」最多23人 実践増やす狙い

スポンサーリンク

今朝の地元新聞、信濃毎日新聞のスポーツ欄に気になる記事がありましたので、引用します。

育成枠制度が出来たおかげで、
プロ野球(ここではNPBのこと)の夢を諦めざるを得なかったアマチュア選手に
広く門戸を空けることになりました。その功績は大きいと思います。

しかし、現行制度の不備は人数制限がない点。
下記記事にあるとおり、来季から巨人には育成選手23人が所属することになります。
これは事実上の選手の囲い込みではないか?

資金が豊富な球団によるダイヤモンド原石の大量囲い込みを許してしまうことになる。
もちろん、楽天野球団のような資金が乏しい球団はマネできるわけもありません。
ひいては、チームの格差が広がっていく。

(青田刈りをして、そこそこの好成績を1,2年収めさせた後に、
選手をその気にさせてポスティング制度でMLBに売る、なんていう球団も出てくるかもしれません)

この記事を読んで、僕の頭の中にイメージしたのはマグロのまき網漁法です。
まだ幼いマグロも大人のマグロもこれから子供を産もうとしているマグロも一網打尽にして獲る漁法。
資源の枯渇を招く漁法として近年批判が強まっているのですが、それです。

話を戻して、このことは当初から指摘されていたことですが、
いよいよ問題が表面化・本格化してきたと言えるのではないでしょうか?

育成枠にも人数制限を設けるべき、そのように思うのですが。

---引用開始---
「巨人に『第ニの2軍』」(信濃毎日新聞 12/25 紙面より)

23日、巨人は川崎市のジャイアンツ球場で育成選手による合同練習の最終日を迎えた。コーチ陣と3週間の濃密なメニューをこなした選手に、清武球団代表が熱っぼく語る。「第ニの2軍が成功するかは君たち次第。枠を空けて待っている」

 球界では異例の冬季練習だった。野球協約は、12月1日から1月31日の間に球団が選手を集めて合同練習することを禁じている。ただ、対象は支配下登録選手で、育成選挙は問題がない。川相2軍監督は「上との差を埋めるには練習をやり続けるしかない」と言う。

 ドラフト指名した8人を合わせ、来季の巨人は12球団最多の23人の育成選手を抱える。新人王になった山口、松本や星野(BC信濃出身)も育成出身だ。裾野を広げることで「今までにない選手が集まってきている」と清武代表。それを原石とすれば、磨くのは実戦の場。来季から2軍の下に置く「第ニの2軍」の最大の狙いは、ファームの大幅な試合数増にある。

 今季はイースタン・リーグの108試合に春秋の教育リーグなどを加え約210試合。これを270試合まで増やす計画だ。現在、総工費約3億7千万円をかけて2軍球場に証明塔を建設しているのも、来春から昼夜を問わずに試合を行うため。「純粋巨人軍で1日3試合やれる時代になった」と、清武代表は感慨深げに話した。
---引用終了---

---------------------------------------------
ベースボールタイムズオンライン
12/23更新しました。
「クリスマスプレゼント?!もしもらえるならこの選手」
http://www.baseball-times.jp/blog/report/shibakawa/101222
---------------------------------------------
ブログ村に参加しています。みなさんの御協力で楽天イーグルス部門1位に返り咲きしました。有難うございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらは1位になったり2位になったりです。宜しくお願い致します( _ _)人
人気ブログランキングへ


おかげ様でブログラムでも良い位置につけています。
blogram投票ボタン

SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス


ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

育成選手には球団それぞれの思惑があるようですね

 何か昔のドラフト外みたいだなぁなどと思ってしまいました。ルールが改正されNPB未経験である日本の野球選手は必ずドラフトで指名されないといけなくなりましたが、育成選手という制度で青田買いが許されるようになるということで結局昔に戻っていくのかなと。

 この記事を見ていると確かに読売の育成選手が23人と突出しているので目立つのですが、たとえばソフトバンクは16人いますし経営問題で前監督と揉め高年俸の選手をトレードで放出したこともあるロッテですら10人います(読売やソフトバンクの場合は支配下登録選手を自由契約とし育成選手で再契約する例も少なくありません。岩手出身の木村投手がまさにこの例でして・・・)。ですからやり方次第ですがイーグルスも現状の4人から増やすことは可能だと思います。ただ可能であるということと実際に行うかどうかはまた別で、現に日ハムや西武のように育成選手なしの球団もあります。ここに球団の色が出るかなと。

 記事にもあるようにファームの試合数が少ないということを問題にしている人もいましたし(確か野球評論家の江本氏が著書でそんなことを書かれていました)、どうなっていくのかもう少し経過を見守っていこうかなと。

Re: 育成選手には球団それぞれの思惑があるようですね

hati8025さん

コメント有難うございます。

>読売やソフトバンクの場合は支配下登録選手を自由契約とし育成選手で再契約する例も少なくありません。

この部分も本来の趣旨とは異なった運用をしているようにかねてから感じられ、甚だ納得できない点の1つなんですよねぇ。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}