fc2ブログ

敵軍投手による楽天打者圧倒力を診る~三球三振がきわめて少ない銀次、意外にも多かった岡島と藤田ほか

スポンサーリンク






ベールボールチャンネルさんへの寄稿開始!!
雑誌『ベースボールサミット』編集部運営の野球ネット・メディア、ベースボールチャンネルさん。中の方にお声をかけて頂き、しばらくの間、月1でコラムを書いていきます。寄稿した原稿のURLをリンクで御紹介します。みなさま、御笑覧よろしくお願いします。
◎デーブ新体制に欠かせない「足の演出家」―― 背番号23の復活を


楽天打者の三球三振数、初球内野フライ数を調査した



前回エントリーの続き。打者にとって最も屈辱的な凡退、投手にとって圧巻の討ち取り方を、三球三振と初球内野フライ凡退の2つに絞り、このデータを調査。まずは、楽天投手陣の打者圧倒力を確認する作業を前回試みた。

今回はその逆、楽天打者の三球三振、初球内野フライ凡退調査である。

敵軍投手に圧倒された打席が最も少なかった、あるいは、最も多かったのは、誰か?

下記で確認してみよう。

ブログ村投票のお願い
オフも定期的に更新します
どうぞポチっとよろしくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■2014年 楽天打者の三球三振、初球内野フライアウトの数


敵軍投手に圧倒されない最も優れた打者=銀次



打席に占める三球三振と初球内飛の比率。この割合が最も少ない打者が、敵軍投手に圧倒されることのない優れた打者と言うことができる。

今季その比率が最も少なかったのは、銀次だ。

509打席バッターボックスに立ち、三球三振は僅かに2個。初球内飛は3本。合計6打席は全体の1.0%だ。三球三振の1つ、9/30オリックス戦の6回、金子から喫したものは三振時に暴投が発生、振り逃げ出塁に成功したことから、事実上は5打席とも言える。

チームきっての元気印だ。リーグ屈指のバットコントロール力を持つバットマンでもある。その銀次が簡単に討ち取られてしまうと、チームの士気、応援しているこちら側のモチベーションにも影響してくる。その点では、銀次が敵軍投手に圧倒されるケースが滅多にない点は、楽天の「強み」の1つだと思う。

三球三振の年度別推移を見ると、僅か6打席の2010年はゼロ、59打席を記録した2011年は2個、打率.280でリーグ11位につけた2012年は5個、初の3割を打ちリーグ4位にランクインした2013年は6個、そして今年は一気に2個まで減らすことに成功した。

これは本当に凄いことである。

銀次の打撃技術が向上したことも大きいだろうが、一番は相手投手が銀次に三球勝負を挑みづらくなっているのだろう。この2年間でリーグ屈指の好打者である事実が、相手も広く認識することになり、警戒を強めている。そう見るべきだと思う。好打者の勲章と言える数字だ。

さらに驚かされるのは、ここまでプロ通算133個の三振の中、打者にとって最も屈辱的と言える全球空振りの三球三振が、下記の僅か1例しかないことだ。

2012年8/1ソフトバンク戦、0-0の3回2死1塁、攝津 (139外角St、127外角低めSin、球速不明の外角低めSin)

空振り率が物凄く低い銀次の特徴を良く表す記録だと思う。

粘り打ち・待球姿勢の嶋、本領発揮の1.2%



その銀次に肉迫する1.2%の比率は、嶋だ。

今季は持ち味の「粘り打ち」がさらに徹底された。1打席当たり平均球数を表すP/PAは昨年の4.10から今年は4.55へ上昇。これは四球王AJの4.43を上まわる数字だった。安打以外の出塁率IsoDは驚異の.112。追い込まれても球を良く選別しファウルで逃げる技術が冴えた。

初球内野フライが2本と少ないのは、簡単に想像ができる。今季の嶋はゴロ率が67.2%と異様に高かった。さらに初球スイング率も21.4%(ここでは犠打、犠打失敗凡打、バントファウルを正確に除いた数字)とリーグ平均を下まわる少なさだった。そのため、初球を打ちにいって内野にゴロを転がすことはあっても、内野に打ち上げてしまうことは少なかった。

それよりも際立つのは、432打席に立ち、三球三振が僅かに3個しかなかったことだ。全打席に占める三球三振の比率は、昨年の1.4%(507打席で7個)から今年0.7%に削減。

これは2球で追い込まれて0-2となった以降の打撃アプローチが改善されたからと言える。

下記表は、楽天の主な打者と、パリーグ他球団の主な打者を任意にピックアップし、カウント0-2で結果が出た打撃成績を一覧にしたものである。

これは当ブログが良く使用する0-2経由の成績ではない。0-2経由には0-2を通って最終的に0-2、1-2、2-2、3-2、4-2のカウントで終わった成績全てを含むが、ここでは0-2だけの成績を抽出している。

■パリーグ主な打者 0-2で結果が出た打撃成績一覧


粘り打ち・待球姿勢の嶋、本領発揮の1.2%



これをみると、0-2で結果が出たのは僅かに9打数。全350打数の2.6%の比率だった。この少なさは表中でも傑出している。他に銀次しかいない状況だ。

0-2でやすやすと討ち取られることなく、卓越した選球眼と粘りの技術を総動員し、カウントを1-2、2-2、3-2へと自身有利に辛抱強く作り変えていったことを表している。

0-2を経由した85打席中、フルカウントまで持っていったのはその29.4%に当たる25打席。そこで3本の安打と10個の四球を選ぶことに成功した。P/PA4.55を記録した嶋だが、0-2と追い込まれた85打席のP/PAは実に5.49。追い込んだはずなのに球数を多く投げるハメになる。これは相手投手からしたら最も嫌だっただろう。今季の嶋は0-2と追い込まれてからが、ある意味、真価を発揮していたように思う。

意外にも多い岡島、藤田の二桁奪三振



嶋、銀次の三球三振が大変少なかったことに比べて、岡島、藤田、AJ、西田の4人は二桁超えを記録している。

AJや西田は三振が100を超えており、そのため三球三振の二桁超えも容易に想像できる。特に西田の場合は、まだまだ経験が浅いから尚更だ。その三球三振もシーズン終盤になるにつれて少なくなってきた。開幕から7月までの221打席で11個の三球三振が、8月以降の194打席では5個に。場数を踏むことで西田の打撃アプローチも改善されてきた証拠と言えそうだ。

AJと西田とは違って、岡島と藤田の二桁超えは、私にとって予想外の結果になった。いずれも空振りが少ない左の巧打者だが、岡島は前年264打席で3個から今年618打席で11個へ、藤田は前年536打席で6個から今年579打席で13個に増やしている。

岡島は初の規定打席到達。藤田は初の全試合出場の年でもあった。シーズンフルで働き続ける難しさがこの数字にも表れているのかもしれないし、また、相手の対策が進んだ結果なのかもしれない。

敵軍投手に最も圧倒された打者



打席に占める三球三振と初球内飛の合計比率。今季のチーム平均値は3.1%だった。昨年が2.4%だったので、0.7%増の結果になっている。これは西田や小関など新進の積極起用が多かったことも影響しているのだろう。

その中、後藤と小関が7.1%を超えている。若手の小関は理解できるものの、十年選手の後藤がこれでは情けない。2011年打率.312を打ってリーグ3位を記録した好打者は、イーグルスの中で最も投手に圧倒されていた打者になりさがっていたことを表している。後藤の不振はこんな数字でも確認できるのだ。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
DeNA戦力外の藤江均。はたして楽天で「第2の福山」になれるのか?
【検証】 楽天がヤンキースから獲得したゼラス・ウィーラー Zelous Wheeler 今季成績を徹底解剖する
楽天投手の打者圧倒力を診断する~~投手別の三球三振&初球内野フライ獲得数を調査した


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}