FC2ブログ

【速報】 楽天 聖沢Xオリックス 金子千尋 12月19日 信州人プロ野球選手チャリティトークショー概要

スポンサーリンク

昨日12月19日(日)、長野市で行われた「信州人プロ野球選手チャリティトークショー」に行ってきました。

ホテル国際21の会場に約1000人を超える聴衆が集まって、楽天・聖澤諒、オリックス・金子千尋の信州人選手に、さらに特別ゲストに楽天・岩村明憲選手を迎え、この3人が中心となってトークショーは進みました。

(他にお笑い芸人のもう中学生(更科農業高出)と歌手の熊木杏里さんも)

20101220DATA1.jpg

司会は長野朝日放送の松坂彰久アナが務めました。

その内容を速報したいと思います。

なお、テレコで録音していたわけではなく、メモをとってただけですから、大まかな内容ということで御了承下さい。

~~~

おめでた発表から幕を開けたトークショー

──選手の紹介が終わった後、聖澤選手から重大発表?!
17日に誕生した第一子の長男の名前を発表しました。柊太(しゅうた)君とのこと。お笑い芸人・もう中学生のおかげ?で体重も判明。2995gだったとのことです。

打つ!と決めていた2010年最初の一球

──2010年開幕戦となった3/20楽天vsオリックス戦は信州人対決で幕を開けました。先発・金子千の初球は先頭打者・聖澤に投じたものでした。高めに入ったその初球ストレートを聖澤が一閃、痛烈なライナーでセンター前ヒットの快打で出塁します。
金子千:(初球を打たれて)正直焦りました。開幕戦なので初球から振ってくるだろうとも思っていた。全力で投げて完璧に打たれた。

聖澤:イメージどおりのセンター返しだった。前日から初球を打つと決めていた。今季は150本ヒットを打ったけれども、その150本もこの1本から始まった。初めの1本が大きかった。

──聖澤vs金子千の対戦時には?
金子千:あまり顔を見ないようにしている。聖澤とはこういう場で会うこともあるし、信州出身の後輩なので投げづらい。試合前に挨拶はするが、(金子千の)登板試合には聖澤が気をつかってくれて挨拶を控えている。

──お互いの選手評。ちなみに、2010年の聖澤vs金子千の対戦成績は22打数6安打7三振1四球1併殺打1二塁打でした。
聖澤:金子千は球のキレが他投手と違う。球が見えない(笑)、体が上手く反応してくれればという感じで打っている。変化球も多彩でストレートも速いのでお手上げです。

金子千:足が速いので、できれば出塁させたくない。盗塁成功率も高いので単打が二塁打と一緒なので、出さないように気をつけている。ポップフライでも打ってくれればありがたい。開幕戦初球を打たれて焦ったけど、その後は良い意味で開き直ることができて好投できた。

当たっちゃいました(笑)

──聖澤選手のプロ初ホームランについて。6/22西武戦、岸投手から記録。
聖澤:まさかホームランを打てるとは思わなかった。プロ入って3年目になるが、ここまで打てていなかったので打てるとは思っていなかった。当たっちゃいました(苦笑) (ホームランバッターでない選手が本塁打を打つと調子を落とすとよく言われることに対して)自分でもそのことは意識して勘違いしないようにと思って、それ以降はセンター前へセンター前へという意識でやっていた。

──今季の聖澤。ブラウン監督の抜擢の下、レギュラーとして活躍できた点について。
聖澤:左投手に対して打率が良かったので(.333、174打数58安打)、最後まで使ってもらえたのかなと思っている。

盗塁の秘訣は歩くこと?!

──聖澤の盗塁の秘訣
聖澤:電車の中で次に誰が降りるのかを予測している。盗塁するのに大切なことは投手の空気を敏感に感じること。普段からそういう空気を察知することを磨くようにしている。金子千は盗塁しにくい投手です(苦笑)。

(子供さんの「どうすれば足が速くなりますか?」という質問に対して)一番難しい質問。走る前に歩くことを大切にしている。猫背になっていないか?等、正しい姿勢で歩くことに注意を払っている。走ることよりも、日常的に歩くことのほうが多いわけで、正しく歩くことが走ることにも繋がると思っている。

20101220DATA2.jpg
(写真がヘッポコなのはiPhoneのためです。お許しを...)

──田中の熱愛報道の件。
聖澤:交際について知らなかった。報道された当日、ナインが田中のところにいって田中を囲み、質問攻めに。田中はそのとおりですと答えていた。

──星野監督就任について。
聖澤:(それぞれタイプの違う)3人の監督、名監督と野球ができるのを幸せに思っている。星野監督とは秋季練習でずっと視察されていたが、一度選手全体の前で話があった。一言一言が熱く伝わってきた気がする。

──楽天に岩村、松井稼、2人のメジャーリーガーが加わったことに対して。
金子千:2人とも対戦したことはまだない。

聖澤:先ほど岩村選手に挨拶させて頂きました(どうやらこの日が初対面だった模様)

──ここでゲストの岩村選手が登場。長野の印象について。星野楽天について。
岩村:今日は寒いけど会場の熱気で暖まらせてもらっている。長野にはオールスター含めて何度も試合で来ている。良い印象を持っている。星野監督になっただけで必ずチームが変わる。金子千は今季17勝で来季は20勝目標にしてくるはずだけど、(勝ち星は)楽天以外で良いんじゃないかと(笑)

──岩村への印象
金子千:反対方向にホームランを打たれるのは投手としては嫌なこと。僕からしたら(2人のメジャーリーガーが加わった)来季の楽天戦は楽しみじゃないですけど(苦笑)

聖澤:(岩村、松井稼が内野手のため)自分が外野手で良かったと思っている。外野に補強がなかったのでホッとしています(笑)

星野楽天、キーポイントは6番打者

──ここで司会の松坂アナが来季の楽天スタメンを勝手に予想。それを見ながら、岩村がコメント。(1番:聖澤、2番:松井稼、3番:鉄平、4番:山崎武、5番:岩村、6番:ルイーズ、7番:嶋、8番:牧田、9番:内村)
岩村:聖澤は1,2番のどちらかで起用されると思う。どんどん足でかきまわしてくれればいいのでは。(自分がヤクルト時代に相手チームの星野監督をみていて)星野野球は1,2,3番には足の速い選手を置いてくる。3番は足もあって打てる打者なので鉄平は適任かなと。6番がカギだ。星野中日が優勝したシーズン、4番にゴメスがいてゴメスを抑えても6番の山崎武が打点を稼いでいた。そういう意味でキーポイントは6番だ。

──岩村、松井稼がAKBと呼ばれていることに対して。
岩村:そういうこと言われていますけど、自分からは全く言ったことないです(苦笑)

──星野楽天が牧田、鉄平、聖澤の外野手トリオの愛称を募集していることについて
聖澤:新聞で報道を見ました。構想に入っているだけで(キャンプ~オープン戦で)結果を残していかないとと思っている。

──岩村の聖澤への期待
岩村:一緒に野球をやりたいんですよ。年60個盗塁してもらわないと。

金子千:オリックス戦以外で良いんじゃないかと思います。(来季の楽天戦に対して)打点あげる打者の前に走者を出さない。当たり前のことだが、当たり前のことをしっかりやっていかないと来季は勝てないと思う。

──ここで各選手への子供達による質問タイム。
金子千:(嫌いなバッターは誰ですか?という質問に対して)ホームランバッター。1人挙げるなら、西武の中島選手。ホームランも映し、ファウルで粘るし、内角も詰まって外野の前に落としてくるし、変化球もうまくひろってくる。

岩村:(高校でも野球を続けたいと思っているが中学時代にやっておくべきことは?という中学生からの質問に対して)野球が1番好きなことがまずとっても大事。その上で勉強することも大切。勉強の要領を覚えれば、野球の要領も大きくなる。あとはごはんを食べて体を作ることが大事。

聖澤:(素振りは1日何回しますか?という質問)素振りの回数が問題ではないと思う。練習を数で決めるのではなく、目標設定で決めることが大切。(今日はこのところを修正しようという)目標が達咳できたらそれで終わりという感じ。

弱小チームがのし上がるにはチームの和が大切

──岩村選手のメジャー話
岩村:(弱小チームをワールドシリーズ進出にまで押し上げた秘訣)はっきり言ってチームの和。そして自分達は強いんだという良い意味での勘違い。それまでのタンパベイレイズはドアマットと揶揄されていた(玄関に敷いてあって家に入った時まず最初に踏まれるため)。それが08年キャンプ初日、スタッフ、裏方の目の色が完全に燃えていた。

選手の目の色が燃えるのは当然のこと。スタッフの目の色まで燃えるようでないとチームの和はできない。そして勝ち癖をつけていく。昨年仙台でのCSを球場観戦したが、自身を持ってプレーしているように見えた。それが今季こんな成績であれだけ自信をもっていたのにどうしちゃったのか?という印象。

──岩村選手への観客の質問、チームに溶け込んでいくには?に対して。
岩村:そのところは一番気をつけているところ。楽天で言えば、聖澤や岩隈、山崎さんら生え抜きに対して気をつかう。彼らの前で自分から自分が入団することで優勝させるとは一切言わない。そして、ちょっと背伸びした自分を出すことが大事。

07年にタンパベイレイズに入団した時、移動中のバスの中でアカペラで歌を歌った。そうすることでチームに溶け込めるようになったし、08年にはみんなが自分のモヒカンをマネしてくれた。08年のタンパベイレイズは(選手個々をみれば)決して強い選手の集まりではなかったが、チーム力で勝利した。チームの和が大切。強い者が勝つとは限らない。勝利した者が強い。

~~おわり~~

.......とまあ概要はだいたいこんな感じでした。約2時間30分の中でプレゼントの抽選会やもう中学生のコント、歌手の熊木杏里さんのミニライヴ等があり、内容はてんこもり。非常に楽しめるひとときとなりました。

そういえば、来季の聖澤選手、バッターボックスの登場曲は、同郷の熊木杏里さんの「ホームグラウンド」にするそうです。



◎このトークショーの報道記事
「金子千“お得意様”楽天も来季は岩村警戒」(スポニチアネックス)
「【楽天】岩村が聖沢に60盗塁厳命」(日刊スポーツ)
「【オリックス】金子千「本当は楽天嫌い」」(日刊スポーツ)
「【楽天】岩村が「もう中学生」を好救援」(日刊スポーツ)

-------------------------------------------------
ベースボールタイムズオンライン
のコラム、12/18更新しました。
今回は「【記録/保存版】 楽天イーグルス 牧田明久 2010年 対戦投手別 対戦成績 打撃成績」
http://www.baseball-times.jp/blog/report/shibakawa/101218

こちらもぜひご一読を。「君を忘れない・・・チームを去った選手~楽天 渡辺直人選手」
http://www.baseball-times.jp/blog/report/shibakawa/101211
------------------------------------------------

---------------------------------------------
ブログ村に参加しています。長らく「楽天イーグルス」部門1位でしたが、現在2位陥落中...(T_T) なにとぞ御協力宜しくお願い致します。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しました。こちらも宜しくお願い致します( _ _)人
人気ブログランキングへ


blogram投票ボタン

SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス
ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}