FC2ブログ

【試合評】嶋基宏快打で2夜連続サヨナラ。ロッテ、西武とのゲーム差0.5へ~2014年9月9日(火)○楽天イーグルス8x-7オリックス

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆9/8配信最新号の主な内容は「楽天選手の主な同郷対決。その成績を確認する」です。



アンケート募集中。9/31まで。現在9名様応募中



アンケート「あなたが選ぶ楽天イーグルス歴代ゴールデングラブ」

詳しくは http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-2398.html にアクセス!

ルーズヴェルトゲームを制した嶋基宏のサヨナラ打



荒れに荒れたオリックス19回戦を最後に制したのは、9回裏、イーグルス2夜連続のサヨナラ勝利だった。

直前の9回表、守護神が犠飛を浴び7-7の同点とされた9回裏の攻撃だった。マウンド上は平野佳寿。イーグルスの先頭打者は、この日ベンチスタートで途中出場した藤田。その第1打席だった。149キロを連発され僅か2球で0-2と追い込まれた藤田だったが、その後3球連続ボールを見きわめるなどバッターボックス上での所作は冷静だった。3-2から1本ファウルを打って迎えたラスト7球目。平野佳が内角を狙ってきた144キロが甘く入ったのを中前へ快打。

無死1塁で5番・銀次が見事な初球送りバントを決めると、打席に6番・枡田を迎えたところで森脇監督自らマウンドへ。その枡田は敬遠気味の四球で歩かされて1死2,1塁になっていた。西田の進塁ゴロで2死3,2塁とし、バッターボックスは嶋基宏。この日、2点を追った4回1死3,1塁で浅めの右飛、同点の5回2死3,1塁で二ゴ。いずれも好機で凡退に倒れていた。

「最後に男になろうと」初球を打って出た。甘く入った148キロ速球を真芯で捕捉した。痛烈な打球が遊撃・安達の横っ飛びの先を中前へ抜けていく、連夜のサヨナラ劇!

アウト・塁状況が1死2,1塁でなかったのも僥倖といえた。今季ここまで同状況で嶋が放った全6本の打球。そのうち4本が実に併殺打だった。もしこの状況であの打球なら、2塁寄りに守備位置を取ったであろう安達の広大な守備範囲に収まっていた可能性もあったわけだ。

それにしても、スカッとする快音響いた嶋のセンター返しだった。背番号37のサヨナラ打が8x-7のルーズヴェルトゲームに終止符を打つ役割を果たしていた。

嶋基宏のサヨナラ打は、2010年5/29広島戦(3x-2)の永川勝浩撃ち中越安、2013年6/3中日戦(2x-1)の武藤祐太撃ち中安2013年7/26ロッテ戦(3x-2)の益田直也11球目撃ち中安に続く、自身4本目。

楽天のルーズヴェルトゲームは今季3試合目で通算10試合目。その戦績は6勝4敗としている。

■楽天イーグルスのルーズヴェルトゲーム戦績
20140909DATA06.jpg

4回裏、安達の落球を起点に3得点



1回表、先発・塩見が3本の長短打に四球を絡めて3失点。いきなりビハインドで始まった試合は中盤、両軍の激しい点取り合戦となった。オリックスが4回表、足を絡めて得点圏に走者を進めると平野恵の適時打でさらに1点を追加する。(楽0-4オ)

4点を追いかけたイーグルスは直後の4回裏、1死後のAJが打ち上げた2塁後方・中前のポップフライを遊撃・安達が落球。この遊飛失を起点にし、相手先発・左腕の松葉を攻略する。

1死1塁で銀次&枡田の同期コンビが連続二塁打をぶっ放すと、右中間を真っ二つにした慎太郎のツーベースが2点適時打に。さらに西田も右前に打ち返して1死3,1塁。この時チャージをかけた糸井が古傷の左膝をグラウンドに強打、直後の嶋右飛処理後に負傷退場となる。楽天は2死3,1塁から島内がボール先行2-0から高め速球を中前へ運ぶタイムリー。楽天はこの回、相手ミスから長短4本を集めて3点を返すことに成功した。(楽3-4オ)

塩見、痛恨の2者連続押し出し四死球



1点差に迫った直後の5回表、塩見にとって重要イニングになるはずだった。

ところが、1死後、ペーニャ、ヘルマンの両外国人にストライクゾーン真中に入る失投をカンカン安打されて2,1塁。6番・T-岡田を難儀の末9球目で左飛に仕留め、7番・川端の当たりは遊ゴ。討ち取ったか?と追われたがショート西田がファンブルしてしまう。

2死満塁で8番・坂口、9番・伊藤に対しての塩見のピッチングに狂いが生じた。

連日の闘将お小言が思わず脳裏を掠めて萎縮してしまったのか、坂口には真っすぐが高めにうわずり、ストライクが入らない。結局、3-1からフルカウントに戻したもののラストはアウトハイに速球が浮いて押し出しフォアボール。なおも満塁で9番・伊藤には内角狙いの投球がすっぽ抜けて押し出し死球。背番号11の自作自演で2点を失ってしまった。(楽3-6オ)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20140909DATA02.jpg
HANREI3.jpg

ハイバウンド攻撃、炸裂



再び3点を追ったイーグルスだが、中盤の点取り合戦はまだ続いていた。

直後の5回裏は相手の度重なる冒頭と、楽天攻撃陣による敵軍内野陣に重圧をかけていくハイバウンド攻撃が炸裂した。球場特性を巧く利用した叩きつける嫌らしい打撃がチームを同点に導き、相手先発・松葉をマウンドから引きずり降ろした。

その同点劇は先頭の1番・松井稼の今季28本目二塁打を皮切りに始まった。

その後1死3塁で岡島のハイバウンド攻撃が発動。これが平野恵投げられずのタイムリーのセカンド内野安打になる。その後AJがお散歩し、銀次の打席で相手バッテリーにワイルドピッチが発生。走者進塁して1死3,2塁とすると、銀次の打撃もハイバウンド攻撃。二ゴ時に三走が悠々生還した。なおも2死3塁でバッターボックスは枡田。この時、相手バッテリーに2個目の暴投が発生。三走・AJがクロスプレーの末、ホームを陥れている。(楽6-6オ)

逆襲の楽天。勝ち越しは翌6回裏のことだった。

マウンド上は二番手・マエストリ。回またぎだった。1死1塁で岩崎がセーフティーバント失敗。2塁封殺されて2死1塁になったところから勝ち越し劇が開演した。岡島の嫌らしい遊ゴを遊撃・安達がファンブル。2,1塁としてAJがデッドボール(手首付近に直撃。バットが握れないということで9回表にベンチに下がった。明日以降の出場が心配だ)で満塁、銀次の投ゴは高く弾んだ投ゴ。マエストリがジャンプして捕りにいきグラブに弾いて転々。球を見失った隙に三走・岩崎がが勝ち越しの生還。この試合、初めてイーグルスがリードするかたちを作った。(楽7-6オ)

ファルケンボーグ、捕まる...



イーグルスは5回裏2死満塁から継投に入っていた。塩見が作ったピンチで見事に火消しに成功した武藤が6回も投げて零封。7回は57登板目になった三番手・福山が三者凡退ピッチングを見せると、翌8回はクルーズが登場。制球難で2四球。得点圏に走者を背負ったが、最後はペーニャを力勝負で遊ゴに仕留め、ゼロを入れていく。

しかし、9回表、ファルケンボーグが誤算だった。制球定まらず、先頭・ヘルマンに3-1から四球をを与えると、ヘルマンの代走・岩崎に二盗され無死2塁。T-岡田が送りバントで1死3塁、同点の走者が3塁まで進んでしまう。7番・川端との対決は6球を数え2-2と追い込んだものの、ラスト低め投球をライト後方へ打ち返され、これが同点犠飛に。試合は土壇場で振り出しに戻ってしまった。(楽7-7オ)

9回裏は平野佳で、話は冒頭に戻る。オリ守護神を2夜連続でサヨナラ攻略したイーグルスは9/5の敗戦を挟んで再び4連勝。直近10試合を8勝2敗としている。

ロッテ、西武とのゲーム差を僅か0.5へ



同日5位・ロッテが4位・西武にサヨナラ勝利を収めたため、6/13以来約3ヵ月ぶりの単独5位浮上はならなかったものの、4位5位のゲーム差がなくなり、ロッテ、西武と僅か0.5差で追撃する体制が整っている。

ゲーム差は1位・ソフトバンクと20.0、2位・オリックスと16.0、3位・日本ハムと8.5、4位・ロッテ、5位・西武と0.5としている。

各種戦績は、後半戦18勝20敗、闘将復帰17勝18敗、オリックス戦7勝12敗、コボスタ24勝30敗、先制された試合11勝43敗の推移になった。

両軍のスタメン

オリックス=1番・平野恵(二)、2番・安達(遊)、3番・糸井(右)、4番・ペーニャ(指)、5番・ヘルマン(三)、6番・T-岡田(一)、7番・川端(左)、8番・坂口(中)、9番・伊藤(捕)、先発・松葉(左投)

楽天=1番・松井稼(指)、2番・岩崎(二)、3番・岡島(右)、4番・ジョーンズ(一)、5番・銀次(三)、6番・枡田(左)、7番・西田(遊)、8番・嶋(捕)、9番・島内(中)、先発・塩見(左投)


枡田慎太郎の勝負強さ



乗りに乗った時の枡田慎太郎は、銀次よりも手に負えないと思っている。相手バッテリーからみれば、ホームランという長打もあり逆方向にも撃つ力があるため、失投は許されない。粘り強く選球してくるため追い込んでも気の休まるところはない。

本戦でも見事な2点二塁打を放った枡田は、9回裏1死2塁、敵軍の将がわざわざ自らマウンドに歩を進めて守護神に事実上の敬遠を採るよう要求したことからも、その「怖さ」を垣間見ることができる。

8月に1軍復帰して以降の得点圏打撃成績は、25打席、21打数8安打17打点、7三振、3四球(うち2個が押し出し)、1犠飛、3二塁打、1本塁打、打率.381、出塁率.458、長打率.667、OPS1.125を数えている。

これで9/5ロッテ戦から5試合連続打点のクラッチヒッターぶりの槍働きになっている。

20140909DATA03.jpg

塩見貴洋の投手成績

4回2/3、打者27人、94球(1回当たり20.15)、被安打8、被本塁打0、奪三振1、与四死球5(四4死1)、失点6、自責点4。

初球27球・・・ストレート14、シュート1、スライダー7、フォーク2、カーブ3
2ストライク以降23球・・・ストレート12、スライダー6、フォーク3、カーブ2
ボール先行24球・・・ストレート10、シュート2、スライダー7、フォーク4、カーブ1

「今日は反省することだらけです。まず初回に3点を失ったことで、チームの勢いをそいでしまいました。それと四球が多すぎて、ピッチングになりませんでした。ここまでコントロールできないのは初めてで、攻撃陣のリズムをつくれず申し訳ないです」

精彩を欠いたのは3戦連続中5日の悪影響か?!



これで今季成績は6勝6敗は変わらず。防御率を4.52から4.67へ、QS率は41.2%としている。

残り登板数は多く見積もって4試合だろうか。残り全て勝たないと自身初の二桁はもとより、勝つ気持ちで臨まないと1年目に挙げた9勝到達も困難になりそうだ。

1回表の3失点は確かに不運に泣いた部分はあった。1死2塁で3番・糸井の打ち上げたフライがサード後方の左翼線沿いへ。西田、枡田が追いかけた先に着弾。ワンバウンドして客席に飛び込む先制のエンタイトルツーベースになった。この一打でリズムを崩したという見方もできそうだ。2死後にヘルマンを0-2から歩かせたところなどその影響とも言える。直後の2,1塁、T-岡田に高めに抜けた失投カーブを右中間へ打ち返され、これが2点二塁打になった。

しかし、終わってみれば、今日の塩見は球が走らず、制球もかんばしくないバッドコンディションだったと言えそうだ。

94球を投げて奪った空振りは僅かに2個。空振り率2.1%は今季自己ワースト3位に入る数字である。残り2試合は4/12ロッテ戦、このときは空振り率1.7%で3回途中3失点。もう1つは4/26オリックス戦。空振り1.1%で5回途中6失点。いずれも投球回を上変わる被安打を浴びていた。8安打を浴びた本戦でも球にキレがなかったのだろう。7月復帰以降の塩見の真っすぐ。その被打率は.260だったが、本戦では.741を示している。

ストライク率は61.7%。これも7月復帰以降では最低値。3球目2ストライク率の異様な低さが示すように、特に早いカウントから2-0、2-1といったボール先行カウントが大変多かった。

本戦不調の考えられる理由の1つが、自身初の3戦連続中5日の悪影響である。また、球審・佐藤が高めの際どい投球をストライク取ってくれないなど、球審の癖にも悩まされたと言える。しかし、やはり、大きな理由は前者の疲労からくるもの。また、塩見自身が語っているように連続四死球時は自分でも訳が分からなかったのだろう。

下記表は塩見の投手成績を相手打者の打順別に整理しなおしたものになる。今季の塩見も御多分に漏れず、9番打者に良く打たれている。被OPS1.018は4番に次ぐ高さで、被打率は.382。また、本戦でも2死から踏ん張りきれなかったように、2死得点圏での成績は被OPS.952、被打率.275と、こちらもかんばしくない結果が出ている。

■塩見貴洋、打順別の被OPS、被打率


20140909DATA04.jpg
20140909DATA05.jpg

松葉の投手成績

4回2/3、打者24人、96球(1回当たり20.57)、被安打7、被本塁打0、奪三振2、与四球3、失点6、自責点4。

投球回を上まわるヒットを松葉に浴びせたイヌワシ打線



今季初顔合わせになった相手先発・松葉はここまで17試合7勝1敗、防御率2.70の成績を残していた。5/11日本ハム戦で黒星を喫したのが最後で、翌5/18ソフトバンク戦以降、6連勝が続いていた。4回1/3で被安打5を浴びた5/26DeNA戦を最後に13試合連続で投球回を上まわるヒットを打たれていないという左腕だった。

あまり連打を浴びないという今季の松葉を攻略できたのは、セットポジションになってからの失投を一撃で仕留めることができたからだ。

1回裏2死2,1塁の好機で銀次が2-2から真中高めに抜けた失投142キロストレートを打ち返したが、今一つ伸びを欠く中飛に倒れていた。そのリベンジが4回裏、落球ミスで出塁したAJを1塁に置く1死1塁での銀次の打席だ。初球甘く入ったスライダーを右翼線へ打ち返した当たりがエンタイトルツーベース。客席に飛び込んだ際、不運だ・・・と感じたものの、逆に1死3,2塁という状況が松葉にプレッシャーをかけたのかもしれなかった。

◎◎◎関連記事◎◎◎
《塩見貴洋の前回先発試合》
【試合評】元気印の一撃がチームを今季初4連勝に導く! 銀次、大谷翔平との通算対戦打率を.353にする!~2014年9月3日(水) ○楽天イーグルス3-1日本ハム
《直近の試合評》
【試合評】辛島航9回113球の初シャットアウトでイーグルス千葉で2夜連続零封勝利~2014年9月7日(日) ○楽天イーグルス4-0ロッテ
【試合評】「野球は9回までだから」。報復絶倒。諦観を通り越し思わず笑うしかない星野仙一発言~2014年9月8日(月) ○楽天イーグルス5x-4オリックス


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

塩見もお疲れの様で…。

塩見も今季は故障明けの復活ということですから、松井裕と同じく疲れがたまっているのでは。今季は何球投げているのか?2000近くいっているのではないか。

今後の日程を見ると登板機会が3回ほど。
13日からの9連戦がありますが、松井裕・塩見は結果が悪ければ下に落として休ませた方がいい。規定投球回もタイトルにも届かないのだから。
なぜならこの2人は今の楽天先発陣に無くてはならない存在か?
そうではない。せいぜい4・5番手で内容が悪ければ下に落ちる、というレベル。則本・辛島とは違う。菊池と比較しても使ってみたい、と思わせるものが足りない。
下に1軍で先発で使ってみたい若手投手がいるなら、経験を積ませる意味でも彼らと入れ替える方がいい。

松井裕・塩見が次回どんな内容かはわからない。
ただ8・9日と同じような散々な出来なら監督は愚痴らず「(あいつは)今季はもういい。下で身体を休めて倉敷キャンプで鍛え直す」と下に落として、下から使える投手を挙げればいい。当然9連戦で中5日など厳禁。「下から挙げた投手を残り試合に先発で2回使える。彼らにも機会を与えて競争させないとね」と。

昨日の2軍戦、戸村は中継ぎでした。森が先発したが内容はちょっと…。
古川と戸村、悪くないと思うんだが。
今野は、1回は先発させてもいいと思う。但し則本のタイトルと辛島の10ケタ勝利次第だが。

Re: 塩見もお疲れの様で…。

ゴールドクラブさん

> 塩見も今季は故障明けの復活ということですから、松井裕と同じく疲れがたまっているのでは。今季は何球投げているのか?2000近くいっているのではないか。

既に2000球超えて現在2207球です。

1軍先発1585
1軍救援14
2軍608
合計2207
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}