FC2ブログ

【試合評】自力CS進出かすかな希望をつないだ松井裕樹133球の先発初勝利~2014年8月13日(水)○楽天イーグルス7-4ソフトバンク

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆8/11配信最新号の主な内容は「2軍デプスチャートを肴にファーム現状をあれこれ雑考する」です。




自力CS進出消滅の危機を、松井裕樹先発初勝利で切り抜ける



3位・日本ハムが勝利したため、本戦、もし楽天が負ければ、自力CS進出が消滅する。そんな瀬戸際の一戦だった。

数字上ぎりぎり残されていた自力CS進出という灯。それを消すことなく次戦へと繋いだのは、待ちに待った松井裕樹の先発初勝利、133球、渾身の投球だった。

相手先発は左腕の飯田。2週間前、山形での投手戦では6回までスコアボードにゼロを並べたものの、7回に内川に2点決勝二塁打を打たれ、飯田にプロ初勝利を献上。因縁の相手だった。

この16回戦も中盤5回まで両先発の投手戦になる。

味方打線が飯田好投の前に5回までノーヒットに抑えられてしまう苦しい内容を余儀なくされたが、松井裕も負けじとスコアボードにゼロを5つ並べる力投を披露する。

1回裏、1番・中村の先頭打者安打等で招いた1死2,1塁のピンチ。4番・李大浩、5番・柳田を低めの投球で封じて危機を脱すると、翌2回以降6回まで、怖い怖いホークス打線を相手に9三振、無安打に抑えていく。

先頭打者に四球を与えた5回裏は2度目のピンチ。2死2塁で打席は1番・中村。1打席目で巧打をされた左の好打者との対決は、10球を費やすフルカウント勝負になったが、ここで根負けせずに三振に仕留めたのも素晴らしかった。

ブログ村投票のお願い
読者の皆様の1票が励みになります
よろしくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

投手戦を制した中盤6回表、楽天の先制攻撃



5回終了まで0-0。両先発一歩も譲らない投手戦の展開で、先手を取ったのはイーグルスだった。

6回表、9番・島内からの攻撃。1軍復帰後、精彩を欠いていた3年目のバットからようやくチーム初安打が生まれる。

高めから入る甘いスライダーを捉えて右前に打ち返した当たりはシングルヒットコース。しかし、右翼手・長谷川が猛チャージで突っ込み、打球がその直前で着弾。対応できなかった長谷川は打球を弾いて後逸する。すぐさまセンター柳田がバックアップに入ったが、島内、この隙に乗じて好走塁。一気に2塁を陥れることに成功していた。

長谷川の脳裏には飯田が無安打投球を続けていたことがあったのかもしれない。まだ意識するようなイニングではないと言えたが、その誤判断が経験に乏しい飯田に動揺を引き起こさせ、イーグルスに味方した。

続く松井稼の打席、初球前に飯田がボークで無死3塁。松井稼三振後、藤田もワンバウンドのスライダーに三振。しかし、これが振り逃げ出塁になる。捕手・細川が球を前に弾き、処理した飯田が三走に気を取られて1塁投げられないという僥倖になった。

1死3,1塁で先制打は3番・岡島が左前へ流し打って叩き出している。その後、AJがお散歩して1死満塁で銀次が右翼線二塁打。この日楽天打者が苦しめられてきた飯田のスライダー。その数少ない失投をしっかり弾き返した打撃は、走者2人を悠々ホームに呼び込む追撃のタイムリーになった。(楽3-0ソ)

3点の援護を受けた松井裕。直後の6回裏、2番・今宮から始まるホークス上位打線をいずれもストレートでねじ伏せる三者三振に抑える圧巻の内容。

すると、翌7回表、イーグルスは三番手・嘉弥真を攻め2点を追加する。

1死後、再び戦端を切り開いたのは島内。松井稼も右翼線へ弾き返して1死3,1塁とチャンスを広げると、藤田の当たりは二ゴ。セカンド金子が処理にもたついている間、三走が生還。なおも1死2,1塁、3番・岡島、2本目のタイムリーは2-2と追い込まれながらも低めの難しい球を巧打する右中間二塁打になった。(楽5-0ソ)

20140813DATA05.jpg
HANREI3.jpg

終盤の試練を乗り越え、先発初勝利へ



点差が5点に広がった7回裏、球数99を数えていた松井裕が続投。ここで試練の時を迎えている。

先頭・柳田に二塁打。続く長谷川に8球粘られてのフォアボール。無死2,1塁のピンチで金子を一ゴに仕留めたものの、1死3,1塁から代打・鶴岡、9番・川島に連続タイムリーを浴びて2点を返されていた。

なおも1死2,1塁で打席は1番・中村。ボール先行2-1経由のフルカウント6球勝負。低めに誘いたいチェンジアップがインコースのストライクゾーンに抜けるコマンド不足の投球にはなったが、中村が1,2塁間にひっぱった当たりは平凡ゴロ。4-6-3の併殺網に収まる。この回だけで34球を擁し、球数は自己最多の133球。松井裕、最後は疲れの色を隠せず、気力を振り絞り、最強打線の反撃を見事、断ち切った。

イーグルスは8回裏から継投作戦へ。二番手で登板した福山が打たれた。

2死後、4番・李大浩に右中間フェンス直撃二塁打を浴びると、5番・柳田には0-2と追い込んでからの低めチェンジアップが思うように決まらない。結局、1塁に歩かせてしまって2死2,1塁、8月月間打率を.500に上げてきた6番・長谷川のバットが一閃する。

初球、アウトコース狙いの投球が真中へ。これを打ち返された瞬間、ああ、逝ってしまったかな・・・と一瞬ヒヤリとさせられたが、これが右翼ではなく右中間へ飛んだのが幸いしたか。3ランではなく2点二塁打に収まったのは、終わってみれば僥倖だったと言える。(楽5-4ソ)

1点差に肉迫された9回表、島内の猛打賞二塁打を起点に鷹にトドメの2得点



ホークスにじわり肉迫され1点差になってしまった9回表、その嫌なムードを振り払ったのが、この回の先頭・島内の猛打賞だった。ホークスはこの回から森福。アウトコースの出し入れで3-2と追い込まれながらも、ラスト甘く入った逆球を右翼ポール際ウォーニングゾーン内へと運ぶ悠々のツーベース。この先頭打者二塁打を起点に、相手野選、藤田のタイムリー、セカンド金子の送球エラー等も絡んでの2得点。追いすがるホークスに再び3点差のリードをつけることに成功。(楽7-4ソ)

9回裏は守護神ファルケンボーグ。古巣相手にヒット1本を許したものの、しっかり締めて12セーブ目。ようやく松井裕樹に先発初勝利がつく、終盤ハラハラドキドキさせられながらも、松井裕の133球に舌鼓を打ったナイスゲームになった。

楽天は連敗を6で止めると、8月ようやく2勝目。これでチーム成績は100試合40勝60敗の6位。ゲーム差は1位・ソフトバンクと23.0、2位・オリックスと19.0、3位・日本ハムと9.5、4位・ロッテと5.0、5位・西武と4.0としている。

各種戦績は、後半戦5勝12敗、闘将復帰4勝10敗、ソフトバンク戦6勝10敗、ビジター22勝29敗、先制した試合20勝13敗の推移になった。

両軍のスタメン

西田が2試合連続スタメンを外れ、休場。抹消する程度ではないものの、どこか身体を痛めてしまったのか?

楽天=1番・松井稼(遊)、2番・藤田(二)、3番・岡島(右)、4番・ジョーンズ(指)、5番・銀次(三)、6番・エバンス(一)、7番・牧田(左)、8番・小関(捕)、9番・島内(中)、先発・松井裕(左投)

ソフトバンク=1番・中村(一)、2番・今宮(遊)、3番・内川(左)、4番・李大浩(指)、5番・柳田(中)、6番・長谷川(右)、7番・金子(二)、8番・細川(捕)、9番・川島(三)、先発・飯田(左投)


20140813DATA02.jpg

7回、打者28人、133球(1回当たり19.00)、被安打4、被本塁打0、奪三振9、与四死球4(四3死1)、失点2、自責点2。

初球28球・・・ストレート13、スライダー6、チェンジアップ9
2ストライク以降51球・・・ストレート27、スライダー9、チェンジアップ15
ボール先行26球・・・ストレート22、スライダー3、カーブ1

松井裕樹「球数が多くなってしまい、最後は投げるボールに苦労しましたが、何とかイニングを完了することができました。今まではイニング途中で降板し、リリーフの方々に迷惑をかけていました。今日の目標はイニング途中で降板することなく、次の投手につなぐことだったので、それができたことは良かったと思います。毎回目標を持ってクリアしていくことが大事だと思うので、これからも1つ1つ成長していけるように頑張ります」

星野監督「よかったよ。あの打線に7回2失点。点の取られ方はよくないけど、まあまあというか、立派なもん」

得点圏、中村晃とのフルカウント対決を2度制す



平均こそ141.8キロに止まったが、球速表示以上に真っすぐが走っていた。ストレートの状態はブルペンから良かったと言う。その走った真っすぐを軸に据えた強気の投球が光った。

ストレートで奪った空振りは実に10個。その内訳を打者別に確認すると、長谷川4個、内川2個、金子2個、今宮1個、川島1個。長谷川、今宮、内川からは空振り三振を奪うことに成功していた。

ストライク率は64.7%。これは先発9試合の中で最多を記録した。事実、制球は後半戦ローテ復帰以降のトレンド同様、この日も安定していた。奪った三振9個のうち見逃し三振が空振りを上まわる5個を記録したことでも、その良さを確認することができる。

対戦打者別で診る本戦のポイント、ここまで7打数5安打3二塁打の内川を1打席目こそストレートの四球で歩かせたものの、残り2打席を二ゴ、空三振に抑えたことも大きかったと言える。しかし、私が注目したいのは、1打席目に低めスライダーを巧く拾われてヒットにされた1番・中村晃との対戦である。

残り3打席中、2打席は得点圏での勝負になった。0-0の5回裏は2死2塁、2点奪われてなお3点リードの7回裏は1死2,1塁、いずれもヒットが飛び出せば、その後の試合展開はどうなっていたか?分かららなくなっていた危険性があった。それだけにこの2打席、フルカウント勝負になりながらも根負けせず、ストライクゾーンの中で勝負できたのは、松井裕樹成長の跡と言える。

この2打席の結果球、実はいずれもチェンジアップだった。本戦試合前の時点で、松井裕は左打者に対しチェンジアップをほとんど用いていなかった。350球を投げてチェンジアップは4.0%に当たる僅か14球。しかし、本戦では左打者に対しチェンジアップを17%使用していた。この辺りは小関の好リード。

5回裏2死2塁での対戦では低めに投げ切りたいチェンジアップが高めに浮いてしまう失投になったが、恐らく中村の脳裏にチェンジアップという球種は無かったのだろう。タイミング合わずの空振り三振になり、それを見届けた松井裕はマウンド上でグラブをポン!と叩いてベンチに駆け足で帰っていった。

2夜にわたるチェンジアップの攻防



しかし、そのチェンジアップ、敵もなかなかどうしてさる者、あまり空振りをしてくれなかった。ここまで松井裕のチェンジアップ空振り率は27.3%。極めて高い値を叩き出していた。しかし、本戦では10.3%。その被打率もここまで.206と上々だったのが、本戦では柳田、鶴岡に安打を許して7打数2安打の.286。3割近くを打たれていた。

実はこの傾向は前日の試合から見受けられていた。前日の先発・辛島もチェンジアップを勝負球にする左投手。ここまで17.4%だった空振り率は13.3%に低下していた。.192だった被打率も前日.250を記録、ゴロを打たせたい球種で外野に飛球を打ち返される光景が目立っていた。

恐らくソフトバンク打線は、チェンジアップを武器にする左腕の辛島、松井裕に対して、チェンジアップを見きわめる作戦を敷いてきたのだと思う(ただ、松井裕が左打者にも多くチェンジアップを投げてきたことは不意を突かれた心地だろう)。もちろん、チーム状態の良さから個々の選手がそれぞれ上手く対応したとも言えるが、2夜連続でチェンジアップにあまり手を出してこなかったことを見ると、チーム一丸となって辛島、松井裕対策を講じてきた可能性も十分あるように思う。


20140813DATA07.jpg
20140813DATA03.jpg
20140813DATA04.jpg

苦しめられてきた飯田優也のスライダーを攻略



飯田の投手成績

5回1/3、打者23人、109球(1回当たり20.44)、被安打3、被本塁打0、奪三振6、与四球3、失点3、自責点3

7/30山形での一戦と同様、イヌワシ打線は本戦でも飯田独特のスライダーに悩まされていた。右打者は膝元から低めに決まるスライダーに手こずり、左打者はアウトコースに入るスライダーに後手後手を踏んでいた。

しかし、そのスライダーを島内、銀次の左打者が良い場面で攻略することに成功する。いずれも二塁打になったのが大きい。島内は6回、その後の3得点の口火を担う先頭打者二塁打に、銀次は走者2人を呼び込む2点二塁打になった。【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
《松井裕樹の前回先発試合》
【試合評】9回裏、胸が痛んだ6失点。末期症状のイーグルス、後半戦5カード連続負け越し~2014年8月6日(水) ●楽天7-8xロッテ
《直近の試合評》
【試合評】これが最下位チームの試合展開だ。星野楽天2夜連続サヨナラ負け。借金20の大台に~2014年8月7日(木) ●楽天イーグルス1-2xロッテ
【試合評】辛島好投も今季10敗目。3、4、5度。首を振って投げた勝負球を打たれたとあっては、致し方なし~2014年8月12日(火) ●楽天イーグルス1-2ソフトバンク


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}