FC2ブログ

【記録】 ホットゾーンを調査セヨ! 楽天 草野大輔選手の2010年ゾーン別コース別打率

スポンサーリンク

“遅れてきた天才打者” 草野大輔選手の2010年打撃成績まとめ記事。

vs全投手対戦成績」「打球方向」に続く第3弾は「ゾーン打率」に迫ってみたいと思います。

本題に入る前に、下記のように配球図の各コースに便宜上番号を割り振って、この番号をもとに話をすすめていきたいと思いますので、よろしくお願いします。この配球図は投手側からみた視点のため、草野の内角は当然向かって左側(1,2,6,7,11,12,16,17,21,22)になります。

なお、ゾーン別の算出期間は5/29~シーズン終了となっています(5/29から記録を取るようにしたため開幕~5/28までのデータはございません)。

該当期間の打撃成績は218打数60安打、打率.275となっています。

まずは打率.305を記録、パリーグ打率ランキング8位にランクインした2009年のゾーン打率を確認してみましょう。

■2009年のゾーン打率
Baseball Times3月増刊号『2010プロ野球プレイヤーズファイル』より。
各コースの上段・・・打率、中段・・・打数─安打、下段・・・本塁打、三振数


BT選手名鑑のゾーン別打率は配球図がボールゾーンこみで9分割、当ブログでは12分割。そのため正確な比較は困難かもしれませんが、大まかな推移は掴むことはできます。

2009年は外角に滅法強かったことが確認できます。

真中のコースも真中高め、ど真中で良い数値を記録。真中低めだけは.186と9コースの中で最低値となっています。

一方、苦手はインコースと言えそうです。134打数35安打、打率.261。中でもインハイが.234、インローは3割近くの.292となっています。

ということを踏まえた上で、2010年のゾーン打率を確認してみますと、、、

■全体
20101207DATA2.jpg
■OPSと二塁打、本塁打
各コースの上段から打率、中段が二塁打、下段が本塁打
20101207DATA3.jpg

OPSベースで判断すると、

2010年のホットゾーンはストライクゾーンの内角中段(12番)、ど真中(13番)、真中低め(18番)、アウトロー(19番)の4コース。

苦手コースはストライクゾーン上段全体(7、8、9番)と内角低め(17番)の4コース。

前年からの得意・不得意コースの変遷、特に顕著なのが高めのコースです。160打数48安打、打率3割と2009年は当たりが出ていたこのコースで結果を残すことができなかった点が印象的です。

内角高め・・・・・・昨年.234 ──→ 今年.188 (2,7番の合計)
真中高め・・・・・・昨年.333 ──→ 今年.120 (3,8番の合計)
外角高め・・・・・・昨年.323 ──→ 今年.226 (4,9,10番の合計)


低めのコースも前年.186と苦しんでいた真中コースがホットゾーンに変わったり、逆に.292の率を残していたインローで1割以上下げてしまったり、変遷はありますが、全体としてみると、ほぼ同値、正確に言えば微増しているのが判ります。

合計・・・・・・昨年.268 ──→今年.288 (16~25番の合計)
内角低め・・・・・・昨年.292 ──→ 今年.154 (16,17,21,22番の合計)
真中低め・・・・・・昨年.186 ──→ 今年.300 (18,23番の合計)
外角低め・・・・・・昨年.306 ──→ 今年.319 (19,20,24,25番の合計)


やはり、高めの球を安打にできなかった点が今季打率3割に届かなかった最大要因の1つと言えそうです。

次に、いつもは打率詳細の記事で紹介する球種別打率をここで確認してみます。
その後に直球、変化球のゾーン打率にいきたいと思います。

■草野大輔 2010年 球種別 打撃成績
(算出期間:3/20~9/20。草野の全打席)


直球打率.272、変化球打率.257。直球も変化球も打てていない結果となりました。今季打率.257ですから、そのような数字になってしまうのは仕方のないところですか。

変化球を細かくみると、苦手球種はスライダーとシュート。どちらも惨憺たる結果です。

一方、落ちる系の球種にはそれなりに対応できています。フォークが.258、チェンジアップが.323。三振も少ないのも特徴的です。ここは草野選手のストロングポイントでしょうね。

■直球
20101207DATA4.jpg
【訂正】18番の打率、正しくは.200です。

シーズン直球打率・・・打率.272 (169打数46安打)
ゾーン算出期間の直球打率・・・打率.317 (104打数33安打)


シーズンの直球打率は.272でしたが、ゾーン集計を始めた5/29以降は3割を記録しました。この期間、ストライクゾーンに入った直球は93打数31安打、打率.333と好記録を残すことに成功しています。しかし、課題はあるようで...

というのは、高めの球に上手くアジャストできなかった点が打率3割未達の要因ですが、ストレートでもそれははっきりと表れているのです。

ストライクゾーンの中段や下段では率を残しているものの、上段になるとガクッ!と下がってしまう傾向にありました。水色パネルがヨコに帯になって広がっています。症状がこれほどクッキリ出てくるのは珍しいです。(7,8,9番の合計・・・打率.186、43打数8安打)

■変化球
20101207DATA5.jpg

シーズン変化球打率・・・打率.243 (177打数43安打)
ゾーン算出期間の変化球打率・・・打率.237 (114打数27安打)


変化球でも高めの球を打ち返すことができていません。(打率.227、22打数5安打)

さらに、低めの変化球、特にスライダーにはやられっぱなしの傾向にあります。

とりあえず、下記2点の課題ははっきり浮かび上がってきたと言えます。

2011年に向けての課題
◎高めの球への対応・・・特にストレート
◎苦手球種の克服・・・スライダーとシュート


最後に得点圏のゾーン打率を掲載して終わりにします。

■得点圏
20101207DATA6.jpg

---------------------------------------------
ベースボールタイムズオンラインも宜しくお願いします。最新記事は12/3更新の「【記録/保存版】 楽天イーグルス 草野大輔 2010年 対戦投手別 対戦成績 打撃成績」です。
---------------------------------------------

---------------------------------------------
御訪問記念に何卒ブログ村への投票御協力宜しくお願い致します。皆様の一押しがブログ更新の原動力となっています。(((o≧人≦)
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しました。こちらも宜しくお願い致します( _ _)人
人気ブログランキングへ

SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
37位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}