FC2ブログ

【試合評】 まさかのまさかでしょう。犬鷲戦士、死地からの生還劇・福岡編~2014年7月5日(土)○楽天イーグルス7-5ソフトバンク

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆6/30配信最新号の主な内容は「枡田、島内、永井、戸村。気になる選手の2軍成績をチェック」です。




則本今季最短KOも、イヌワシ打線がサファテを攻略



4回1/3で5失点。前回対戦の5/2ソフトバンク戦以来、9戦連続クオリティースタート。その間、5度の完投、4度の完封。文句なしの成績を残してきた則本が捕まった。5回1死3塁、フルカウント勝負になった柳田に高め失投を中前へ弾き返され、2-4の2点差とされた則本は、ゾーンを上げて対応した吉村にも1,2塁間を破る右前安打を打たれ、1死3,1塁。5回途中まで10安打を許し、今季最短KOを余儀なくされていた。

その後、火消しの長谷部が後続を抑えると、戸村、西宮のブルペンリレー。継投に出てからは1点も許さない零封劇で、試合は9回表を迎えていた。スコアは2-5の3点ビハインドの状況。ホークスはこの回から守護神のサファテ。

前の8回表、イーグルスは四番手・五十嵐を相手に千載一遇のチャンスを作っていた。途中出場の岩崎、銀次の連打にAJが1塁に歩いて無死満塁。ここで反撃に転じなければならない絶好機で、ボウカー、岡島が2者三振。途中からマスクを被っていた小関も浅い中飛。無死満塁から3アウトまで無得点に終わった今季3度目の「悲劇」になってしまう。

絶好期を逃したイーグルスの9回表の攻撃は8番・西田の下位打線から始まる打順。

これは厳しいなあ・・・

99%心が折れかけていた中、まさかまさか!!  

クリムゾンレッドの死地からの逆襲劇が開幕している。

元気印の2点適時打に主砲の犠飛で、試合を振り出しに



西田、聖澤、松井稼。3者がサファテの高めに上ずり、球威がなかった速球をそれぞれ外野に弾き返し、3本のシングルヒットで無死満塁のチャンスを演出。

岩崎三振で嫌な雰囲気が漂い始めた中、それを払拭したのが楽天の元気印、3番・銀次の打棒だった。

カウントは2-2。アウトハイに入った151キロ速球。左打者にとって長打スポットになるゾーンの球を芯で捉えた一撃は、浅めの守備位置を取っていたホークス外野陣の間、左中間後方を真っ二つにしていく。走者2人がホームに帰り、スコアは4-5、1点差。

今季の銀次のカウント別打率をみると、2-2は.333。0-0から3-2まで12通りあるカウントで、最多14本を2-2で量産していた。右投手が投じるストライクゾーン外角高め投球。このゾーン打率は19打数6安打の.316。カウント打率、ゾーン打率、いずれも3割を記録する好状況で元気印のバットから快飛球が生まれていた。

同点の犠飛は4番・AJのバットから。なおも1死3,2塁で、慌てたサファテがインコースに投げ込んできた150キロ。力負けすることなく左中間に打ち返す犠飛。3塁から松井稼がタッチアップでホームを踏み、イーグルスは土壇場で追い着くことに成功した。(楽5-5)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
※訂正:ホークス投手陣の9回失点は5です。
20140705DATA02.jpg
HANREI3.jpg

闘争心を失ったサファテにトドメを刺す、岡島執念の右前安打



この後、同点止まりで終わらなかった所に価値があった。2死2塁でボウカー。1,2塁間を破る右前安打でつないだ。

2死3,1塁で岡島。5本の長短打を浴び3点を失っていたマウンド上のサファテ、もうこのときにはその表情に闘志を見つけることは難しかった。目が「ママ、助けて!」と言っている。打たれてベンチからコーチが歩み寄るでも、内野陣が声をかけるわけでもなく、孤独に苛まされていたサファテは、今季1番の頼りない表情を浮かべていた。

私はこの瞬間、イーグルスの逆転勝利を100%確信している。

速球に2度空振りし、2-2と追い込まれていた岡島。その間、1塁の代走・森山が二盗を成功させ、2死3,2塁に。決着は2-2からの第5球だった。低めに落としてきた変化球。岡島がくらいついた打撃は、セカンド左の1,2塁間。本多が必死に追い掛ける先を「執念」で右前へ抜けていったゴロヒットが決勝打になった。3塁から銀次が、2塁の森山までもがホームを踏む2点タイムリーは本戦のチーム13本目のヒットに。

2点リードの9回裏、斎藤が先頭の2番・今宮に四球を与えてしまう。塁上に無死の走者を置いて敵軍クリーンアップトリオとの対決。内川を左飛、守備固めに入っていた金子の代打・明石を空振り三振、前夜クルーズ打ちの同点打をみせたラストバッター長谷川には遊飛。

犬鷲戦士、死地からの生還は「(選手を)信じてあげれば、奇跡は起きる」と大久保監督代行大興奮、敵軍の将に「まさかのまさかでしょう」と言わしめた劇的勝利になった。

ここまで6回終了時に負けている試合で1勝38敗だったイーグルスに、4/22西武戦(○E2-1L)以来の2勝目が入る貴重な白星にもなっている。

則本の負けが消え、勝利投手は7回1死から1回2/3を投げた西宮が2勝目。斎藤が先日記録したNPBの最年長セーブ記録を塗り替える2セーブ目を挙げている。

これでチーム成績は73試合30勝43敗の借金13へ。西武が首位・オリックスを降しているため、順位に変動なく6位。

星野監督休養後11勝16敗、大久保監督代行指揮で2勝2敗としている。

両軍のスタメン

楽天=1番・松井稼(三)、2番・嶋(捕)、3番・銀次(一)、4番・ジョーンズ(指)、5番・ボウカー(左)、6番・岡島(右)、7番・藤田(二)、8番・西田(遊)、9番・聖澤(中)、先発・則本(右投)

ソフトバンク=1番・中村(左)、2番・今宮(遊)、3番・内川(指)、4番・李大浩(一)、5番・長谷川(右)、6番・柳田(中)、7番・吉村(三)、8番・本多(二)、9番・鶴岡(捕)、先発・中田(右投)


20140705DATA03.jpg

4回1/3、打者25人、100球(1回当たり23.08)、被安打10、被本塁打0、奪三振5、与四球2、失点5、自責点5。

初球25球・・・ストレート9、スライダー10、フォーク2、チェンジアップ2、カーブ2
2ストライク以降27球・・・ストレート16、スライダー3、フォーク3、チェンジアップ1

則本の談話「まだまだ未熟だということです。打たれすぎ。次、同じ過ちを繰り返さないことが重要だと思いますので、しっかり反省したいと思います」

則本、交流戦の疲れが出たのか。速球走らず・・・変化球甘く・・・



1回裏の立ち上がりは、場を支配する圧倒的な内容だった。1番・今宮は外角低めいっぱいで見逃し三振。2番・今宮にはインコースを厳しく攻めてイージーな右飛を打ち上げさせると、3番・内川には外角で追い込んでから高め147キロで空振り三振。微塵の破たんも見つけることができない完璧な14球スタートだった。

最速149キロを計測した真っすぐは、ストライクゾーンの両サイドいっぱにコントロールされ、スライダー等の変化球は低めに集める徹底ぶり。嶋の構えたミットをはずれて甘く入ったのは、3番・内川空振り三振の結果球、外角狙いの速球が真中高めに入ったあの1球だけだったように思う。

しかし、2回以降、一変する。

味方2点先制直後の2回裏、ゼロで抑えなければならないイニングで2失点。同点に追い着かれてしまう。先頭の4番・李大浩に低めフォークを巧くヒットにされると、1死後、6番・柳田に制球乱れてフォアボール。2,1塁でフルカウント勝負になった7番・吉村に右前へ綺麗に打ち返され、満塁。8番・本多には甘い失投スライダーを右翼フェンスギリギリまで運ばれ、これが犠飛に。この後、9番・鶴岡に初球外角146キロを測ったような右打ちに遭い、同点。まるで昨夜の最終回の再現を見ているようなシーンになった。

クリーンアップトリオとの対決になった翌3回表は2三振含む三者凡退で退けた則本。しかし、4回裏、再び下位打線に捕まってしまう。1死後、吉村、本多の長短連打攻勢で3,1塁とされると、2死後、1番・中村、2番・今宮に連続タイムリーが飛び出し2失点。(楽2-4ソ)

さらに5回裏にも先頭・李大浩にセンターオーバーのフェンス直撃二塁打を打たれると、その後、柳田に適時打を許し、5点を失った。

今から思えば、初回の圧巻投球は思い切り飛ばして入ったということなのだろう。

初回に見せた高度な制球力は2回以降、影を潜めてしまった。そのため、中段以高のゾーン被打率は16打数8安打の.500。制球も安定して成績も防御率1.29、3勝1敗と素晴らしい数字を残した6月の同値が.247だったことを考えると、コントロールが不安定だったことが、5失点の最大要因だろう。

さらにもう1つ。6月と比べると、ストレートも走らなかった。初回こそ3球で最速149キロをマークしたが、2回以降はなし。6/9DeNA戦から4戦連続で続いていた150キロ超えの球も、本戦ではなし。平均球速144.0キロ。145キロを下まわったのは6/3阪神戦以来、約1ヵ月ぶりだった。

2年目の則本は、フォーク、チェンジアップといった落ちる球を上手く織り交ぜてくるのだが、その落ちる球も本戦では機能しなかった。結果、ストレートとスライダーだけで全体の89.0%を占めるという偏り過ぎた球種割合になった。

それは、則本をストレートとスライダーのピッチャーという見立てをしたソフトバンク・藤井打撃コーチの評価どおりになり、対策を講じて臨んだホークス打線に良いように餌食にされてしまったとも言える。特に追い込んでからのスライダーも甘かった。

20140705DATA04.jpg
20140705DATA05.jpg

本来なら中田をKOしなければいけなかったイヌワシ打線



5回1/3、打者22人、91球(1回当たり17.06)、被安打5、被本塁打0、奪三振7、与四球2、失点2、自責点2。

終盤、奇跡の逆転勝利を飾ったイヌワシ打線だったが、本来なら先発・中田からもっと点を重ねなければならなかった。

先制劇になった2回表は1死後、ボウカー、岡島の連続二塁打で1点。先制二塁打の岡島を西田がホームに呼び込む左前タイムリー。これで2点を取っていた。

3点、4点と積み重ねて欲しかったのは4回表。

今シーズン既に中田から2本の一発を打っているAJが先頭だった。本戦1打席目は中飛ながらもウォーニングゾーンまで飛ばした大飛球。中田が警戒するあまり、ボール先行になって最悪でも歩いてくれるのでは?と思った打席だった。3-1からAJのバットが一閃。今度は左中間ウォーニングゾーンを襲う飛球になり、これがツーベース。

無死2塁で2回に二塁打をかっ飛ばしているボウカー、岡島と続くシーンだったが、ボウカー三振。岡島は8球粘って1塁に歩いたものの、1死2,1塁で藤田が三振、フルカウントでスタートを切っていたAJは三盗死の三振ゲッツーに。

結局、このビッグチャンスを逃したイーグルスは、5回は三者凡退、6回は得点圏に走者を進めたものの、あと1本でず、結局、甘い球も目立った中田に6回途中2失点のクオリティスタートに準じる結果を許している。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 大久保代行初采配に良く応えた松井裕樹45球の熱投で掴んだプロ初勝利~2014年7月2日(水)○楽天イーグルス2-0オリックス
【試合評】 楽天、自力優勝消滅。中5日の辛島、好調オリックス打線の歯牙に遭う~2013年7月3日(木)●楽天イーグルス4-7オリックス
【試合評】好投青山を5回で降ろした大久保采配が裏目に。福山打たれて今季初サヨナラ負け~2014年7月4日(金)●楽天イーグルス2-3xソフトバンク


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

ソフトバンク最後の打者はギダではなくて酒田出身の長谷川です。今日の長谷川はノーヒットの絶不調でした。ギダに回らなくて良かったです。

 今日の試合の当分お目にかかれないような大変珍しい試合でした(それでも私のなかでは2010年の対西武戦での5点差逆転が一番記憶に残ってますが笑)。投手陣では先発の則本のスピードがshibakawaさんのいう通り出てなかったのは疲労のせいもありますが同時にマウンドの相性もあるのかな?と思っていますがどう思いますかね?それと去年からの対SB戦では奪三振率は9を越えているのにそれ以上に打たれまくるというのがデフォでした。これは何かしらの問題があるんですかね?
 これも後を受けた長谷部、戸村、西宮辺りがしっかり投げてくれたお陰で今日の試合をモノに出来ました。現状の役割を見ると ビハインド→長谷部、戸村、クルーズ、松井裕、永井 接戦orリード時→西宮、福山 抑え→斎藤隆
とちょっとビハインドが多すぎるんですよね。最近の投球を見てると長谷部を接戦に上げて戸村を先発に持っていきたいですね。これも明日の美馬次第か?しかも辛島も不調なので何気に先発で固定できてるのがまさか則本と青山だけになるとは・・早く彼等にはオールスターブレイクを取ってもらいたいものです。
 野手陣も大久保監督の謎のポジティブ志向からの押せ押せムードでいけたのも大量得点に出来た一つの理由かなと思いますがそれでもあそこまで繋がることが出来たのはサファテの乱調もあってのことでした。明日はイップス気味の美馬がどう頑張るのか注目です!
 長文で申し訳ないです・・

不思議の勝ち

8回表で見るのをやめたので結果にビックリ。

イニングムービーで見直しましたが
サファテの調子がイマイチでしたね。

しかし、連打で畳み掛ける攻撃は
昨年の楽天を彷彿させるみごとな攻撃でした。

今年の楽天は「投手成績」「打撃成績」
それぞれだけ見るとこの位置にいるのが
不思議なくらいなのですが最近ようやく
かみ合ってきたような手ごたえを感じます。
(決して大久保監督代行の手柄とは思っていません)

しかし、ヒーローインタビューなし、ってのはイカンでしょう。
ワザとではないと思いますが前代未聞ですね。

Re: タイトルなし

みなたまさん

> ソフトバンク最後の打者はギダではなくて酒田出身の長谷川です。今日の長谷川はノーヒットの絶不調でした。ギダに回らなくて良かったです。

こりゃ、うっかり!

Re: タイトルなし

沖縄尚学!さん

>同時にマウンドの相性もあるのかな?と思っていますがどう思いますかね?

なるほど。私が見落としていた鋭い御指摘。本戦入れてヤフオクドーム3登板はいずれも思わしくない結果、唯一結果を出したのは今年のオープン戦、3/1で二番手で3回1安打4三振無失点だけ。コボスタは赤土で柔らかい中、他球場と比べてマウンドが堅いと言われている敵地のマウンドがフィットしていない可能性、ありそうですね。

>現状の役割を見ると ビハインド→長谷部、戸村、クルーズ、松井裕、永井 接戦orリード時→西宮、福山 抑え→斎藤隆 とちょっとビハインドが多すぎるんですよね。

今季はなかなか救援陣の役割分担も曖昧なままが目立ちますよね。西宮も28登板中ビハインドが21試合、福山も33登板中14試合がビハインド。負けが込んでいるチームはえてしてそうなるのでしょうけど。

>最近の投球を見てると長谷部を接戦に上げて戸村を先発に持っていきたいですね

良いアイデアですね。長谷部は直近打者30人との対戦で被安打は僅かに2本と好調ですし、これから連戦続きになるので、戸村を先発で使ってみてほしいですね。


Re: 不思議の勝ち


ざっぷすさん

>8回表で見るのをやめたので結果にビックリ。

普通、8回表で見るのをやめますよね。無死満塁を逃し、私もこりゃダメだなと思いました。

>今年の楽天は「投手成績」「打撃成績」 それぞれだけ見るとこの位置にいるのが
不思議なくらいなのですが最近ようやくかみ合ってきたような手ごたえを感じます

得失点差で算出するピタゴラス勝率なら、現在のリーグ順位と勝率はこのようになっているはずなんですよね。

1位:ソフトバンク.641
2位:オリックス.638
3位:日本ハム.529
4位:楽天.455
5位:西武.446
6位:ロッテ.400

ただ、打線は255得点。リーグ最下位。OPSでみても.678はリーグ最下位ですから、マギーの穴、ユーキリス大ハズレ、銀次離脱などもあって、ここまでは仕方がないですね。

下記に示したように、0~1点に抑えられた試合が全体の32.9%を占め、この割合もパリーグ最多でした。

◎試合数に占める0~1得点割合
楽天32.9% (24/73)
ロッテ25.7% (19/74)
西武23.6% (17/72)
日本ハム21.6% (16/74)
オリックス20.5% (15/73)
ソフトバンク17.6% (13/74)

一方、投手陣。失点279はリーグ3位の少なさ。防御率3.66はリーグ4位ながらも、下記に示したように、辛島、美馬が安定感を欠き、塩見も誤算などで、先発陣が試合を作ることができていないのが大きいでしょうね。

ただ、交流戦終盤から徐々に投打が噛み合い始めていますから、今後、期待したいところ。それにはやっぱり、先発陣がしっかり試合を作ってもらいたいところです。

◎チームQS率
ソフトバンク59.5%
西武56.9%
オリックス50.7%
ロッテ45.9%
日本ハム45.9%
楽天39.7%
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}