FC2ブログ

マリナーズ岩隈久志がブレーブス戦で今季4勝目を挙げることができたその理由~2014年6月4日○SEA2-0ATL

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆6/2配信最新号の主な内容は「連覇へ向けた昨オフ補強、ここで改めて振り返る」です。


20140605DATA04.jpg


ブレーブス戦で今季4勝。チームの連勝を5へ伸ばす



シアトルマリナーズは只今4連勝中。30勝28敗のアリーグ西地区3位。1位・アスレチックスとは6.0ゲーム差を離されているものの、2位・エンゼルスとは僅か0.5ゲーム差のところで推移している。

対するナリーグ東地区1位に君臨するブレーブスは31勝26敗。敵地インターリーグ2連戦の2戦目に岩隈が先発した。

試合は相手先発マイナーとの投手戦。7回まで1-0のロースコアゲームになった。先制はマリナーズ。4回表、先頭カノの安打出塁を起点にヒット3本を集め、7番・ガレスビーがフルカウント勝負の末、左前へ先制打。2点目が入ったのは8回表、代わったばかりの二番手投手から4番・ロメロ&5番・シーガーの中軸による長短連打攻勢で追加点を入れた。

7回まで投げた岩隈は96球無失点のクオリティスタート。8回からマウンドを救援陣に託し、メディーナ、ロドニーの継投リレーで零封。2-0で勝利し、チームの連勝を5に伸ばしている。岩隈は今季4勝目。

両軍のスタメン

マリナーズ=1番・ブルームクイスト(一)、2番・チャベス(中)、3番・カノ(二)、4番・ロメロ(右)、5番・シーガー(三)、6番・ズニーノ(捕)、7番・ガレスピー(左)、8番・ミラー(遊)、9番・岩隈(右投)

ブレーブス=1番・ヘイワード(右)、2番・B.アップトン(中)、3番・フリーマン(一)、4番・J.アップトン(左)、5番・ガティス(捕)、6番・ジョンソン(三)、7番・ラステラ(二)、8番・シモンズ(遊)、9番・マイナー(左投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
HANREI3.jpg

序盤球数過多でピンチ背負うも、好守備もみせる



1回表、味方打線が三者凡退ゴロアウトに倒れた後、岩隈がターナーフィールドのマウンドに初めて登板している。

立ち上がり、初回先頭打者に安打を許した。1回1番にヒットされたのは今季2度目。

2球目、外の真っすぐを右前に弾き返されてのシングルヒットだったが、この後、2者連続三振に取る。いずれも0-2と追い込んでからの三振劇。2番の右打者アップトン兄には低め誘い球を振らせ、3番左打ちのフリーマンにはインコースを速球で攻めて空振りを奪っていた。

2死後、4番・アップトン弟に追い込んでからファウルで3度粘られ、2-2からの第8球のヒッティングが1,2塁間突破。3,1塁のピンチを背負ったが、後続をイージーな三ゴに仕留めている。しかし、21球。立ち上がりに費やした球数では今季最多を更新している。

2回裏、この回も先頭にヒットを許した。横っ飛びしたカノの先を破られたが、後続を抑えている。

無死1塁、初回カノの1,2塁間ヒット性を好守でアウトにした7番打者の当たり損ねゴロは嫌らしい当たりになった。一塁方向に跳ね、ファースト左へ達しようかというバウンドゴロ。進塁打にはなったが、背走した岩隈が好処理をみせている。あの打球を一塁手ブルームクイストに任せて自らがベースカバーに入った場合内野安打になるという判断が機敏なフィールディングにさせたのだろう。素晴らしい守備を見せてくれた。

1死2塁、ここで8番シモンズが初球をあっさり打ち上げて二飛に倒れたのが大きかった。2死後バッターボックスに迎えた打者は投手のマイナーだったから、初球でシモンズを仕留めることができたのは、岩隈に幾分かの余裕をもたらしたはず。そのマイナーに追い込んでからファウルで粘られたのはやや想定外だったかもしれないが。結果球は低めに決まる素晴らしいスプリッターだった。(空振り三振)

3回表、岩隈の今季初打席は初球ストライクの後、2度空振りしての3球三振。

その裏、ブレーブスの打順が2巡目に突入、1番から始まる敵軍の攻撃になった。初球ストライクのストライク先行投球が光る。上位打線を遊ゴ、遊ゴ、空三振に仕留める本戦初の三者凡退投球。しかし、追い込んでからボール球が目立ち、粘られるファウルなどもあり、球数が多い。初登板のマウンドということも少しは影響したのだろうか? 1回21球、2回17球、そしてこの回18球、3回終了で56球と過多ペースだったが、しかし、4回以降、見事な球数調整に入っていく。

3イニング連続三者凡退。尻上がりに調子を上げる



味方が1点を先制した直後の4回裏、1打席目に8球粘られヒットにされた4番・アップトンから始まる相手の攻撃だった。この4番を初球打ちイージーな遊ゴに討ち取ったことでリズムが出てきたか、続く5番を3球三振、6番は2-2からアウトコースいっぱいのシンカーで見逃し三振。この回を9球で終えている。

5回表、岩隈の2打席目。フルカウント勝負からアウトハイに球がはずれて四球出塁。メジャー5打席目にして初出塁になった。

その裏、普段打席に立たない投手の場合、出塁後にリズムや調子を崩すことがありがちとされる中、岩隈は心配御無用。7番から始まる下位打線をきっちり3人、いずれもゴロアウトで片づける11球、3回から3イニング連続三者凡退としている。

序盤のピンチをしのいだ岩隈の本戦2度目のカギは、しいて挙げれば6回7回だったか。

6回裏は打順3まわり目、1番から始まる相手の攻撃。この日1回にヒットを打っていた先頭ヘイワードにセンター返しで出塁されていた。続くアップトン兄の当たりは三塁線へのゴロ。2塁封殺で1塁に兄が生き残る。正直、嫌な走者が1塁に残るかたちになった。昨年終了時で通算244盗塁の走り屋、足でかきまわされる恐れもあった。

当然、岩隈も相手が走り屋であることは把握していて、フリーマンの打席、2度牽制を入れる走者のケアを見せている。相手のエンドラン攻撃が2度ファウルで失敗に終わったこともあり、2-2と追い込むと、一走を釘付けにしたままフリーマンをスプリッターで三振に仕留め、2死。4番・アップトン弟の当たりはライナーだったが一塁手正面を突いた。この回も11球。

翌7回裏、本戦4度目の先頭打者安打出塁を許していた。しかし、さすがはクマ、後続を初球打ち4-6-3の併殺ゴロ。あっさりお得意のダブルプレーに取り、ピンチの芽を摘み取ることに成功している。

打者・岩隈の最終打席はその前、7回表にまわってきた。先頭のミラーがフォアボールで1塁に歩いた後の打席、初球でしっかり送りバントを決めてみせている。結局、本戦の打撃成績は空三振、四球、投犠。メジャー通算では4打数ノーヒット3三振1四球1犠打としている。

20140605DATA02.jpg

岩隈4勝目の背景に相手打線の迫力不足も



7回、打者26人、96球(1回当たり13.71)、被安打6、被本塁打0、奪三振7、与四死球0、無失点。

初球26球・・・4Seam10、Sinker3、Slider10、Splitter3
2ストライク以降37球・・・4Seam12、Sinker1、Slider5、Splitter19

「今日はしっかり左足を踏み込んで、腕もしっかり振れていましたので、この感覚が出ると大丈夫かなと思いながら、丁寧に投げることができたと思います」(日刊スポーツ)

これで4勝2敗、防御率2.66、WHIP0.93、QS率57.1%としている。インターリーグでは4登板目にして初勝利となった。

ブレーブスはナリーグ東地区1位とはいえ、打線の得点力は強烈ではなく、OPSは全30球団中24位。打率も同25位。規定打席到達打率3割打者が1人もいないという状況の中、一方で防御率2.98は全30球団中アスレチックスの2.91に次ぐ2位。今季の好成績は投手力が牽引するかたちになっている。

岩隈の好投はそういった相手打線の迫力不足に付け加えて、ブレーブスvs岩隈が本戦初顔合わせで、相手打者が岩隈の球の軌道、投球術に全く慣れていなかったことも要因として挙げられる。

その証拠と言えそうなのが、二桁を記録した空振り数。14個は5/8ロイヤルズ戦に次ぐ今季2番目に多い空振り数で、特にスプリッターで多くを奪うことができたこと。また、ファウルが合計30本と大変多く、相手打者がフィールド内に打ち返すことができずに四苦八苦していたことの2点で説明がつくと思う。

もちろん、2ストライク以降のファウルが12本あり、その多くが序盤3回までに集中していたことから、序盤の球数過多の原因の1つにもなっていた。そのため、粘られているという表現になるが、より正確を期すなら「辛うじて粘っている」というフレーズのほうが妥当になってくる。ファウルの中で良い当たりのファウル、果たしてあっただろうか?と振り返った時、全く記憶にないのだ。

制球良く、低めに球を集めゴロを打たせる本領発揮



ここ何試合かの中では制球は良かった。前回タイガース戦ではストライクゾーン真中(下記配球図の赤網掛けゾーン)に集まった球は全体の27.6%だったが、本戦では16.7%と10%以上の改善に成功していた。

低めに良く球を、特に変化球を低めに集める持ち味は本戦でもさすがで全体の83.9%が低めゾーンに記録されている。

ストライク超先行の投球で自身有利の状況を作り出していた。序盤は追いこんでからのボール球も目立ったものの、相手が自分の球にアジャストできていないと察知するや、ボール球をほとんど使わずに投げてきたように思われる。そのあたりの機微もさすが。

ゴロ率もすこぶる高く、外野に飛んだ飛球は1回ヘイワードの右安(ライナーヒット)、7回ガティスの左安(ライナーヒット)の2本だけ。3戦連続で浴びていた被本塁打もストップさせることに成功している。好投のもう1つの要因はストライク先行+ゴロ率の高さと言えそうだ。



スプリッター上々の機能



球種では前述のとおり、スプリッターが今季最高と言えるほど機能した。32球中、2ストライク以降での使用は59.4%の19球。追い込んでからのスプリッターが特に素晴らしく、8打数ノーヒット5三振と2回1/3分のアウトをスプリッターで獲得した。

6番サードで先発出場し3打数1安打ながらも7回裏無死1塁で初球をセカンド併殺打に倒れた相手主力選手ジョンソンは「右打者にはシンカーとスライダーで攻めてくるのが定石だと思ったが、そこにスプリットが入ってくると別の話。今日は打つチャンスをほとんどもらえなかったよ」とお手上げのコメントを残している。いつもより右打者に使うスプリッター割合が劇的に多かったわけでもないのだが(ここまで17.2%、本戦25.0%)、初顔合わせの相手には相当印象に残る嫌な球ということになりそうだ。

大半が右打者に使用されたスライダーも上々。時節、アウトコースを狙った投球が内角寄りに入ることはあったものの、この球種でも多くの凡打を量産させることができていた。

取り急ぎ、本エントリーはここまでです。【終】

20140605DATA03.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
岩隈久志3試合連続の8回100球未満投球。レンジャーズ打線を2失点に抑えて今季3勝目~2014年5月20日○SEA6-2TEX
“ミスター安定感”こと岩隈久志、泣くべくして泣いた2ラン2発。今季初黒星~2014年5月25日(日)●SEA1-4HOU
マリナーズ岩隈今季2敗目。強力タイガース打線の中軸「個の力」に呑みこまれる~2014年5月30日●SEA3-6DET


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

後ろからのアングルだがシュート変化が見られず

初対戦で右打者が多いということで、組みしやすいだろうと思って見てましたが、前半は球数を使ってしまいました。球数を使わせようという意図も感じたのですが、「辛うじて粘っている」というのが当たっているのかも。
4回からは、一転して、狙ってゴロを打たせるいいときのクマでしたね。見てて安心感がありました。制球も安定していましたし、計4HRを打たれての2連敗は単にめぐり合わせが悪かったということかもしれません。

今回は、映像の角度が違っていて興味深かったです。後ろからの映像、しかもターゲットフィールドのようにカメラが高いところにあるのではなく、グラウンドレベルに近い、ほんとの真後ろから。クマの投球は、くせのないフォーシームの球筋が印象的。スプリットの縦変化、スライダーの横変化など明確にわかり、教科書のようでした。
ツーシーム(シンカー)はどんな風になるのかと見ていましたが、この日はほとんど投げませんでした。数少ないシンカー判定された球も、沈みはするのですが、横方向のシュート変化はほとんど見られませんでした。画面の角度のせいかとも思いましたが、後で、Fangraphのpitchf/xチャート(http://www.fangraphs.com/pitchfxg.aspx?playerid=13048&position=P&season=2014&date=2014-06-04&dh=0)を確認しても、やはり横方向にシュートする変化はほとんどありません。
ツーシームが曲がらない日とかあるんでしょうか。今日はシュートしないなと思ったから、左へのフロントドアがなかったのかもしれません。このアングルで見てみたかったのですが。

さて次回は田中との投げあいが確定しました。ヤンキース打線には不安を感じないのですが、マリナーズ打線が田中のスプリットに簡単にやられてしまいそうで、厳しい試合になりそうです。
「岩隈がマリナーズに投げたらどうなるだろう」というフレーズが時々聞かれますが、まさにそんな感じの対戦になるのではないでしょうか。いずれにせよ、マスコミも盛り上げるでしょうし、楽しみな対戦です(1-0でもいいから、田中に投げ勝って、先輩の意地をみせてほしいところです)。

それでも来るの?

外野フライすら飛ばない良い内容でしたね。序盤は慎重に投げてたのでしょうか。
4シームが良くなってきた事で、2シームやスプリッターとのコンビネーションがかなりの脅威になるのではないかと思います。スライダーも良かったし。

明日のヤンキース戦、田中との投げ合いが消滅したのはあえてスルーしておきますが、元チームメートと言えば、
ライトはイチロー、去年対戦した時より調子が良さそうですし、ソリアーノが出てくるなら去年ホームランを打たれたリベンジに期待。
ショートはライアン。去年までよく守ってくれてましたが、相手側にいるのが何とも感慨深いです。イチローとライアンがいる守備はあらためて安心感がありますね。田中・黒田の時にヤンキース戦を見ていてそう思います。
でも普通にジーターが出てくるでしょうから、最後の対戦になるでしょうし、楽しみですね。
打線の援護にも期待です。

ところで、直接対決という事でJSPORTSにノムさんがゲスト解説だったのですが、クマだけでも来るのかな?今のところ来るみたいですが・・・。

No title

どうもこんばんは、ざくろです。
今回も詳細なデータ等お疲れ様です。

今回はやはり初めて投げる球場という事もあり、個人的にはまずそこが
心配だったんですが、ツインズのターゲット・フィールドでの初登板とは
違って、極端に制球を乱すという事も無かったので一安心でした。
投球内容としては、走者を出したからというだけでなく、初めての球場で、
更に初対戦の打者達ばかりという事もあってか序盤は慎重に投げているな、
という印象を受けました、より丁寧に、とでも言うか。
しかし毎度の事ながら、3回56球だったのに終わってみれば7回96球という、
相変わらずこの調整というか、修正能力の高さはとんでもないなと。

この試合は走者こそそれなりに出しつつも、極端なピンチや完璧な投球、
というような何かは無かったのでさしたる感想は無いんですが、
強いて言えば、やはり相手投手マイナーへの投球でしょうか。
投手のマイナーが打席に入ってファウルで粘られたのは想定外でしたよね。
ただマイナーも岩隈に四球や犠打を決められているので、お互い、
相手投手が打席へ入った際の投球が勝敗に影響したわけではないものの、
ホントお互い相手投手への投球が少し予定外だった部分はあるでしょうか。

岩隈の打席自体は、こればかりは楽天時代の交流戦から、
まぁ、決して期待出来るような打席ではなかっただけに、打撃への期待、
というよりも単純に「楽しみ」というだけで見ていたんですが、
1打席目は全く当たる気配のない空振り三振で「あぁやっぱりか」
それが2打席目は妙にマイナーが制球に苦しんでまさかの四球。
3打席目は初球でやたらと上手い犠打、ちょっと上手すぎだろうと(笑)
ベンチへ戻った際にチームメイトから笑顔で「ヘイ、クマ!」
と出迎えられてたのは微笑ましかったです、そりゃ驚くよなと(笑)

マリナーズ野手陣としては、個人的にはガレスピーでしょうか。
岩隈の試合でガレスピーがヒットを打ってくれたのはこの試合が初めてで、
更にタイムリーまで放ってくれたり、貴重な試合になったなと。
一方、初めて4番に抜擢されたロメロ、正直試合前は「ロメロが4番…」
と不安だったんですが、こちらも同様に奮闘してくれたので、連勝中で、
それでも打線をいじった結果が実ったわけなので、結果論になりますが、
監督としても中々采配面で充実を感じた試合だったんじゃないかなーと。

他には、やはり8回表にシーガーが取ってくれた貴重な2点目。
これはもぅホント嬉しかったですよね。
球数的に岩隈が7回で交代するのは目に見えていましたし、
なのにまだ2回も残っていて、しかも点数はたったの1点差。
失礼な話ですが、これはもうどう考えてもロドニーによる熱い同点逆転の
展開が繰り広げられるのでは…と心配していたところにシーガー。
去年から何度もシーガーには助けられていますが、ホントさすがだなと。

あとは、個人的に少しだけ期待していた日米通算1500奪三振。
さすがに試合前の時点で残り10個という数字だったのでこの試合での
達成はかないませんでしたが、これに関しては、余程の事が無い限りは
明日の試合で確実に達成出来るでしょうから、なんとか明日は勝利して、
それで記録を祝いたいところですよね。
それで、その三振に関してなんですが、この試合ではブレーブスの3番、
フリーマンを3打席連続で空振り三振に仕留めていましたが、元々岩隈は
そんなに三振を狙わないという事もあり、三打席連続で、しかも
全てが空振り三振、というのは非常に珍しいなと思いました。

ところで、ファンのよく目かもしれないものの、正直この試合の球審は
岩隈にだけ妙に判定が厳しいなという印象を受けました。
一方のマイナーに対しては逆に、妙にゾーンが広いなと。
勿論岩隈もボールゾーンに外れたのにストライクを取ってもらえた、
というケースは何度かあったものの、6回表のシーガーを中心に、
何度かマリナーズ側の打者がストライクのコールをされた際に球審に
対して何かしら言っている光景が何度も見受けられたり。

さて、明日は遂に岩隈田中…のはずが、幸か不幸か雨天順延で田中は
明後日にスライドになってしまいましたが、この辺りは、
ファン心理としても中々難しいところでしょうか。
投げ合い自体を見たい気持ちはあっても、お互いのファンは当然自分が
より好きなほうの投手には負けてほしくないですし、かといって相手が
打ち込まれたりするのもイヤだし…で(笑)
個人的には、どうせ投げ合いが実現しなくなるのであれば、岩隈には
移動日を詰めて中4日、今朝のレイズ戦に投げてほしかったなーと。
レイズには3試合連続で降板後に勝ち投手が消える、という非常に
苦い思い出があるので、なんとか打破したいですし、今朝の試合なら
プライスとの投げ合いが再度実現する事になったので、出来れば
コッチのほうが個人的には岩隈田中よりも見たかったかなーと。

何にせよ、明日の岩隈、明後日の田中、お互いズレた事で、
当初の予定とは違う相手先発が好投して岩隈田中共に負けました、
とかいうお約束の嫌な展開にだけはならないようにと!(笑)
しかし岩隈、また相手先発が左ですか…今年多すぎだろうと…(笑)

No title

中4日レイズ戦に登板で直接対決が消える目があるなと思っていました。エラスモ・ラミレスを飛ばした方がチームとしては勝つ確率も高くなるし。でも、マクレンドン監督が「お金を払ってでも見たい対決だ」と言っていたし、今回は監督自身が楽しみにしていたのだろうと。田中ばかりが注目を浴びているが、クマも、いや、クマの方がすごいんだぞというのをアピールしたかったのだろうと思ったりします。
実際に圧巻のピッチングで勝てばそうなるだろうし、まあ、逆の目もありますが。あくまで、クマ側の意見ということで。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}