FC2ブログ

【試合評】打線の無援護。劣悪な状況が辛島航を追い詰めた~2014年5月24日(金)●楽天イーグルス1-5中日

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆5/19配信最新号の主な内容は「交流戦前日程を終えて。shibakawaによる主要投手寸評」です。




予想外の投手戦に耐えきれず4回辛島四球から2失点



谷繁ドラゴンズを迎えての2連戦の初戦。竜の先発は防御率4.36、QS率50%のカブレラだった。楽天は今年のオープン戦で2度対戦があり、28打数10安打の対戦打率.357と打ちこんでいた。まとまった点は取ることができるのではないか、そんなイメージだったのだが、序盤3回までスコアは0-0。予想外の投手戦を強いられてしまう。

前夜、則本完封で連敗を止めただけにこの一戦が持つ意味は大きかった。しかし、この思ってもみなかった試合展開に楽天先発・辛島が耐えることができなかった。約1ヵ月ぶりの連勝はお預けになってしまった。

4回表は3番・森野から始まる相手のクリーンアップトリオとの対決。その先頭・森野を1塁へ歩かせてしまう。3球目で1-2と追い込んだ辛島有利のカウントだったが、そこからの勝負球となる低め変化球が思うように操ることができなかった。今季オープン戦で3打数2安打と打たれていた嫌なイメージがあったのか、自慢の低めへの制球がままならない。

無死1塁で4番・ルナ。今季も好調、9試合連続安打を続けていた2年目ドミニカンに先制三塁打を浴びてしまった。ここも0-2と追い込んでおきながらの失投劇だった。第3球インコースを狙った速球が甘く入ったのをルナがバット一閃。打球は右中間後方へ伸び、ワンバウンドでフェンスに達する悠々のスリーベースとなった。(楽0-1中)

なおも無死3塁のピンチは1死後、ボール先行2-1から甘く入ったチェンジアップをセンター返しされ、2点目を失ってしまう。打者有利カウントで低めにチェンジアップで誘いをかけることで、空振りもしくはファウルを狙った配球は間違いではない。しかし、嶋が構えたミットの位置より上に入ってしまったのが、致命的になった。(楽0-2中)

この後、今季初スタメンの捕手・武山にもヒットされ、堂上直にはフルカウント勝負から四球、再び傷口を広げて1死満塁と窮地に立たされたが、投手カブレラの打席を挟んだこともあって、難を切り抜けた。

ブログ村投票のお願い
正直、今季はモチベーションを失いかける瞬間が多いです。
そんな中、読者の皆様のご訪問、ポチッが励みになります
どうぞよろしくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20140523DATA02.jpg
HANREI3.jpg

チーム初安打が辛島のプロ初安打というお寒い状況



一方の楽天打線、チーム初安打は3回裏2死、投手・辛島のバットから生まれた。ボール気味のアウトハイの球を左前へ流し打った当たりがプロ初安打。打撃が本業ではない辛島がチーム初安打なのだから、本戦の打線がいかにお寒い状況だったか、御覧にならなかった方にも想像していただけるかと思う。野手初安打は5回裏1死、松井稼のセンター返しまで待たなければならなかった。

続く7番・西田の打席時、カブレラのボークで一走・松井稼が二進。これがチーム初のスコアリングポジション進出となった。しかし、後続が凡退。西田はカブレラに10球投げさせたが最後はショートへのハーフライナー。8番・嶋の右打ちは右翼後方を襲ったものの打球が失速、ライト平田のグラブに収まってしまう。

味方が初の好機を逃してしまった直後の6回表、無死1塁で5番・平田に逆球の速球をセンターバックスクリーン左、ちょうど中継カメラが陣取る位置に叩き込まれる痛恨の2ラン被弾。「あれで正直言って(負けは)決まりだね」。試合後、指揮官がそう振り返る残念なシーンになってしまった。(楽0-4中)

7回は両軍1点ずつを取り合った。7回表に二番手・青山が自らの1塁ベースカバー不徹底で出した先頭打者内野安打出塁を起点にされ、その後満塁のピンチを招いて和田に犠飛を浴びる。その裏のイーグルス、1死後、AJ、ボウカーの長短打攻勢でボウカーが右前へタイムリー。1点を返してなおもチャンスを作り2死2,1塁、嶋の1,2塁間をしぶとく破る右前安打でボウカーが本塁突入。しかし、ライト・平田からのワンバウンドストライク好返球に遭い、本塁憤死。2点目が入らない。(楽1-5中)

結局、イーグルスは1-5のまま敗戦。終盤8回あたりだったろうか、試合の行方を諦めたファンが早々に帰り支度をして帰路につくシーンを中継カメラが射抜いていた。

これでチーム成績は44試合18勝26敗、借金は再び今季最多タイの8へ。順位は5位のまま。ゲーム差は1位・オリックスと10.5、2位・ソフトバンクと10.0、3位・日本ハムと4.0、4位・ロッテと3.5、6位・西武と3.0としている。交流戦成績は1勝2敗で7位。

5月成績は6勝10敗、コボスタ戦績は8勝14敗、先制された試合は3勝19敗、6回終了時負けている試合は1勝24敗、中日戦は通算18勝22敗1分としている。

3番、5番に呪いでもかかっているのだろうか



前日に続いて銀次が体調不良で本戦もベンチ入りをはずれている。イーグルスオフィシャルライヴの実況・上野晃アナの言葉によると、あの元気印の銀次が本人自ら具合が悪くて無理だと訴えているのだという。登録抹消するほどではないにしても、相当なのだろうと見当がつく。

銀次を欠いたイーグルス、前日は嶋をプロ初の3番に抜擢。嶋本人は荷が重いとこぼしていたそうだ。本戦は聖澤が今季初の3番へ。しかし、第1打席こそ四球を選んだものの、その後は空三振、一ゴ、遊ゴと不発に終わった。

両軍のスタメン

中日=1番・大島(中)、2番・荒木(二)、3番・森野(一)、4番・ルナ(三)、5番・和田(左)、6番・平田(右)、7番・武山(捕)、8番・堂上直(遊)、9番・カブレラ(右投)

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・聖澤(中)、4番・ジョーンズ(一)、5番・ボウカー(左)、6番・松井稼(三)、7番・西田(遊)、8番・嶋(捕)、9番・辛島(左投)


5番にはボウカーが復帰。2三振の後、7回にようやくタイムリーが飛び出したものの、4打数1安打1打点3三振の結果。

依然として3番、5番の大穴を塞ぐ目処はつかない危機的状況は変わらない。

本戦試合前まで得点圏での直近50打席(5/11ロッテ戦の7回無死3,2塁嶋の打席以降)でイーグルスの打者が放ったタイムリーヒットは、前夜藤田の2点適時打1本のみという状況だった。この間、打点がつかないヒットが3本、犠飛が2本、内野ゴロ時の得点などあったが、適時打は1本だけだった。

50打席中、クリーンアップにまわったのは約半数の22打席、この22打席でタイムリーがない状況が今のイーグルスを良く表している。

3番、5番に呪いでもかかっているのだろうか



銀次が当面不在であることを前提にすると、敵地でのラインアップは、こんな感じも1つの選択肢かもしれない。

1番・岡島(右)、2番・西田(遊)、3番・牧田(左)、4番・ジョーンズ(指)、5番・藤田(二)、6番・松井稼(三)、7番・ボウカー(一)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)

5月月間打率=岡島.250、藤田.268、聖澤.143、ジョーンズ.360、ボウカー.206、松井稼.234、西田.239、嶋.225、銀次.308、牧田.321

5月に入り、好調だった藤田や嶋も調子を落とし気味。上記選手の中で打率3割超えを記録しているのがAJ、銀次、打席数が少ない牧田の3人というありさまである。はっきり言ってこれでは誰が打線を組んでも決定打といえるラインアップは無理な状況なのだが、とにかく一発があって出塁能力に長ける4番AJの周囲、3番、5番を決めなければならない。今、チームでそれなりに安定していると信じたい2人を3番、5番に配してみたいと思う。(正直、牧田に頼らざるをえないところは苦渋の決断だ)

20140523DATA03.jpg

打線の無援護が辛島のピッチングを苦しくさせている



6回、打者27人、103球(1回当たり17.17)、被安打6、被本塁打1、奪三振6、与四球3、失点4、自責点4。

初球27球・・・速球15、スライダー/カット7、チェンジアップ1、カーブ4
2ストライク以降28球・・・速球11、スライダー/カット6、チェンジアップ10、カーブ1

辛島登板試合の味方打線の1試合平均得点は3.22。しかし、中には5/11ロッテ戦の11得点などイレギュラーな爆発劇があるので、実質的には2.12といったところだろう。相手先発が岸、ウルフ、大谷という好投手と当たることが多く、打線の援護に恵まれない不運が続いている状況で、本戦のカブレラは点が取れるのでは?と思ったところ、想定外のロースコアゲーム。この状況が辛島を追い込んだと言える。

与四球率は前年2.90から改善されて今年2.24。しかし、フォアボールから必要以上にタフな投球を強いられたり、崩れてしまうケースが目立っている。失点にはつながらなかったものの1回表、1死後に2番・荒木を3-1から1塁へ歩かせてしまったのも、立ち上がりを苦しい状況にさせてしまう四球だった。4回2失点につながった先頭・森野の四球も同様である。

これは恐らくチームの置かれた状況、打線の状態などが辛島に丁寧に投げなげようという意識を必要以上に過度にさせてしまってのものだと言える。球自体の球威はないため、どうしても制球や緩急、タイミングをずらすなど投球術で打者を打たせて取らなければならない。その意識が強すぎて腕が思うように振ることが出来ず、結果、制球に微妙な狂いが生じてボール先行になってしまう。まるで永井を見ているようなピッチングだった。

20140523DATA04.jpg
20140523DATA05.jpg

変化球の割合が多かったカブレラ



6回1/3、打者24人、108球(1回当たり17.05)、被安打4、被本塁打0、奪三振5、与四球2、失点1、自責点1。

試合途中に相手コーチから入ってくる談話にもあったように、本戦のカブレラは変化球でストライクを取ることができていた。変化球のストライク率は63.4%を記録、低めに集められることはなかったが、7回のAJボウカーの連打攻勢まで中段以高の変化球を打ち損じることが多かった。昨年はストレートが投球の76.2%を占めていたが、本戦では10%減の66.7%。これは変化球が機能していたからだと思う。

4番・AJには良い所で外角低めいっぱいに変化球が決まるなど、要所でコースに決める投球を発揮されてしまった。

また、上記表を確認してみるとストライク寄与ファウルが14本、そのうち13本がストレートで記録されていることが分かる。オープン戦では感じられなかった203cmの長身が本戦ではやけに大きくみえ、そこから投げおろされる角度あるストレートに楽天打者が手を焼いていたことがうかがえる。恐らくきっと、いつもよりロケーションが違ったのだろう。

◎◎◎関連記事◎◎◎
《辛島航の前回登板試合》
【試合評】 秋田こまちスタジアムは岸孝之独擅場。楽天今季4度目零敗で借金最多6へ~2014年5月17日(土) ●楽天イーグルス0-7西武
《直近2試合の試合評》
【試合評】 星野監督のタクトから覇気が感じられなかった交流戦開幕の黒星~2014年5月20日(火)●楽天イーグルス2-3DeNA
1・【試合評】心と体が一致した則本昂大屈指の好投。チームの連敗を止めた109球完封勝利~2014年5月22日(木)○楽天イーグルス4-0DeNA


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
35位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}