FC2ブログ

【試合評】AJ2発で試合を決める! 4番打者によるサヨナラは約3年4カ月ぶりの快挙!~2014年4月22日(火) ○楽天イーグルス2x1西武

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆4/21配信最新号の主な内容は「前代未聞。楽天のチーム盗塁阻止率0.0%。その理由を探る」です。




4番が機能した今季初のサヨナラ勝利



楽天・美馬学、西武・牧田和久。両軍先発による投手戦は、いよいよ終盤を迎えていた。

この試合、先手を取ったのはライオンズ。1回表、立ち上がりの美馬を捕まえた。

1番・森本を追い込みながらも1,2塁間を突破される右前安打で出塁されると、バントで送られ1死2塁、打席にはオリックス3連戦で8本のヒットを放って復調気配の栗山を迎えていた。初球、美馬が投じたカーブが巧打される。三遊間をゴロで破られ左前へ。レフト・枡田が打球処理にもたついたのを逃さず、森本が一気にホームに帰ってきた。慌てた枡田のバックホームも逸れ気味、一足先に先制点のホームを踏まれてしまった。(楽0-1西)

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20140422DATA02.jpg
HANREI3.jpg

終盤までスミイチが重くのしかかった試合展開に



ここまでスコアボードが動いたのはこの1回表のスミイチだけだった。

楽天は1回裏は岡島の好走塁二塁打で無死2塁、2回裏は先頭ユーク死球、続く松井稼のヒットで無死2,1塁。大きなチャンスを作ることに成功したものの、牧田の冷静な粘投に遭い、いずれも後続が凡退。3回裏、4回裏もスコアリングポジションに走者を送り込んだが、3回はAJが空振り三振に倒れるなど、力強い投球を続けていた牧田を攻略できない。

2回表をゴロアウト三者凡退に抑えた美馬は、翌3回から制球も安定、本来の調子を取り戻していく。3回、5回は女房役・嶋の好アシストもあった。2塁を狙うライオンズの走者に対し、今季開幕から9度2塁へ送球するものの9度全て走者を刺すことができなかった嶋が、3回に森本を、4回には秋山を今季1番のストライク送球でアウトにすることに成功。(嶋はこの後10回にも木村の三盗を刺している)

嶋の助け、岡島、銀次、藤田の好守にも支えられ、調子を取り戻した美馬は6、7、8回の3イニングを三者凡退投球。失点を1回に奪われた1失点だけに止める好投をみせていた。

一方の楽天打線、中盤5、6回とこちらも三者凡退。牧田のテンポ良い投球に成す術なし。7回裏1死2塁でも榎本、岡島がゴロを打たされ凡退。

チャンスを潰した直後のAJ豪快同点弾



結局、1回のスミイチが重く、そんなかたちで迎えた8回裏のことだった。

先頭・藤田が右前に弾き返して出塁に成功。しかし、銀次の打席時に指揮官が揮ったエンドランの采配が最悪の三振ゲッツーになってしまう(楽天の三振ゲッツーは今季2個目)。

正直、重苦しい雰囲気しかなかった8回裏2死走者なしだった。打席はAJ。

4/10日本ハム戦の1回1死3,1塁で中前先制打を記録して以来、実に得点圏で17打席ノーヒットだった4番・ジョーンズ。この試合でも1回2死3塁、2回1死2,1塁、いずれも三振。ライオンズバッテリーに徹底的に苦手のインコースを突かれ、その数は19に伸ばしていた。

多くのファンが愛想を尽きかけていたまさにその時だった。AJのバットが久々に球を芯で捕捉する。

フルカウント勝負の第7球。牧田がアウトコースを狙って投じた球が真中に甘く入った所を仕留め、コボスタの左中間スタンドに消えていく今季4号ソロは、試合を振り出しに戻す貴重な同点弾! 楽天が終盤で追い着くことに成功する。(楽1-1西)

再びAJ。今度は延長戦に終止符を打つ!



試合はそのまま今季初の延長戦へ突入。3時間51分のロースコアゲームに終止符を打ったのは、4番・AJだった。

1-1でそのまま迎えた12回裏2死走者なし。あとアウト1つで今季初のドローゲームという場面だった。西武はこの回からマウンド上は四番手の新人右腕・豊田。2アウトを取って打席にAJを迎えた所でベンチからコーチがマウンドへ。ここでベンチの指示はAJを歩かせること。一発があるAJとの勝負を回避し、次打者勝負を伝えたのだという。

しかし、ボール先行2-0から歩かせるつもりで投じた第3球カーブが高めの打ち頃のストライクゾーンに入っていく。AJが完璧なタイミングで打ち返していく。角度良く舞い上がったフライボールはバックするセンター秋山を越えてバックスクリーンへ!!

西宮悠介、プロ初勝利



AJ来日初のサヨナラホームランで、楽天が3連戦の初戦を取り、対西武戦も4連勝。チーム成績を11勝10敗の貯金1とし、順位は3位のままとしている。ゲーム差は1位・ソフトバンク、2位・オリックスとの差は3.0のまま。4位・日本ハムとは1.5、最下位・西武とは5.0としている。

12回表2死3,1塁のピンチで五番手として登板した新人左腕の西宮がプロ初勝利。秋山を空振り三振に仕留めた直後、AJの一発で、今季好投を続けるドラ5には嬉しい白星になっている。

打たれてはいけない2発をくらった西武



それにしても、西武は手痛い2発で勝てる試合を落としたと言えそうだ。いずれのシーンでも本塁打だけは避けなければならない場面だった。

歩かせるつもりがサヨナラホームランという12回裏は論外だが、8回2死走者なしの同点弾も同様。降板後の牧田のコメントを聞くと、余計な四球を出したくなかったという思いが失投につながったのだという。その思いは僅か2球で0-2追い込むことに成功、投手絶対有利の状況にもかかわらずフルカウント勝負まで持ち込まれたことにあるのだと思う。その意味では、際どい誘い球を見きわめたAJの選球眼が、牧田の好投に狂いを生じさせたと言える。

他にも西武の攻撃は、9回表1死2,1塁で4番・浅村&二走・木村の三振ゲッツーなど、雑な所が見受けられた。2回まで制球に苦しんでいた美馬に対し、やすやす討ち取られていた場面なども絶不調を地でいくようなシーンだった。

榎本葵、今季初スタメンも3の0



榎本が今季初スタメン。聖澤の体調不良でまわってきた9番・センターの今季初の先発出場。しかし、二直、三ゴ、二ゴに討ち取られてしまい、3の0。試合途中に代打を送られ、ベンチに下がっている。

両軍のスタメン

西武=1番・森本(一)、2番・木村(右)、3番・栗山(左)、4番・浅村(二)、5番・ランサム(指)、6番・脇谷(三)、7番・秋山(中)、8番・炭谷(捕)、9番・渡辺(遊)、先発・(右投)

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・銀次(三)、4番・ジョーンズ(指)、5番・ユーキリス(一)、6番・松井稼(遊)、7番・枡田(左)、8番・嶋(捕)、9番・榎本(中)、先発・美馬(右投)


サヨナラ記録を紐解いてみる



AJのサヨナラ打は来日初。サヨナラホームランによるサヨナラ勝利は2012年9/24ソフトバンク戦(○E3x-1H)で松井稼が岡島から打って以来、1年7カ月ぶりの快挙!

サヨナラ勝利は球団通算46回目。

サヨナラホームランは球団通算7本目。

外国人打者によるサヨナラホームランはフェルナンデス(2本)、ルイーズ(1本)に続く4本目。

4番のバット(ここでは途中から4番に座ってサヨナラを打った昨年の榎本などの例は含まない)でサヨナラを決めたのは、2010年9/4西武戦(○E7x-6)のルイーズのシコースキー撃ち以来、約3年4カ月ぶりの快挙!

20140422DATA03.jpg

2回までヒヤヒヤ、3回以降は好投の美馬



9回、打者31人、110球(1回当たり12.22)、被安打7、奪三振6、与四死球0、失点1、自責点1。

もし今日も過去3登板と同様の結果だったなら、ローテから外れるのを余儀なくされたことだろう。その意味では4度目にしてようやく美馬らしさをみせてくれた9回1失点の好投劇になった。

美馬の持ち味、ゴロを打たせてアウトを取るピッチング。過去3登板は35.6%と極めて低いゴロ率だったそれが、本戦では68.2%。犠打含むゴロアウトも実に12個と多く、本来の投球ができていた証になってくる。

しかし、好投を演じた美馬だったが、2回まではヒヤヒヤさせられた。

というのは2回まで投げた28球のうち、嶋の要求したミットとはあらぬ所へ投げ込まれた球数は、67.9%に当たる19球にも及んでいた。

同じく2回28球の64.3%、18球が高めに記録されるなど、総じて球が高かったのだ。

球が高めに集まっていた事実は下記配球図でも確認できる。

特に右打者への投球が顕著。全81球の50.6%に当たる41球が高めゾーンに記録されている。

しかし、美馬にとっては長打リスクが高まるこのゾーンの球を、ライオンズの右打者は全く攻略できなかった。

右打者の高めで出た対戦結果は7打数ノーヒット3三振。美馬は1本のヒットも許さず、逆に言えば西武の右打者はヒットにすべきゾーンでヒットにできなかった。ここにも手負いの獅子の重症度が確認できる。

20140422DATA04.jpg
20140422DATA05.jpg

浮き上がる力強いストレートを投げ込んできた牧田和久



8回、打者32人、132球(1回当たり16.50)、被安打6、被本塁打1、奪三振7、与四死球(四1死1)、失点1、自責点1。

西武のアンダースローというと、私の中であまり嫌なイメージがない。昨年の牧田の楽天戦成績は0勝1敗、防御率4.50、被打率.364。アンダースローの弱点は左打者で、優れた左打者を多く擁するイーグルスにとって、牧田はそれほど怖くない相手といえた。

今季も試合前時点で、牧田の左打者被打率は.300(40打数12安打)、右は47打数7安打の.163と抑えているので、左打者に多く打たれていたことが良く分かる数字になっていた。

しかし、本戦、楽天の左打者は22打数4安打の.182に封じられてしまった。

厳しい内角攻めを中心に、低め低めへ球を集められ、時節織り交ぜされる、空振りを誘われた高め釣り球ストレートの威力が抜群だった。

◎◎◎関連記事◎◎◎
《美馬の登板試合》
【試合評】北の大地で桜咲く。今季初の先発全員安打でファイターズを撃破!~2014年4月8日(火) ○楽天イーグルス11-7日本ハム
【試合評】1番・岡島、2番・藤田、3番・銀次、枕を並べてノーヒットは今季初~2014年4月15日(火) ●楽天イーグルス1-4ソフトバンク
《直近の試合評》
【試合評】贔屓球団の枠を越えてみどころになった、アンドリュー・ジョーンズvs大谷翔平150キロ越え直球勝負~2014年4月20日(日) ●楽天イーグルス2-4日本ハム


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

4番の意地

恐らく記事に出てくる岡本篤は多分岡島の事でしょうかね?間違ってたらすみません (lll´Д`)
いや~しかしこの試合でAJがまだ死んでいない事が分かっただけでも期待が持てますね。普段のAJなら0ー2、ましてや苦手なカーブなんか振るわけなく見送ってたんだと思います。しかし個人的な見解ですが「俺が決めてやる、任せろ」といった感じでバッターボックスに入り0ー2になった時点で相手があと1アウトで引き分けであること、歩かせてもいいことを考えたら恐らく一番打たれないであろうカーブを投げてくるのだとAJが読んだんだと思います。しかしそれを一撃で仕留めるのはさすがです。今日の試合は私にとって忘れられない試合の一つになったと思います。

Re: 4番の意地

沖縄尚学!さん

> 恐らく記事に出てくる岡本篤は多分岡島の事でしょうかね?間違ってたらすみません (lll´Д`)

御指摘ありがとうございました。何を勘違いしたのでしょうね(汗)さっそく修正しました。

不思議な勝ちだった。

昨日は現地観戦でした。

AJの同点HRは、球数が130球を超えていた部分も影響していたでしょうか。高めに浮きあがってくるボール、といったつり球で「振ってくれたら儲けもの」なリードで炭谷は来る、と思ってたので、「エッ!?」と思いました。ただ牧田がフルカウントで歩かせたくなかった、と思ったところが結果として打たれたのでしょうね。2死一塁で後藤、一発を警戒したのだろうか…。

サヨナラHRにしても外角に明らかなボール4球で歩かせるだろうなぁ、と思っていただけに、「エッ、嘘ォ、入っちゃった!」と叫んでしまう始末。
伊原監督は歩かせる指示だっただけに、炭谷の配球の根拠は首を捻る。
2死でAJ四球で一塁代走西村で後藤勝負と思ったファンが半数はいたと思う。そうなれば後藤の4打席の内容では代打で小関があった、と私は思っていました。

星野監督も「相手のミスで拾った勝ち」、との思いがコメントから感じ取れたのは私だけ?か。

Re: 不思議な勝ちだった。

ゴールドクラブさん

> AJの同点HRは、球数が130球を超えていた部分も影響していたでしょうか。高めに浮きあがってくるボール、といったつり球で「振ってくれたら儲けもの」なリードで炭谷は来る、と思ってたので、「エッ!?」と思いました。ただ牧田がフルカウントで歩かせたくなかった、と思ったところが結果として打たれたのでしょうね。2死一塁で後藤、一発を警戒したのだろうか…。

0-2と2球で追い込んでから打者に打たれたり、四球で歩かせると、昔は巨人を始め幾つかの球団では投手に罰金が科せられていたようですね。今はそういった制度はないと思いますが、その名残が日本の野球文化の中に根付いているのだと思います。

> サヨナラHRにしても外角に明らかなボール4球で歩かせるだろうなぁ、と思っていただけに、「エッ、嘘ォ、入っちゃった!」と叫んでしまう始末。
> 伊原監督は歩かせる指示だっただけに、炭谷の配球の根拠は首を捻る。
> 2死でAJ四球で一塁代走西村で後藤勝負と思ったファンが半数はいたと思う。そうなれば後藤の4打席の内容では代打で小関があった、と私は思っていました。
>
> 星野監督も「相手のミスで拾った勝ち」、との思いがコメントから感じ取れたのは私だけ?か。

AJの一発について「ハプニングハプニング」と語ったコメントですよね。恐らく西武ベンチの拙い采配をかけているのだと思います。こういうチグハグさが今季のライオンズをよく表しているなと。

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
35位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}