FC2ブログ

【試合評】打線活発、武田勝攻略も... 塩見貴洋、2週連続の背信投球~2014年4月19日(土) ○楽天イーグルス9-5日本ハム

スポンサーリンク





当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆4/18配信最新号の主な内容は「0勝3敗、防御率5.02。ここまでの松井裕樹の投球を振り返る」です。





連日の二桁安打で敵軍先発を早々に攻略!



楽天は連日の二桁安打で相手先発を撃破。3回まで武田勝から6点を奪取すると、その後も小刻みに得点を重ね、9-5の勝利を飾っている。このカードの勝ち越しを早々に決め、明日、安定感抜群の辛島で今季2度目の同一カード3連勝を狙う。

チーム成績は10勝9敗の貯金1。順位は単独3位まま。1位・ホークスが引分けを挟む6連勝を決めたため、ゲーム差は3.0のまま。ライオンズに敗れた2位・オリックスとの差は2.0としている。

(下記に続く)

両軍のスタメン

日本ハム=1番・陽(中)、2番・西川(二)、3番・ミランダ(指)、4番・中田(左)、5番・大引(三)、6番・小谷野(一)、7番・大野(捕)、8番・石川慎(右)、9番・中島卓(遊)、先発・武田勝(左投)

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・銀次(三)、4番・ジョーンズ(指)、5番・ユーキリス(一)、6番・松井稼(遊)、7番・牧田(左)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)、先発・塩見(左投)


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20140419DATA03.jpg

20140419DATA04.jpg

塩見貴洋、2週連続の背信投球



3回2/3、打者22人、91球(1回当たり)、被安打8、奪三振3、与四球2、失点4、自責点1。

2週連続で心中複雑な勝ちゲームになった。

田中が投げた212イニングの穴。今年の楽天はその穴をどのように埋めるのかが?課題になっている。その中、最有力候補として白羽の矢が立ったのが背番号11だった。昨年は怪我で1年を棒に振り、今年はキャンプ、オープン戦で上々のアピール。昨年はいなかった塩見が開幕からローテに入り、春先からしっかり白星を稼いでくれるものだと多くのファンが信じて疑わなかった。

しかし、現在、その役割を全うできずにいる。幸運にも打線が元気で、塩見先発の土曜日は3勝1敗と勝ち越しできているものの、塩見についた白星は僅かに1つ。3試合連続クオリティスタート未達成という内容になってしまっている。

先週土曜日のロッテ戦、3回途中7安打3四球3失点で無念の降板を余儀なくされた背番号11は、4日前ヤフオクドームに中継ぎとしてマウンドに登っていた。ホークス打線をストライク先行の三者凡退に抑える8回1イニング無失点の好投。

試合後、塩見は「何かあった時にロングで、と言われていた。自分の中でモヤモヤもあったので、気持ちはスッキリしました」と切り替えができたことを報道陣に報告。指揮官も「1イニングだけど、ストライクから入っている。こういう投球をすれば、思い出してくるだろう」と次回先発に期待をつなぐコメントを残していた。

しかし、2週連続の背信投球になってしまった。

(下記へ続く)

20140419DATA02.jpg
HANREI3.jpg

立ち上がり、陽に大飛球を浴び、直後3連打をくらった背番号11



立ち上がりの1回表からおかしかった。

1番・陽に投じたこの日の初球。134キロ速球を軽々、左中間ウォーニングゾーンまで飛ばされてしまう。この日、風が右翼から左翼へ吹いていなければ、スタンドまで達していた当たりで、事実上の被本塁打といえた。この一撃に怯んだのか、2番・西川にはコースを突こうという意識が強すぎて裏目に出てボール先行3-0。フルカウントまで持ち直すも結局、高めに浮いた速球を左前へ弾き返された。ミランダにも中前へ運ばれ、1死2,1塁、得点圏に走者を背負うかたちで、4番・中田翔との対決を迎えていた。

追い込んでからのフォークボールが落ち切らなかった。バットの先に引っ掛けるようにして左前へ運ばれる巧打を浴びる。二走・西川が本塁へ突入する。レフト・牧田がバックホーム。まわりこんでホームを盗もうとする西川を嶋がしっかり阻止。クロスプレーの末、タッチアウトにしていた。塩見はヒット3本集められながらも、牧田の強肩に救われ、1回をゼロで立ち上がった。

しかし、翌2回表、1点を失っている。

1回裏、味方が藤田の今季1号ソロ弾で先制。援護点を貰った塩見だったが、守り切ることができない。2回表1死後、大野、石川慎の下位打線に長短連打攻勢を受け、同点に。大野には右打者の内角を突く塩見御自慢のクロスファイヤーのストレートを左翼線へ打ち返されて二塁打に。石川慎には高め失投スライダーをセンター返しされ、プロ初タイムリーを献上。ホークス戦で魅せた三者凡退の雄姿はどこにもなく、マウンド上の背番号11はいつまでたってもピリッとしなかった。

その後、四球を与えて2,1塁、なおもピンチに立たされた塩見だったが、辛くも後続を2者連続三振に取る。しかし、2回を投げ終えて球数は既に39球を数えていた。

同点の3回表、3番・ミランダから始まるファイターズの攻撃。相変わらずボール先行が目立っていた。打者2球目に2-0としてしまう危険なカウントがこの回だけで打者3人。マウンド上の塩見の調子は守備陣にも伝染したようで、松井稼が大引の遊直をジャンプ一番捕球したかにみえたものの、まさかの落球エラー。そんなこともあって、3回終了時で球数は61球に達していた。

そんな不調の塩見を尻目に打線は今日も元気。3回裏、ファイターズ先発・武田勝を一気に攻略。5点を挙げた。(楽6-1日)

リードが一気に5点となった翌4回表、塩見は投げ切ることなく、まさかの途中退場。3点を失った。

1死後、再び下位打線に連打された。1死2,1塁で陽。三遊間、ショート左への打球を処理した松井稼の2塁送球が悪送球。ライト前に抜けるタイムリーエラーで1点を失うと、その後2死3,2塁でミランダに中前へ打ち返され、これが2点タイムリーに。この回3点を返され、2点差まで肉迫される事態になった。(楽6-4日)

なおも2死1塁で中田に3-1から四球。91球を投げ終え2,1塁となったところで、闘将の堪忍袋の緒が遂にブチッと切れ、球審に小山の名を告げたのだった。

今季、左腕エースとして二桁勝利を期待されている塩見の3戦連続の不調は、楽天に大きな影を落とす事態になってしまっている。正直、頭が痛い....

(下記へ続く)

20140419DATA05.jpg

打者10人6安打を集めた武田勝攻略劇



3回、打者18人、57球(1回当たり19.00)、被安打8、被本塁打1、奪三振1、与四球2、失点6、自責点6。

3回裏の武田勝攻略劇は見事だった。打者10人を送りこみ、6本の長短打と2個の四死球を絡めて、藤田、松井稼、嶋、聖澤の4本のタイムリーにユーキリスの犠飛。間髪入れずに畳みかけるクリムゾンレッドの猛攻は見ごたえがあった。

この回の先頭は聖澤。左前へ打ち上げてしまったフライアウトかと思われた。しかし、風の影響と、レフト・中田、ショート・中島卓の連携ミスで、ぎこちなく前に出てきた中田の直前にポテンと落ちるテキサスヒットになる。

僥倖で掴んだ無死1塁を足がかりに、楽天打線が一気に攻め立てた。岡島進塁打で二進した背番号23をホームへ迎え入れたのは、打撃絶好調、初回に先制弾を放っていた藤田だった。2打席目は甘く入ったチェンジアップを左中間に打ち返していくタイムリーツーベース。(楽2-1日)

その後、銀次、AJが四死球で歩いて1死満塁。スタメン復帰したユーキリスが最低限の仕事で、イーグルスに3点目が入る。なおも2,1塁で主将の一打は三遊間をしぶとく破る左前適時打。2塁から銀次がホームを踏んで4点目が入ると、1塁のAJは2塁に達していた。

牧田の初球打ちも三遊間を射抜く左前安打。AJは三塁ストップで2死満塁、絶好の場面で嶋に打席がまわってきた。嶋は膝元の難しい球を上手くおっつけ、2者をホームに呼び込む中前タイムリー。(楽6-1日)

この回、楽天打線は武田勝の制球できずに高めに上ずった球や真中に入ってきた失投をことごとく捉えてみせた。素晴らしい打者一巡の攻撃だった。

嶋はその後5回にも谷元からタイムリーを放ち、6回には岡島が鍵谷から今季2号ソロショット。楽天の1試合2本塁打は4/6ソフトバンク戦以来2度目。

藤田は4安打2打点の活躍。4安打は今季2度目。松井稼、4打点の嶋、聖澤はマルチ安打。聖澤は6試合連続安打を記録している。

1週間ヒットがない銀次



その中、1人だけ蚊帳の外だったのが、3番・銀次である。4/12ロッテ戦の9回、益田直也からライトオーバーのフェンス直撃二塁打を打って以来、銀次にHのランプがつかない。

今日も第2打席につなぎの四球を選んだものの、4打数ノーヒット1三振1四球。

これで5試合連続ノーヒット。打席数にして23打席ノーヒット。これは銀次の1軍プロキャリアの中で自己ワースト記録を更新中となっている。

福山博之、防御率0.00終了のお知らせ...



7回、福山がマウンドに登っている。今季9試合目の登板は、塩見の後、小山、青山とつないだブルペンリレーの四番手で登板した。

実況の加藤じろうアナの口から「ネオ・スリーマウンテンズ」「山、山、山だらけですね」という名言も飛び出すシーンとなったが、7回、連打で無死3,1塁のピンチを招くと、併殺打の間に今季初めての失点を記録した。

防御率は0.00から0.75へ変わっている。

福山の初登板からの連続無失点記録は10回1/3で終止符が打たれている。

気になったので、楽天救援投手のシーズン初登板からの連続無失点記録を調べてみると、2009年の福盛和男が13回2/3を、2010年の川岸剛が12回1/3を、昨年の長谷部康平が15回2/3を無失点で抑えていた。(他にもありますが、割愛)


◎◎◎関連記事◎◎◎
《塩見貴洋の直近2試合登板》
【試合評】ファンをガッカリさせる僅か5球三者凡退劇。しかも2度(怒!)~2014年4月5日(土)●楽天イーグルス4-8ソフトバンク
【試合評】東北楽天24安打の球団新記録。則本初勝利試合以来の17得点の猛攻~2014年4月12日(土) ○楽天イーグルス17-10ロッテ
<>《直近の試合評》
【試合評】則本プロ初完封勝利。最多22,688人を集めた呵々大笑の会心劇~2014年4月18日(金) ○楽天イーグルス11-0日本ハム


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}