FC2ブログ

【試合評】則本プロ初完封勝利。最多22,688人を集めた呵々大笑の会心劇~2014年4月18日(金) ○楽天イーグルス11-0日本ハム

スポンサーリンク





当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読み のあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス 応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録を お待ちしております。
☆4/18配信最新号の主な内容は「0勝3敗、防御率5.02。ここまでの松井裕樹の投球を振り返る」です。


20140418DATA10.jpg

則本昂大、128球のプロ初完封勝利!



実に則本らしいストレートだった。

128球のプロ初完封勝利の原動力は、開幕戦の145.0キロに続く142.3キロの平均球速を弾き出した力強い真っすぐ。

最速は148キロ。8回ミランダを空振り三振に取った結果球で計測した。終盤までストレートの球威が落ちず、日本ハム打線をねじ伏せた。この日、則本が相手打者から奪った空振りは13個。そのうち9個をストレートで獲得。腕を振って高めに投げ込んだ速球で佐藤賢、大引、小谷野、西川、ミランダのバットがことごとく振り遅れの空振りをしていた。

今季の則本は開幕戦こそ素晴らしい好投でプロ初の完投勝利を成し遂げていたものの、続く2試合は本調子ではなかった。本試合前時点でストレート被打率は.323を記録。1年目から1割増となっていたその被打率の悪化を私は心配していた。しかし、本試合のストレート被打率は、22打数5安打、8三振、1死球、2併殺打の.227! 完全復調といえる素晴らしい数字で打者を圧倒。9回、9回の併殺劇を含む数多くのアウトをストレートで奪ってみせた。

下記表で球種割合を確認してもらいたい。ストレートの割合は全体の53.1%。これは今季4試合の中で最高値になっている。

ブログ村投票のお願い
おかげさまで楽天イーグルス部門長期1位
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20140418DATA07.jpg

9回、打者33人、128球(1回当たり14.22)、被安打6、被本塁打0、奪三振8、与死球2、失点0。

則本の好投を立ち上がり三者凡退劇で感じたその理由



則本はフライアウトが多い投手である。そのため、好投している時でも常に一発のリスクを背負っている。しかし、本戦は違った。それは1回表の立ち上がりから感じ取ることができた。陽、西川、ミランダ、日本ハムの上位3人を全て内野ゴロアウトに仕留めたのだった。

2回表は先頭・中田翔。昨年は対戦がなく、初対決となる打席だった。ライト後方のライン際にフライナー性(フライとライナーの中間の打球)の当たりを打たれたものの、岡島の守備範囲。終わってみれば少しヒヤッとした当たりは、このフライアウト1本だけだったかもしれない。その後、佐藤賢、大引は2者三振。特に大引はインコースへズバッと見逃しの146キロを投げ込んだ3球三振だった。

開幕3登板までの則本は8失点中7失点を先頭打者の出塁を許したイニングで失っていた。しかし、本戦、走者は出しても1死2死から。イニング先頭打者のアウトをしっかり取ることができていたのも大きい。この日、中盤に得点圏に2度進出された則本だったが、いずれも2死からの進出。既に打線がまとまった援護点を挙げていたこともあり、全く危なげがない。

5回表には2死から、この日唯一の連打を浴びている。しかしこれは直前の4回裏に味方が一挙7得点を挙げ、リードが10点差に開いたことによる影響だった。テンポ良くストライクを投げ込んでいきたい。フォアボールなどで余計な走者を出して、せっかくの試合展開に水を差すようなことをしたくない。恐らくそういう思いからだったかと思う。そのため、少々、ピッチングが雑になってきたかな?と感じられたもの、連打を浴びたのが気付け薬になったのだろう、翌6回から再びしっかり修正、制球良いピッチングを見せてくれた。

真っすぐメインの配球は、5回からカーブを多めに混ぜるようになり、ピッチングにアクセントをつけながら、成す術がないファイターズ打線をコボスタ宮城で翻弄した。

この試合の則本は、冒頭の三者凡退劇を皮切りにゴロアウトが多かった。この点は、好印象。今後も継続していきたい。


■則本昂大の試合別ゴロ率
3/28西武戦 52.6%
4/4ソフトバンク戦 36.4%
4/11ロッテ戦 41.2%
4/18日本ハム戦 52.2%


ゴロ率の上下が投球内容と驚くほどリンクしている。ゴロ率が5割を越えてきた試合では好投をみせ、4割以下の試合はいまひとつの内容になっている。

この日、試合前の17時時点でコボスタは気温9度と冷え込んでいた。時節、指先に息を吹きかけながらの投球。指先の繊細な感覚が大切になってくるピッチングである。日本ハムの吉川が悩まされたように寒さによる制球難が心配されたが、そんなのどこ吹く風。先日、田中将大が気温5度のヤンキースタジアムで目覚ましい好投をみせたのと姿がかぶって見える、そんな則本の128球だった。

今季初のチケット完売、レギュラーシーズンの公式戦では最多の22,688人を集めた一戦を熱くさせたのは、田中からエースのバトンを託された背番号14だった。

20140418DATA08.jpg

左手親指突き指のユーク、本戦も休場



両軍のスタメン

当初は本戦からスタメン復帰とされていたユーキリスが休場。試合前の練習もキャンセルするなど、思ったほど痛みが引いていないのかもしれない。対するファイターズは中軸を打っていた3割打者の大谷翔平が先発調整のため、お休み。

日本ハム=1番・陽(中)、2番・西川(二)、3番・ミランダ(指)、4番・中田(左)、5番・佐藤賢(右)、6番・大引(三)、7番・近藤(捕)、8番・小谷野(一)、9番・中島卓(遊)、先発・吉川(左投)

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・銀次(三)、4番・ジョーンズ(一)、5番・松井稼(遊)、6番・牧田(左)、7 番・枡田(指)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)、先発・則本(右投)


20140418DATA06.jpg
HANREI3.jpg

吉川攻略の予感を感じさせた岡島豪郎、初回先頭打者10球安打



1回表、則本がゴロアウトで三者凡退で立ち上がり、好投の予感を感じさせたように、打線も1回裏、その後の吉川攻略を大いに感じさせてくれる攻撃をみせた。

1番・岡島が初回先頭打者として今季最大の仕事を見せた。

僅か3球で1-2と追い込まれた後から真骨頂を発揮。持ち味の選球眼と高い粘りの技術を駆使し、2ストライク以降に打ったファウルは4本。1-2から3-2までカウントを作ると、ラスト10球目、叩きつけたハイバウンドの打球はセカンド西川を越えて右前へ転がっていった。その後、1死2塁~四球で2死2,1塁の先制機を作ったが、後続凡退。しかし、制球難の吉川に岡島の10球安打などが相まって、1回だけで吉川に29球を投げさせたイヌワシ打線。初Vを飾った昨年の良かった頃のそれを彷彿とさせる内容だった。

聖澤、満塁で2本の2点タイムリーヒット!



翌2回裏、2四球に嶋のバスター右打ち安打で無死満塁を作る。しかし、このビッグチャンスで聖澤がバットを折らされ凡退に倒れると、岡島、藤田も粘りをみせながら討ち取られてしまう。無死満塁で無得点というまさかの事態に陥ったものの、このときの悔しさが、背番号23を奮起させた。

リベンジの機会は3回裏すぐさまやってきた。いっこうに立ち直りをみせない吉川から1死後にAJが四球出塁。ワイルドピッチで二進すると、2死後、6番・レフトで先発出場した牧田が左翼線へ痛烈なタイムリーツーベース。これが先制打となる。

1点もぎ取ってなお2四球で2死満塁、バッターボックスは聖澤諒。1-2と追い込まれた状態での巧打だった。緩急差32キロの外角低めカーブ。体勢を崩されかけながらも必死にくらいついた当たりは二遊間を割って中前へ到達する2点タイムリーヒット。楽天はこの回、一挙3点を先制した。(楽3-0日)

翌4回は今季2度目のビッグイニング劇。いっこうに冴えない吉川と、二番手で出てきた矢貫を攻め立て、打者11人を送り込む大量7得点の猛攻劇をみせた。その中で背番号23が再び輝いた。

1死2,1塁で松井稼を打席に迎えたところでファイターズ打線が継投。火消しに矢貫をマウンドに送り出していく。松井稼が三振に倒れ2死になった後、牧田が球を良く見定めて四球で歩き、満塁。

この後、連続押し出し四球でイーグルスに2点が入る。スコアボードは5-0、三度満塁で聖澤の第3打席目。初球だった。甘く入った140キロ速球を痛烈に打ち返した。センターの左へ着弾したフライヒットは走者2人を呼び込むタイムリーヒットに。この後、岡島、藤田にもタイムリーが生まれて、一挙7得点。試合を決定づけた。(楽10-0日)

20140418DATA09.jpg

吉川の今季不調を感じさせる牧田明久の左翼線先制二塁打



3回1/3、打者22人、106球、被安打5、奪三振2、与四球7、失点5、自責点5。

この試合、則本のストレート被打率が.227だったのに対し、対する吉川は9打数3安打の.333と明暗分かれる結果になった。その3安打のうちの1本は3回牧田が内角に投げ込まれた143キロストレートを左翼線へバチン!と弾き返した先制ツーベースだった。

実はこの試合、右打者がどれだけ内角ストレートをひっぱっていけるか?に注目して観戦していた。

というのは、吉川の前回登板4/11西武戦では、ライオンズの右打者が吉川の内角ストレートをひっぱって2本の長打を記録していた。解説・光山英昭氏は、良かった頃の吉川の球ならあのコースを長打にできないという趣旨の解説をされ、吉川の真っすぐが走っていないことを指摘していた。

牧田がそれを実践したとき、これは行ける!と私の中で確信が100%に変わっていた。

一皮むけた感のある則本の好投、牧田、聖澤の槍働きなどで呵々大笑ならぬ呵々大勝!

これでチーム成績は9勝9敗の五分に戻し、日本ハムとの対戦成績も2勝2敗に戻している。チーム順位は単独3位に浮上。1位・ソフトバンクとのゲーム差を3.0にしている。

【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
《則本昂大の直近2試合登板》
【試合評】 約2年7カ月ぶりに天敵・攝津を打ち負かし、イーグルス今季本拠地初勝利~2014年4月4日(金)○楽天イーグルス6-3ソフトバンク
【試合評】勝ち越し機にバント失敗。守備ミスから決勝点を献上。今季2度目の3連敗へ~2014年4月11日(金) ●楽天イーグルス3-4ロッテ
《直近の試合評》
【試合評】内川にプロの洗礼を浴びた松井裕樹。イーグルス4位後退、借金生活へ~2014年4月16日(水) ●楽天イーグルス1-3ソフトバンク


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ 継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意 見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減 と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管 理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々 実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログ に載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆 さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタ ルCGI




関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}