FC2ブログ

【久米島キャンプ】 最終日の紅白戦。パパになった小斉祐輔、復活目指す永井怜打ちの満塁場外弾

スポンサーリンク






ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります
何卒よろしくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

楽天1軍、久米島キャンプ最終日



曇天模様ながらも2日ぶりのイーフビーチ早朝体操。声出しは今日で最終回を迎えている。昨年開幕前に中日から移籍してきた岩崎達郎と、昨年暮れに4年契約を結んだ嶋基宏の2人が声出しの締めをおこなっている。

岩崎達郎「おはようございまーす! 8年目、久米島キャンプ2年目の岩崎でーす!
今年の目標はチームでは連覇、日本一になります。そして1年間1軍に居続け、打率3割、ホームラン3本、ヒーローインタビュー3回のトリプルスリーを達成したいと思います! 最後にシーズン終了後に先月亡くなったおばあちゃんに良い報告ができるよう頑張ります! よろしくお願いします!」


嶋基宏「みなさん、おはようございまーす! 8年目、嶋基宏でーす! 2月13日、今日は妹の誕生日です! そんなことはどうでもいいです。そして明日はハッピー・バレンタイン、そんなこともどうでもいいです。先日、田中将大がヤンキースの入団会見をしました。それを見て、改めてかっこいいな、ああなりたいなと改めて僕も思いました。そのためには今年またみんなと協力して絶対に優勝したいと思います! 明後日から本島に行きますが、皆さん、高い意識で頑張りましょう!(絶叫)」

勝利に貢献した好守備でもお立ち台に登ることができるシステムを!



岩崎は今キャンプからアマでも守ったことがないというファーストの守備練習にも意欲的に取り組んでいる。決意表明ではトリプルスリーの達成を宣言した。

この中で最も難しいのが、意外にもヒーローインタビューではないだろうか。

岩崎のような守備型選手はいくらチームを救うファインプレーをみせても、試合後のお立ち台に呼ばれることはない。この点、私は改善を提案したい。超絶美技の守備で勝利に貢献した選手は、守備でお立ち台に呼ばれるべきだと思っている。本拠地なら従来は1人のところ、2人に増えたっていいじゃない?と思うのだが、いかがでしょう?

(下記へ続く)

[ニュース]みなさん、高い意識でがんばりましょう!!_20140213


不安定な空模様のなか、3度目の紅白戦



9時現在は雨/曇り、気温16.9度。湿度85、北東の風6.1m。相変わらず風は強めだ。結局、早朝声出しの後、再び雨が降り始めたようで、第2クールに入ってからの不安定な空模様は今日も変わらない。

ニコ動の中継が始まった時、マウンド上はビニールシートに覆われていたものの、選手達は外野でキャッチボールをしているところだった。

今日は昨日予定されて中止になった3度目の紅白戦が12時30分から行うスケジュールだったが、天候が持つか怪しいということで急遽、裏方さんたちが試合の準備作業に取り掛かかっている。キャッチボールを終えた選手たちがファウルゾーンでノック練習、その後はトスバッティングで身体を動かしていた。

小雨が降ったり止んだりの中、10時41分、プレイボール。

両軍のスタメンは下記のとおり。仲澤がスタメンに名を連ねている。

紅組スタメン=1番・榎本(中)、2番・岩崎(二)、3番・後藤(三)、4番・牧田(右)、5番・北川(指)、6番・三好(遊)、7番・仲澤(一)、8番・伊志嶺(捕)、9番・森山(左)

白組スタメン=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・銀次(三)、4番・ジョーンズ(指)、5番・枡田(左)、6番・小斉(一)、7番・西田(遊)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)


なお、投手陣は下記の予定だったが、後述するように4回表終了時に終了になったため、福山、相原、大塚、菊池、西宮は投げることができていない。


紅組投手=永井~ミトレ~福山~相原~大塚
紅組投手=辛島~ファンミル~菊池~西宮



HANREI3.jpg

明暗分かれた辛島航と永井怜



1回表、白組先発は辛島。コントロールがやや定まらなかったか、ボール球が目立った。しかし、榎本、岩崎を凡打に打ち取り、追い込んでから後藤をアウトコース高め速球で空振り三振に取り、立ち上がりを三人で終えている。

1回を三者凡退でスタートした辛島は翌2回、先頭・牧田にデッドボールを与えてしまったものの、ここからが独擅場。北川、三好といった後輩に全く自分の打撃をさせず、北川三振の後、三好を6-4-3の併殺ゴロに料理して、この回もゼロ。すると、3回は仲澤、イ伊志嶺、森山と3者連続三振に抑え、3イニング無失点、上々の実戦登板となった。

好投した辛島とは対照的に、全く良くなかったのが紅組先発の永井であった。

1回裏、永井の投球は辛島以上にボール球が多すぎた。1死後、2番・藤田の初球から3番・銀次の初球まで5球連続ボール。銀次には1-0から甘く入ったストレートを素直な打撃で中前へ弾き返され、無死2,1塁。自身のミスで早くもピンチを抱えてしまう。

4番AJに対しては変化球2球で追い込むとラストは外のボール気味を振らせて空振り三振に抑えたものの、続く枡田には1-2から3球連続ボールになってのフォアボール。塁上全て埋まって2死満塁。

「永井は長い・・・」。どこからかノムさんのボヤきが聞こえてきそうなシーンになった。

パパになった小斉、永井打ちの満塁場外弾



絶好のチャンスでアピールしたいのは、小斉。

ここ数年ファームでは無双の打撃成績も1軍では結果が出ずに典型的なエレベータ選手になってしまっている。今年9年目の小斉は4月で31歳。先月下旬には第一子となる長男も誕生し、今年こそ決死の覚悟でやらねばなるまいシーズンになっている。

その小斉が魅せた──

永井の初球ストレートが真中高め寄りに入ったところを逃さなかった。バット一閃の大飛球はそのまま右翼席を超えて、場外へ。今年こそは未完の大器が覚醒するのでは?と、やっぱり期待せずにはいられない規格外の大当たりだった。

今季初の実戦登板であまりにもダメージが大きいグランドスラムをくらった背番号30は、その後も精彩を欠いたままだった。翌2回には2死から岡島、藤田に2四球。いずれも3-1からのフォアボールで、この場面もボールが連続して続いてしまう、見ているこちら側も苦しくなるシーンだった。

ミトレ、ファンミルのテスト生、実戦無失点デビュー



両軍先発が退いた後の3回裏、4回表、それぞれテスト生の外国人、ミトレとファンミルが1イニングずつ登板している。

ミトレはAJに2球続けてインコースで攻め、見逃し、三塁外野席フライファウルで追い込み、1球変化球を見せた後の1-2からの4球目、速球でAJのバットを差し込ませて、右中間前方のポップフライ。打ち取った当たりだったが、スライディングキャッチを試みた牧田の直前にポテンと着弾している。1打席目にかっ飛ばした小斉はイージーなセンターフライに抑えるなど、後続を抑えて無失点デビューを果たしている。

長身216cmのファンミルは昨日はあった長髪を綺麗さっぱり散発したのか短くなっていた。そんな長身右腕はいきなり先頭・榎本に3-0からのスタート。

悪天候という環境も考慮しなければならないが、今日見た限りではやはり制球に課題がありそうだ。その榎本に左前へ運ばれると、神保の当たりはセカンド内野安打。二塁手が球際の打球に追い着いたものの捕りきれずに後逸させてしまった当たりなので、恐らくエラーではなくて内野安打のはず。その後、牧田をゲッツーに抑えて、こちらも無失点デビューを飾ったものの、ミトレと比べると、やや精度・安定感は落ちる内容だった。

ファンミルが投げていた4回表、それまで小雨だった雨足が激しくなり、塁付近のコンディションがぬかるんでしまったため、本来いるはずの塁上の走者は不在という特別ルールで試合続行。しかし、悪化する天候にはかなわず、4回表終了で悪天候コールドになってしまった。

(下記に続く)




当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額499円。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆2/10配信最新号の主な内容は「楽天生え抜き選手プロ初出場記録〔投手編〕」です。
---------------------------------------------------------------

両軍スタメン選手の打撃成績、両軍投手の投手成績



榎本葵・・・永井の甘くなった逆球を狙ったものの野手正面の平凡「一ゴ」、ファンミルの外中心投球に対しバットを合わせて「左安」。紅白戦通算成績は、8打数3安打。

岩崎達郎・・・「捕邪飛」「右飛」。いずれも1-0、2-0といったボール先行カウントからのヒッティング。しかし、2本とも打ち上げてしまった。紅白戦通算成績は、8打数1安打、1三振。

後藤光尊・・・「空三振」。フルカウントから辛島のアウトハイ速球に手が出ての三振。紅白戦通算打撃成績は6打数2安打1打点、2三振。

牧田明久・・・「死球」「遊ゴ併」。デッドボールが心配だ。その後なんともなくプレーしていたので、掠った程度だったのだろうか。しばらくして実は・・・というのが嫌なので、気がかり。紅白戦いまだヒットなし。ショートゴロ併殺打は3-0から2度三塁線にゴロファウルを打たされた末の結果。紅白戦通算成績は5打数0安打、1四球、1死球。

北川倫太郎・・・「空三振」。紅白戦通算成績は5打数1安打、1三振。

三好匠・・・「遊ゴ併」。2回1死1塁で詰まり気味のイージー併殺打だった。紅白戦通算成績は5打数0安打。ここまで全て内野アウトで、この様子だと、とても本島へ連れていくことができない。昨年の今ごろは期待値が高かったのだが、今年はじっくり下でもう1度経験を積んで欲しい。

仲澤広基・・・「空三振」。紅白戦初スタメン。打席も初。初球外の変化球を見逃し、1-1からの2球は続けて変化球に泳がされての空振り三振。

伊志嶺忠・・・「空三振」。出来が悪い永井をリードするのは大変だっただろうし、グラウンドコンディションも良好ではなかったので大変だったかと思う。そのことが影響したのか、何度か球をこぼしてしまうシーンが見受けられた。紅白戦通算成績は5打数1安打、2三振、1二塁打。

森山周・・・「空三振」。紅白戦通算成績は2打数1安打、1三振。羽村亜美さんの取材によると、本気か?冗談か?はさておき、今年はパワーヒッター宣言だという。昨年は長打が少なかったから、今年はミートミートではなく引っ張ったろうか?!ということらしい。っていうか昨年は長打はゼロだったのだ。22本放ったヒットのうち、長打はゼロ。これはチーム内で90打席以上を記録した打者の中で最低である。内野安打は7本で内野安打割合31.8%。こちらも90打席以上で最多だった。

永井怜・・・2回、打者12人、41球(ストライク率41.5%)、被安打2、被本塁打1、奪三振1、与四球4、4失点。内容は前述のとおり。コントロールが悪く、ストライクゾーン内に入った球も高めが多く、西田や聖澤は明らかにミスショット、打ち損じという打者ミスによる凡打。これで開幕ローテ入りは大きく後退したと言わざるをえない。

ミトレ・・・1回、打者4人、15球(ストライク率86.7%)、被安打1、奪三振1、無失点。打者のバットを押し込んでのファウルが多かった。ストライクを投げることができていたし、球威はあるのかもしれない。

岡島豪郎・・・「投ゴ」「四球」。「投ゴ」は初球をピッチャー返しの意識で弾き返しにいったものだが、当たり損ねてボテボテに。四球は永井の制球難を助けることなく、しっかり球をみての3-1からの四球。紅白戦通算成績は8打数3安打、1四球、1二塁打。

藤田一也・・・「四球」「四球」。今日はバッターボックスで1度もバットを振ることができなかった。1度目は永井の投球が外にはずれる明らかなボール球によるストレートの四球。2個目も似たようなもの。ボール球であっても打てると思った球は積極的に手を出しに行く藤田をしてこうなのだから、よほど永井のコントロールが悪かったと言えそうだ。紅白戦通算成績は、4打数2安打2打点、2四球。

銀次・・・痛烈なクリーンヒットの「中安」、センター右後方を襲う「中飛」。紅白戦通算成績は、8打数4安打1打点、1二塁打 。良い状態をキープしているとみる。

ジョーンズ・・・「空三振」「右安」。昨年より状態は良さそうだと思っているものの、「空三振」は外ボール球を強引に振りにいった感でAJらしくない。紅白戦通算成績は、8打数2安打1打点、1三振。

枡田慎太郎・・・「四球」「中飛」。紅白戦通算成績は、7打数3安打2打点、1三振、1四球、2本塁打。 特に書くこと無し。

小斉祐輔・・・「右本」「中飛」。8打数2安打4打点、2三振、1本塁打。 前述のとおり。

西田哲朗・・・永井の失投を打ち損じの「一ゴ」、ミトレの外いっぱいに「見三振」。紅白戦通算成績は、8打数2安打1打点、2三振、1三塁打、1本塁打。

嶋基宏・・・「右飛」。紅白戦通算成績は、3打数0安打、1三振。 特に書くこと無し。

聖澤諒・・・「一ゴ」。紅白戦通算成績は、6打数3安打、2二塁打。 特に書くこと無し。

辛島航・・・3回、打者8人、34~35球?(ストライク率70.6%前後)、被安打0、奪三振4、与死球1、無失点。速球、変化球いずれも良くコントロールができ、さらに球威やキレもあったように感じる。先日のシート打撃登板でも好内容だっただけに、上々の仕上がりを維持していると言えそうで、開幕ローテ争い半歩から一歩抜け出しつつある。羽村亜美さんの取材によると、現在は右打者のアウトコースに真っすぐを投げる練習に取り組んでおり、投球練習全体では変化球を多めに投げているとのこと。

ファンミル・・・1回、17球(ストライク率52.9%)、被安打2、無失点。ストライク率が示すように、ミトレと比べるとコントロールに不安を残したかたちになっている。逆に言えば不安点は制球だけと言えるかも。





◎◎◎関連記事◎◎◎
【昨年の久米島キャンプ13日目】 2013年2月13日(水)紅白戦。銀次先制犠飛、嶋右打ち、伊志嶺驚異の粘りなどで紅組勝利!!
【久米島キャンプ】 紅白戦2試合目。枡田慎太郎の新人撃ち先制弾。“らしさ”が出た後藤光尊の3打席
【久米島キャンプ】 予定されていた紅白戦は中止に。ファンミルのブルペン投球を目撃した


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

訂正?

本文を読ませていただきましたがファンミル選手の所をファンネル選手って書いてあるみたいです。細かいですが(笑)
それと今日テストを受けたミトレ選手のMAXは132キロ、一方のファンミル選手のMAXは148キロみたいだったようです。ファンとしては両方とも無事に合格してもらいたいものですね。

Re: 訂正?

沖縄尚学!さん

> 本文を読ませていただきましたがファンミル選手の所をファンネル選手って書いてあるみたいです。細かいですが(笑)

お恥ずかしいことに全て間違っていました(笑) 教えていただき、ありがとうございました m(_ _)m

> それと今日テストを受けたミトレ選手のMAXは132キロ、一方のファンミル選手のMAXは148キロみたいだったようです。ファンとしては両方とも無事に合格してもらいたいものですね。

ミトレは怪我で2年間投げることができていなかったための132キロだったそうで、にも関わらず動く球でAJのバットを差し込ませて、本位ではない打ち取ったあたりのテキサスヒットでしたから、みごとだったかと思います。ファンミルは本人も「変化球もよかった。今のところでは、よしとしたい。次は、直球のコントロールを見せられれば」と言うように、制球力でしょうね。

支配下登録の枠はまだ余裕がありますので、恐らく契約になるのでは?と思っています。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}