FC2ブログ

【久米島キャンプ2014】 森&大塚の2年目コンビの声出しで始まった2日目、銀次サードでノックを受ける!!

スポンサーリンク






田尾安志、山本浩二も訪れていた久米島キャンプ2日目



◎【久米島キャンプ2014】 球春日和に恵まれた初日、日本人投手16人全員がブルペン入り

久米島キャンプ2日目。青空に恵まれた初日とは一転、天候は曇り。9時時点での気温は21.3度。昨日より1、2度低いだろうか。昨年の2日目と比べると4度ほど高い。昨年は早朝降雨があり、練習開始前の球場は一部ブルーシートで覆われていたのを思い出す。

正午過ぎ、久米島球場バックネット裏で見物されていた若い女性2人組の頭にはタオル。曇天とはいえ、雲間から差し込む日差しはそれなりに強いものがあったのだろう。(紫外線対策という意味合いもあるだろうけど)

※追記:NHK夜7時のニュースで久米島空港で全国最高気温25.4度を記録し、今年初の夏日になったとのこと。

風は昨日ほど強風ではないらしい。「昨日は風が強かったのですが,今日は穏やかです」とは仙台から現地入りされているブロガー仲間さんからの御報告。ネットで調べてみると降水確率50%、湿度89%とのこと。

日曜朝、日課となっているTBS『サンデーモーニング』をながら見しつつ、明日発行のメルマガ執筆に勤しんだ私は、朝10時前、PCの画面をいそいそとニコニコ動画に合わせ、生放送のスタンバイに入った。

ディスプレイが静止画面から久米島野球場に切り替わっていく。今日も中継はランニング風景からスタートした。

グラウンド外周を4~5周。隊列組んでの軽めのジョギングである。オーレ!イチニ!イチニ!イチサンシ!の掛け声とともにフィールドを周っていく。先頭は今年39歳を迎えるキャプテンの松井稼。これから始まる練習へ身体を慣らすようなここちで軽めのピッチで走るのだ。ブラックリー、ファルケンボーグ、AJの姿が見当たらない。外国人は参加を免除されていた模様。

途中、小雨がぱらついた。ニコ動の運営さんが中継カメラを拭うシーンもあり、天気がやや心配されたが、最後まで空模様に恵まれた1日となった。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります
球春到来。皆さま、改めまして本年も宜しくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村



2日目の声出しは、高卒2年目左腕コンビ、森と大塚



ランニング後はダッシュなどストレッチへ。その間、中継は早朝イーフビーチでの声出し映像に切り替わった。

初日は5年目の西田と小関が務めたが、2日目の今朝は2年目を迎える高卒左腕コンビ、森雄大と大塚尚仁が担当した。

森は溌剌元気よく、一方、大塚は朴訥としたその人柄が表れた口調で決意表明を語ってくれた。

「おはようございまーす! 2年目、森雄大。今年の目標はまずプロ初勝利を目指し、シーズン終了後に5勝を目標として頑張っていきたいと思いまーす! そして、松井裕樹だけでなく森雄大を覚えてもらえるように頑張っていきたいと思います。宜しくお願いしまーす!」

大塚「おはようございまーす! 2年目、大塚尚仁。。今年の目標は、、、1軍登板、1軍で投げれるようにしっかり練習をして、元気を出して、頑張って、怪我をせず、1年間頑張ります。以上です」

森の「松井裕樹だけでなく森雄大を覚えてもらえるように」宣言は、意気に感じてしまった。松井裕目当てがほとんどの数多くの報道陣が陣取る中、浜辺で高らかに言いきったのだ。無難な声出しでも良かったはず。なかなかできることではないように思う。口に出した目標白星数こそ5勝とした森だが、心の中ではそれ以上を狙っているのではないだろうか。そんな闘争心を感じた。

大塚は中継ぎ左腕として、再整備・世代交代が必要なブルペンの救世主にでもなってくれたら最高だ。御存じのように、イーグルスにはプロ入り1年目2年目で目覚ましい活躍した救援投手がいない。最近では1年目の美馬ぐらいしか思いつかない。

サードの位置で銀次が守備練習



10時半過ぎからベースランニングの実施。バッターボックスで打ったふりをして1塁まで駆け抜けた後は、今度は1塁を蹴って一気に2塁まで達する走塁練習がおこなわれ、11時手前にはキャッチボールで身体を温めていく。

そして、11時過ぎ。久米島野球場では投内連携が始まった。初日にはなかったメニューだ。

ノーアウト1塁、ノーアウト1塁2塁といった細かな状況をコーチが声を出して伝えていく。投手が投げて、コーチがピッチャー返しのノックを打ち返し、処理した投手はシチュエーションに応じて2塁または1塁へ送球していく。コーチが1,2塁間にノックの打球を転がした場合は、投手が1塁にベースカバーで入っていく。本塁プレート前に転がったゴロを2塁スローイングする捕手や、サードへの打球を1塁送球するなど、状況に応じた守備練習が実施された。

このときだった。サードのポジションに後藤の姿と共に背番号33があったのだ。初日は私が確認した限りでは銀次はセカンドで打球を追っていたはずだ。サードに入るのは今キャンプ初である。

今年は腰痛持ちのユーキリスが加わるイーグルス。ユークの腰の具合次第ではDHでの起用も増えていく。DHのAJがファーストにまわるので(外野は考えにくい)、昨年まで一塁を担っていた銀次は一塁以外、例えばサードコンバートということも十分に考えられる。DH起用するまでもないにしても、守備負担を避けて打撃に専念させたいという狙いでユークを一塁専用起用するプランも考えられ、今季は銀次が一塁以外を守る光景が増えることが予想されるのだ。

今日のサード守備位置もそれを視野に入れた上での練習だったのだろう。投内連携後のノックでも、銀次はそのままサードに入っていた。

ここで、本日のシートノックの守備位置を確認しておこう。

三塁・・・後藤、銀次
遊撃・・・松井稼、西田
二塁・・・藤田、阿部
一塁・・・ジョーンズ、小斉、岩崎

AJファースト時、1,2塁間を抜ける右前安打が増えるリスク



前方のボテボテに対し、チャージをかけて素手で処理してランニングスローといった練習、ショート左の三遊間の打球をショートが追いかけての処理といった練習も見受けられた。私がチラチラ垣間見ている限りで打球を弾いてしまったのはAJ。1,2塁間のゴロを逆シングルで捕りにいこうとしたところ、グラブで捕り切れずに後逸させてしまったシーンがあった。

思えば、昨年の楽天の1,2塁間はパリーグNo.1だったように思う。銀次はファースト左の1,2塁間の打球に対する反応が良かった。そのことは、数多くの楽天戦を御覧になっていた読者の皆さんなら良く分かっていることだし、また、統計学上でも証明されており、『セイバーメトリクス・マガジン2』で紹介されている銀次のUZRは1,2塁間でプラスを叩き出していた。

■銀次のゾーン別UZR。『セイバーメトリクス・マガジン2』より


AJがファーストに入るとなると、昨年の銀次が魅せたような1,2塁間の強さは望むべくもない。外国人選手でファーストが意外に上手かったと思えるのにセギノールがいるが、セギよりAJのファースト守備は下と見て良いだろう。今年はAJファースト時は1,2塁間を抜けていくゴロヒットが増えるのは避けられない。

銀次は午後の特守では、鈴木康友内野守備走塁コーチの指導の下、三塁ファウルゾーンで阿部とともに左方向のゴロについてジャンピングキャッチで止めにいく動作を何度も繰り返していた。これは1,2塁間の打球を想定したものなのか?三塁線のゴロを想定したものなのか?どちらだったのだろう?

内野でノックが実施されていた時、外野では聖澤、岡島、枡田ら熾烈なレギュラー争いを繰り広げる外野陣が、前方のフライに対して全力チャージをかけて捕球する守備練習に励んでいた。中には平石1軍打撃コーチがチャレンジするシーンもあったが、現役離れて幾数年、やはり、無理だったようだ(笑)

打撃練習を見守るAJに次期監督の姿をみた?!



11時半過ぎ、ノックが終わりグラウンド整備へ。整備中、嶋を始めとする各選手がネット際でトスバッティングに精を出す。

打撃練習は11時40分頃から始まった。本塁付近に2つのゲージを設置して、嶋、小関が先頭バッターを切り、打撃投手が投げた球を打ち返すバッティング練習が始まっていく。外野に飛んだ打球を聖澤らが追いかけたり、1塁付近では走者がリードの取り方、2塁へのスタートの練習に汗を流していた。

AJが打撃ゲージの後ろに陣取って、さながらコーチのような佇まいで、打撃練習に励む選手たちのバッティングを見守ってたのは、微笑ましい光景だった。そう言えば、ポスト星野の次期監督はAJという報道もあった。報道当初はどうなのかなあ?と訝った私だが、本日の光景を見てその選択肢も可能性として大きいのかもしれないと思いを新たにした。そのAJは12時半近く、バッティングゲージに入っている。

(下記へ続く)




左腕ばかり6枚。オール左のブルペン風景



お昼過ぎ、ブルペンでは、青山、永井、金刃が入り、投球練習。練習を終えた後の背番号30に対し、球を受けていた長坂ブルペン捕手がなにやら長いアドバイスを送っていた。真剣に耳を傾けている楽天唯一の2年連続先発ローテ堅守右腕。今年こそ完全復活のシーズンにしてもらいたいだけに、長坂捕手のメッセージの内容が気になるところなのだ。

その後、塩見貴洋、大塚尚仁、松井裕樹、辛島航、森雄大、片岡博視。オール左腕のブルペン投球。近未来の左腕王国を期待せずにはいられない、胸高まる圧巻の光景である。

報道によると、松井は捕手を座らせて合計65球を投じたようだ。ほとんど速球だったが、終わりの数球、カーブも披露したとのこと。これで合同自主トレ4回、2/1を入れて今年6度目のブルペン入りになっている。

左腕6枚を並べたのは既報されているとおり、同じ左腕を並べることでチーム内のライバル意識、闘争本能を掻き立てようという狙いがあったのだろう。さらに言えば、ファン、報道陣への心配りも忘れない星野監督のこと。“絵になる”という点も意識しての指示に違いない。その光景を見て、私のように心高ぶらせるファンはいるのだから。


■【楽天】星野監督“左腕サバイバル”だ!左投手全員同時に投げさせる
(スポーツ報知2014年2月2日06時00分)
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20140202-OHT1T00035.htm

 星野監督が松井裕の加入による“左腕サバイバル”のゴングを鳴らした。松井裕とともに2年目の左腕・森、大塚らがブルペン入り。そこに2年目右腕・宮川も交じっていたが「(佐藤投手コーチに)『次は(ブルペン)全員、左にしろ』と言った。もっと競争意識が生まれるかもしれない」と、同じ立場の投手をそろって投げさせることで、ライバル心をあおる考えを明かした。

 昨季、チームの左腕では辛島と中継ぎ・片山、ベテラン・川井の3勝が最多だった。左腕不足に悩まされただけに「1人でも2人でもいいから出てきてほしい」と指揮官。松井裕のブルペン投球には「イメージ通り。ボールそのものは、まだまだだけど、投げっぷりがいい。腕を振り過ぎるのが(故障につながらないか)怖いけど」と評価した。


ニコ動中継で投手のノック風景が映し出される



14時すぎ。ニコ動生放送のカメラは、あらかじめ録画してあった別グラウンドで行われた投手陣のノック風景を映し出していた。

森、大塚、松井といった若手が、左に右にと内野手さながらの大きな動きで打球を追っていく。なかなか珍しいシーンではないだろうか。シーズン入れば、できない守備練習だと思われ、この時期ならではの特別メニューなのかもしれない。

非常に大切な練習だと思う。良く言われることだけど、投手は9人目の野手。その守備いかんで自らを窮地から救ったり、逆にピンチを広げてしまうことにもなる。

先日調べた、各球団の犠打阻止率調査で、楽天投手陣はバント凡打処理数が他球団と比べて少ない傾向にあることも判明した。投手陣の守備意識の向上は、地味ながらも、大切な点だと私は考えている。

◎参考エントリー>>【記録】2013年パリーグ。攻撃側のバント作戦を最も封じたチームはどこか?! 球団別の許した犠打企図数、犠打阻止率を調査した

(下記へ続く)




室内練習場では松井裕、森がバント練習



室内練習場ではブルペン投球練習を終えた、松井裕、森がバント練習に励んでいた。こちらもシーズン始まってしまえば、交流戦の直前の一時期を除いて、まとまった練習をする機会がないだろうから、大事なメニューだ。

その傍らでは松井や聖澤がバットを振り込む姿も。

牧田、西田、榎本、岩崎は久米島野球場、室内練習場と場所を移しながら特打のメニューが組まれていた。西田が打球を打ち返している後ろで見守るのは仁村、平石の両コーチの姿。今年は特に西田、榎本の台頭に期待したい。

15時すぎ。銀次、阿部の特守が終わり、ナイン全員、グラウンドから撤収。車両による整備が始まり、久米島野球場での練習全体は終わっている。

BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行。月額499円です。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は下記エントリーに記しました。1人でも多くの皆さんの読者登録、お待ちしております。
◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧
☆1/27配信最新号の主な内容は「田中将大と打者342人の通算対戦成績」です。
---------------------------------------------------------------

◎◎◎関連記事◎◎◎
【昨年の久米島キャンプ2日目】 島内のハッピバースデー独唱でスタート。一回り大きくなった菊池保則
【久米島キャンプ2014】 球春日和に恵まれた初日、日本人投手16人全員がブルペン入り


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります





《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!290人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}