FC2ブログ

データで確認する楽天・銀次の打率3割覚醒。ヒット量産のカギとは~2013年vs左投手ゾーン・コース打率から

スポンサーリンク





1/17発売『プロ野球本当の実力がわかる本 2013-2014』
読書感想文を書きました。コチラをクリック

1/31までアンケート募集中です
「あなたが選ぶ楽天イーグルス2014年開幕スタメン予想」


応募フォームなど詳細はコチラをクリック

1/28現在14名の皆さんに御参加いただいてます。(東北男性10名(10代x2、20代x3、30代x3、40代x1、50代x1)、関東男性1名(20代x1)、東海男性1名(20代x1)、近畿男性1名(40代x1)、四国男性1名(20代x1)です)

LINEを始めました⇒IDはeagleshibakawaです
「最近使うSNSはLINEなんだよね~」という方にお薦め。ブログ更新情報をお手元へお知らせします。

~~~

銀次の2013年vs左投手ゾーン・コース打率をチェックする



日曜夜BS日テレで放送されたスポーツドキュメンタリー番組「アスリートの輝石」を御覧になっただろうか? 熱心なファンには物足りなかったかもしれない。しかし、広く視聴者に訴えるには、良くまとまった正味25分の番組だったかと思う。私自身、岩手県普代村出身の銀次の思いを、改めて確認することができた。

簡単に打球をヒットコースに飛ばす今の銀次を見て、我々ファンは簡単に「天才」という言葉を口にする。しかし、それは決して正しい表現ではなかった。入団当時、銀次自身が「自分なんかプロに行っていいのか」と戸惑いを覚えていたこと。なかなか1軍出場が叶わず、途中気持ちが折れたこと。その銀次を強い決心に駆り立てたのは、土壇場での決心だった。

「野球人生ってかなり短いって思い始めて。だったら1回本気で練習して死ぬほど練習してやってみようかな」。ちょうどその頃に発生した3.11。未曾有の震災が、幼少時に慣れ親しんだ故郷の海浜光景を一変させてしまっていた。

沿岸魂を育んだ自分の原点とも言える大切な場所が、有無をも言わせぬ圧倒的な力で蹂躙されてしまう。このことのダメージは銀次にとって計り知れないものだっただろうし、だからこそ、その後の好活躍の強い原動力にもなった。番組を見て、そう感じた。

番組を御覧になれなかった方は、下記エントリーをどうぞ。全文の文字おこしをしています。


◎沿岸魂のバットマン、楽天・銀次。夢を追いかける原石たちへ送る言葉とは~~BS日テレ「アスリートの輝石」より。全文文字おこし


さて、本題に入ろう。

今年改めて首位打者宣言をした銀次、なぜ昨年打率3割を打つことができたのか?ゾーン・コース打率から探ってみるという趣旨である。

前回1/18エントリーではvs右投手時のゾーン・コース打率をチェックしてみた。

今回はvs左投手時のゾーン・コース打率をみてみよう。

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■楽天イーグルス 銀次 2013年 vs左投手 ゾーン・コース打率
打率.317、161打数51安打、三振18、本塁打0



サウスポーを苦にしない銀次



昨年、銀次が打率3割を残すことができた理由の1つに、サウスポーからも3割を打つことができていたことが挙げられる。


vs右投手打率・・・〔2012年〕.279 ⇒ 〔2013年〕.318
vs左投手打率・・・〔2012年〕.282 ⇒ 〔2013年〕.317


上記数字が示すように、対戦投手の左右に関係なく率を残すことができていたのが大前提として大きい。

しかし、右投手から3割残しても、左投手で2割前半、結果トータルして3割に届かないというケースの左打者を多く見かけることはないだろうか? その点で言えば、左投手を苦にしないのは、銀次の特徴の1つである。

対左投手:打率3割のカギは左投手のスライダー攻略にあり



それでは、なぜサウスポーから打率3割を残すことができたのか?

右投手対戦時にも触れたように、スライダー打ちを習得することができた点が最大の要因になったと言えそうだ。

下記の円グラフを御覧頂きたい。こちらは2012年と2013年、サウスポー対戦時の球種割合、球種打率を見ている。



20140127DATA3.jpg


球種の速球はストレート、シュート(ツーシーム)、曲がる系はスライダー、カットボール、落ちる系はフォーク、チェンジアップ、シンカー、パームボールを分類している。

球種割合から見れば、昨年は一昨年と比べて対戦した左投手はスライダーをやや少なく減らし、その分、速球を多く投げ込んできていたことが確認できる。この点も銀次に取ってアドバンテージに働いた。銀次の速球打率は2年連続3割超えをしており、サウスポーの速球を苦手としていない。

対左投手:苦手だったアウトコースのスライダー系で好結果



最も変化が生じたのは、スライダー、カットボールの曲がる系の打率だ。

2012年が61打数14安打の.230だったのに対し、2013年は42打数14安打の.333。約1割アップとなった。

特に2012年に苦手としていた左投手が投げるアウトコースの曲がる系で大幅改善できたのが大きい。

20140127DATA4.jpg

空振り率、三振数で目立った改善はなかったものの、打率が.174から.321へ上昇していた。これは、2012年は左投手が投げる外角の曲がる系に対し、バットに当てるだけだったバッティングが、2013年はバットの芯に当てる確率が高まったと考えられる。確実性が増したのだ。

対左投手:高めは銀次の得意球だ



上記ゾーン・コース打率図、高めゾーン一帯がホットゾーン化しているのが、一目瞭然である。

速球、変化球の区別なく、4割に迫るアベレージを叩き出している。特筆すべきは高め速球の三振がゼロだったこと。高め速球141球に対し、空振りしたのはわずかに1球だった。141球に対し、バットを振りにいったのは79回、そのうちヒットコースに飛んでHのランプが灯ったのが22.8%に当たる18回だった。きわめて高いコンタクト率だ。

20140127DATA5.jpg


2年連続、銀次のゾーン打率を見てきて、サウスポーが投げる高めの球は銀次の得意球であることが判明している。2012年は率こそ.273だったものの、捉えた当たり、良い当たりが相手野手の守備範囲内に収まるケースが多く、運に恵まれない部分もあったが、2013年は数字もしっかりついてきたと言えそうだ。

対左投手:ただし、145キロ以上高め速球には差し込まれるケースが多い



ただし、課題点も残る。サウスポーが投げる145キロ以上の速球という条件設定でみると、ファウル、凡打になるケースが多かった。当ブログが145キロ以上だと記録をつけた球に対しての銀次のアプローチ結果を確認してみよう。(※球速不明の球もあるため全てではない)

2012年・・・全17球、バットを振りにいった回数13、ファウル10、安打1(中安/ゴ)、凡打2(遊ゴ、中飛)
2013年・・・全18球、バットを振りにいった回数10、ファウル6、空振り1、凡打3(左飛3)

2年連続のトータルで、バットを振りにいった23回に対し、ヒットになったのはわずか1回だけ。ファウルが16回と多かった。この課題点が改善されれば、もっと率は上がってくるし、それこそ死角が少ない打者になっていくのでは?と思う。

サウスポーが投げる145キロ以上の速球というと、日本ハムの吉川光夫、西武の菊池雄星などがすぐに思い浮かぶ。彼らが投げ込んでくる高め速球を、銀次がしっかり弾き返すことができるか?という点も、今シーズンみていきたいと思っている。【終】


BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行。月額499円です。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は下記エントリーに記しました。1人でも多くの皆さんの読者登録、お待ちしております。
◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧
☆1/27配信最新号の主な内容は「田中将大と打者342人の通算対戦成績」です。
---------------------------------------------------------------

◎◎◎関連記事◎◎◎
【記録】楽天 銀次 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率
データで見る楽天・銀次の打率3割超え。ヒット量産できたその理由~2013年vs右投手ゾーン・コース打率から
沿岸魂のバットマン、楽天・銀次。夢を追いかける原石たちへ送る言葉とは~~BS日テレ「アスリートの輝石」より。全文文字おこし


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります





《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!290人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}