FC2ブログ

“催眠術師” 岩隈久志のメジャー3年目。2014年成績を予測する

スポンサーリンク





只今、2つのアンケートを募集中です

◎1/11(土)まで 「ケビン・ユーキリス 日本で活躍できる?できない?」

応募フォームなど詳細は下記URLでどうぞ。現在27名の皆さんから御応募いただきました。

http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-2002.html

◎1/31(金)まで「あなたが選ぶ楽天イーグルス2014年開幕スタメン予想

応募フォームなど詳細は下記URLでどうぞ。現在2名の皆さんに御参加いただいてます。

http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-2025.html



◎本日1本目の記事>>【御報告】読者のみなさまのおかげで、日本ブログ村「野球」部門、自己最高22位到達!!

◎本日2本目の記事>>楽天チーム総年俸、球団史上最高額28億へ。グラゼニで見た最も投資効率の良いシーズンは?!

岩隈久志のメジャー3年目、2014年成績を予測する



MLBが年々身近になっている。昨年はシーズン途中からMLB.TVに加入した。画質がとっても綺麗で驚いている。画質の悪さがネックでパリーグTVの加入をためらうファンが少なからずいると聞く一方、MLB.TVのそれは比較にならないほどのハイクオリティだ。メジャー特有の天然芝の美しさ、あの眩い緑が手に取るように視界に飛び込んでくるのだから!!

中継を観戦できない時にはVOD観戦だ。見逃したシーンや気になる場面だけを繰り返して観戦するのも、よくやっている。今年は田中やマギーの動静も追いかける予定なので、もっともっと使い倒すことと思っている。

そのようにメジャーを楽しむ「環境」が整備されたのも、個人的には大きかった。しかし、最大の決め手は、贔屓チームの初代エースピッチャーが、活躍の場をメジャーに移し、2年連続で予想以上の好成績をあげている、この点に尽きるのだ。

(下記へ続く)



ということで、久々に岩隈についてのエントリー。

14勝という素晴らしい成績だった2年目の内容を年内までに総括したかったものの、タスクが足りず、断念。年が明けてしまったので、3年目に当たる2014年の成績予測をしてみようという試みなのだ。

もちろん、昨年岩隈が投げる全試合を観戦してきた私である。3年目の今年も昨年に匹敵するような、またはそれ以上の成績を残して欲しい!と思うのがファン心理だ。しかし、大風呂敷を広げるだけなら、成績予測記事は成り立たなくなってしまう。ということで、ここでは視点を引いてみることで、冷静さを維持しながら予測してみたい。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■岩隈久志 メジャー年度別投手成績


2年連続200イニング超えは難しい?!



ひとしきり考えた結果、11勝7敗、防御率3.13という予想をしてみた。

まず、考えたのが、投球回、登板数になる。

昨年はシーズン通して先発ローテを守り切ることができるか?が1つの見どころだった。不安視された中、その大役を見事に果たした。自身が目標としていた200イニングを越えて、結果的に投球回は219回2/3に達した。

219回2/3は日米通してキャリアハイの投球回だ。その負担が今年マイナスの影響になって表れることを考慮して、登板数25試合、投球回166回2/3に設定した。

疲労の影響などでローテを1回飛ばすこともあるだろうし、場合によっては肩などの違和感を訴えて1カ月間近く戦線離脱することもあるかもしれない。そのリスクを織り込んで投球回は昨年1試合当たり平均投球回が6.2イニングだったことを考慮し、とりあえず167回2/3に設定してみた。

もちろん、3年目の今年もヘルシーな状態でつつがなくプレーしてほしいとは思っている。しかし、過去の岩隈の記録を見ていると、NPB時代3度記録した200イニング近く投げた年の翌年、いずれも投球回を減らしているのである。

2003年(22歳) 195回2/3 ⇒ 2004年(23歳) 158回2/3
2008年(27歳) 201回2/3 ⇒ 2009年(28歳) 169回
2010年(29歳) 201回 ⇒ 2011年(30歳) 119回

このデータを考慮した。

219回2/3投げた岩隈だが、1イニング当たり平均球数は14.1でリーグ1位の少なさだった。「省エネピッチングで球数はそれほど投げていないと思うよ」という声もあるかもしれない。しかし、3102球は2006年以降、岩隈が1シーズンに投げた最多球数なのだ。

リバウンドが懸念されるBABIP



その次に考えたのは、本塁打以外の打球がフィールドに飛んだ場合、安打になる確率、BABIPのことである。

投手本来の力量とは関係なく変動し、運の介在を表す数値としても知られるようになってきているこの数値が、1年目.283だったのに対し、2年目の昨年は.255と良化していた。つまり、昨年は運を味方につけたシーズンだったとも言えそうだ。マリナーズ守備陣、昨年は一昨年と比べると、守備力が内外野ともに落ちていたことを考えると、そのハンデにもめげず、本当に昨年はトータルで好成績を残してくれたと思う。やっぱり、ツイていたと言えるかもしれない。

一転、今年は.255より良くなることは想定しづらい。というのは、昨年の.255は、2006年以降、岩隈の自己最高値だからだ。楽天時代も.255より良い数字を残したシーズンはない。そのため、これ以上良くなることは考えにくく、リバウンドして2割後半を記録するのでは?と推測している。

BABIP.280~.290だとすると、被安打はおよそ150~160本近くになる計算になる。(対戦打者数、昨年は1試合24.2人だったので、今年は655人と仮定)

BABIP、昨年の疲労度、対戦相手の岩隈対策といった諸要素から、昨年より多くヒットを浴びることになれば、当然、失点、自責点は増えてしまう。よって、諸々勘案した結果、防御率も3点台前半と推測。便宜上、3.13としてみた。

二桁勝利は手堅いと信じている



被安打が増え、防御率も3.13まで悪化するという推測ながらも、そこは岩隈のことだ。勝ち星は最低でも二桁は手堅いのでは?と見ている、というか信じている。

打線はカノーの加入もあって、上向くのでは?とみる向きもありそうだが、あまり大きな変化はなく、得点力不足は変わらずだと予想。

しかし、そういった状況には慣れっこのクマだから、際どい試合展開をしっかり勝ちゲームにつなげてくれるのでは?と考えている。

昨年の成績を維持しそうな奪三振率、与四球率



奪三振、与四球も考えてみよう。

奪三振率は、1年目7.25、2年目7.58だった。3年目の今年も少なくとも7点台は堅いと思う。6点台に割りこむことはないのでは?と予想する。やはり、メジャーではほとんど使われないスプリッターを伝家の宝刀にできているメリットが最も大きい。

特集「2013-14MLB投手白書」が読み応えのある『Slugger』誌2014年2月号によると、昨年メジャーで投じられた全70万9916球のうち、スプリッターの割合は僅かに1.5%だったという。

楽天に加入することになるユーキリスの昨年の全打席をMLB公式Gamedayを元に1球1球、球種を調べた結果でも、全479球中、スプリッターはたったの3球、フォークボールと表記された球種を合わせても僅かに5球だった。

そのことを考えると、岩隈がスプリッターの優れた使い手であることは、それだけでメジャーの打者に対して相当有利な立ち位置に立つことができることを示している。

1年目3.09、2年目大幅改善されて1.72だった与四球率は、今年も引き続き素晴らしいと判断し、1年目と2年目の中間、2点台前半と予想した。

ということで、@eagleshibakawaの予想は、

防御率3.13
167回2/3
25試合11勝7敗
被安打152
被本塁打21
奪三振135 (奪三振率7.29)
与四球41 (与四球率2.21)
与死球3
失点64
自責点58
WHIP1.16
BABIP.287


としてみた。

なお、この成績予測は今年最後までシアトルで投げ切ると仮定してのもの。シーズン途中での打者有利球場を本拠地にするチームへの移籍という事態は考えていない。もしそうなった場合、岩隈の成績はもう少し悪くなる可能性がある。

当たるも八卦、当たらぬも八卦。今秋、答え合わせをしてみたいと思っている。

【終】

BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行。月額499円です。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は下記エントリーに記しました。1人でも多くの皆さんの読者登録、お待ちしております。
◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧
☆1/6配信最新号の主な内容は「楽天主要選手の2014年成績予測〔打者編1〕」です。
---------------------------------------------------------------

◎◎◎関連記事◎◎◎
岩隈久志関連記事カテゴリ
楽天選手2014年成績予測。ピーク過ぎた聖澤、二桁本塁打の期待感・島内、OPS7割マギー、今年も歩くAJ、3割打つぞ!銀次


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります





《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!280人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

どうもこんばんは、ざくろです。
少し遅くなりましたが新年おめでとうございます、今年もよろしくお願い致します。
今年は田中のMLB移籍や、マギーの試合も追いかけられるとの事で…頑張って下さいませ(笑)

岩隈の2014年シーズンの成績予測という事ですが、岩隈に関しては難しいですよね。
2013年は、4試合連続で4失点以上していた時なんかは防御率が3.02まで悪化してしまい、
8月下旬辺りはシーズン防御率3点前後が妥当だろうか、と思っていたら、
逆に終盤戦は毎試合圧巻の投球内容でしめくくりあわや防御率のタイトルという巻き返し。
守備面に関しても開幕は相性があまりにも良すぎたショパックと組んでいて、途中からは
お互い慣れるまでに結構な期間を要してしまったズニーノ、BABIPは非常に良い数字を
記録していたものの、少なくとも岩隈の試合を見ていたらとても幸運だったとは言えない
守備による負担が大きかったりと、何かと予測しづらい要素が多いなという印象が。

過去の投球回に関しても、2004年はシーズン中にアテネ五輪へと参加していたり、
2009年は開幕前にWBCに参加したりと、仕方のない側面もあったと思うので、なんというか、
岩隈の場合は他の先発投手と違って、データから予測するのが非常に難しいというか。

ただshibakawaさんも書かれているように、勝敗はどうしても運の要素が絡むとはいえ、
岩隈の能力を考えると、良い意味で普通に投げる事さえ出来れば二桁は手堅いでしょうし、
防御率も3.20ぐらいまでには抑えれるのでは、という感じでしょうか。
初めてメジャーで一年間先発として投げ切った疲労や、相手チームからの研究が進むという
マイナス要素がある反面、逆に一年投げ切った事で岩隈も色々実感として感じた事が
あるでしょうし、研究されているのと同じぐらい岩隈も他球団の選手を相手に投げた事で、
色々データも収集出来たでしょうから、プラス要素のほうが上回る活躍を見せてもらいたいです。

その反面、与四球率に関しては、個人的にもむしろ若干悪化するかな、という気がしました。
悪化というより、2013年の岩隈は、後半戦は無四球の試合がなかったものの、
これは四球を与えてしまったというより、前半戦と違い敢えて「まぁここは四球でもいいか」
という投球をしている風にも感じられたので、2014年も、敢えて勝負をせず微妙なコースへ
投げて見極められて四球になっても別に構わない、という投球をするのではないかな、
という思いから、与四球率が数字上は若干悪化するのではないかなーと。
体感的には恐らく2013年とそう変わらない印象を受けつつ、数字上は増えているな、という。

何にせよ、現時点での一番の不安材料は監督の交代でしょうか。
岩隈が好成績を残せたのは、ブラウン元監督からのアドバイスによるウェッジ監督の
起用方法によるところが大きかったのは紛れもない事実だと思うんですが、
果たして新監督が岩隈をどういった方針で起用するのか。
実際に2013年は非常に優れた成績を残せたわけなので、その路線で起用してもらえれば、
怪我や疲労等の予測が難しい不確定な部分を除けばある程度以上の好成績は十分に
期待出来るとは思いますが、他の投手と同じような起用となると、ファンとしては心配が。

あとは、カノーの加入でプラスに働くのは、特に守備面が大きいのではという気がします。
フランクリンは攻守共に岩隈を盛り立ててくれる事が多かったですし、
よくその打球に追いついてアウトにしてくれた、という守備も度々見せてはくれたものの、
やっぱり単純な印象で言えば守備のミスのほうが目立っていただけに、確率の問題で
言えばカノーの加入による守備のプラス面のほうが大きいかなーと。

個人的な予想としては…勝敗は少し欲張って13勝6敗、と希望したいです。
防御率は、2012年が先発のみの防御率だと2.65、2013年が2.66なので、
ここは超強気に2014年は2.67だと予想してみます(笑)
最終的にどうなるかは分かりませんが、欲を言えば2013年同様、ローテーションを外れず
最後までシーズンを通して投げ抜いてほしい限りですよね、目安としての15勝も。
まずは、去年同様オールスターに選ばれる程の好成績を前半戦は記録してほしい限りです。

それでは、今年も宜しくお願い致します。

Re: No title

ざくろさん
明けましてあめでとうございます。こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

> 今年は田中のMLB移籍や、マギーの試合も追いかけられるとの事で…頑張って下さいませ(笑)

マリナーズも有力候補に上がっていますよね。個人的にはどこへ行ってもらってもかまわないのですが、もし田中入団となれば、楽天の新旧エース揃い踏みで胸熱間違いなしですね。

> 岩隈の2014年シーズンの成績予測という事ですが、岩隈に関しては難しいですよね。

はい、難しいです。何年か前に予想というものでもないですけど、これくらい期待したいという大風呂敷をブログで広げて見事はずれたことがございまして、あれがトラウマになっています。今回、辛め、厳しめ、控えめの成績予測になっているのは、その影響もあるんです。

> 守備面に関しても開幕は相性があまりにも良すぎたショパックと組んでいて、途中からは
> お互い慣れるまでに結構な期間を要してしまったズニーノ、BABIPは非常に良い数字を
> 記録していたものの、少なくとも岩隈の試合を見ていたらとても幸運だったとは言えない
> 守備による負担が大きかったりと、何かと予測しづらい要素が多いなという印象が。

そうなんですよ。昨年の岩隈はセーフコ改修、守備力の低下(特に内野、二遊間)、捕手陣の入れ替わり・・・等々、様々な「逆風」がありましたよね。しかし、そんな「逆風」にも関わらず、BABIPは自己最高値でしたから、もちろん、岩隈の実力も大きいでしょうが、可視化されにくい所で「恵まれていた」部分もそれなりにあったのかな?と推測してみたという訳です。

> 過去の投球回に関しても、2004年はシーズン中にアテネ五輪へと参加していたり、
> 2009年は開幕前にWBCに参加したりと、仕方のない側面もあったと思うので、なんというか、

なるほど、確かにあの時はシーズン前やシーズン中にイレギュラーな案件があっての投球回減少でしたね。今年はそういった要素がないので、自己初の2年連続200イニング超えできるか?どうか?見守っていきたいと思います。もし達成なれば、野茂(2年連続を2度)、黒田(3年連続達成中)に次ぐ快挙となりますし。(ダルにも挑戦権あり)

> 初めてメジャーで一年間先発として投げ切った疲労や、相手チームからの研究が進むという
> マイナス要素がある反面、逆に一年投げ切った事で岩隈も色々実感として感じた事が
> あるでしょうし、研究されているのと同じぐらい岩隈も他球団の選手を相手に投げた事で、
> 色々データも収集出来たでしょうから、プラス要素のほうが上回る活躍を見せてもらいたいです。

そのところの両者のせめぎ合い、しのぎ合い、駆け引きの妙が今シーズンの、より一層の見どころの1つになってきそうですよね。

> 何にせよ、現時点での一番の不安材料は監督の交代でしょうか。
> 岩隈が好成績を残せたのは、ブラウン元監督からのアドバイスによるウェッジ監督の
> 起用方法によるところが大きかったのは紛れもない事実だと思うんですが、
> 果たして新監督が岩隈をどういった方針で起用するのか。
> 実際に2013年は非常に優れた成績を残せたわけなので、その路線で起用してもらえれば、
> 怪我や疲労等の予測が難しい不確定な部分を除けばある程度以上の好成績は十分に
> 期待出来るとは思いますが、他の投手と同じような起用となると、ファンとしては心配が。

ウィリス投手コーチも解任されてしまい、岩隈のことを良く知る首脳陣がいなくなってしまったのが、どうでるか?でしょうね。新任はリック・ウェイツ氏。少し調べてみたらマリナーズのマイナーのほうを見ていた人らしく、昨年終盤、ウォーカーやパクストンら若手投手がお試しで起用され、今年は期待されるシーズンですから、彼らのことをよくわかった人を、という人事なのでしょうけど、ぜひ過去2年の起用を踏襲した運用を願いたいところです。

> あとは、カノーの加入でプラスに働くのは、特に守備面が大きいのではという気がします。

岩隈も後ろにカノーが守っているとなると、安心感、心強さといった面でも違ってくるでしょうしね。

> 個人的な予想としては…勝敗は少し欲張って13勝6敗、と希望したいです。
> 防御率は、2012年が先発のみの防御率だと2.65、2013年が2.66なので、
> ここは超強気に2014年は2.67だと予想してみます(笑)

ざくろさんの予想も確かにもっともと思わせるものがあります。う~ん、防御率の予想、3.13は、少し悪くしすぎちゃったかなあ~(苦笑)と思ってます。

> 最終的にどうなるかは分かりませんが、欲を言えば2013年同様、ローテーションを外れず
> 最後までシーズンを通して投げ抜いてほしい限りですよね、目安としての15勝も。
> まずは、去年同様オールスターに選ばれる程の好成績を前半戦は記録してほしい限りです。

もし大覚醒してシーズン20勝ということになれば、日本人メジャー投手初、自身は日米通算150勝ということにも。
さすがに、これは大風呂敷広げすぎでしょうが、今年つつがなく終われば、来年は区切りの数字が早々にやってくると言えそうですね。
少し気が早いですけども。

No title

来年は岩隈投手も厳しいと思います。特に同地区のテキサスレンジャーズの打線の破壊力が増したのも気にかかります。秋信守選手は岩隈投手を得意としてます。

Re: No title

野球大好きさん

コメント有難うございます。

> 来年は岩隈投手も厳しいと思います。特に同地区のテキサスレンジャーズの打線の破壊力が増したのも気にかかります。秋信守選手は岩隈投手を得意としてます。

なるほど、対戦回数も多くなる同地区の強豪の補強の影響が大きいという判断ですね。

レンジャーズの主な新戦力と言えば「打」では秋信守とフィルダーでしょうか。(誰か忘れているような気もするけど・・・) 岩隈との通算対戦成績を調べてみました。

秋信守
2009年WBC=3打数1安打1打点、1三振、1本塁打
2012年=4打数2安打1三振1四球1二塁打
通算=7打数3安打1打点、2三振、1四球、1二塁打、1本塁打

フィルダー
2012年=2打数1安打、1三振
2013年=5打数2安打、1二塁打
通算=7打数3安打、1三振、1二塁打

両者とも岩隈から通算打率.429を残しているのですが、レンジャーズからタイガースへ去ったこの打者も岩隈を打っていましたし、レンジャーズ戦の対戦被打率も1年目の.325から2年目は.200に改善されていますので、差し引きトントンかなぁ?と予想しているのですが、甘いでしょうかね

キンズラー
2012年=9打数4安打2打点、2三振、1四球、1死球、1二塁打、2本塁打
2013年=11打数4安打1打点、1三振、1死球、1本塁打
通算=20打数8安打3打点、3三振、1四球、2死球、1二塁打、3本塁打
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}