FC2ブログ

楽天・則本昂大は2年目のジンクスを打破できるか?!

スポンサーリンク






ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

則本昂大は2年目のジンクスを打破できるか?!



則本の1年目を振り返る成績まとめ記事は別途後日用意したいと思っているが、この記事だけ一足先にお送りする。

先日、「楽天・釜田佳直を右肘手術に追い込んだ大久保2軍監督&酒井2軍チーフ投手コーチの重大責任」というエントリーを書いた時、大卒・社会人投手のルーキーイヤーの試合数、投球回はどうなっているのだろう?と気になっていた。

今回ようやく調査が終了したので、お送りしたい。


■2006年~2013年、大卒・社会人投手の1年目
50試合または100イニングを投げた投手一覧

※正確には高卒・専門学校卒以外の投手対象。


1年目2年目続けて活躍できる投手は全体の5.1%にしかすぎない



2005年秋ドラフト以降、球界入りした大卒・社会人卒投手は当ブログ調査で総勢255人(育成契約含む)。そのうち、1年目のシーズンで100イニング以上または50試合以上登板した投手を抽出してみた。その表が上記になる。

ルーキーイヤーに50試合または100イニング投げた大卒・社会人卒の新人投手は合計35人いた。総勢255人だから全体の13.7%に当たる。

最多投球回を投げたのは200イニング達成の巨人・澤村拓一。その澤村が一目置く則本は今季170イニングを投げた。上記表で6位タイの投球回を記録している。球数で言えばシーズンで2807球を、ポストシーズンで379球を投げ、合計3186球をルーキーイヤーに投じている。

同じくヤクルト・小川や巨人・菅野もフル回転したため、そういったイメージが希薄になりがちなところはあるけれども、今季の則本は、新人離れした近年稀にみるフル回転投球をみせた新人だったと言うことができるのだ。

次に、上記表35人の中から今年1年目だった小川泰弘、菅野智之、則本昂大、三嶋一輝、松永昂大、石山泰稚の6人を除く29人の2年目の成績を確認してみた。

その中で2年目も1年目と同等もしくはそれを上まわる、あるいはそれに準じるような好成績を上げたと言えるのは13人。澤村拓一、平野佳寿、野村祐輔、岸孝之、牧田和久、藤岡貴裕(は異論あるかもしれないけど・・・)、攝津正、益田直也、榎田大樹、伊藤義弘、荻野忠寛、宮西尚生、大原慎司の13人だ。総勢255人の中の僅か5.1%しかいない計算になる。

好成績をあげた13人の中でも、怪我で一時戦線離脱した投手もいる。野村が右肩関節唇損傷を、榎田が左肘関節痛に見舞われている。

以上のことから「則本だけは別格だ。スタミナがあるように見えるし、シーズン終盤にも力強い球を投げていた。だから、大丈夫だろう」という見立ては、単なる気休めにしかならないと言える。それは御都合主義の根拠のない推測にすぎない。

則本に年内投球禁止令?!



事実、日本シリーズ後、このような記事が出ていたのを皆さんも覚えていることだろう。炎症を起こしているというのだ。


【プロ野球】則本に年内投球禁止令 故障防止に細心の注意
(中日スポーツ 2013年11月10日)
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/npb/news/CK2013111002000168.html

 新人王当確の楽天・則本昂大投手(22)に年内の『投球禁止令』が出された。9日の倉敷秋季キャンプでは2日連続となる軽めのキャッチボールにとどめ、下半身強化と体のケアに集中。球団では、次期エースの故障防止に細心の注意を払う方針だ。


 ルーキーイヤーは15勝を挙げ、球団初のリーグ優勝と日本一に貢献。来季も大車輪の働きが求められるだけに、1年目のオフは慎重に過ごす必要がある。コンディショニングを担当する星コーチは「あれだけ投げたので、肩や肘に細かい炎症がある」と指摘。年明けまでは投球を禁止する考えを明かした。


 15日に開幕するアジアシリーズ(台湾)にも参加はするが、星野監督は「投げさせない」と明言している。帰国後も、球団として指導できる月内は則本の肩と肘の状態を入念に確認していく。


 来季は、メジャー挑戦を希望する田中の後継エースとしての期待がかかる。則本も自身が背負う責任の重さは理解している。「疲れは感じていませんが、それが逆に危ないので気を緩めないようにします」。じっくりと英気を養い、2年目の飛躍につなげる。 (井上学)



記事文中にもあるように、球団も細心のケア、サポートを行っていくという。

今はただひたすら則本にゆっくり休んで欲しいと願うだけなのだが、チームは優勝、自身は新人王に輝いたシーズンのオフだ。世間がゆっくりさせてくれないことだろうと思われる。事実、先日都内での表彰式に出席した則本は報道陣に「シーズン中より寝られていないです」と明かしていた。

その報道によると、11日からの優勝旅行先のハワイにトレーニング器具を持ち込んで早くも2年目へ向けた自主トレを開始するという。「休むことも大事だけど、肩、肘さえ休ませれば。昨年の今頃も動いていた。ランニングとか軽いキャッチボールになるとは思いますが」と語る則本。意気込む気持ちも十分理解できるけれども、ここはトレーナーやコンディショニングコーチとよくよく相談した上で、肩や肘のケアには細心の注意を払ってもらいたいと願っている。

全ては2年目の則本の活躍を見たいからこその願いなのだ。

【終】

BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行。月額499円です。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は下記エントリーに記しました。1人でも多くの皆さんの読者登録、お待ちしております。
◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧
---------------------------------------------------------------


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




◎◎◎関連記事◎◎◎
楽天・釜田佳直を右肘手術に追い込んだ大久保2軍監督&酒井2軍チーフ投手コーチの重大責任

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!280人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}