FC2ブログ

【記録】2013年パリーグセンター、中堅手レンジファクター。主な6人の守備イニングを調べ上げ、算出してみた

スポンサーリンク






当ブログ雑誌書籍歴代販売ランキング、4位タイへ浮上!!
キミは読んだか?! 日本一を決めた今秋こそ手にしたいファン必読の1冊!!
参入承認決定日から3251日を綴った
貴重なインサイドストーリー
山村宏樹 著『楽天イーグルス優勝への3251日』

さっそく読書感想文を書いてみました。本書の中身など詳細はコチラをクリック

~~

2013年パリーグ主な中堅手レンジファクター調査



ビル・ジェイムズ考案の守備指標、レンジファクターを調べている。9×(刺殺+補殺)÷守備イニングで算出することができる、9イニング当たりのアウト関与数を表すスタッツになっている。

レンジファクター調査はここ数年この時期の恒例企画になっているのだが、2013年はここまで二塁手遊撃手三塁手について調べてきた。右翼手左翼手も調べた。

今回は主な中堅手について確認してみよう。

これも例年ボヤいているのだが、日本野球機構オフィシャルサイトでの個人守備成績で公開されている数値は、内野は各ポジション別で掲載されているにも関わらず、外野はレフト・センター・ライト全て一緒くたにされている点が、大いに不満である。

内野手のレンジファクターを調べる際、自力で記録集計しなければならないデータは当該ポジションの守備イニングだけで済むことになる。しかし、外野になると、守備イニングはもちろん、刺殺、補殺も集計し直さなければならない。

例えば、今季のソフトバンク長谷川勇也のように、センターも守るけど両翼での出場も多い中堅手の場合、中堅手のみの守備イニングと刺殺、補殺を用意しなければならない。この作業がかなり面倒で、1つ1つボックススコアをチェックして、中堅手での刺殺、補殺を洗い直す作業が出てくるのだ。ほんとNPBにはなんとかしてほしい。

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブロ グ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか?  毎週月曜日発行。月額499円です。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は下記エントリーに記しました。1人でも多くの皆さんの読者登録、お 待ちしております。
◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧
---------------------------------------------------------------


という訳で、下記の数値は私のマンパワー集計のため、実際とは誤差が生じているであろうことを予めお断りしておく。あくまでも目安として見て頂きたい。

また、さすがに全ての中堅手のデータを出すところまで気力はなかった。よって、各球団、センターでの守備イニングが最も多かった中堅手1名に絞って、6人のデータを調べてみた。

結果は下記のようになった。


■2013年パリーグ主な中堅手レンジファクター



■2013年パリーグ球団別アウト時内容一覧
「プロ野球ヌルデータ置き場」さんの各投手成績のアウト時内容一覧を集計したもの。
20131017DATA9.jpg

◎参考エントリー>>〔記録〕2012年パリーグ主な中堅手のレンジファクター。昨年のゴールデングラブ受賞者、ロッテ・岡田の上を行く中堅手とは?!

◎参考エントリー>>〔記録〕2011年パリーグ主な中堅手のレンジファクターと楽天・聖澤諒選手の主なファインプレー

リーグ全体でフライアウト減



まず、リーグ全体の傾向を確認してみよう。プロ野球ヌルデータ置き場さんの投手成績にあるアウト時内容一覧。その投手がどのようなかたちでアウトを取ったか?を表している。このフライの値を見てみると、2012年はリーグ全体で7910個だったものが、2013年は7422個へ、約500個減となっていた。

え?!と感じてしまう。反発係数が上方修正され過去2年よりボールは飛ぶようになった2013年である。必然的にゴロではなくフライ・ライナーが増え、内野ではなく外野への当たりが増えているであろうと容易に推測できるからだ。その推測を踏まえるならば、逆にフライアウトの数は増えていてもおかしくはないということになる。しかし、実際は約500個減だった。

なぜこうなったか?は理由をいまいち掴めていないのだが、1つ考えられることは、外野飛球のうちヒットになった割合が昨年と比べると今年は増えたのではないかということ。例えば、これは極端な例になるけれども、昨年は外野飛球10本中ヒット5本アウト5本だったとすると、今年は10本中ヒット8本アウト2本というようなかたちになっていたのかなあ?と想像している。

1位はロッテ・岡田幸文



ということを踏まえて確認してみると、2013年主な中堅手レンジファクター堂々の1位はロッテ・岡田幸文になった。

当ブログ調査で岡田は(少なくとも)3年連続2位以内になった。2011年は2.58で1位。2012年は2.86で2位、このときは1位を西武・秋山に譲るかたちになっていたが、2013年は2.85で返り咲き1位を遂げている。

前年と数値がほとんど変わらない高い値を示したという点が驚きだ。前述のとおり、前年と比べてリーグ全体のフライアウトは約500個減となっていた。ロッテも御多分に漏れず前年1510から今年1378個へ132個減となっていた。当然、前年よりセンターへ飛んだ飛球の数も減ったはずだ。にもかかわらず、2.80点台を維持してきたということは、岡田の高い守備能力を再度裏付ける数字だと感じている。

前年1位の西武・秋山、スタミナ切れか?!



前年1位を取りながら今年は数字を大きく落としてしまったのがライオンズの秋山翔吾である。2011年の2.24から2012年は2.92まで跳ね上がって1位を奪取したが、今年は2.27に逆戻りとなっている。今回調べた中で大きく数値が変動したのは秋山だけだったので、秋山の守備に何らかの異変があったと言えそうだ。

考えられるのはスタミナ不足だ。

前年、秋山がセンターを担ったのはチームの全守備イニング中62.4%に止まっていた。スタメンも89試合。ヘルマン(27試合)や星秀和(15試合)が担うことも多かったのだ。しかし今年は1290.2回中、秋山のセンター担当イニングは1289.2回。実に99.9%が秋山が担っていた。当然全試合でセンタースタメン。唯一他選手に譲ったのは8/18楽天戦の9回に大崎に代わったこの1イニングだけだった。よって、守備負担が大きいとされるセンターで全試合出場したことから疲労も溜まりスタミナも切れて、前年のような動きができなく守備範囲が狭まったのでは?と推測している。ただ、補殺は少なくとも2年連続でセンター最多だ。

ワーストは唯一の1点台、ソフトバンクの長谷川



最下位に目を転じてみよう。ワーストはソフトバンク・長谷川勇也になった。長谷川は当ブログ調査で前年も1.77で最下位を記録していたから、少なくとも2年連続でのワースト記録になっている。『2013プロ野球オール写真選手名鑑』に掲載されている2012年のホークス中堅手UZRを確認しても-13~14点ほどの赤字を計上していることから、ホークスは中堅手がセンターラインでのアキレス腱と言えそうだ。柳田が怪我で思ったような稼働ができなかったのが、響いたか。

楽天はポスト聖澤の若手育成が課題



さて、話を我らがイーグルスに転じたい。

聖澤の2.08は主な中堅手6人中5位。決して高いとは言えない。それどころか年々悪化の傾向を辿っているのだ。

聖澤がセンターのレギュラーを掴んだ2010年は2.31を記録し、チーム全体の中堅UZRも+11.0を記録。他球団に対し優位に立つ数字を叩き出していた。(RFは『9回裏無死1塁でバントはするな』、UZRは「Baseball Lab守備評価~Center Fielder」から)

2010年が守備での頂点だったように感じる。

以降、レンジファクターは当ブログ調査で2011年2.14、2012年2.06と下降気味になっている。『プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクスリポート2』によると聖澤の2012年中堅UZRは-20.0だったともいう。(←これはいくらなんでもありえない・・・とは思うのだが)

このことから、聖澤の守備はリーグ平均レベルを下まわるのが実態と言えるのだ。

確かに今季は5/25広島戦でパリーグ外野手による連続守備機会無失策の新記録を樹立してみせた。その数は今なお伸び続けてシーズン終了時に809守備機会まで達した。NPB記録が1967年~1973年にかけて阪神・藤井栄治が残した817守備機会だから、来年は開幕早々NPB新記録の樹立がほぼ約束されていると言えそうだ。

エラーをしない。このことは大変素晴らしい。現在イーグルスでセンターを安心して任せることができる守備力を持つのも、やはり、背番号23をおいて他にはいない。今季は腰痛や右足水ぶくれ等で戦列を離れたとき、島内が代役を務めたが、バットでは魅せてもやはり守備となると聖澤の域ではないと感じた。しかし、他球団の中堅手と比べると、聖澤の守備が少々遅れを取っているということになる。

バットでも今季は長谷川、陽、秋山らに遅れを取るかたちになり、自慢の足でもチーム事情などから盗塁王を取った陽の半分も走ることができなかった。

来季は29歳。選手としてのピークを迎える。最終目標だと自身が掲げる3番打者を目指して、真価を問われる1年になると思う。聖澤ファンの私としては、来季は本当に頑張ってほしいと願うより他にないのだった。

一方、球団側としてはポスト聖澤を任せることができる次世代若手中堅手の育成が課題となってくる。他球団の中堅手と対抗できるほどの打力と守備力を合わせもったプロスペクトの登場が望ましい。筆頭候補は2軍で着実に力を蓄えつつある来年22歳の榎本葵か。

楽天が来季も連覇、真に強いチーム作りをおこなっていくなら、センターを始めとしたセンターラインの中長期的な再整備は欠かせない。藤田も決して若くはなく来年は32歳だし、松井にいたっては39歳になる。嶋は来年国内FAがほぼ確実とされているので、代替戦力をどのように用意していくか?がカギになりそうだ。



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります





◎◎◎関連記事◎◎◎
【記録】2013年パリーグセカンド、ニ塁手レンジファクター。全44人の守備イニングを調べ上げ、算出してみた
【記録】2013年パリーグショート、遊撃手レンジファクター。全32人の守備イニングを調べ上げ、算出してみた
【記録】2013年パリーグサード、三塁手レンジファクター。全31人の守備イニングを調べ上げ、算出してみた

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通 りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れ る場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話 題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いい ね!270人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

先程NHKのニュースウォッチ9で行われていた楽天特集でちらりと今年のUZRの値が映りましたが、センターは-17.0で楽天の全ポジションで一番遅れを取っているようでした。
正直聖沢の本来持っているポテンシャルからすると、もっと値を上げてきても良いと思うので残念なところです。
島内は去年よりはだいぶ守備が上達したように見えましたし、榎本も良いものを持っているとは思いますが、それぞれまだ足りないところも多いなか聖沢にはまだまだ頑張って欲しいですね。

Re: No title

京太郎さん

> 先程NHKのニュースウォッチ9で行われていた楽天特集でちらりと今年のUZRの値が映りましたが、センターは-17.0で楽天の全ポジションで一番遅れを取っているようでした。

へええ、NHKの夜9時のニュースでUZRが出てきたんですか。確かに-17.0という数字も衝撃的なものの、そちらのほうが驚きだったりします。

> 正直聖沢の本来持っているポテンシャルからすると、もっと値を上げてきても良いと思うので残念なところです。
> 島内は去年よりはだいぶ守備が上達したように見えましたし、榎本も良いものを持っているとは思いますが、それぞれまだ足りないところも多いなか聖沢にはまだまだ頑張って欲しいですね。

-17.0という数字のデカさに少し驚きましたが、予想はできていましたから。昨年も『セイバーメトリクスリポート2』では-20点台でしたしね。楽天ファンの多くは聖澤の守備を評価していますが、実際は・・・ということを気づいていないファンは多いですよね。

これは下記3つの要素があると思います。

1.聖澤の守備力が2010年(25歳)をピークに年々低下気味であること
2.パリーグ外野手連続守備機会無失策記録が、意識しようがしまいが、足かせになっていること
3.他球団中堅手のレベルが上がってきたこと

簡単に言ってしまえば、加齢が原因なのか、聖澤の守備力が徐々に下がり気味であるところに、2の記録がきた。どうしても意識します。突っ込んで欲しい所で突っ込まなかったり、バックホームしてほしいときにしてくれなかったりといったケースが幾つかありましたしね。そこへ3です。ロッテ・岡田、西武・秋山、日本ハム・陽が全体のレベルを押し上げています。UZRはリーグ平均と比べて判断する守備指標のため、リーグ平均が押し上がれば、聖澤が全く同じ守備力を発揮していても、相対的に沈むことを意味します。

聖澤ファンとしてはなんとか巻き返してほしいですが、球団側はポスト聖澤の用意に入るべきでしょうね。

Re: No title

京太郎さん

追記
4つめに監督の起用法も問題ありですね。これはメルマガで触れる予定です。下線の文
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
31位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}