FC2ブログ

【試合評】球団創設から3289日目...全てが報われた初の日本一 ──2013年11月3日(日) ○楽天イーグルス3-0巨人

スポンサーリンク






キミは読んだか?! 日本一を決めた今秋こそ手にしたいファン必読の1冊!!
当ブログ雑誌書籍歴代販売ランキング、遂に単独5位!!
参入承認決定日から3251日を綴った
貴重なインサイドストーリー
山村宏樹 著『楽天イーグルス優勝への3251日』

さっそく読書感想文を書いてみました。本書の中身など詳細はコチラをクリック

~~


20131103DATA2.jpg
HANREI3.jpg


球団創設から3289日目...全てが報われた初の日本一



※星野監督勝利監督インタビュー、田中将大胴上げ投手インタビュー全文文字おこしはコチラ。

クライマックスステージでロッテを撃破してKスタに星野監督が宙に舞った時、もう1度絶対にこの光景を見なければならないと思っていた。

3-0の3点リードで迎えた最終9回裏、マウンド上は田中将大。前夜プロ最多160球を投げたエースがこの日も最終回のマウンドに向かっていた。

村田、ロペスに2本の安打を打たれながらも、幼馴染の坂本を空振り三振、ボウカーをファーストボテボテゴロ、2死まで漕ぎつけた田中は、ラストバッター代打・矢野と対峙していた。

恐らくNPBで最後の対戦打者になったであろう矢野との対決は、全4球スプリットだった。ボール、空振り、ファウル、空振りで三振! この瞬間、東北楽天ゴールデンイーグルスの球団史上初の日本一が決定した。

リーグ制覇のときは全球速球押しで浅村を圧倒した田中、プレーオフに入るとクライマックスシリーズでのラストバッター井口にも全3球スプリットを投じていた。もちろん、いずれの場面でも一発が飛び出せばたちまち同点というシーン。一発だけは回避するということで伝家の宝刀を選択し続けたのだろう。しかし、これは推測になるのだけれど、これから先、大海原を超えた猛者達との真剣勝負で、この勝負球を武器に戦っていくんだ!という決意表明のようにも感じられたのだった。

今季3度目となったマウンド付近の歓喜の輪。しばらくして星野監督の体が宙に舞う。1度、2度、3度・・・その数は9度にも及んだ。

全てが報われた瞬間の到来だった。

2009年6月11日、当時楽天ブログで当ブログをスタートさせてからの様々な感情が全て報われた気がした。

◎当ブログ最初のエントリー>>【試合評】2009年6/11(木) ○楽天イーグルス3-1中日ドラゴンズ ─田中好投で6連敗脱出、当ブログの最初の一歩
今と比べれば全く違うスタイルでした(恥)

地元・仙台の皆さん、東北のファンの皆さん、本当におめでとうございます!


両軍のスターティングラインアップ

巨人=1番・長野(右)、2番・松本(左)、3番・高橋(指)、4番・阿部(捕)、5番・村田(三)、6番・坂本(遊)、7番・ボウカー(左)、8番・ロペス(一)、9番・寺内(二)、先発・杉内・(左投)

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・銀次(一)、4番・ジョーンズ(指)、5番・マギー(三)、6番・中島(左)、7番・松井(遊)、8番・嶋(捕)、9番・牧田(中)、先発・美馬(右投)

ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

明暗分かれた先発投手



第7戦の先発、楽天は美馬。巨人は杉内。第3戦の先発同士がいずれも中4日で登板するかたちになった。立ち上がりの1回から実に対照的なかたちとなった。

1回表、美馬は1番・長野にインコースを狙った投球が高めに浮いて死球。1死2塁で高橋の当たりをショート・松井がファンブル。1死2,1塁となり、阿部を泳がせてのピッチャーゴロに打ち取ったものの、2死3,2塁、村田には追い込んでからの低め誘い球を見破られての四球。塁上は2死満塁のピンチを迎えていた。

迎えたバッターは前夜、田中将大から3本のヒットを飛ばしていた坂本。正直、ここが本戦での美馬の岐路になったかと思う。楽天バッテリーの選択はアウトコース配球。前夜、田中はインコースで痛い目に遭っていた。初球、外角低め変化球で空振りを奪い、2球目、外を狙った速球がシュート回転して真中寄りに入りヒヤッとさせられたものの、坂本は見逃して2ストライク。3球目、外のクサイ変化球で誘って、坂本の打撃は泳ぎ気味でバットを合わせにいったただけ。自身の打撃をさせず、センターへのイージーフライに打ち取った。

楽天はその直後の1回裏、立ち上がり不安定な杉内を攻めて、坂本のタイムリーエラーで1点を先制する。

阿部の構えたミットどおりに投げ切るのほうが少なかった杉内から、2死後、銀次が死球出塁。続くAJが真中失投を鋭いスイングで左中間奥深くへと弾き返していくツーベースで2死3,2塁とチャンスを広げていく。ここでバッターボックスはマギー。1-0から甘いスライダーを痛烈に弾き返した打球はショート坂本の正面。しかし、ワンバウンドした打球が少しイレギュラーしたのか、坂本が大きく弾き、3塁から銀次が先制のホームを踏む。予想外の僥倖で楽天が貴重な先制点をあげることができた。

翌2回裏、楽天はさらに1点を追加した。1死後、嶋がボール先行から1塁へ歩くと、牧田のサードゴロ時に二進。2死2塁で岡島。長打は無いと判断して浅めの守備位置を取っていたセンター松本の頭上を超えていく左中間二塁打で嶋がホームイン。楽天に2点目が入っていく。(楽2-0巨)

杉内は岡島の一撃で前回同様2回途中でノックアウト。巨人は二番手に澤村を送り込み、収束を狙う。

楽天の攻撃の手は休まることを知らない。3回裏、先頭AJが澤村の内角148キロ速球を左前へ弾き返して出塁。その後、マギーが併殺ゴロに倒れてしまったが、澤村に息つくヒマを与えずに途中出場の聖澤がフェンスダイレクトの右中間ツーベース。松井の当たりも左翼ウォーニングゾーンまで飛んでいった飛球となり、序盤は圧倒的に楽天優勢の展開となった。

楽天に大きな大きな3点目が入ったのは4回裏のこと。1死後からだった。バッターボックスはこの日スタメン起用された牧田。今や数少なくなった球団創設時を知る13年目が、澤村の失投スライダーを完璧なタイミングで捉え、左翼席へ飛び込んでいく値千金のソロショットとなった。(楽3-0)

1回の危機を切り抜けた美馬は、その後、塁上に走者を出しながらも得点圏を踏ませない好投。2回は1死1塁から寺内に持ち味の併殺ゴロ(6-6-3)を打たせて切り抜けると、3回は無死1塁から一転、松本、高橋を連続して取る奪三振ピッチングなどで切り抜ける。

日本一の中にも汚点を残した、感動の則本─田中のブルペン零封リレー

すると5回、6回は2イニング連続三者凡退。美馬は6回91球無失点の投球で7回から則本にバトンを渡していく。

7回8回を零封した則本は79球ロングリリーフから中2日となったが、その疲れを表に出さない力投。最速151キロ(7回ロペス4球目、8回松本5球目)を計測すると、最遅111キロもマークする(7回脇谷初球)。力強い速球を軸に、時節、緩急を織り交ぜながらのナイスリリーフとなった。

楽天打線は5回以降、内海、西村の前に点を取ることができなかったが、同時に巨人打線も楽天投手陣の奮投の前に点どころかスコアリングポジションへの進出もままならない。

そして迎えた9回裏は田中将大。冒頭の記述に戻っていく。

則本、田中は本当に素晴らしいピッチングをみせてくれた。このこと自体には感動を覚えたが、しかし、しっかり明記しておかなければならない。この起用法は初の日本一に残した唯一にして最大の汚点、来季以降のアキレス腱になるかもしれないことを・・・ (この点、詳しくは別稿に譲るため、ここではこれ以上言及しない)

◎関連エントリー>>日本一の中に「汚点」を残した楽天イーグルス・星野仙一監督の9回田中将大起用

「彼がいたからこそ、この日本シリーズに出られた訳ですから、最後はやはり、あいつが相応しいだとろうということで、彼に託しました!」。大変残念な言葉だった。最後はやはり、田中を多大な重圧から「解放」させてあげてほしかった!(本文より)


BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行。月額499円です。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は下記エントリーに記しました。1人でも多くの皆さんの読者登録、お待ちしております。
◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧
---------------------------------------------------------------

■楽天 美馬学 球種別 投球詳細
20131103DATA3.jpg

6回、打者23人、91球(1回当たり15.17、1人当たり3.96)、被安打1、被本塁打0、奪三振5、与四死球4(四3死1)、失点0、自責点0。

シリーズMVPは美馬の手に



きっと好投してくれるはずだと思っていた。CSファイナル10/19ロッテ戦では9回128球、相手打線を4安打に抑えるプロ初完封勝利。10/29日本シリーズ第3戦では5回2/3を無失点。プレーオフに入ってからの美馬はこれまでのプロキャリアの中でも抜群の絶頂期を迎えているように私には感じられたからだ。後半戦戦列復帰してからKスタ7試合でいまだに被弾ゼロというのもその理由の1つになった。

唯一の懸念材料は中3日中5日の成績がかんばしくなかったこと。プロ初の中4日がどのように影響するか注視されたものの、初回満塁ピンチをしのいだ後、美馬は完全に自分のペースで投げていたように感じる。

下記球種割合が示すように、序盤から中盤にかけて配球を変え、緩急を交えながら打者の狙いを絞らせなかった点も素晴らしい。また、相手の焦りを逆手に取るようなクサい攻めが実に効果的だった。巨人打線が幾度となくボール球に手を出し、追い込まれ、凡打の山を築いてくれた。

これでプレーオフ20回2/3イニング連続無失点。

日本シリーズのMVPを手にした美馬だったが、クライマックス含めてのプレーオフMVPも、間違いなく、美馬学だろう。

■美馬学 配球図
20131103DATA5.jpg

■球種割合

20131103DATA8.jpg
20131103DATA9.jpg

■巨人 杉内俊哉 球種別 投球詳細
20131103DATA4.jpg

1回2/3、打者10人、35球(1回当たり21.01、1人当たり3.50)、被安打2、被本塁打0、奪三振1、与四死球(四1死1)、失点2、自責点1。

やはりKスタは鬼門だった



一言で言ってしまえば、そういうことになりそうだ。前回プロ最短KO劇のショックもままならぬまま迎えてしまったことも大きいだろう。立ち上がりから本来の杉内ではなかった。体重移動が上手くいかず、体が全体的に右横に傾いてしまうような不安定な投球フォーム。結果、リリースポイントもバラバラで、逆球や抜け球が大変多かった。

タイムリーエラーを誘ったマギーの打球自体は鋭い当たりだったし、1回1番岡島の二直を芯を食ったもの。1回2死2,1塁で中島が魅せたライナー性の左飛も当たりとしてはヒット性のもので、2失点1自責点だけで済んだのは、逆に杉内、巨人側から言えば、僥倖だったかもしれない。

■杉内俊哉 配球図
20131103DATA6.jpg


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります





◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 好投・則本の報われない124球。イヌワシ打線、6度の無死1塁を活かせず零封負け──2013年10月26日(土) ●楽天イーグルス0-2巨人
【試合評】田中将大だったからこそ勝てた第2戦──2013年10/27(日) ○楽天イーグルス2-1巨人
【試合評】 日本シリーズ敵地第3戦は美馬好投&序盤4点先制で投打噛み合う理想の勝利──2013年10月29日(火) ○楽天イーグルス5-1巨人
【試合評】 AJ豪快3ランで開演も...「暗転」した日本シリーズ第4戦──2013年10月30日(水) ●楽天イーグルス5-6巨人
【試合評】魂の3時間49分。今年の野球界の主役は俺たち楽天まであと1勝!!──2013年10月31日(木) ○楽天イーグルス4-2巨人
【試合評】無敗記録遂に終止符も...田中将大、志願の160球に、あるのは感謝のみ!! ──2013年11月2日(土) ●楽天イーグルス2-4巨人


《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!270人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

楽天イーグルス日本一おめでとう!

やっと悲願の日本一達成しましたね~。マー君が入団した時には
ちゃんと育てられるのか心配でしたが、杞憂でした。優秀な人間は環境を選ばない、は本当ですね。以前はなかなか援護が出来なくて不憫でしたが、今年優勝出来て良かったです!
ポストシーズンの美馬の活躍は嬉しい誤算でした。昨日はカーブを上手く使ってましたね。ロッテ角中が「美馬さんは変わった」
と褒めていたので、この成長は一時的なものではなく本物でしょう。
マー君が負けた後でも、みんなで奮起して勝ち取った勝利に感動しました。だからこそリリーフ登板させなくても・・・と思ったのですが
この点についてshibakawaさんの記事を待ちます。

泪雨の夜にイーグルス日本一、ありがとう。

昨日はTVで試合をまともに見られなかった。
吐きそうで、胸が苦しくなる。
CS第3戦もそうだった。故障明けの美馬がいつ肘がパンクしてMに負けるんじゃないか、と。

則本がマウンドで投げてた8回からTV観戦をした。
ヒットを打たれて吐きそうになる。
登板が早過ぎるよ…。7回レイ・8回斎藤でなんで行けないんだよ…。

田中が9回マウンドに上がる時、私は泣いた。
「何で投げるんだよぉ…、斎藤隆に『お願いします』と頼ってくれよぉ…」
球場全体からの「あとひとつ」の大合唱が聞こえる度に、いたたまれない気持ちになった。

そして田中が矢野を打ち取った時、私は喜びの声をあげるも涙声になった。「ありがとう…」
昨晩の雨は歓喜の泪雨となった。

広尾さんのブログに田中起用にコメントしたが、2001年ランディジョンソンに田中がダブって見えた。(自分の思いを殆ど書いた)


shibakawaさんの別稿の記事が出たら、またコメントさせてください。
少し冷静になれると思うので。

Re: 楽天イーグルス日本一おめでとう!

カラメルさん

> やっと悲願の日本一達成しましたね~。マー君が入団した時には
> ちゃんと育てられるのか心配でしたが、杞憂でした。優秀な人間は環境を選ばない、は本当ですね。以前はなかなか援護が出来なくて不憫でしたが、今年優勝出来て良かったです!

カラメルさんもおめでとうございます。田中最終年の今年は絶対に日本一にならなければならないシーズンでした。今季逃せば、可能性はまた再び遠のいてしまうのでは?と思われましたので・・・。

本人の努力もそうですが、やはり少なからず環境もあったと思いますよ。田中は良い球団に入ったと思います。岩隈というエースもいましたしノムさんという老将にも目をかけてもらえましたし。これがあの頃の横浜に行っていたらとするとゾっとします(笑) (その意味では私の地元、柿田投手がDeNAに行ったのが心配で気になるんですよねえ。あの投手超不利球場に足をひっぱられてしまうのではと)

> ポストシーズンの美馬の活躍は嬉しい誤算でした。昨日はカーブを上手く使ってましたね。ロッテ角中が「美馬さんは変わった」
> と褒めていたので、この成長は一時的なものではなく本物でしょう。

カーブが良い時の美馬は本当に良い投球ですよね。また、今季はツーシームとカットボールをかなり多用していて、その駆使も板についてきたかな?と思って見ていました。インタビューはもう少し勉強したほうがいいかな?(苦笑) 早くも来季が楽しみになりました。

Re: 泪雨の夜にイーグルス日本一、ありがとう。


ゴールドクラブさん、本当におめでとうございます。

球団創設時からの色んな思い、1度文章にまとめられてはいかがでしょう? 読んでみたいと思います。

> 昨日はTVで試合をまともに見られなかった。
> 吐きそうで、胸が苦しくなる。
> CS第3戦もそうだった。故障明けの美馬がいつ肘がパンクしてMに負けるんじゃないか、と。
>
> 則本がマウンドで投げてた8回からTV観戦をした。
> ヒットを打たれて吐きそうになる。
> 登板が早過ぎるよ…。7回レイ・8回斎藤でなんで行けないんだよ…。
>
> 田中が9回マウンドに上がる時、私は泣いた。
> 「何で投げるんだよぉ…、斎藤隆に『お願いします』と頼ってくれよぉ…」
> 球場全体からの「あとひとつ」の大合唱が聞こえる度に、いたたまれない気持ちになった。
>
> そして田中が矢野を打ち取った時、私は喜びの声をあげるも涙声になった。「ありがとう…」
> 昨晩の雨は歓喜の泪雨となった。
>
> 広尾さんのブログに田中起用にコメントしたが、2001年ランディジョンソンに田中がダブって見えた。(自分の思いを殆ど書いた)
>
>
> shibakawaさんの別稿の記事が出たら、またコメントさせてください。
> 少し冷静になれると思うので。

日本一おめでとう!

遅ればせながら、楽天日本一やりましたね!shibakawaさん一年間お疲れ様でした。
良い日本シリーズでしたね。選手たちもいい顔していたと思います。まさか6戦目田中が負けて最終戦までもつれるとは思いもしませんでした。
ファンの皆さんもおめでとうございます!!(>_<)

Re: 日本一おめでとう!

アーカイブスさん

> 遅ればせながら、楽天日本一やりましたね!shibakawaさん一年間お疲れ様でした。
> 良い日本シリーズでしたね。選手たちもいい顔していたと思います。まさか6戦目田中が負けて最終戦までもつれるとは思いもしませんでした。
> ファンの皆さんもおめでとうございます!!(>_<)

11月まで贔屓のチームの野球を見ることができたこと、結果も上々だったこと。本当に良かったと思います。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
31位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}